【2020年12月12日開催】”RACING PULSE” PHILLIPSオークション in New York ポールニューマン氏のデイトナの行方

海外オークション
スポンサーリンク
【2017年10月26日】PHILLIPSオークション ポールニューマン氏のデイトナはなんと20億円!
WINNING ICONS – LEGENDARY WATCHES OF THE 20TH CENTURY NEW YORK AUCTION 26 OCTOBER 2017 なんとなんと、世界記録が飛び出しました。 今までの最高額は...

RACING PULSE – New York Auction 12 December 2020

遂にあと9日と迫ってきたPHILLIPSオークション(in NY)「RACING PULSE」。

やはり誰もが注目するのがポールニューマン氏が実際に使用していたロレックス・デイトナRef.6263でしょう。

2017年に行われたWINNING ICONSでは当時最高額の日本円計算で約20億円(1USD/113円計算 – BUYER’S PREMIUM(購入者の手数料)込)で落札されたポールニューマンズデイトナ6239が話題になりました。

今回も俳優でありレーサーでもあったポールニューマン氏が実際に着用されてたビッグデイトナ6263が出品されますので、時計好き大注目のオークションとなります。

前回の6239同様に奥様から贈られた時計だそうです。

Drive Slowly – Joanne

奥様からのメッセージ。

Manufacturer: Rolex
Year: Circa 1980
Reference No: 6263
Case No: 6’392’137
Model Name: Cosmograph Daytona “Big Red”
Material: Stainless steel
Calibre: Manual, cal. 727, 17 jewels
Bracelet/Strap: Stainless steel Rolex Oyster bracelet, reference 78350/19, max length 200mm
Clasp/Buckle: Stainless steel Rolex deployant clasp, reference 78350, stamped T9
Dimensions: 37mm Diameter
Signed: Case, dial, movement, and clasp signed.
Accessories: Handwritten note from Clea Newman
Literature: The present watch is featured on the front and back covers of “A Man & His Watch”, by Matthew Hranek.


  • Paul Newman Biography

    With stunningly successful careers as an actor, director, racecar driver, entrepreneur, political activist, and philanthropist as well as his distinguished life as a husband and family man, Paul Newman is a Hollywood legend in every sense. He was a multifaceted virtuoso best known for his incredible performances on screen and stage that won him two Academy Awards, including that of Best Actor – Hollywood’s ultimate endorsement of his immense talents.

    Devastatingly handsome, with piercing clear blue eyes, Paul Newman’s phenomenal successes came not from his good looks, but from his intelligence, hard work, tenacity, and selfless desire to help others.

    Born on January 26, 1925 in Shaker Heights, Ohio, he enlisted in the Navy at 18 and was a veteran of World War II where he served for three years on deployment in the Pacific. At age 21, he went on to study at Kenyon College, graduating with a degree in English before studying drama at Yale University. He would marry twice, first to Jackie Witte, and then to Joanne Woodward from 1958 until his death in 2008 – one of Hollywood’s longest enduring and most admired marriages.

    俳優、監督、レーシングドライバー、起業家、政治活動家、慈善家としての驚くほど成功したキャリアと、夫および家族の男性としての彼の卓越した人生で、ポールニューマンはあらゆる意味でハリウッドの伝説です。彼は、スクリーンとステージでの素晴らしいパフォーマンスで最もよく知られている多面的な名手であり、ハリウッドの彼の莫大な才能の究極の支持である主演男優賞を含む2つのアカデミー賞を受賞しました。

    ポール・ニューマンの驚異的な成功は、彼の美貌からではなく、彼の知性、勤勉、粘り強さ、そして他人を助けたいという無私の願望からもたらされました。

    1925年1月26日にオハイオ州シェーカーハイツで生まれ、18歳で海軍に入隊し、第二次世界大戦のベテランであり、太平洋での展開に3年間従事しました。21歳で、彼はケニオン大学で学び、イェール大学で演劇を学ぶ前に英語の学位を取得しました。彼は2回結婚し、最初はジャッキーウィットと結婚し、次に1958年から2008年に亡くなるまで、ジョアンウッドワードと結婚しました。これは、ハリウッドで最も長く、最も称賛されている結婚の1つです。

    Photo credit: Francesco Guidicini/Camera Press/Redux

    With nearly 100 roles on television, movies, and Broadway plays, he was a superstar American actor emerging from the Method school of acting of the 1950s. It was the role he played as race car driver Frank Capua in the 1969 film, Winning, where his passion for auto racing would develop, spawning an entirely new career at the age of 47.

    In his mid-fifties, he would find enormous success as an entrepreneur and philanthropist. A passionate cook in his spare time, the food company he founded in 1982, Newman’s Own, would become one of the world’s largest charitable organizations. Donating all of its after-tax profits to charity, his organization has raised hundreds of millions of dollars.

    Despite all of these superb achievements, Paul Newman was known for his humility and discreet disposition. Almost universally revered, he had a wonderful appreciation for the finer things, but was most certainly not ostentatious. His way of living life was a true testament to his devotion to understated excellence.

    At age 83, Paul Newman sadly succumbed to cancer after a long fought battle on September 26, 2008. His family and foundation carry on his legacy of giving.

    テレビ、映画、ブロードウェイの演劇で100近くの役割を果たし、1950年代のメソッドスクールの演技から生まれたスーパースターのアメリカ人俳優でした。それは彼が1969年の映画「ウィニング」でレーシングドライバーのフランク・カプアとして演じた役割であり、そこで彼のオートレースへの情熱が高まり、47歳でまったく新しいキャリアを生み出しました。

    彼は50代半ばに、起業家および慈善家として大きな成功を収めました。余暇には情熱的な料理人であり、1982年に設立した食品会社Newman’s Ownは、世界最大の慈善団体の1つになるでしょう。彼の組織は、税引き後の利益のすべてを慈善団体に寄付し、数億ドルを集めました。

    これらの素晴らしい業績のすべてにもかかわらず、ポールニューマンは彼の謙虚さと控えめな気質で知られていました。ほぼ普遍的に尊敬されていた彼は、より良いものに素晴らしい感謝を示しましたが、確かに派手ではありませんでした。彼の生き方は、控えめな卓越性への彼の献身の真の証でした。

    ポールニューマンは83歳で、2008年9月26日の長い戦いの末、悲しいことに癌で亡くなりました。彼の家族と財団は、彼の寄付の遺産を引き継いでいます。

  • Paul Newman & The Rolex Cosmograph Daytona

    Roughly around the time Winning was filmed, Joanne purchased the perfect gift for her husband – a Rolex Cosmograph Daytona reference 6239 with “exotic” dial, manufactured in 1968 and designed specifically for motor sport.

    On its caseback, “DRIVE CAREFULLY ME”, is the loving inscription Joanne had engraved for her husband. The inscription reflected her fears as a result of his need for speed. After all, three years prior in 1965, Newman was injured in a serious motorcycle accident where skin grafts were required on his left hand. With those unpleasant memories still fresh in her mind, she felt great discomfort every time he went onto the racetrack for a drive.

    In approximately 1984, it seemingly disappeared once he received a new watch – the present black, non-exotic dial Cosmograph Daytona, reference 6263 bought for him once again by Joanne Woodward. The story of this Paul Newman’s reference 6239 is well-known now: Newman gifted it to his daughter Nell’s boyfriend at the time, James Cox, who owned it for over thirty years until he consigned it to Phillips. It made history in the Winning Icons New York auction of October 2017, achieving a world record price of $17.8 million.

    The present black dial, “Big Red” reference 6263 with screwdown pushers was worn by Paul Newman, as seen in countless images, beginning with its purchase in 1983 by Joanne Woodward until 2008. It was the watch he wore the longest and was most often photographed wearing, until Newman gifted it to his daughter, Clea Newman Soderlund in 2008 before his passing. Its caseback is beautifully engraved with the phrase, “Drive slowly Joanne”. Woodward, no doubt still fearing for the safety of her husband whenever he left to pursue his passion on the track, wanted to make sure that her husband continued to remember to take care of himself.

    “To me, this watch shows my mother’s tolerance of his continued passion for racing and reflects the enduring love between them which remained for another 25 years until his passing.”
    — Clea Newman

    Throughout his lifetime, Mr. Newman was seen wearing several generations of Daytona models. He not only made the model famous, but also, without any doubt, helped fuel the growth and popularity of wristwatch collecting beginning in the late 1980s.

    No one embodies the spirit of the Daytona more than Paul Newman. Regardless of its undisputed status as the world’s most desired collectors’ watch, or whether it’s a rare iteration that captures the minds of scholars, the Daytona is a precision instrument meant to be a workhorse on the wrist, worn comfortably and in any condition. Paul Newman achieved staggering success as an Oscar-winning actor, but his greatest passions were his family, philanthropy, and racing. He worked tirelessly to improve the lives of thousands of families and their children around the world as the founder of Newman’s Own and other charities. He was down-to-earth and humble, despite the personas he adopted on stage and screen. A Rolex Cosmograph Daytona evokes that same balanced air of casual elegance and gritty efficiency. Phillips is honored and proud to present the second vintage Rolex Daytona owned and worn by Paul Newman for nearly 25 years, then cherished by his daughter Clea Newman Soderlund since receiving it from him personally in 2008: Paul Newman’s Rolex “Big Red” Daytona reference 6263.

  • The Married Life of Paul Newman & Joanne Woodward

    It is rare that any marriage, or any kind of human relationship, lasts half a century – much less that of two Hollywood film stars. But Paul Newman and Joanne Woodward defied the norm – they lived, worked, and raised children together for fifty years, and never lost their undeniable chemistry.

    They chose to raise their family in a historic home in Westport, Connecticut, far from the glittering temptations of Hollywood, though they also continued to collaborate professionally, working together in ten films as either co-stars or with Newman directing Woodward. Indeed, Newman directed Woodward in her role as Rachel Cameron in Rachel, Rachel (1968), which resulted in her second of four Academy Award nominations.

    ウィニングが撮影された頃、ジョアンは夫への完璧な贈り物を購入しました。1968年に製造され、モータースポーツ用に特別に設計された「エキゾチック」な文字盤を備えたロレックスコスモグラフデイトナリファレンス6239です。

    ケースバックの「DRIVECAREFULLYME」は、ジョアンが夫のために刻んだ愛情のこもった碑文です。碑文は、彼のスピードの必要性の結果としての彼女の恐れを反映していました。結局のところ、1965年の3年前、ニューマンは左手に植皮が必要な重大なオートバイ事故で負傷しました。それらの不快な思い出がまだ彼女の心に新鮮であり、彼女は彼がドライブのために競馬場に行くたびに大きな不快感を感じました。

    1984年頃、彼が新しい時計を受け取ると、それは消えたように見えました。現在の黒の非エキゾチックな文字盤コスモグラフデイトナ、リファレンス6263は、ジョアンウッドワードがもう一度彼のために購入しました。このポールニューマンのリファレンス6239の話は、今ではよく知られています。ニューマンは、フィリップスに委託するまで30年以上所有していた娘のネルのボーイフレンドであるジェームズコックスに贈りました。2017年10月のWinningIcons New Yorkオークションで歴史を刻み、世界記録の1,780万ドルを達成しました。

    スポンサーリンク

    1983年にジョアン・ウッドワードが購入してから2008年まで、ポール・ニューマンがねじ込み式プッシャー付きの現在のブラックダイヤル「ビッグレッド」リファレンス6263を着用しました。これは彼が最も長く着用し、最も頻繁に着用した時計でした。ニューマンが亡くなる前の2008年に娘のクレアニューマンソデルランドに贈るまで、身に着けている写真を撮りました。ケースバックには「ゆっくりドライブジョアン」というフレーズが美しく刻印されています。ウッドワードは、彼がトラックで彼の情熱を追求するために去るときはいつでも彼女の夫の安全をまだ恐れていることは間違いないが、彼女の夫が自分の世話をすることを忘れないようにしたかった。

    「私にとって、この時計は、レースへの情熱の継続に対する母の寛容さを示しており、彼が亡くなるまでさらに25年間続いた彼らの間の永続的な愛情を反映しています。」
    —クレアニューマン

    ニューマン氏は生涯を通じて、数世代のデイトナモデルを着用しているのが見られました。彼はモデルを有名にしただけでなく、間違いなく、1980年代後半に始まった腕時計収集の成長と人気を後押ししました。

    ポール・ニューマンほどデイトナの精神を体現している人はいない。デイトナは、世界で最も人気のあるコレクターウォッチとしての議論の余地のない地位や、学者の心を捉える珍しいイテレーションであるかどうかに関係なく、手首の主力製品であり、快適に、どのような状態でも着用できる精密機器です。ポールニューマンはオスカーを受賞した俳優として驚異的な成功を収めましたが、彼の最大の情熱は彼の家族、慈善活動、そしてレースでした。彼は、ニューマンズオウンやその他の慈善団体の創設者として、世界中の何千もの家族とその子供たちの生活を改善するためにたゆまぬ努力をしました。彼はステージとスクリーンで採用したペルソナにもかかわらず、現実的で謙虚でした。ロレックスコスモグラフデイトナは、カジュアルエレガンスとザラザラした効率の同じバランスの取れた空気を呼び起こします。

    ポール・ニューマンとジョアン・ウッドワードの結婚生活

    結婚や人間関係が半世紀続くことはめったにありません。ハリウッドの2人の映画スターのそれよりもはるかに短いのです。しかし、ポール・ニューマンとジョアン・ウッドワードは規範に逆らいました。彼らは50年間一緒に暮らし、働き、子供を育て、否定できない化学を失うことはありませんでした。

    彼らは、ハリウッドのきらびやかな誘惑から遠く離れたコネチカット州ウェストポートの歴史的な家で家族を育てることを選びましたが、プロとしてのコラボレーションも続け、共演者として、またはニューマンがウッドワードを監督するように10本の映画で協力しました。確かに、ニューマンはレイチェル、レイチェル(1968)でレイチェルキャメロンとしての彼女の役割でウッドワードを監督しました。そして、それは4つのアカデミー賞ノミネートの彼女の2番目をもたらしました。

    Photo credit: DEUTSCH Jean-Claude/Contributor/Paris Match

    Her concern and care for her husband’s wellbeing, and her acceptance of his passions, were the likely catalysts for giving Newman first his Daytona reference 6239, followed by the current Daytona reference 6263. Engraved with simple but loving words of caution, as a gentle reminder to come home safe at the end of the day. And each day, he chose to come home to her. Newman once said, “People stay married because they want to, not because the doors are locked.”
    It can therefore be said that the growth of an entire collecting genre was born out of their love; the hobby that so many of us are thrilled by every day was driven by their enduring, romantic partnership.

    彼女の夫の幸福への関心と配慮、そして彼の情熱の受け入れは、ニューマンに最初にデイトナのリファレンス6239を、次に現在のデイトナのリファレンス6263を与えるきっかけとなった可能性があります。一日の終わりに無事に家に帰ること。そして毎日、彼は彼女のところに帰ることを選びました。ニューマンはかつて、「ドアがロックされているからではなく、結婚したいから結婚している」と言った。
    したがって、収集ジャンル全体の成長は彼らの愛から生まれたと言えます。私たちの多くが毎日ワクワクする趣味は、彼らの永続的でロマンチックなパートナーシップによって推進されました。

    Clea Newman Soderlund

    As the youngest daughter of the legendary acting couple Paul Newman and Joanne Woodward, Clea’s parents not only encouraged her to find her passion in life and pursue it with fervor, but they taught her the importance and power of giving back. Those two lessons merged for Clea when she discovered her passion in life was philanthropy and working to advance the causes and organizations she cared about.

    Always supportive of children, Clea started her philanthropic endeavors by working on the Development team at The Hole in the Wall Gang Camp. Following the founding of The Hole in the Wall Gang Camp by Paul Newman in 1988, Paul and other like-hearted individuals opened similar camps around the world, ultimately joining together to form SeriousFun Children’s Network. Through a shared vision and collective contributions, the Network has evolved to become the leader in the field of medical specialty camps, delivering more than 1.3 million lifechanging experiences to children and families from more than 50 countries. Now as the SeriousFun Ambassador, Clea works to raise awareness and funds to support this incredible mission. Previously, Clea served on SeriousFun’s Board of Directors where she was the chair of the Development Committee.

    伝説的な演技カップルのポール・ニューマンとジョアン・ウッドワードの末娘として、クレアの両親は彼女に人生への情熱を見つけて熱心に追求するように勧めただけでなく、恩返しの重要性と力を彼女に教えました。彼女の人生への情熱が慈善活動であり、彼女が気にかけている大義と組織を前進させるために働いていることを彼女が発見したとき、これらの2つのレッスンはクレアのために統合されました。

    常に子供たちを支援するクレアは、ウォールギャングキャンプのホールの開発チームで働くことから慈善活動を始めました。1988年にポールニューマンによってウォールギャングキャンプの穴が設立された後、ポールと他の志を同じくする人々は世界中に同様のキャンプを開き、最終的に一緒になってSeriousFun Children’sNetworkを形成しました。共通のビジョンと共同の貢献を通じて、ネットワークは医療専門キャンプの分野のリーダーに進化し、50か国以上の子供と家族に130万以上の人生を変える経験を提供しています。現在、SeriousFunアンバサダーとして、Cleaはこの信じられないほどの使命を支援するための意識と資金を高めるために働いています。以前は、CleaはSeriousFunの取締役会に所属し、開発委員会の委員長を務めていました。

    Cleaは、野生生物、生息地、およびそれらを取り巻く人々の利益のために、共同行動を刺激することによって自然界の重要な領域を保護する組織であるWild Earth Alliesの理事長を務めるなど、他の多くの組織にも関わっています。さらに、彼女は、神経生物学に基づいた学習で子供と大人の生活を向上させることを使命とする組織である、米国神経統合開発研究所(AIND)の理事会に所属しています。また、臨床および医学研究を最新の状態に保ちながら、アウトリーチ、教育、レクリエーション、および治療プログラムを開発および維持します。

    クレアはサラローレンス大学で文学士号を取得しています。彼女は夫のカート・ソデルランドとコネチカット州フェアフィールドに住んでいます。6歳の時から真面目な乗馬ライダーであるクレアは、今でも米国中の障害飛越競技に熱心なライダーです。彼女はまた、ヨガ、ランニング、四輪で何でも速く運転すること、そして彼女の救助犬であるテディをビーチで歩くことを楽しんでいます。

    Photo credit: Paul Boutros 

Racing Pulse: New York Auction Saturday, December 12, 2020 | Phillips
Phillips presents Racing Pulse from Saturday, December 12, 2020 in New York

RACING PULSE

New York Auction 12 December 2020


以上が今回のラインナップです。

取り下げなんかもありますが、なかなか凄い顔ぶれですね。

出品番号20番のモナコはスティーブ・マックイーン氏がメカニックのHaig Alltounian氏に贈ったものだそうです。

俳優レーサーたちの熱い腕時計が続きますね(近藤真彦氏はどんな時計着けてたんだろう)。

かなり盛り上がりそう。

こんな暗い毎日なので、吹き飛ばすような驚きの落札額を待っています!

「お金は、あるところにしかない」

ポールニューマン氏のデイトナ”BIG RED”は落札予想額が100万ドル(1億円)だとか・・・

もっと行きそうですけどね。

それでは結果が出たら!

 

【2017年10月26日開催】リアルガチな"ポールニューマン"デイトナ Ref.6239 フィリップスオークション in NY
PAUL NEWMAN’S "PAUL NEWMAN” DAYTONA 2017年10月26日に開催されるフィリップスオークションに「あの」ポールニューマン氏が、実際に使ったポールニューマン(エキゾチック)ダイヤルのデイトナが出品されると...
【2017年10月26日開催】 PHILLIPSオークション in New York ポールニューマン氏のデイトナの行方
Paul Newman's Legendary 'Paul Newman' 遂に遂にあと2週間と迫ってきたPHILLIPSオークション(in NY)。 10月26日には50本もの価値あるヴィンテージウォッチが競られますが、やはり誰も...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました