ロレックス 126334 デイトジャスト41 ジュビリーブレスレット ブルーローマン文字盤 キャリバー3235

スポンサーリンク

Rolex Datejust 41 White Rolesor features a blue dial and a Jubilee bracelet Ref.126334

現在は「スポーツモデル以外」も脚光を浴びるようになったメンズ ロレックス。

スポーツモデルが正規店に無さ過ぎだからなのか、どうなのか・・・。

デイトジャストも大型化して格好良いって思われるようになったんでしょうかね。

GMTマスターIIのジュビリーブレスレット化も手伝っているかも知れません。

ラグスポブームから「ブルー」ダイヤルが特に人気だったりします。

フルーテッドベゼル+ジュビリーブレスレット+オイスター41mmケースの国内定価は1,042,800円。

デイトジャストはロレックスの3大機構が全て備わっています。

オイスターケース(防水100m)パーペチュアル(自動巻き70時間パワーリザーブ)デイトジャスト(24時に日付が変わる)。

そしてジュビリーブレスレットはドレッシー。

スーツを着たビジネスシーンにもバッチリ。

更にカジュアルにもフィットするのがロレックス デイトジャストのグッドポイント。

トレンドのブルー。

パテックフィリップのノーチラス、オーデマピゲのロイヤルオークエクストラシン。

2大巨頭(2本で1000万円の価値があります)。

こちらの2本はブルーだから人気になったのか、人気モデルがたまたまブルーだったのか。

キーワード「海」。

2000年代ってこんなにブルーが人気だったっけ?

否。

黒>白>青>その他、こんな感じでしたよ。

今では黒よりブルーだったりします。

まぁ・・・カラーの好みは人それぞれですけど。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットなのに国内定価を上回る相場となっていることに驚きます。

デイトジャストの中古が100万円か・・・

価格コムより並行新品相場グラフです。

定価の1.2倍。

なんと、デイトジャストが定価オーバーの時代。

凄いですよね。

ブラックライトを照射。

ドレッシーなローマンインデックスダイヤルには夜光がありません。

結構大きいですが重さは並。

約130グラムと長時間着けていても邪魔になりません。

スッキリしたケース厚のおかげです。

約12mm。

薄さ軽さは正義!

ノーチラスもエクストラシンも10mm以下です。

スポンサーリンク

ケースは41mmで間違いありません。

(9時-3時だと39mm~40mmですけど)

バックルもジュビリーだったら綺麗だったのですが、新型に変わりオイスターバックルに変更。

その分微調整ができるようになり強度も増しています。

ジュビリー(JUBILEE)ブレスレット
しなやかで快適
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。ジュビリー(Jubilee)、 しなやかで快適な5列リンクの金属のブレスレットで、1945年にオイスター パーペチュアル デイトジャストの発売に合わせて特別にデザインされた。<ROLEX HPより>

サンレイ仕上げのブルーダイアル。

ダイヤルだっけ?ダイアルだっけ?

ロレックスではダイアルで統一、さらに文字盤は文字板ですね。

フルーテッドベゼルも綺麗だし、ローマ数字のインデックスも植え字で高級感があります。

時を経て、ベゼルの刻みはデザインの要素となり、ロレックスのシンボルとなった。現在、フルーテッドベゼルは卓越性の象徴であり、ゴールドのみで製造されている。<ROLEX HPより>

新世代ムーブメント キャリバー 3235。

王冠ロゴ。

セクシーなケースサイド。

この曲線、素敵じゃないですか?

クラウントップには王冠マーク。

アンダーバー。

100m防水。

いかがでしょうか?

ロレックス 126334 デイトジャスト41 ジュビリーブレスレット ブルーローマン文字盤 キャリバー3235でした。

2017年の新作 デイトジャスト41 Ref.126334は大人気なんです。

とくにジュビリーブレスレット。

一昔前は「オジサンくさい」とか言われて若い方は目もくれませんでしたが、今ではオシャレで格好良いなんて雰囲気になっています。

時代が変わりましたよ(笑)

フルーテッドベゼルもそうですが、私が20代30代の時は絶対に手に取らなかったのですが、流行っていると素敵に見えてくる。

イエローロレゾールも同じ。

90年代に人気だったオジサンの時計「デイジャス」のイメージは今はもうありません。

プレミアム化していますので正規店で見かけることも少なくなっています。

本当にショーケースにはメンズモデルがありませんよね。

長身でスリムな方にオススメ。

少し大きい41mmのデイトジャストです。

気になった方は是非1度手に取って見て下さい。

それではまた!

 

ロレックス 126334 デイトジャスト41 ウィンブルドン スレートローマン文字盤 ジュビリーブレスレット

スポンサーリンク
SNS Share

ロレックス 126334 デイトジャスト41 ウィンブルドン スレートローマン文字盤 ジュビリーブレスレット

スポンサーリンク

Rolex 126334 slate grey roman Datejust 41mm steel jubilee

新世代キャリバー3235を搭載した新しいデイトジャスト41 Ref.126334です。

2017年に登場しました。

最近ではデイトジャスト41も文字盤の種類によってはプロフェッショナルモデル並みにショーケースに並ばなくなっています。

どれだけ売れてるんだよ・・・ロレックス。

デイトジャスト41はベゼルやブレスレットの組み合わせ、素材、文字盤と無数のバリエーションから選ぶことができますが、本日はこちらのWG製フルーテッドベゼルにスティールケース、ジュビリーブレスレット、さらにはウィンブルドンタイプのスレートグレーにグリーンカラーのローマ数字インデックスという人気な組み合わせです(126334スレートローマは2018年に追加された文字盤)。

今年の3月にもこのブログに登場してますので2回目となります。

その記事では何故にウィンブルドンと呼ばれるのか書いてますので気になる方は併せてお読みください。

現在の国内定価は1,042,800円。

落ち着いたダークトーンでスーツに似合う大人格好良いモデルですね。

41mmと大きいのでキラキラと言うよりギラギラ。

目立ちます。

価格コムの並行新品相場。

じわりじわりと人気が出ていて、現在は118万円ほどの相場です。

国内定価より高いんですよ・・・レギュラーのデイトジャストが。

凄い時代です。

Chrono24を覗いてみました。

検索の仕方が悪かったのか、あまりヒットしませんでした・・・

中古マーケットですが定価以上です。

恐ろしや。

グレーカラーにコーポレートカラーのグリーンと言う地味な組み合わせなのにコレがなかなか格好良い。

よく考えたものです。

画像ではわかりづらいですがサンレイ仕様のスレートダイヤルは渋くて年配の方にフィットします。

文字盤に派手さは無いものの、41mmと言う大きなサイズでギラつくので、丁度良いのかも知れませんね。

このサイズ感に抵抗が無ければオススメ。

夜光はほんの一部。

大きいですが比較的軽く約132グラム。

そして薄め。

ケースの厚みは約12mm。

新型になりバックルがカッチリしてしまいました。

見た目はドレッシーなジュビリータイプの方が良かったですが、こちらのオイスタークラスプの方が丈夫なんですね。

イージーリンク(約5 mmのエクステンションリンク)。

スレートダイヤル。

サンレイ・・・わかりますか?

デイトジャストは高級機種なのでクロマライト夜光が使用されます。

が、9時のインデックスと針だけ。

スポンサーリンク

ローマ数字も光れば良いのに。

よく見るとインデックスは黒にミドリ枠なんです。

ギザギザが光を反射してとても綺麗に輝きます。

18金ホワイトゴールド製のベゼルはキズが付きやすいので、ブツけないように注意です。

フルーテッドベゼル ロレックスの象徴

ロレックス フルーテッドベゼルは、卓越性の象徴。
元来、オイスターベゼルの刻みにはベゼルをケースにねじ込み、時計の防水性能を確実にする機能的な目的があった。
したがって、その刻みは裏蓋にも施されており、防水性能の維持という同じ理由で、ロレックス独自のツールを用いてケースにねじ込まれていた。
時を経て、ベゼルの刻みはデザインの要素となり、ロレックスのシンボルとなった。
現在、フルーテッドベゼルは卓越性の象徴であり、ゴールドのみで製造されている。 <ROLEX HPより>

高級感のあるケースのライン。

ジュビリー(JUBILEE)ブレスレット しなやかで快適
ロレックスのブレスレットやクラスプの設計、開発、製造、そして製品に課される厳しい試験には、最先端のハイテク技術が活用されている。
また、すべての時計の部品と同様に、人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されている。
ジュビリー(Jubilee)、 しなやかで快適な5列リンクの金属のブレスレットで、1945年にオイスター パーペチュアル デイトジャストの発売に合わせて特別にデザインされた。 <ROLEX HPより>

新しいムーブメント キャリバー3235搭載ですので、SWISS MADEの間に王冠マークが記されています。

新キャリバー搭載機で王冠なしのウィンブルドンは存在しないのかな?と思ったけど、

初期の126303 ウィンブルドンには王冠なしがありました。

いかがでしょうか?

ロレックス 126334 デイトジャスト41 ウィンブルドン スレートローマン文字盤 ジュビリーブレスレットでした。

欲しくても正規店でなかなか買えないかも知れません。

それくらい、たしかに格好良いのです。

飽きたら文字盤交換なども楽しめるのがデイトジャストのグッドポイント。

ロングパワーリザーブで精度も申し分なく堅牢で長持ち。

気になった方は是非1度手に取って見てください。

質感は良いので、問題はサイズ感。

合う方にはオススメです。

それではまた!

 

【ウィンブルドン】ロレックス 126334 “Wimbledon Dial” デイトジャスト41 スレートローマンダイアル

【生産終了モデル】ロレックス Ref.116334 デイトジャストII 41mm ブラックダイヤル Cal.3136

【レビュー】ロレックス 126300 デイトジャスト41 “Wimbledon Dial” スレートダイアルは王冠マークあり 2018年新色

スポンサーリンク
SNS Share

【桃金ラバーダイヤモンド】ロレックス デイトナ 116515LNA 11Pバケットダイヤモンド

スポンサーリンク

Rolex Cosmograph Daytona 116515LN Pink Diamond Dial Baguette-cut,40mm 18K Everose gold case

2017年登場のオイスターフレックス×ERG デイトナにゴージャスな11粒のバケットダイヤモンドがセットされた 116515LNAです。

オイスターフレックスになったことでスポーティさカジュアルさと、レザーの劣化や水問題が解消され人気に拍車が掛かります。

現在の国内定価は3,807,100円(ダイヤ無しで3,140,500円)。

文字盤のダイヤモンドの価格は約65万円。

11石なので1粒約6万円・・・非常にキレイな石という事も考慮したいのですが高いな~。

ピンクカラーの文字盤はアジア人の肌の色と似ています。

40mmのデイトナですが存在感は凄いと感じます。

エバーローズゴールドとピンクダイヤルはほぼほぼ同じ色味。

インダイヤルのエコード溝部だけでも色変えればな~と思うのは私の様な素人。

ピンクゴールドだからセラクロムベゼルもブラウンにすればな~と思うのも同様です。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットですが国内定価以上。

こんな高いモデルまでもがプレミアム価格とは異常事態。

確かにキレイだし、使い勝手もだいぶ良くなった金無垢のデイトナ・・・

いやいややっぱり高いですよね。

普通のサラリーマンには手が出ません。

美しいダイヤモンド。

この品質の石をインデックスの大きさにカットし揃えて量産していくのは、良質のダイヤを多く抱えられる大手メーカーだけでしょう。

夜光は針だけ。

ブラックライトをあてると青白く光るダイヤモンドが数石あります。

「蛍光性」がある石ですね。

指輪などに使う石では蛍光性があると評価が下がると思いますが、インデックスなら気にならないかな(むしろ光るから好まれたりして)。

無垢ですから重いのです。

約154グラム。

サイドビュー。

スティールとゴールドでケースの形状が違うのがわかりますね。

よりゴールドの方がラグなどが優雅に力強いイメージ。

ケースバック。

オイスターフレックス ブレスレットとK18製のバックル。

オイスターフレックスは耐蝕性と耐久性に優れています。

しなやかで剛性もあるメタルブレードにブラックエラストマーコーティングをしたロレックスの特許品。

この透明度の高いダイヤモンドを見てください。

バケットカットは大変。

この大きさのバケットにカットするのはかなり品質の高い大きな石からしかできません。

透明過ぎて下地のピンクが覗けます。

同色過ぎるダイヤル、インダイヤル、針・・・

時間を見てほしい時計じゃない。

スポンサーリンク

クロノグラフを計測する時計じゃない。

ダイヤモンドを楽しむ時計なんですね。

バケットダイヤモンドの凄さがわからないと、なぜプラチナなデイトナのインダイヤルが同色なのかもわからないでしょう。

「特別」なんです。

1粒60,000円と聞くと「うへぇ~高けぇぇ」と思うのは、私の様に買うことができない方だと思います。

ラウンドカット(シングルカット)のダイヤモンドインデックスの何倍大変なのか・・・理解できるとこの文字盤の価値がわかると思います。

いかがでしょうか?

ロレックス デイトナ 116515LNA 11Pバケットダイヤモンドでした。

関係ないですけど、海外では末尾のアルファベット「A」とかって使わないんですかね?

116515LN のバケットダイヤモンドだよ、みたいな表示が多いと思います。

ラウンドカット(シングルカット)のダイヤモンドインデックスが11石や8石セットされたものは「G」と表示するのも日本だけなのかしら・・・

世界共通だと思ってたのに。

さて、エバーローズゴールドとオイスターフレックス ブレスレットとセラクロムベゼルのデイトナです。

仕事で着けるのはちょっと難しいですのでプライベートで着けられるか、そもそもスーツで仕事をせず好きなファッションで構わない方に向いたモデルだと思います。

そして「人を選ぶ」かも知れません。

似合う似合わないなんて他人の意見を聞く必要なんかありませんので気にするだけ無駄、ですが、格好良いと思えるかが人を選ぶポイント。

むしろ高価なダイヤモンドなんて無い方が好きって言う方も多いかと思います。

是非一度、試着されてみてください。

オススメはその後で。

それではまた!

 

【M116515LN-0018】ロレックス コスモグラフ デイトナ ウォッチ 18ct エバーローズゴールド 桃金ラバー

【桃金ラバー】ロレックス 116515LN デイトナ エバーローズゴールド / オイスターフレックス

【レビュー】ロレックス デイトナ 116515LN エバーローズゴールド×ピンクパンダ×オイスターフレックス 2017年新作

【レビュー】ロレックス デイトナ 116515LN エバーローズゴールド×ピンクパンダ

【レビュー】ロレックス 116515LN エバーローズゴールド デイトナ “chocolat”” chocolate”

スポンサーリンク
SNS Share

オーデマピゲ 26331ST.OO.1220ST.03 ロイヤル オーク クロノグラフ41mm スティールパンダ

スポンサーリンク

AUDEMARS PIGUET Royal Oak Steel Panda 41mm Watch 26331ST.OO.1220ST.03

2017年の新作 オーデマピゲ ロイヤルオーク41mm スティールパンダ 26331ST.OO.1220ST.03です。

3針のロイヤルオークと異なり、そこまでプレミアムプライスにはなりませんが、このパンダフェイスは格好良いですよね。

今回は41mmですが、昨年の新作38mmにもパンダフェイスがあり細腕の方はそちらの方が良いかも知れません。

現在の国内定価3,080,000円。

上は41mm、下が38mm。

インパクトは41mm、グッドサイズは38mm。

同じ自動巻ャリバー2385を搭載しています。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは定価くらいから見つかります。

3針のロイヤルオークに比べるとプレミアムにはなってないものの、中古で定価くらいなので充分な人気ですね。

シンプルで高級感のあるロイヤルオークにうまくクロノグラフを配置しました。

デザインは少し複雑になりますが、バランス良くスッキリしています。

至る所に八角形が使われていますね。

ドレッシー且つスポーティ。

夜光もしっかりと入っています。

重量はやや重めの約176グラム。

ケース
ステンレススティールケース、反射防止加工サファイヤクリスタルガラス製風防、ネジ込み式リューズ。

ケース幅 41 ミリ
ケースの厚さ 11 ミリ
防水性 50 M

公式通り約11mmと薄めです。

ケースバックは透けずにシンプル。

ブレスレット
ステンレススチールブレスレット、APフォールディングバックル。

スポンサーリンク

文字盤
「グランド・タペストリー」模様のシルバーダイヤル、ブラックのカウンターとインナーベゼル、ホワイトゴールド製アプライドアワーマーカーと蓄光処理を施したロイヤルオーク針

タペストリーの細かさ、綺麗ですね。

インデックスも針も仕上げが美しい。

ベゼルも直線ではなく僅かにカーブして八角形を模っています。

シルバーにブラックの2トーン。

格好良いですね。

ロイヤルオークにクロノグラフ機能は要らないよ!って方も多いかと思いますが、なかなかグッドバランスで格好良いんです。

オーデマピゲもロイヤルオークばかりじゃありませんが、やはり人気は偏り気味。

どうしても様々なバリエーションが増えてしまいますね。

新作のコード11.59の評価はまだわかりませんが、その他のモデルを着けてる方をあまり見かけません。

ロレックスのオイスターケースだと思えば、ロイヤルオークケースのバリエーションはそこまで多くない気もします。

いかがでしょうか?

オーデマピゲ 26331ST.OO.1220ST.03 ロイヤル オーク クロノグラフ41mm スティールパンダでした。

存在感も美しさもあるロイヤルオークのクロノグラフです。

高級感、視認性、知名度とバランス良く揃った紳士ウォッチ。

3針のロイヤルオークを既にお持ちであれば、気分転換に選択されてみてはどうでしょう?

ロイヤルオークを着けてる方をロイヤルオーカーとか言うようですね。

ふふふ。

それではまた!

 

【2019年新作】オーデマピゲ 26315ST.OO.1256ST.01 ロイヤルオーク クロノグラフ ブティック限定 38mm ブルーパンダ

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク クロノグラフ 26331ST.OO.1220ST.03 “パンダ・クロノ” SIH2017

【ブルーパンダ】オーデマピゲ 26331ST.OO.1220ST.01 ロイヤルオーククロノグラフ ブルー/シルバー2トーン 41mm

スポンサーリンク
SNS Share

ロレックス 126300 オイスター パーペチュアル デイトジャスト41 ブラックダイアル ジュビリーブレスレット キャリバー3235

スポンサーリンク

Rolex Datejust 41 Steel Black Dial Jubilee Bracelet Watch 126300

2017年にリリースされたスムースベゼル「デイトジャスト41」 Ref.126300 からブラックダイヤルです。

私の個人的感想ですが、スムースベゼルならオイスターブレスレット、ギザギザのフルーテッドベゼルならジュビリーブレスレット、この組み合わせの方が良いと感じるのです。

それでも126300は人気がありますし、ジュビリーの方が注目されています。

最近の感覚に付いて行けてませんね(笑)

現在の国内定価は831,600円。

41mmのラージサイズ。

ドレスウォッチですが、もうこのくらいの大きさがスタンダード。

スッキリしたベゼルにシンプルな文字盤ですので、ジュビリーブレスレットでも良い具合にフィットしています。

価格コムから並行新品グラフ。

5万円くらい定価より高い相場なんですね。

デイトジャストが定価以上と言う時代が来るなんて・・・

Chrono24を覗いてみました。

海外の方が更に高いな。

中古マーケットなんですけどね。

ベゼルのキラキラが無い分、若い方でも着けられます。

ビジネスシーンにもフィットしますし、長く愛用できますね。

オシャレなカラーダイヤルも良いですが、やはりブラック文字盤にバーインデックス。

インデックスと針にはクロマライト夜光。

重さは約129グラム。

程よい。

サイドビュー。

スッキリ。

厚みは約12mm。

しなやかで快適な5列リンクのジュビリーブレスレットは1945年に作られました。

昔のジュビリーはヨレヨレになっちゃいましたが、最近のものは剛性もしっかり。

人間の目による照査によって、完璧な美しさが保証されているそうです。

小さいかまぼこが連なっています。

スポンサーリンク

デイトジャスト41のラグ幅は21mm。

新型のGMTマスターIIのケース径は40mmですが、デイトジャスト41とはやっぱりフラッシュフィットの形状から違いますね。

126711CHNRにデイトジャスト41のジュビリーを付けられないのか?と思ったのですが全然サイズが違う。

残念。

そもそもの幅が違います。

126710(126711)は20mmで、デイトジャスト41は21mmでした。

こんな風にはできません(笑)

できたら格好良いのに。

 

デイトジャストにスポーティさが加わって、若い方にも人気が出てきました。

昔はデイトジャストと言えば地味な印象でしたが今では違いますね。

見づらいですがサンレイ仕様。

スムースベゼル。

人気のデイトジャスト41。

大きい方が格好良いんですかね?

36mmの次は38か39mmで良かった様にも思えますが、トレンドはオーバー40。

世界が求めているのです。

いかがでしょうか?

ロレックス 126300 オイスター パーペチュアル デイトジャスト41 ブラックダイアル ジュビリーブレスレット キャリバー3235でした。

デイトジャストは文字盤交換なども楽しめ、長く愛用できるグッドウォッチです。

126300には新型ムーブメントのキャリバー3235が搭載されておりパワーリザーブも長くて良いですね。

サイズ感が好みであればオススメできるモデルです。

それではまた!

 

【キャリバー3235】ロレックス 126300 デイトジャスト41 ブラック/ジュビリー

【レビュー】ロレックス 126300 デイトジャスト41 “Wimbledon Dial” スレートダイアルは王冠マークあり 2018年新色

【レビュー】ロレックス デイトジャストII Ref.116300 41mm Cal.3136 青文字盤

スポンサーリンク
SNS Share

【アニュアルカレンダー】ロレックス スカイドゥエラー ウォッチ ホワイトロレゾール 326934 ブルー 42mm

スポンサーリンク

Rolex Sky-Dweller 326934 Steel/White Gold 42mm

2017年の新作 ロレックス スカイドゥエラー スティールがメインのホワイトロレゾール Ref.326934 ブルーダイアルです。

アニュアルカレンダーと第2時間帯表示という複雑な機構をもったロレックスの高級モデル。

何故だかわかりませんが、ブルーダイアルだけ頭一つ抜けて高い相場を保っていますね。

黒文字盤も格好良いし、白文字盤もオシャレなのに、青文字盤だけが高いのです。

なぜだろう?

銀座ラシンさんの買取表を見てみても、青文字盤だけ飛び抜けてるでしょ?

現在、国内定価は1,564,200円。

買って売ったら、めっちゃ儲かる・・・

ロレゾールなので購入制限モデルではありません。

現在「転売ヤー」のロレックスマラソンは、カフェラテ126711CHNRかこのスカイドゥエラー326934を探すのが目的になっていますね。

ロレックスもわかってるなら対象にしちゃえば良いのに。

42mmですが数字以上に大きく見えます。

おそらくギラギラなホワイトゴールド製のコマンドベゼルの存在感が大きいから。

フルーテッド双方向回転リングコマンドベゼルの使い方は、未だに使い方が覚えられません。

まぁ、アニュアルカレンダーなので動き続けられたら操作する必要性はほとんどありません。

止まっちゃった時と、2月だけ説明書かホームページを見て修正すれば良いのです。

それにしても大きいな。

身体の大きい欧米人の紳士が着けてたら格好良いでしょうね。

1月1日の午前10時8分くらい。

え?どうして1月なのかって?

1月なのは5分のインデックスに赤いカラーポイントが付いています。

2月になると、10分のインデックスにカラーが移ります。

クロマライト夜光は格好良い。

大きいだけに重さもあります。

約178グラム。

大きいけど、そこまでブ厚くはありません。

約14mm。

薄くもないけどね。

スポンサーリンク

ケースバックはシンプル。

イージーリンク付きのオイスタークラスプ。

バックルも逞しいですね。

サンレイブルーダイヤル。

針が肉抜きされていて中央の24時間ダイヤルが見やすくなっています。

SKY-DWELLER

OYSTER PERPRTUAL

SUPERLATIVE CHRONOMETER

OFFICIALLY CERTIFIED

デイト表示はいつもの感じです。

サイクロップレンズですね。

リューズにはガードが無くスッキリ。

フルーテッド加工の双方向回転リングコマンドベゼル。

ホワイトゴールド製でキラッキラ。

凄い綺麗にカットされています。

キズが付きませんように。

スカイドゥエラーのホワイトロレゾールはまず正規店の店頭には並びません。

並ばないので、プレミアムプライス。

本当ににゅかが少ないみたいです。

欲しいよね、普通に買いたいよね。

出た当初は予約が出来たようですが、今は無理でしょう。

センス良い方はすぐに予約したんだろうな・・・

いかがでしょうか?

ロレックス スカイドゥエラー ホワイトロレゾール 326934 ブルー文字盤でした。

ロレックスのアニュアルカレンダーです。

複雑機構を普段使いできる耐久性にしています。

100m防水。

100年使えそう。

シンプルな見た目も、オイスターの強さも、数の少なさも、流石ロレックス。

さすが。

私の様な細腕にはなかなか似合わないけど。

それではまた!

 

【レビュー】2017年新作スカイドゥエラー 326934 スティール/WG ロレックスのアニュアルカレンダー

【イエローロレゾール】ロレックス 326933 スカイドゥエラー ブラックダイアル 42mm

スポンサーリンク
SNS Share

ロレックス シードゥエラー Ref.126600 オイスタースチール43mm 1,220m防水 キャリバー3235

スポンサーリンク

Rolex 126600 Sea-Dweller 50th Anniversary Red Letter 43mm

2017年、シードゥエラー誕生50周年にモデルチェンジした現行モデルのシードゥエラー Ref.126600。

新世代ムーブメントのキャリバー3235を搭載する43mmのラージオイスターケースに、デイト表示にはサイクロップレンズが付き、SEA-DWELLERは赤い表記になっています。

前作116600 シードゥエラー4000に比べるとだいぶ華やかになりました。

大きいけど人気ありますね。

現在の国内定価は1,230,900円。

ラグやブレスレットの幅のバランスが良いため43mmでも何とか許容範囲として受け入れられそう。

サブマリーナーと違って回転ベゼルの目盛りは1分ずつ刻まれています。

パッと見はサブマリーナーですけどね。

価格コムの並行新品相場グラフです。

浮き沈みありますが、最近は上がり相場。

国内定価に比べると40万円ちかく高いので、やはり正規店で買いたいモデルです。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでも定価以上のプレミアム価格。

最近では初期ダイヤルのクラウン(王冠)無しを探してる方が多いみたい。

王冠あり

王冠なし

細かいけどこだわりを持つことは楽しみが増え良いことだと思います。

完全に自己満足の世界ですからね。

ケースサイド9時側にはお馴染みのヘリウム排出バルブ。

普通の人には不要なシロモノ。

穴が開いてるのに水が入らない不思議。

深海の装備

プロダイバーは深海潜水を終えて水面に向かう前に減圧室に滞在し、ヘリウムを含む混合ガスで呼吸する。
ヘリウムの分子は非常に小さく、極めて軽い揮発性ガスであるため、そのガスは室内の隅々に充満し、時計の内部にまで侵入する。減圧中、ヘリウムが防水ケースから排出される速度が遅いため、時計内部の圧力が高まり、クリスタルガラスが時計のケースから外れる危険性がある。
ロレックスの技術者は、こ の現象を研究し、スプリングが取り付けられたガス排出バルブを開発。
このバルブは時計の中と外の圧力差が3 ~ 5バールに達すると自動的に作動し、ヘリウムを排出して時計を保護する。<ROLEX HPより>

43mmのラージケースですので、やはりズッシリとします。

約183グラム。

そして約15-16mmほどと厚みもありますね。

工具を使わずにブレスレットの長さを微調整できる画期的なグライドロックエクステンションシステムを備え、ダイビングスーツの上からでも快適に着用することができるようになっている。<ROLEX HPより>

エクステンションパーツを広げると2.5cmほど伸びます。

普段使いでは不要な機能ですが、ロマンを感じることはできます。

スポンサーリンク

インデックスは大きく針は太くクロマライトは明るく、暗所でも視認性はバッチリです。

ケースバックにはヘリウムガスの排出バルブ搭載を記す記載が。

昨年 2019年にはシードゥエラー初のコンビネーションモデルも追加された43mmの新型シードゥエラー。

大型の時計を好む欧米人には人気があるんでしょうね。

迫力があるしキラキラしてるし格好良いもんね。

私は古い考えですので、シードゥエラーやエクスプローラーにはゴールドは不要派です。

手っ取り早く単価を上げられますし、欲しい方がいるのも事実でしょうから仕方ありません。

サイクロップレンズも同じ。

シードゥエラーには要らないじゃん・・・と思う派。

私は潜って作業する人間ではありませんので、シードゥエラーのサイクロップレンズが欲しいかどうかはわかりません。

が、潜って作業する用の腕時計ではもうありませんので、「らしさ」は大切だと思うんです。

となれば、レンズは不要でしょう・・・シードゥエラーには。

伝説的なダイバーズウォッチ

シードゥエラーの60分目盛り入り逆回転防止ベゼルにより、ダイバーは正確かつ安全に潜水と減圧の時間をモニターすることができる。
また、極めて耐傷性に優れ、紫外線の影響を受けにくく、ロレックスが製造・特許を取得したブラック セラクロム ベゼルインサートが装備されている。
目盛りには PVD(物理蒸着)によりプラチナの薄い層がコーティングされている。光沢のあるブラックのダイアルは、クロマライトの大きなアワーマーカーと針が特徴である。
アワーマーカーと針には、暗闇でも優れた視認性を提供するためにブルーに発光する長時間継続のルミネッセンスが採用されている。
<ROLEX HPより>

上が126600、下が1665。

50年でバルブもだいぶ進化しました。

日常使いに耐えうる最高スペックのダイバーズウォッチ 赤シード 126600。

オイスターフレックス仕様も出ると良いな~。

いかがでしょうか?

43mmのシードゥエラーでした。

うまいバランスでディープシーよりは着けやすいのは間違いなし。

サブマリーナーデイトが欲しいけど他人と被りたくない、でもロレックスが良い!って方にオススメ。

高精度ロングパーリザーブムーブメントもグッドポイントだしね。

正規店でも「赤シード」オンリーで探してる方は意外に少なさそうだから、試しにトライしてみませんか?

数は多くないと思いますけどね・・・

それではまた!

 

【新文字盤】ロレックス 126600 王冠あり シードェラー43mm 1220m防水

【王冠ない方が良いみたい】ロレックス 新シードゥエラー43mm 126600 初期モデル

スポンサーリンク
SNS Share

【60周年記念】オメガ 234.10.39.20.01.001 シーマスター300 1957トリロジー復刻 コーアクシャル マスタークロノメーター

スポンサーリンク

Omega Seamaster 300 Co-Axial 1957 Trilogy 60th Anniversary

私の大好きなモデル、オメガ シーマスター300 234.10.39.20.01.001  1957年のトリロジー復刻です。

2017年の限定品で、1957年に掛けて世界限定3,557本、国内定価は810,000円でした(まだ売ってたら825,000円)。

3557本も作ったこと、定価が地味に高かったことで、スタートダッシュ後はジワジワと値下がり。

今では格好良いのに買いやすくなり、オススメモデルとなっています。

と、いうことで改めて格好良さを再確認していきます(笑)

CK2913を元にしたビンテージフェイスに39mmのグッドサイズ。

アローハンドもキャタピラーブレスレットも雰囲気出てて良いでしょう?

再現度高し。

Chrono24を覗いてみました。

40万円台も出てきていますからね。

搭載ムーブメントは15,000ガウス以上の耐磁性能を持つマスター クロノメーターキャリバーオメガ8806。

防水性は300m、パワーリザーブは55時間。

このイケメンぶりは実物を見ると突き刺さるのは間違いありません。

私の好きなのは細いベゼルリング。

武骨すぎて涙が出ます。

レギュラーモデルの233.30.41.21.01.001のベゼルはこんな感じ。

違うでしょ?

スーパールミノヴァを塗布したインデックスはヴィンテージ版よりもわずかに深さがあるそうですよ。

ケースは39mmですが、なんかこう重いのが気になります。

約148グラム。

厚みも15mmくらいあります。

ブレスレットは格好良いけど・・・

バックルがデカい、不格好。

機能的には微調整できるスライドパーツがあったりと現代的。

ケースバックはビンテージ風にツルツル。

シーホースが刻印されています。

マットブラック文字盤に

薄い唇の男性がダンディでセクシーなように、薄いベゼルリングもダンディでセクシーなのです。

スポンサーリンク

アローハンドが格好良いです。

リュウズにはオリジナルモデル同様、ナイアードの印が刻まれています。この印は1957年当時、類まれな防水性能を示すマークでした。

ケースはブラッシュ&ポリッシュ仕上げが施されたステンレススティール製で、ブラックトロピカルダイアルと称される、経年変化したような風合いのダイアルが特徴です。

スピードマスターもレイルマスターも同じような作りになっています。

この3本だけで一生使いまわせそうな気がしてきます。

トリロジー、男のロマン、オメガ大好きトリロジー。

こちらはロレックス大好きトリロジー。

いかがでしょうか?

前回も書きましたが、スピードマスターが55万円、このシーマスター300が45万円、レイルマスターが35万円くらいの中古相場になったら買い揃えたいです。

段々近づいてきていますけどね。

あともう少し。

性能的には50年以上使えるでしょうし、60年前のデザインですので今更廃れる心配もありません。

SNSでもこのシーマスター300は大人気(他の2モデルより人気が高い様に感じます)。

興味がある方は是非1度手に取って見て下さい。

本当に格好良いから。

オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 234.10.39.20.01.001 トリロジー シーマスター300が格好良い

【レビュー】オメガ シーマスター300 ファースト 234.10.39.20.01.001 マスターコーアクシャル 60周年トリロジー

【底値】オメガ 311.10.39.30.01.001 スピードマスター 1957 トリロジーが安い!

【レビュー】オメガ レイルマスター220.10.38.20.01.002 復刻 1957トリロジー限定モデル 3557本

スポンサーリンク
SNS Share

【底値】オメガ 311.10.39.30.01.001 スピードマスター 1957 トリロジーが安い!

スポンサーリンク

Omega Speedmaster Trinity 1957′ Limited edition

私史上最高に格好良い復刻だと思う、オメガ スピードマスター 1957 トリロジー 311.10.39.30.01.001。

2017年の限定モデルで、1957年に掛けて世界限定3,557本、国内定価は831,600円でした。

(正規店では完売してたと思いますが、もし在庫があれば消費税10%で847,000円になっていると思います)

ファーストデリバリーでは国内定価以上のプレミアム価格を付けていましたが、徐々に相場が落ち中古品が出回りだすと更に下落気味に。

凄い格好良いけど、83万円は高いよね・・・ノーマルのプロフェッショナルの中古相場が40万円以下なので+αくらいなら。

理想はレイルマスターが35万円、シーマスター300が45万円、スピードマスターが55万円ってところでしょう。

スピードマスター”the First”。

クラウンガードのない38.6mmのグッドサイズ、本当に丁度良いし格好良いし、バックル以外は文句なし。

トケマーを覗くと50万円台の中古が徐々に出てきております。

このくらいがグッドプライスだと思いますけど、いかがでしょう?

長く使えるスペックと60年前の伝説的なデザイン。

いや~欲しい。

Chrono24を覗いてみました。

海外ではまだ人気が高いのか、60万円以上が当たり前の様です。

スピードマスターの限定は2000本前後まで、これ以上だと定価以下になってしまいます。

トケマーずっと見てたら50万円台で買えるかも。

さて、見てくださいこのファーストスピマスの超絶格好良いお姿!

無骨で薄いスティールベゼル。

ビンテージカラーの針とインデックス。

プロフェッショナルの文字がまだありません。

オリジナルモデルの特徴をひとつひとつ再現し、スピードマスターの精神を忠実に守っています。

搭載ムーブメントはCal.1861です。

有名な手巻きクロノグラフムーブメント。月で実際に着用されたキャリバーの後継モデル。ロジウム仕上げ。

パワーリザーブは48時間。

手巻きなので毎日同じ時間に巻き止まりまで巻きましょう。

強化プラスチックガラス風防。

中央にはΩマーク。

ケースバックにはシーホースと限定ナンバーが刻印されています。

スクリューバックで、6気圧 (60 メートル / 200 フィート)防水。

枯れている加工のダイヤルですが夜光はしっかり現代スペック。

サイドビュー。

クラウントップにもΩマークですが、形がビンテージ風。

中央にはナイアードの星マーク(デザインだけ)。

ナイアードの印は高い防水性の証。

クラスプにはヴィンテージ調のオメガのロゴ。

スポンサーリンク

ブラックトロピカルダイアル。

経年変化したような風合い。

スーパールミノヴァを塗布したインデックスはヴィンテージ版よりもわずかに深さがあるそうです。

光を反射させないマットブラック。

アプライドのΩロゴ。

眉毛のあるシーホース。

見づらいですがプラ風防のΩマーク。

スイスメイド。

このクラシカルなブレスレットは、このモデルを1.5倍格好良くさせています。

増し増し。

バックルのロゴ。

いや~、何度見ても最高。

格好良すぎます。

3590-50か、この1957 トリロジー311.10.39.30.01.001 か迷います・・・

いかがでしょうか?

オメガ 311.10.39.30.01.001 スピードマスター 1957 トリロジーでした。

今の50万円台が底値だと思うのです。

マーケットから数が減れば、5年10年と値を上げていってしまいます。

こんな完全な復刻モデルは70周年に出るのかどうかもわかりません(きっと出ません)。

まだ実物に触れたことが無い方は、是非1度手に取って見てください。

ノーマルのスピードマスタープロフェッショナルを持っていても構いませんし、コレが初めてのスピードマスターでも良いと思います。

本当にオススメ。

間違いありません。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ トリロジー スピードマスター1957が安くなってきた? 311.10.39.30.01.001

【レビュー】オメガ 伝説のファーストモデル復刻 スピードマスター 1957 トリロジー 311.10.39.30.01.001

【レビュー】オメガ 3594-50 スピードマスター 1st レプリカ じわじわとキてます

スポンサーリンク
SNS Share

【M116515LN-0018】ロレックス コスモグラフ デイトナ ウォッチ 18ct エバーローズゴールド 桃金ラバー

スポンサーリンク

ROLEX DAYTONA 40mm 18ct Everose Gold Pink and Black 116515ln-001

2017年の新作で、セラクロムベゼルとオイスターフレックスがセットされた、金無垢デイトナ3部作の一角 桃金ピンクパンダ Ref.116515LNです。

ラグジュアリーでスポーティ、夜が似合うオジサマにマッチするデイトナです。

現在の国内定価は3,140,500円。

※オイスターフレックスストラップになる前も116515LNと言う型番を使ってましたので、2017年の新作と言うとちょっと違うのかも。

バランスの良いフェイスデザインに黒いセラミック製タキメーターベゼルが引き締め効果。

イケメンです。

オイスターフレックスは着けていてベタつかず他のラバーストラップに比べるとかなり快適。

よく考えられていますね(サイズ変更はストラップを交換しないといけないのはネックですが)。

Chrono24を覗いてみました。

旧型クロコストラップも紛れていますが、オイスターフレックスタイプは中古でも300万円以上。

国内定価で新品が買えたらラッキーな、プレミアムモデルなんです。

イエローゴールドとかまた違う魅力的なカラー。

エバーローズゴールド(ERG)は変色しにくいので長くこの美しい色味を堪能できます。

116515LNの文字盤バリエーションは現在5種(1種はダイヤモンドインデックス)。

私はこのピンクパンダが好き。

手巻き時代のデイトナをオマージュしたデザイン。

300万円だとしてもかなり高額なんですが、スティールのデイトナが250万円以上することを考えると・・・

高いのかどうなのかわからなくなってきましたね。

ラバーストラップなので比較的軽くフィットさせればそこまで重くは感じません。

優雅な曲線。

デイトナは厚みも抑えられており、スッキリしています。

絶妙なケース設計。

2000年以降ですかね、こんな色味が好まれるようになったのも。

こうして見るとキズがセラクロムベゼルには付きづらい様です。

ベゼルは金無垢からセラミックに変わって定価が下がる(素材の価値から)かと思ったのですが逆に上がりました。

が、この効果を見たら致し方ないですね。

スポンサーリンク

クロマライト夜光。

ハカマ

カシメ

王冠とトリプロック。

ケースバック側ラグの裏にはホールマークが4カ所。

オイスターフレックスのナンバー350501。

こちらはのサイズはE-F。

E-*の*部分が長さで、C・D・E・F・G・Hの6サイズあるそうです。

いかがでしょうか?

YGもWGも格好良い。

私個人的にはYGが1番素敵かな。

ERGはYGに比べ華やかで色っぽいですね。

オシャレさもERGの方が上でしょう。

YGは「いかにも」って感じがありますからね。

好みは人それぞれ。

無垢ブレスに比べ軽く、見た目もラフでスポーティ。

オイスターフレックスの金無垢デイトナ、オススメです。

それではまた!

 

【桃金ラバー】ロレックス 116515LN デイトナ エバーローズゴールド / オイスターフレックス

【レビュー】ロレックス デイトナ 116515LN エバーローズゴールド×ピンクパンダ×オイスターフレックス 2017年新作

【レビュー】ロレックス デイトナ 116515LN エバーローズゴールド×ピンクパンダ

【レビュー】ロレックス 116515LN エバーローズゴールド デイトナ “chocolat”” chocolate”

スポンサーリンク
SNS Share

【ブルーパンダ】オーデマピゲ 26331ST.OO.1220ST.01 ロイヤルオーククロノグラフ ブルー/シルバー2トーン 41mm

スポンサーリンク

Audemars Piguet Royal Oak Chronograph 41mm Blue Dial 26331ST.OO.1220ST.01

2017年のオーデマピゲ新作 ロイヤルオーク・クロノグラフ 26331ST.OO.1220ST.01です。

ブルーパンダ、このブログ2回目の登場。

この印象的な2トーンの文字盤は、ロイヤルオーククロノグラフの誕生20周年にあたる2008年に記念して作られた仕様です。

それまでは同色モノトーンなクロノグラフ文字盤でシンプルで面白みがありませんでしたが、視認性の良い2トーンになりグッと魅力が上がりました。

現在の国内定価は定価 3,080,000円。

ケースサイズは41mmですので現行のロイヤルオークと同径ですがプッシャーがある分大きく見えますね。

細腕の私には少々大きめですが、逞しい腕には似合うでしょう。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでも国内定価以上のプレミアム価格が付いています。

人気モデルですね。

同型の文字盤違いも見てみます。

人気のありそうな黒やシルバーのパンダフェイスは定価以下でも見つかりますので、トレンドのブルーだけがちょっと格が違うのかも。

ロイヤル オーク・クロノグラフの20周年を記念して、2008年に発表されたコンビカラーのダイヤルが新たなディテールとともに復刻されました。洗練されたステンレススティールモデルの「グランド・タペストリー」模様のブラックダイヤルに配されたサイズがアップしたクロノグラフカウンターと、新しいインデックスなどとそこに施された蓄光処理により、視認性がさらに向上しています。<AP HPより>

41mmケースには自動巻きクロノグラフキャリバー2385が搭載されています。

厚みは11mm。

やはりケースの形状はキレイで格好いいですね。

グランド・タペストリーブルーダイヤル、ロジウムカラーのカウンター(インダイヤル)、ホワイトゴールド製アプライドアワーマーカーと蓄光処理を施したロイヤルオーク針。

デイト表示窓もありビジネスシーンでも使えます。

夜間や暗所でも視認性はグッド。

自動巻きクロノグラフキャリバー2385には18Kのローターがセットされていますが、シースルーではないため見ることはできません。

ネジ留め式で防水性は50m。

APフォールディングバックル。

スポンサーリンク

重さは約180グラムと、華奢な方にはやや重く感じます。

確かに11mm。

文字盤のグランド・タペストリー。

キレイですね。

カレンダーディスクは黒くデザインの邪魔はしていません。

ベゼルは線が大事。

ちょっとしたキズも目立ちますね。

 

ロイヤルオークはキレイだと素敵ですが、キズが目に付くと急にガッカリ。

クラウントップにはAPマーク。

プッシャーはねじ込み式ではありません。

ロイヤルオークのブレスレットは他のメーカーには真似できませんね。

芸術品レベル。

光を受けた時のキラキラ具合はスティール素材では最高峰。

いかがでしょうか?

クロノグラフのフェイスバランスがとても良く、とても美しく満足感が高い1本です。

スティールだけどスティールに見えない高級感と美しさが26331ST.OO.1220ST.01にはあります。

オススメですね。

国内での並行新品価格は400万円近くまで上がっていましたが、コロナショックで少しだけ相場が落ちています。

ただ数多く出回ることはないので、探すのは大変ですね。

オーデマピゲのブルーは本当にキレイ。

キラキラを求めるのであれば間違いない選択となるでしょう。

こちらは41mmの15500ST。

私は個人的に3針の方が好きですけど・・・。

皆さんはどうでしょう?

それではまた!

 

【レビュー】オーデマ・ピゲ 26331ST.OO.1220ST.01 ロイヤルオーク クロノグラフ ¥ 2,754,000-

【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク クロノグラフ 26331ST.OO.1220ST.03 “パンダ・クロノ” SIH2017

スポンサーリンク
SNS Share

【BBクロノ】チューダー 79350 ブラックベイクロノグラフ 41mm Cal.MT5813

スポンサーリンク

TUDOR BLACK BAY CHRONO 79350

2017年の新作です。

チューダー ウォッチ ブラックベイ クロノ (Black Bay Chrono) – m79350-0004。

2カウンターの無骨なクロノグラフですね。

前回はファブリックストラップ仕様を見ましたので、今回はスチール製ブレスレット仕様をチェックしていきましょう。

現在の国内定価は564,300円。

今年から5年保証がスタートしています。

クロノメーターキャリバーMT5813を搭載、パワーリザーブは約約70時間。

厚めの41mmケースで存在感がありますね。

スクリューロックで200m防水を確保しています。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは30万円台で簡単に見つかりそうです。

スティールベゼルに直接タキメーターを刻印するタイプですので長く使うとキズが気になるかも知れません。

スノーフレイクハンドにドットインデックスのブラックベイ仕様はそのままに、2カウンターインダイアルと6時位置にデイト表示窓があります。

ドーム型サファイアクリスタルも雰囲気があります。

ドーム型のマットブラックダイアルにはルミノバ夜光が塗布されており、暗所でも高い視認性が確保されています。

かなりの重量を感じます。

詰まってる感じ。

約175グラム。

サイドビュー。

分厚い。

クラウントップには薔薇マーク。

厚みは約15mm。

細い腕に乗せると浮く感じはあります。

スポンサーリンク

セーフティキャッチ付きフォールディングクラスプ。

リベットを模したスチール製ブレスレット。

ケースバックはシンプル。

煌々と輝く夜光インデックス。

赤い200m:600ftの文字。

ハイスペックです。

いかがでしょうか?

個人的には大きくて重すぎる感じがします。

中古相場が安いので悪くないのですが、もう2mmほど小さく薄くなり重さも120~130グラムくらいなれば90点、針がスノーフレイクじゃなかったら、インデックスがドットじゃなかったら満点と言った感じです。

良いところも多いけど、気になるところも多いかな?

このあたりは好みなので、是非1度チューダーのブティックで試着されることをオススメします。

いまやってないか・・・

新型コロナウィルスが収束したら、是非トライしてみてください。

それではまた!

 

【レビュー】チューダー 79360DK “All Blacks” ブラックベイ クロノ ダーク 41mm PVD 2019年新作 初回生産1181本

【レビュー】チューダー 79350 ブラックベイクロノグラフ 41mm Cal.MT5813はブライトリング01ベース

スポンサーリンク
SNS Share

【イエローロレゾール】ロレックス 326933 スカイドゥエラー ブラックダイアル 42mm

スポンサーリンク

ROLEX 326933 BLACK DIAL Sky-Dweller GOLD STEEL

2017年の新作 ロレックス スカイドゥエラー ロレゾール Ref.326933です。

アニュアルカレンダーと第2時間帯表示という複雑な機構をもったロレックスの高級モデル。

無垢仕様だったスカイドゥエラーにもSS×WGとSS×YGが投入され、定価も200万円以下という事もありけっこう普及しました。

更にはSS×WGのブルーダイヤルはかなりのプレミアム価格にもなっています。

イエローロレゾールの326933も人気で正規店にはなかなか並ばない希少モデルですね。

現在の326933の国内定価は1,864,500円。

イエローロレゾールの文字盤カラーバリエーション。

艶のあるブラック、オシャレなシャンパン、清潔感のあるホワイト。

1番人気はブラックでしょうか。

42mmもあるラージケースで、華奢な私の細腕には似合いませんね。

残念。

Chrono24を覗いてみました。

新型コロナウィルスの影響でやはり相場は落ちている感じがします。

宝石広場さんには175万円。

銀座ラシンさんには未使用193万円。

ジャックロードさんには新品190万円。

新品未使用はまだ国内定価以上ですが、中古は定価以下で見つかります。

高級モデルですので輝きも半端ないです。

そしてその存在感も。

双方向回転リングコマンドベゼル。

太いベゼルを回してカレンダーや時刻などを調節します。

ドレスモデルにしては大きくて存在感がありますが、ゴツさはあまり無くさすがロレックス。

しかし、かなり重量はあります。

イエローゴールドを使っていますので、約180グラムもありますね。

マッチョマンじゃない限り、長時間着けるのは厳しいでしょう。

クロマライト夜光が格好良い。

強靭でマッチョなオイスターケース。

厚みは約15mm。

スポンサーリンク

イージーリンク内蔵のオイスタークラスプ、。

こちらも太くて逞しい。

中央のインダイヤルがホームタイムです。

10時ね。

こうやってズラすとわかりやすいですね。

ホームタイムは8時10分、ローカルタイムは10時10分です。

インダイヤルが見やすい様にスケルトンになっている針。

デイトの脇が赤くなっていますね。

「月」表示となっていて、コレは3月。

なので3月11日と言う事になります。

年次カレンダーは毎日つける方には便利ですね。

2月の終わりだけ年に1回早送りします。

サロス年次カレンダーと言うようです。

自動的に月間30日の月と31日の月を区別してくれます。

頭良い。

いかがでしょうか?

大きいサイズの腕時計が好きな人にはオススメです。

格好良いです、コレは間違いない。

そして中古なら定価以下でも見つかります。

条件の良い個体に出会えたら、是非一度手に取って見て下さい。

高機能なスカイドゥエラーのイエローロレゾールでした。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 326933 スカイドゥエラー ロレゾール ブラックダイヤル 42mm

【レビュー】ロレックス 326135 スカイドゥエラー チョコレート・アラビア 42mm

【レビュー】2017年新作スカイドゥエラー 326934 スティール/WG ロレックスのアニュアルカレンダー

スポンサーリンク
SNS Share

【ホイヤー02】タグ・ホイヤー CBE2110.BA0687 オータヴィア ヘリテージ クロノグラフ 42mm

スポンサーリンク

Tag Heuer Autavia Heritage Calibre Heuer 02 Steel CBE2110.BA0687

2017年の新作、1960年代の手巻きクロノグラフ「オータヴィア」の復刻モデル CBE2110.BA0687 です。

オリジナルモデルとは異なり CBE2110.BA0687 は自動巻きのキャリバーホイヤー02を搭載、ケース径42 mmと大型化しています。

国内定価は638,000円。

オータヴィアのモデル名の由来は「自動車」を意味する automobile と「飛行機」を意味する aviationが掛け合わされた造語です。

そして復刻モデルの元のデザインはニックネーム「リント」こと F1 チャンピオン「ヨッヘン・リント」が愛用していたバルジュー72搭載のRef.2446の第3世代となりました。

オータヴィア カップと言う50,000人を超えるインターネットのファン投票で決定したそうですよ。

待望の復刻と言っても過言ではありませんね。

デザインはクールな逆パンダ。

でも、ぶっちゃけ・・・オリジナルモデルのRef.2446(39mm)の方が格好良いよね。

復刻モデルはオメガの様に忠実ではなく、現代風にしてしまいマッチョマンにしか似合わないようなデカ厚時計になっています。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは定価の半値程度から見つかるようです。

ソレは安くて良いですね。

条件良ければ若い社会人のファーストウォッチでも良いかも知れません。

ただし体格の良い方限定ね。

42mmは大き過ぎませんが、私の中のグッドサイズではありません。

ベゼルが太いこと、ケースに厚みがあることが更にノーグッドな感じです。

真っ正面から見ると非常に格好良い。

格好良いけど、着けにくいんだよね。

貧弱な腕の私には。

夜光は控えめ。

ブラックアルミニウム製12時間スケール付き双方向回転ベゼル。

キャリバーホイヤー02は80時間のロングパワーリザーブ。

100m防水ですし、使う分にはグッドスペックです。

しかし、重い。

約168グラム。

厚みは16mmもありますね。

シースルーバックでホイヤー02が覗けます。

ダブルプッシュ式バックル。

スポンサーリンク

寄ってみます。

ヘリテージシリーズで「HEUER」のロゴとなっています。

ブラックオパーリン文字盤、両面反射防止加工ドーム型サファイヤクリスタル。

武骨でシンプルなダイアルは好印象。

アプライドのバーインデクスが渋い。

申し訳程度にデイト表示もあって、実は便利。

HEUER02のブラックローターが格好良いですね。

オウタヴィア カップは、この中から選ぶイベントでした。

皆さんはドレが好きですか?

コレは悩みますね。

バーゼルワールド2017で発表されたオータヴィア復刻モデル CBE2110.BA0687は黒文字盤ですが、カラー違いの限定バージョンはホイヤー社の創業一族4代目社長のジャク・ホイヤー氏を讃えるモデルとして限定リリース(※85歳のお誕生日記念です)。

CBE2111.BA0687は限定1932本。

ベゼルデザインも別物を用意。

コレはコレで格好良いな。

いかがでしょうか?

いつの間にかタグホイヤーのホームページから姿を消していますので、もしかしたら生産終了なのかも。

あたらしい3針のオータヴィアシリーズを売り出してるしね。

私はもっと小さく、ベゼルを薄くして復刻してくれたら喉から手が出るくらい欲しかったかも知れませんが、この復刻モデルは・・・ね。

悪くないんです。

でも凄く良い訳じゃないです。

若くて体格の良い方にはオススメできます。

40代以上の方にはオススメしないかな。

なんか惜しい・・・

それではまた!

 

オータヴィア復刻 タグ・ホイヤー ヘリテージ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ 42mm CBE2110.BA0687 バーゼルワールド2017

“パンダ” タグ・ホイヤー CBE2111.BA0687 オータヴィア ホイヤー02 クロノグラフ ジャック・ホイヤー 1932本限定

スポンサーリンク
SNS Share

【ウィンブルドン】ロレックス 126334 “Wimbledon Dial” デイトジャスト41 スレートローマンダイアル

スポンサーリンク

Rolex 126334 Datejust 41mm Slate Green Roman “Wimbledon Dial” Jubilee

2017年の新作 デイトジャスト41 Ref.126334です。

次世代ムーブメント Cal.3235を搭載した大型ドレスモデルで、ホワイトゴールド製フルーテッドベゼルの輝きも含め非常に存在感があります。

現在の国内定価は1,042,800円。

かなり高額ですが、価格に見合った満足感と長く愛用できる安心のスペックでオススメできる1本です。

普段スーツジャケットの袖もとに輝くデイトジャストですので、日本人の細腕には41mmはやや大きいようにも感じますが、コレが現在のトレンド。

36mmより41mmの方が人気があるらしいですね。

そうなんだな・・・

で、このスレートローマンダイアルには別名と言いますかニックネームがあり、この文字盤も人気なのです。

7月になるとロレックス公式のSNSに度々登場する #Wimbledon のハッシュタグ

そうです。

イギリスからスタートしたロレックスには馴染み深い、イギリス・ロンドンのウィンブルドン で開催されるテニスの四大国際大会ですね。

アンバサダーのロジャー・フェデラーさんは最多優勝(8回)という凄まじい記録を持つ方。

が、手にしているデイトジャストを見てみてください。

スムースベゼルにオイスター3連ブレスレット、イエローロレゾールの126303です。

「ロレックスとテニスのパートナーシップは、ロレックスがウィンブルドンのオフィシャル タイムキーパーとなった1978年までさかのぼる。」

特別な思い入れがあるようです(スポンサードしてるとは言っていない)

このモデルはウィンブルドンをイメージ、更にはフェデラー氏の偉業(2017年の35歳の時に5年ぶりのグランドスラム優勝)をリスペクトしてリリースされたのでしょう。

フェデラー選手は凄いぞ!

因みに2018年にナイキからユニクロにスポンサーを変えたフェデラー氏、錦織選手と同じだね(スニーカーはナイキだけどね)

今年のウィンブルドンは6/29からの開催予定ですが、新型コロナウィルスの影響で延期する可能性もありますね。

本当のウィンブルドンモデルは国内定価1,321,100円です。

で、同じデザインの文字盤を使用した126334 デイトジャスト41と言うことです。

このデザインは全部ウィンブルドンダイヤルって勝手に呼ばれてます(笑)

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは定価あたりから出品されていますね。

もちろん3連より手の込んだ5連ジュビリーブレスレットの方が定価も少し高く、人気もあるようですね。

皆さんはどちらが好きですか?

ケースの大きさに対して薄めなのと、ジュビリーブレスレットでフィット感は悪くありません。

さすがに計算されています。

スポンサーリンク

クロマライト夜光。

光るのは時分針と9時のバーインデックスだけですけど。

がっしりしたバックル・・・

ジュビリーブレスレットなのにコレはね・・・ここだけがね、ちょっとね。

でも微調整できて便利なんです。

ケースが41mmに大型化してもバランスが崩れないのは、ラグが良い感じでシャープで幅も広がっているからです。

ブレスレットも徐々に細くなっていて、フラッシュフィットの位置は広め。

21mmがロレックスのトレンドなんですかね。

今後もいろんなモデルが21mmを採用するんでしょう(ストラップ交換時注意が必要です)。

このあたりは18~19mm(外せないパーツです)。

ここは16mm。

ケースの厚みは12mm。

大きいので仕方ありませんが、約134グラムあります。

寄ってみます。

深いグレーのスレート文字盤。

芝をイメージしたグリーンのフチ。

クラシカルなローマンインデックス。

夜光が美しい。

新しいムーブメント キャリバー3235搭載ですので、SWISS MADEの間に王冠マークが記されています。

エッジの効いたフルーテッドのギザギザベゼル。

光を反射して本当にキレイに輝くのです。

良い感じですね。

大きいけど格好良い。高級感もあります。

長く使えるモデルですが、メインウォッチと言うよりはセカンドウォッチの雰囲気ではあります。

生活スタイルは人それぞれなので何とも言えませんが、私はあまりドレスモデルを普段使いしませんので・・・

いかがでしょうか?

品薄状態はプロフェッショナルモデル以外にも起きています。

以前ならオイパペやデイトジャストが並ばないなんて想像もできませんでした。

特にこのウィンブルドンダイヤルは人気で入荷してもすぐ完売となるようです。

デイトジャスト2の時にも採用されてた文字盤なんですけど、ロレックスの広告宣伝のうまさが光りますね。

格好良いので正規店で見つけたら是非1度手に取って見てください。

オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】ロレックス 126300 デイトジャスト41 “Wimbledon Dial” スレートダイアルは王冠マークあり 2018年新色

【レビュー】ロレックス デイトジャスト41 126331G チョコレートブラウン10P リッチショコラ

スポンサーリンク
SNS Share