ロレックス シードゥエラー Ref.126600 オイスタースチール43mm 1,220m防水 キャリバー3235

ROLEX
スポンサーリンク

Rolex 126600 Sea-Dweller 50th Anniversary Red Letter 43mm

2017年、シードゥエラー誕生50周年にモデルチェンジした現行モデルのシードゥエラー Ref.126600。

新世代ムーブメントのキャリバー3235を搭載する43mmのラージオイスターケースに、デイト表示にはサイクロップレンズが付き、SEA-DWELLERは赤い表記になっています。

前作116600 シードゥエラー4000に比べるとだいぶ華やかになりました。

大きいけど人気ありますね。

現在の国内定価は1,230,900円。

 

ラグやブレスレットの幅のバランスが良いため43mmでも何とか許容範囲として受け入れられそう。

サブマリーナーと違って回転ベゼルの目盛りは1分ずつ刻まれています。

パッと見はサブマリーナーですけどね。

価格コムの並行新品相場グラフです。

浮き沈みありますが、最近は上がり相場。

国内定価に比べると40万円ちかく高いので、やはり正規店で買いたいモデルです。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでも定価以上のプレミアム価格。

最近では初期ダイヤルのクラウン(王冠)無しを探してる方が多いみたい。

王冠あり

王冠なし

 

細かいけどこだわりを持つことは楽しみが増え良いことだと思います。

完全に自己満足の世界ですからね。

ケースサイド9時側にはお馴染みのヘリウム排出バルブ。

普通の人には不要なシロモノ。

穴が開いてるのに水が入らない不思議。

 

深海の装備

プロダイバーは深海潜水を終えて水面に向かう前に減圧室に滞在し、ヘリウムを含む混合ガスで呼吸する。
ヘリウムの分子は非常に小さく、極めて軽い揮発性ガスであるため、そのガスは室内の隅々に充満し、時計の内部にまで侵入する。減圧中、ヘリウムが防水ケースから排出される速度が遅いため、時計内部の圧力が高まり、クリスタルガラスが時計のケースから外れる危険性がある。
ロレックスの技術者は、こ の現象を研究し、スプリングが取り付けられたガス排出バルブを開発。
このバルブは時計の中と外の圧力差が3 ~ 5バールに達すると自動的に作動し、ヘリウムを排出して時計を保護する。<ROLEX HPより>

43mmのラージケースですので、やはりズッシリとします。

約183グラム。

 

そして約15-16mmほどと厚みもありますね。

 

工具を使わずにブレスレットの長さを微調整できる画期的なグライドロックエクステンションシステムを備え、ダイビングスーツの上からでも快適に着用することができるようになっている。<ROLEX HPより>

スポンサーリンク

 

エクステンションパーツを広げると2.5cmほど伸びます。

普段使いでは不要な機能ですが、ロマンを感じることはできます。

 

インデックスは大きく針は太くクロマライトは明るく、暗所でも視認性はバッチリです。

 

ケースバックにはヘリウムガスの排出バルブ搭載を記す記載が。

昨年 2019年にはシードゥエラー初のコンビネーションモデルも追加された43mmの新型シードゥエラー。

大型の時計を好む欧米人には人気があるんでしょうね。

迫力があるしキラキラしてるし格好良いもんね。

私は古い考えですので、シードゥエラーやエクスプローラーにはゴールドは不要派です。

手っ取り早く単価を上げられますし、欲しい方がいるのも事実でしょうから仕方ありません。

 

サイクロップレンズも同じ。

シードゥエラーには要らないじゃん・・・と思う派。

私は潜って作業する人間ではありませんので、シードゥエラーのサイクロップレンズが欲しいかどうかはわかりません。

が、潜って作業する用の腕時計ではもうありませんので、「らしさ」は大切だと思うんです。

となれば、レンズは不要でしょう・・・シードゥエラーには。

 

 

伝説的なダイバーズウォッチ

シードゥエラーの60分目盛り入り逆回転防止ベゼルにより、ダイバーは正確かつ安全に潜水と減圧の時間をモニターすることができる。
また、極めて耐傷性に優れ、紫外線の影響を受けにくく、ロレックスが製造・特許を取得したブラック セラクロム ベゼルインサートが装備されている。
目盛りには PVD(物理蒸着)によりプラチナの薄い層がコーティングされている。光沢のあるブラックのダイアルは、クロマライトの大きなアワーマーカーと針が特徴である。
アワーマーカーと針には、暗闇でも優れた視認性を提供するためにブルーに発光する長時間継続のルミネッセンスが採用されている。
<ROLEX HPより>

 

上が126600、下が1665。

50年でバルブもだいぶ進化しました。

 

日常使いに耐えうる最高スペックのダイバーズウォッチ 赤シード 126600。

オイスターフレックス仕様も出ると良いな~。

 

いかがでしょうか?

43mmのシードゥエラーでした。

うまいバランスでディープシーよりは着けやすいのは間違いなし。

サブマリーナーデイトが欲しいけど他人と被りたくない、でもロレックスが良い!って方にオススメ。

高精度ロングパーリザーブムーブメントもグッドポイントだしね。

正規店でも「赤シード」オンリーで探してる方は意外に少なさそうだから、試しにトライしてみませんか?

数は多くないと思いますけどね・・・

それではまた!

 

【新文字盤】ロレックス 126600 王冠あり シードェラー43mm 1220m防水
ROLEX Oyster Perpetual Sea-Dweller 43mm 126600 2017年の新作シードゥエラー43mmです。 新キャリバー3235を搭載し43mmにケースサイズアップ、SEA-DWELLERの文字を赤く...
【王冠ない方が良いみたい】ロレックス 新シードゥエラー43mm 126600 初期モデル
ROLEX Oyster Perpetual Sea-Dweller 43mm 126600 2日連続、2017年の新作シードゥエラー43mmです。 昨日は「王冠あり」の新文字盤、本日は「王冠なし」の旧文字盤をチェックしていきます。...

 

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました