【BBクロノ】チューダー 79350 ブラックベイクロノグラフ 41mm Cal.MT5813

スポンサーリンク

TUDOR BLACK BAY CHRONO 79350

2017年の新作です。

チューダー ウォッチ ブラックベイ クロノ (Black Bay Chrono) – m79350-0004。

2カウンターの無骨なクロノグラフですね。

前回はファブリックストラップ仕様を見ましたので、今回はスチール製ブレスレット仕様をチェックしていきましょう。

現在の国内定価は564,300円。

今年から5年保証がスタートしています。

クロノメーターキャリバーMT5813を搭載、パワーリザーブは約約70時間。

厚めの41mmケースで存在感がありますね。

スクリューロックで200m防水を確保しています。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは30万円台で簡単に見つかりそうです。

スティールベゼルに直接タキメーターを刻印するタイプですので長く使うとキズが気になるかも知れません。

スノーフレイクハンドにドットインデックスのブラックベイ仕様はそのままに、2カウンターインダイアルと6時位置にデイト表示窓があります。

ドーム型サファイアクリスタルも雰囲気があります。

ドーム型のマットブラックダイアルにはルミノバ夜光が塗布されており、暗所でも高い視認性が確保されています。

かなりの重量を感じます。

詰まってる感じ。

約175グラム。

サイドビュー。

分厚い。

クラウントップには薔薇マーク。

厚みは約15mm。

細い腕に乗せると浮く感じはあります。

スポンサーリンク

セーフティキャッチ付きフォールディングクラスプ。

リベットを模したスチール製ブレスレット。

ケースバックはシンプル。

煌々と輝く夜光インデックス。

赤い200m:600ftの文字。

ハイスペックです。

いかがでしょうか?

個人的には大きくて重すぎる感じがします。

中古相場が安いので悪くないのですが、もう2mmほど小さく薄くなり重さも120~130グラムくらいなれば90点、針がスノーフレイクじゃなかったら、インデックスがドットじゃなかったら満点と言った感じです。

良いところも多いけど、気になるところも多いかな?

このあたりは好みなので、是非1度チューダーのブティックで試着されることをオススメします。

いまやってないか・・・

新型コロナウィルスが収束したら、是非トライしてみてください。

それではまた!

 

【レビュー】チューダー 79360DK “All Blacks” ブラックベイ クロノ ダーク 41mm PVD 2019年新作 初回生産1181本

【レビュー】チューダー 79350 ブラックベイクロノグラフ 41mm Cal.MT5813はブライトリング01ベース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)