【2020年新作】オメガ NEKTON エディション 210.32.42.20.01.002 / 210.30.42.20.01.002 シーマスター ダイバー300M 42mm

スポンサーリンク

Omega Seamaster Diver 300M Omega Co‑Axial Master Chronometer 42 mm Nekton Edition

オメガから2020年新作です。

海洋調査団体「Nekton」とのコラボレーションモデル、シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター42mmは2モデル。

ラバーストラップモデルとスティールブレスレットタイプから選べます。

ラバーストラップ仕様の210.32.42.20.01.002の国内定価は693,000円。

ブレスレット仕様の210.30.42.20.01.002の国内定価は726,000円。

ブティックでの販売開始は2020年10月とのこと。

2015年に設立されたネクトンは、世界の海洋の保護と管理に取り組む非営利研究団体です。この重要な目標を達成するため、イギリスで登録を受けた同慈善団体はオックスフォード大学と連携し、共通の目的のもとに参加を望む、オメガをはじめとした熱心なパートナーから支援を得ています。<OMEGA HPより>

オメガによるネクトン エディション

ネクトンの支援を目的として、オメガは「ダイバー 300M」の2つのモデルを発表しました。ひとつは一体型ブラックラバー製のストラップ、もうひとつはスティール製のブレスレットのモデルです。ポリッシュ&ブラッシュ加工によるステンレススティール製シーマスターの両モデルには、レーザー加工を施したブラックセラミック[ZrO2]製のダイアル、グレード5チタン製ベゼル、ネクトン所有の潜水艇のメダリオンが刻印されたケースバックを備えています。

海と深い関わりを持つオメガは、世界の海洋の保護と管理に取り組む非営利研究団体Nektonの誇り高いパートナーです。

スポンサーリンク

SEAMASTER DIVER 300M

オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター 42MM Nektonエディション
210.32.42.20.01.002

ステンレススティール & ラバーストラップ

210.32.42.20.01.002

¥693,000(消費税込)

日本入荷:2020年10月予定。

SEAMASTER DIVER 300M

オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター 42MM Nektonエディション
210.30.42.20.01.002

ステンレススティール & ステンレススティール

210.30.42.20.01.002

¥726,000(消費税込)

日本入荷:2020年10月予定。

42 mmの「シーマスター ダイバー300M」には、ポリッシュ&ブラッシュ仕上げのステンレススティール製ケース、レーザー加工を施したブラックセラミック[ZrO2] のダイアル、マット仕上げとポリッシュ仕上げによる立体的な波模様があしらわれています。グレード5チタン製の逆回転防止ベゼルには、レーザー加工を施したダイビングスケールが備わっています。

Nektonが所有する潜水艇のメダリオンが刻印されたケースバックには、オメガの革新的なナイアード・ロック システムを採用しています。ポリッシュ&ブラッシュ加工のバックルが付いた、一体型のブラックラバー製のストラップがブラックのセラミックダイアルを美しく引き立てます。

Nektonに敬意を表するこのモデルには卓越したマスター クロノメーター キャリバー8806を搭載しており、時計業界において最高水準の認定を受けています。


いかがでしょうか?

 

 

【2020年新作】オメガ 007 エディション 210.92.42.20.01.001 / 210.90.42.20.01.001 シーマスターダイバー300m コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】オメガ 210.22.42.20.01.004 “007” シーマスター ダイバー 300m ジェームズ・ボンド リミテッド エディション コーアクシャル マスター クロノメーター 42mm

スポンサーリンク

Omrega 210.22.42.20.01.004 Seamaster Diver 300m James Bond Limited Edition

2019年の新作で1969年公開の「女王陛下の007」から50周年を祝う記念モデルとして限定リリースされた210.22.42.20.01.004 “007” シーマスター ダイバー 300m コーアクシャル マスター クロノメーター 42mm ジェームズ・ボンド リミテッド エディション。

モデル名長すぎ・・・

世界限定7,007本、国内定価は007に因んでか770,000円。

今年公開予定の新作「007 NO TIME TO DIE」とは無関係です。

ラバーストラップとスティールブレスレットが両方付属しているのは良いですが、その分購入代金に含まれているので片方で良いやって方には残念。

細腕に42mmのラージケースですが、中央に向けクルクルとスパイラルサテン仕上げになっているブラックセラミック製ダイアルのおかげで大きく見えません(笑)

視覚効果・・・

ブラックセラミック製ベゼルも高級感と耐傷性でグッド。

50周年に相応しい出来ですね。

18金の針とインデックスも豪華。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは60万円台半ば後半。

意外と高いですね・・・

シーマスターも50万円以上の時代が来ました・・・

確かに高級感が高まりました。

サブマリーナーと遜色ないくらいの仕上げですし、耐久性、精度なども向上しています。

キャリバー オメガ 8800は、コーアクシャル エスケープメント搭載の自動巻きムーブメント。

METAS認定のマスター クロノメーター、15,000ガウス以上の耐磁性能、シリコン“Si14”製のフリースプラングテンプ、両方向巻き上げ式ローター、アラベスク調ジュネーブウェーブが美しいロジウムプレート加工が施されたローターとブリッジだそうです。

パワーリザーブ は55時間。

マスター クロノメーターなる規格も耳に馴染んできましたね。

300m防水に、ヘリウムガスエスケープバルブも搭載していますので、本格的に潜ることもできます。

スーパールミノバ夜光はブルーに光ります。

約181グラムと結構な重さがネックです。

その為のラバーストラップかな。

ケースサイドの18Kイエローゴールド製のプレートには、限定番号が刻印されています。

厚みは約14mm。

薄くはないですね。

大きな特別なケース。

ボンド家の紋章。

ラバーストラップにはΩマーク入りの尾錠。

キャリバー8800。

ケースバックにもボンド家の紋章。

変わった刻みで一般的な工具じゃ開かなさそうです。

ボンド家の紋章。

ナイアードロックで必ずボンド家の紋章が上を向きます。

007マークがファンには嬉しいダイバーズバックル。

堅牢なプレート。

エクステンションパーツも付いています。

スパイラルサテン仕上げのブラックセラミック製ダイアルにはガンバレルのデザインがレーザーエングレービングされています。

中央部の直径はちょうど9mmです。

針とインデックスに使用されている18Kイエローゴールドは、12時位置のボンド家の紋章にも用いられています。<OMEGA HPより>

美しい文字盤。

スポンサーリンク

夜光のブルーも良い感じ。

10時のドットインデックスに50の数字が隠れているのがわかりますか?(笑)見づらいですね・・・スミマセン。

ジェームズ・ボンド シリーズの映画『女王陛下の007』の公開50周年を記念して、10時位置には夜光塗料でシークレットナンバーの「50」が隠されています。

日付窓に表示される「7」の数字には007フォントを使用。

因みに17や27は普通のフォント。

いや~、よく出来てます。

007ファンには相当満足感が高そうですね。

ファン以外は買わないと思うけど。

いかがでしょうか?

オメガ 210.22.42.20.01.004 “007” シーマスター ダイバー 300m ジェームズ・ボンド リミテッド エディション コーアクシャル マスター クロノメーター 42mmでした。

世界限定7,007本。

程良くゴージャスでスペックも高くコレクションモデルでもあります。

現行のウェーブダイヤルも格好良いですが、このガンバレルデザインもイケてますね。

ダニエルクレイグさんくらい渋く着けこなしたいです。

それではまた!

 

【2019年新作】オメガ 210.22.42.20.01.004 シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション

【2020年新作】オメガ 007 エディション 210.92.42.20.01.001 / 210.90.42.20.01.001 シーマスターダイバー300m コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm

【レビュー】オメガ ”コマンダー” シーマスタープロ 300m ボンドウォッチ 212.32.41.20.04.001 7007本限定

【レビュー】オメガ シーマスター300 “スペクター” 限定モデル Ref.233.32.41.21.01.001 ボンドウォッチ 007

【レビュー】オメガ 007限定 2226.80.00 シーマスター・プロフェッショナル300m クロノメーター 10007本 ジェームスボンドウォッチ

【レビュー】オメガ 231.10.42.21.03.004 “007限定”シーマスター アクアテラ ジェームズボンド

【レビュー】オメガ 212.32.41.20.04.001 シーマスター300M”コマンダー” 007限定 世界7007本

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】オメガ 2531-80 シーマスター300m オートマチック 41mm ブルーウェーブ文字盤 トリチウム

スポンサーリンク

OMEGA Seamaster Professional 2531.80.00

1993年にリリースされたオメガの「ボンドウォッチ」シーマスター プロフェッショナル 300M Ref.2351-80です。

20万円で買えるセミヴィンテージシーマスターでもあり、劇中でも実際に着けられた007「ボンドウォッチ」でもあります。

もっと人気が出ても良いのにね。

あまりSNS上でも見掛けることも無いのですが・・・沢山売れたでしょうから持っている方も多いのでは?

ブルーカラーのウェーブダイヤルにキツネ色に焼けたトリチウムドットインデックス。

肉抜きスケルトンハンドとさりげないデイト表示にクロノメータームーブメント自動巻きキャリバー 1109または1120が搭載されています。

41mmのプロフェッショナルサイズで、飽和潜水にも対応したヘリウムガスエスケープバルブ、ダイビングスーツ着用時にも工具不要でサイズ調整できるエクステンションパーツもセットされています。

まさに海の男に似合うマリンブルーウォッチ。

Chrono24を覗いてみました。

なんだかじんわりと値が上がってきている感じがしますね。

半年前なら20万円くらいでもっと見つかったのに。

作り込みなどは現在のシーマスターには及びませんが、高級感さえ不要であればスペックは充分。

因みに最近のはこんな感じ。

コーアクシャル マスター クロノメータームーブメント搭載で40万円弱で買えますので、こちらはこちらでコスパが良い。

枯れた感じが渋いので私的にはトリチウムなシーマスター300mをオススメしたいですが、オメガのブティックに行ったら現行品のピカピカ感に心奪われるのでしょう。

ベゼルの退色もエイジングとして楽しめます。

ブルーグレーに変色していくのも「味」なんです。

ブラックライトに当てると反応しますが、自発光はもうできません。

けっこうしっかりしたブレスレットなので約161グラムと重め。

ストラップ交換しても良いかも知れません。

サイドビュー。

シーマスター300mの独特な計上。

約11mmと厚くはありませんのでフィット感着け心地はグッド。

ダブルプッシュ式の脱着バックル。

無骨ですが堅牢。

そしてエクステンションパーツ。

普段はバックルにしまいます。

マンゴーカラーに焼けたドットインデックス。

波形状の文字盤もイカしています。

このスケルトン針はシーマスター300mの特徴でもありますが、なぜにスケルトンにしたのでしょう。

下地に読み込まなきゃいけない箇所も無く・・・

何となくのデザインですかね。

SEAMASTER PROFESSIONALでSMPだそうです。

スポンサーリンク

スピードマスタープロフェッショナルも同じな気もしますが・・・

デイト窓。

白地のカレンダーディスクで視認性は良いですが、デザイン的には同色に白文字が良かったかな。

丸みのあるクラウンガードに、ベゼルの縁の形状も独特。

ほとんどベゼルを回すことはありませんのでどんな形状でも良いですけど、プロツールとしてはグローブ着用の上操作するのにどうだったんでしょう?

インデックスと針の夜光の色味が揃うことはあまりないですが、文字盤の方が夜光の盛り具合が多いので差が出るのでしょう。

クラウントップのΩマーク。

ヘリウムエスケープバルブ(HEV)は10-11時側のサイド。

ケースバックにもウェーブ。

滑り止めの効果。

同時期のロレックス サブマリーナーのトリチウムは80万円以上の相場だったりしますので、シーマスター300mの安さが飛び抜けています。

オメガですよ、世界的に有名な。

スペックもさほど変わりません。

今はブルーはトレンドだしね。

『Tomorrow Never Dies(1997)』(邦題:007 トゥモロー・ネバー・ダイ)でピアース・ブロスナンが着用した2531.80.00。

格好良い。

いかがでしょうか?

オメガ 2531-80 シーマスター300m オートマチック 41mm ブルーウェーブ文字盤 トリチウム夜光でした。

セカンドウォッチにオススメ。

もうクォーツの2541.80.00でも良いですし。

どんどん高くなっちゃうかも知れないから、ね?

それでも人気が出ない。

何故なんだ?

90年代は人気モデルだったのに。

おかしいな。

私的にはこのモデルとスピードマスタープロフェッショナル 3590.50.00があれば充分だと思います!

本当に。

間違いない。

それではまた!

 

【青い波】オメガ 2531-80 シーマスター300M 41mm 自動巻 プロフェッショナルダイバーズウォッチがお買い得!

【レビュー】オメガ 2本買ってもエクスプローラーⅠより安いよ!トリチウムなスピードマスター 3590-50 シーマスター 2531-80

【レビュー】オメガ 2531-80 と ロレックス 16610 300m防水トリチウムダイバーウォッチ シーマスター vs サブマリーナー

スポンサーリンク
SNS Share

【圧巻】タキシンことNEIGHBORHOOD代表 滝沢伸介氏の腕時計コレクション

スポンサーリンク

Shinsuke Takizawa NEIGHBORHOOD Inc. Founder, CEO, Designer

アパレルデザイナーでありヴィンテージウォッチを愛する滝沢伸介さん。

言わずと知れた裏原ネイバーフッドの代表です。

奥様はモデルの滝沢眞規子さん。

美しい。

氏のインスタグラムを覗いてみますと、非常にこだわりを感じるアイテムが並びます。

HARLEY-DAVIDSONや、ロレックスを始めとするヴィンテージスポーツウォッチの数々。

TOKIOの長瀬智也さんとも交流があり、趣味が同じなんですね。

藤原ヒロシさんの周囲りはヴィンテージロレックス好きが沢山います。

 集英社 UOMO 2013年 2月をチェック。

こんな企画がありました「あの人たちの時計遍歴!私が愛した腕時計」。

滝沢伸介さんも掲載されています。

1994年 ネイバーフッド創設の記念に最初のデイトナを買ったと記載されていました。

当時で幾らくらいで買ったのかしら?興味ありますね~。

因みに氏はサラリーマン(ファイルレコード)から独立して起業しています。

 

と、言う事で滝沢伸介さんのインスタグラムから腕時計をピックアップしていきましょう。

腕時計はほぼ毎日着けているとおっしゃてます。

https://www.instagram.com/sin_takizawa/

ROLEX

滝沢伸介さんは2012年からinstagramをやられていますが、最初に登場した腕時計はハニカムダイヤルと稲妻針が特徴的な初代ミルガウス Ref.6541 でした。

ロレックスパネライのカルフォルニアダイヤル。

こちらは氏の愛用書「Vintage Rolex Sports Models: A Complete Visual Reference & Unauthorized History」。

結構高い本ですね。

 

こちらはバンフォード ウォッチデパートメントにオーダーした世界で1本のネイバーフッドカスタム。

イナズマ針のサブマリーナー。

ストラップはポーターとのコラボレーション、リアルクロコダイルのパイロットタイプ。

ストラップ遊びがお好きの様です。

こちらは圧巻のデイトナたち。

GMTマスターのブルーベリーUAEまでラインナップ。

スポンサーリンク

いったい何本持ってらっしゃるのだろう?

パッと見た感じ5桁以降のデイトナは持ってない様で、ヴィンテージデイトナにしか興味ないのかも知れません。

1016と1655。

今は奥様がこの1016を愛用しているかも知れません(モデルさんの私物コーナーみたいな企画で滝沢眞規子さんが1016を着けてました)。

1958年製の5508。

トロピカルダイヤル。

サブマリーナーは敢えてのクラウンガード無しですね・・・

ダイバーズウォッチなので頑丈、ヴィンテージですが実用性はギリギリOKか。

 

これだけのヴィンテージロレックスですので、メンテナンスや保管が大変そう。

でもクロスで拭きながらお酒が飲めますね・・・

溜息が出ます。

そして、チュードルの手巻きクロノグラフ 7031/0 モンテカルロダイヤル。

ホームベース。

チューダーのブラックベイダークも何かのタイミングで着けてましたね。

あれは広告かな。

 


BLANCPAIN

滝沢伸介さんはブランパンのフィフティファゾムスが大好きの様で、頻繁に登場します。

MilSpec 1, Tornek-Rayville TR900

Civilian Milspec

ヤバイのがあります。

5517ですよ。

ベゼルやダイヤルの組み合わせで、かなりのバリエーションがありますね。

このままの設計で復刻して欲しい幻のダイバーズウォッチです。

 


OMEGA

めちゃめちゃ格好良い。

シーマスター300。

ダイバーズウォッチはミリタリータイプが好みの様です。

オメガはスピードマスタープロフェッショナルもあるようですが、インスタグラムにはほぼ登場しません。

 


OTHERS

Appleウォッチも。

ネイバーフッドのG-SHOCK。

シンプルなスピードタイプです。

1番着けやすく格好良い。

ヴィンテージのベンチュラ。

こうやって通して見ますと、デザインがシンプルでわかりやすく、主に初期のモデルを好まれる印象です。

インスタグラムには登場してないけど、きっともっとコレクションはあるのでしょう。

今後の掲載に期待します。

 


まとめ

いかがでしょうか?

画像を眺めているだけで楽しめます。

1本ずつ思い入れを伺いながら見せて頂きたい。

素晴らしいコレクション。

偏りがまた格好良いですね。

全部好き。

きっと私がバイクやハーレーダビッドソンに詳しければ氏のインスタグラムをもっと楽しめたかも知れません。

それではまた!

 

【圧巻】hfことFRAGMENT DESIGN主宰 藤原ヒロシ氏の腕時計コレクション

インスタグラムに見る40代の腕時計 長瀬智也さんはダイバーウォッチも好き

TOKIOカケルに見る40代の腕時計 長瀬智也さんはクロノグラフ好き

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】”ライスブレス” オメガ用4000円のカスタムブレスレット 20mm ヴィンテージタイプ

スポンサーリンク

Beads of rice 20mm silver stainless steel bracelet for omega vintage watches

火曜日と言うことで #speedytuesday 、スピーディことスピードマスタープロフェッショナルネタでお送りいたします。

ZENMAIのココ東京でお馴染みなってきた「チープカスタム」。

サブマリーナーのラバーC化、チャイナジュビリー化、G-SHOCKスピードの中華フルメタル化などを記事にしてきました。

今回はオメガのスピードマスターにヴィンテージタイプの「ライスブレス」をセットしてみようと思います。

いつもは中国の通販サイトAliexpressで購入していましたが、今回はEtsyで探し出し送られてきたのはUKからでした。

どの国でもこんなことやってて・・・みんなカスタム大好きだな(笑)。

7月31日に注文して、届いたのは8月15日。

注文時は3000円ほどで、送料を入れて約4200円でした。

海外からは簡単な梱包ですね。

こんなのでも充分に届くし壊れません。

中身はこんな感じ。

納品書とかはありません。

フラッシュフィットにバネ棒2本、そして充分な長さのブレスレット。

スティール製ですかね、たぶん。

ちゃんと保護テープで保護されています。

フラッシュフィットの幅は20mmで間違いありません。

加工無く付けられると良いな。

イケそうですね。

バネ棒をセットして・・・

合体!

すこし浮きますがOKでしょう。

はい、装着完了。

こんな感じ。

本来ならキャタピラ ブレスレットを模したものが良かったのですが見当たらなかったので取り敢えず良いや。

ガチのヤツは高価すぎますので諦めます。

サイドビュー。

割ピンだな。

サイズ調整は簡単。

この割れてる方の逆からピンで叩き抜きます。

バックルで微調整もできるので安い割に使いやすい。

着け心地も悪くありません。

耐久性はわかりませんが飽きるまでは使えそうです。

スポンサーリンク

いいね。

バックルにはクラシカルなΩ風のマーク。

ギリギリアウトかな?

Ωなんてギリシャ文字だし、バックルの飾りだし、記号ですからね。

誰が使っても良いはず。

でもOMEGA 1502 と書いてあるからダメじゃん・・・

スティールの色味輝き方が違いますが気になりません。

ブレスレットが薄っぺらいので、やや心許ないですけど。

まぁ大丈夫でしょう。

軽いことは正義です。

これは良いですね。

全体で103グラム。

いかがでしょうか?

カスタムなんてのは自己責任なので勧めませんし、まったくもって自己満足ですが今回のはなかなかグッド。

オメガ純正のスピードマスタープロフェッショナル用ブレスレットだと屈強でウルトラマン向きじゃなかったし、キャタピラ型純正ブレスレットの用意はありませんからね。

オレも試してみたい!なんて変わってる方は、どうか自己責任でトライしてみてください。

※こちらから

軽くて良い感じです。

それではまた!

 

【レビュー】”5連ジュビリー” ロレックス用3000円の中華ジュビリーブレスレット 高級感は失われる(笑)

【レビュー】”ラバーC” ロレックス用1800円の中華ラバーストラップ Rubber Bにそっくりだ!(笑)

【7000円で着せ替え チャ○ナ・カスタム】カシオ G-SHOCK GMW-B5000V-1JR風 ビンテージスティール フルメタル

【知ってた?】CASIO G-SHOCK GMW-B5000D-1JF風 フルメタル G-SHOCK カスタム ケース

スポンサーリンク
SNS Share

【2020年版】40代の夏に似合う腕時計3選 夏と言えばダイバーウォッチ

スポンサーリンク

Diver watch perfect for summer ’20

夏になると腕元がスッキリとして腕時計が「目立つ」ようになりますね。

ここぞとばかりに腕時計自慢(腕時計自己満足)が始まり、街や海や電車などで気になる腕時計が目に入ることも多くなるはず!

今年こそは腕時計を買っちゃおうかな?

なんて思ってらっしゃる方におくる「40代男性」向けの夏用ウォッチ3選 2020年度版です。

あまり遊びまわれない状況ですが、今回は「夏」という事で水に強く目立つダイバーウォッチから選んでいます!

耐久性、視認性が他のモデルより優れたダイバーズウォッチは間違いない選択なんですよ。

それでは「おすすめ3選」スタートです!

 

おすすめ1.ロレックス サブマリーナーデイト 116610LN

昨年のオススメは114060でしたが今年はこちら!

ロレックス サブマリーナー デイト Cal.3135 40mm Ref.116610LNです。

サブマリーナーと言えばダイバーズウォッチの「代名詞」。

機能性・耐久性・満足度に優れているのはどのロレックスも同じですが、今オススメしたいのは「生産終了間近」と言う噂があるからです。

キャリバー3135を搭載する最後のモデルになるので、モデルチェンジするのは間違いないのですが時期はまだ不明ですけどね。

正規店で買えるチャンスも比較的多そうなモデルだけに「今」買っておいて欲しいのです。

当然「生産終了」になるので、後継モデルの方がスペックは上になりますが、生産終了するモデルの方が希少性は上がります。

ド定番ではあるので、そこまでレアだ!とかはありませんが、生産終了はマジックワード。

買って損は無いですよ。

現在の国内定価は 943,800円。

クロノメーター認定ムーブメント、防水性300m、視認性も良いです。

並行新品相場は定価の1.5倍まで跳ね上がっています。

大人気ですね。

 

デザインは良いけど値段がちょっと・・・と言う方へは、弟ブランド「チューダー」のダイバーズウォッチ ブラックベイなんかいかがでしょうか?

チューダー ブラックベイ フィフティ・エイト 39mm 79030B。

今年の新作です!

国内定価は399,300円とリーズナブル。

サイズ感も良くとても格好良いです!

クロノメーター認定ムーブメントだし、39mmのサイズもグッド。

ブルーでスティールってのもロレックスに無いバリエーション。

 


おすすめ2. オメガ シーマスター アクアテラ 41mm 522.12.41.21.03.001

人気ダイバーズウォッチの双璧と言えばサブマリーナーとシーマスターでしょう。

が、今回はダイバーズウォッチではない「シーマスター」から人気の「アクアテラ」です。

東京2020 シーマスター アクアテラ 41mm 522.12.41.21.03.001 はその名の通り東京五輪をフューチャーしたモデルです。

本来であればオリンピックが始まっていた時期ですが延期になってしまっていますので、時計だけでもオリンピックをスタートさせませんか?

文字盤にはエンブレムの柄がレーザーエングレービングされています。

国内定価は737,000円。

スポンサーリンク

アクアテラと言えばドラマ「BG」で木村拓哉さんが着けていますね(分かれた奥様に頂いた時計)。

 

いやいや、やっぱりダイバーズウォッチじゃなきゃ!って方には、今年の新作で映画「007」仕様の、

シーマスターダイバー300m コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm 007 エディション 210.90.42.20.01.001 はいかがでしょうか?

エイジングを表現した文字盤など面白いんですが、値段がちょっと高いのが難点。

2020年11月20日に延期された新作映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」も楽しみですね。

 


おすすめ3. セイコー PROSPEX 1965 メカニカルダイバーズ 復刻デザイン SBEX009

そして3選の最後、セイコーから今年の新作で、国産初のダイバーズウオッチを復刻させたSBEX009 /  SLA037J1です。

今年はセイコーダイバー55周年だそうです。

「エバーブリリアントスチール」という世界最高レベルの耐食性を備えたステンレススチール素材を採用し、ハイビートのキャリバー8L55を搭載 。

文字盤のブルーグレーを渋格好良いですね。

1,100本限定だそうです。

まだ実物見てないんですが、おそらく格好良いはず。

2017年のファーストダイバー復刻モデルSBDX019とサイズ感などは同じでしょうし、雰囲気は画像から伝わってきます。

実物見たら相当ヤバそうです。

欲しい・・・

 


まとめ

いかがでしょうか?

秋から冬はレザーストラップの似合うシックなモデルが良いですが、夏には大きくタフで目立つダイバーズウォッチがオススメです。

タフだから何年も何十年も使えますし、今回オススメしたダイバーウォッチはどれも歴史が長いものばかり。

不変のデザインだからこそ安心して使えますし、メーカーメンテナンスも受けやすいメーカーです。

実はご紹介したこれらは私の欲しいダイバーウォッチばかり(笑)。

何かの参考になれば。

それではまた来年!

 

 

【2019年版】40代の夏に似合う腕時計3選 夏と言えばダイバーウォッチ

【時計怪獣】今年の新作ダイバーウォッチ おすすめ3選

【時計怪獣】ダイバーウォッチを秋冬に買っても良いじゃないか!

 

スポンサーリンク
SNS Share

【ヴィンテージ 】オメガ 166.010 シーマスター オートマチック デイト 35mm

スポンサーリンク

Omega Seamaster 166.010 Automatic w/ BOR bracelet

1960年代のオメガ シーマスター オートマチック ST166.010 です。

60年代後半ですかね?

オートマチックキャリバー565を搭載した35mmのスティールケースは、スクリューバックで防水性がそれなりにありました。

1960年と言えば、既にオイスター社のオイスターケースで有名なロレックスがありましたが、どちらかと言えばマイナーなメーカー。

世界はロンジンやオメガを求めていたのでしょう。

精度の良さはコンステレーション、防水性はシーマスターと切り分けていたのだと思います。

その下はジュネーブかな・・・

今「シーマスター」と聞くと、ジェームズ・ボンドが着けるタフなイメージ(ダイバーウォッチ)ですが、当時はプロフェッショナルとは別で防水性のある高級ドレスウォッチに付ける名前だったんです。

はい、どうでしょう。

オシャレ。

35mmですがブレスレット仕様なので、充分な感じですね。

BOR(Beads Of Rice)ブレスレット・・・お米のビーズ・・・。

Chrono24を覗いてみました。

非常に安い。

コスパ良いですね。

ちゃんと整備していれば、何年も何年も使えるのです。

50年以上前のモデルとは思えない、しっかりとしていて美しい時計です。

ちゃんと動きますしね。

小キズやプラ風防のスレキズはご愛嬌。

シンプルなデザインなので、どの世代でも着けられます。

サラっとYシャツの袖口から見えたら、紳士度がグイっと上がりますね。

軽さも良い具合。

70グラム程度なので、着けていることを忘れそうです。

サイドビュー。

ぷっくりしたプラ風防。

クラウントップにはΩマーク。

ケースバック。

シーホースのレリーフ。

クラシカルなバックルロゴ。

前回レビューしたオメガ シーマスター クロノメーター ST168.024と一緒にパシャリ。

クロノメーター表記がある方が格好良いな・・・やっぱり。

針はドルフィン針の方が良いね。

微妙に作りが違います。

ロゴも形が違いますね。

寄ってみます。

アプライドのΩマーク。

インデックスもアプライド(植字)です。

スポンサーリンク

独特な書体の「Seamaster」の文字。

デイト表示は窓枠があります。

全てがシルバーなので、視認性を良くするため、針やインデックスに黒いラインが引かれています。

クラシックスタイル。

SWISS MADE。

デイト。

クラウン。

ちょっと汚いですが・・・

ブレスレットナンバー8220。

お米ビーズが連なっています。

7連ジュビリー。

いかがでしょうか?

非常にコストパフォーマンスの良い、ビンテージオメガ シーマスター オートマチック ST166.010 でした。

この辺はまだ安いので、掘ってみたら綺麗で安い個体が見つかるかも知れませんね。

安心できる修理店が必要ですので、修理も受けているところで探す方が良いのかな?

たまに着ける、セカンドウォッチにいかがでしょうか?

ちょっとだけオススメ。

同年代のコンステレーションも良いですよ!

それではまた!

 

【ヴィンテージ 】オメガ 168.024 シーマスター オートマチック クロノメーター デイト 35mm キャリバー564 自動巻

【レビュー】オメガ アンティーク シーマスター 1950年代 キャリバー501 自動巻

【レビュー】オメガ 168.017 コンステレーションC ヴィンテージ 1960年代のCライン

スポンサーリンク
SNS Share

【60周年記念】オメガ 234.10.39.20.01.001 シーマスター300 1957トリロジー復刻 コーアクシャル マスタークロノメーター

スポンサーリンク

Omega Seamaster 300 Co-Axial 1957 Trilogy 60th Anniversary

私の大好きなモデル、オメガ シーマスター300 234.10.39.20.01.001  1957年のトリロジー復刻です。

2017年の限定品で、1957年に掛けて世界限定3,557本、国内定価は810,000円でした(まだ売ってたら825,000円)。

3557本も作ったこと、定価が地味に高かったことで、スタートダッシュ後はジワジワと値下がり。

今では格好良いのに買いやすくなり、オススメモデルとなっています。

と、いうことで改めて格好良さを再確認していきます(笑)

CK2913を元にしたビンテージフェイスに39mmのグッドサイズ。

アローハンドもキャタピラーブレスレットも雰囲気出てて良いでしょう?

再現度高し。

Chrono24を覗いてみました。

40万円台も出てきていますからね。

搭載ムーブメントは15,000ガウス以上の耐磁性能を持つマスター クロノメーターキャリバーオメガ8806。

防水性は300m、パワーリザーブは55時間。

このイケメンぶりは実物を見ると突き刺さるのは間違いありません。

私の好きなのは細いベゼルリング。

武骨すぎて涙が出ます。

レギュラーモデルの233.30.41.21.01.001のベゼルはこんな感じ。

違うでしょ?

スーパールミノヴァを塗布したインデックスはヴィンテージ版よりもわずかに深さがあるそうですよ。

ケースは39mmですが、なんかこう重いのが気になります。

約148グラム。

厚みも15mmくらいあります。

ブレスレットは格好良いけど・・・

バックルがデカい、不格好。

機能的には微調整できるスライドパーツがあったりと現代的。

ケースバックはビンテージ風にツルツル。

シーホースが刻印されています。

マットブラック文字盤に

薄い唇の男性がダンディでセクシーなように、薄いベゼルリングもダンディでセクシーなのです。

スポンサーリンク

アローハンドが格好良いです。

リュウズにはオリジナルモデル同様、ナイアードの印が刻まれています。この印は1957年当時、類まれな防水性能を示すマークでした。

ケースはブラッシュ&ポリッシュ仕上げが施されたステンレススティール製で、ブラックトロピカルダイアルと称される、経年変化したような風合いのダイアルが特徴です。

スピードマスターもレイルマスターも同じような作りになっています。

この3本だけで一生使いまわせそうな気がしてきます。

トリロジー、男のロマン、オメガ大好きトリロジー。

こちらはロレックス大好きトリロジー。

いかがでしょうか?

前回も書きましたが、スピードマスターが55万円、このシーマスター300が45万円、レイルマスターが35万円くらいの中古相場になったら買い揃えたいです。

段々近づいてきていますけどね。

あともう少し。

性能的には50年以上使えるでしょうし、60年前のデザインですので今更廃れる心配もありません。

SNSでもこのシーマスター300は大人気(他の2モデルより人気が高い様に感じます)。

興味がある方は是非1度手に取って見て下さい。

本当に格好良いから。

オススメです。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 234.10.39.20.01.001 トリロジー シーマスター300が格好良い

【レビュー】オメガ シーマスター300 ファースト 234.10.39.20.01.001 マスターコーアクシャル 60周年トリロジー

【底値】オメガ 311.10.39.30.01.001 スピードマスター 1957 トリロジーが安い!

【レビュー】オメガ レイルマスター220.10.38.20.01.002 復刻 1957トリロジー限定モデル 3557本

スポンサーリンク
SNS Share

【オートクォーツ】オメガ 2514-50 シーマスター200m オメガマチック Cal.OMEGA 1400 2514.50.00

スポンサーリンク

Seamaster Omegamatic 200m Autoquartz 36mm 1997 2514.50.00 electronic Cal.1400

1997年にオメガからリリースされた自動巻き蓄電型クォーツ(オートクォーツ)シーマスター 200m オメガマティック 2514-50です。

似たデザインで日本限定1997本の2516-50と言うモデルもありますね。

今回は通常版。

オートクォーツってご存知でしょうか?

セイコーのキネティックも似たシステムですけど、振り子が回り蓄電池(キャパシタ)に充電して動くクォーツです。

キャパシタが死なない限り電池交換が不要と言うのが売りですが、機械パーツには注油なども必要なのでオーバーホールが不要と言うわけではありません。

すぐに製造を止めたことから、人気も無く採算も合わなかったのだと推測されます。

セイコーキネティックの性能には勝てなかったしね。

ベースはETA 205.111で、スウォッチグループから似たオートクォーツが他にも出ていると思います。

一応シーマスターです。

36mmの小ぶりなケースに回転ベゼルが搭載され、ねじ込み式のリューズにケースバック、防水性も200mとエアダイビングくらいなら対応してそう。

視認性は良くないけどね。

Chrono24を覗いてみました。

20年以上前のレア個体故、なかなか中古マーケットでもお目にかかりません。

プレミアムプライスにはなっていませんが、まともに動く個体がどれほどあるのか・・・

ちゃんと文字盤の中央にはウェーブが。

スケルトンハンドもシーマスターっぽい。

オートクォーツを未来的なイメージで表現したかったのか、ベゼルが不思議な感じです。

メカっぽいというか、肉の無くなったターミネーターというか。

ポケモンのギギギアルのピカピカ版というか・・・

T表記が無いですけどトリチウムかな・・・

小さいのに意外にズッシリ。

約125グラム。

ケースバックです。

グリップ効果もあるウェーブデザイン。

サイドビュー。

シーマスター120っぽいね。

ダイバーズウォッチとは言えない感じのスライド式の脱着バックル。

Ωマークのパーツがゴールド。

Ωmaticのロゴ。

シーマスターらしいフェイス。

スポンサーリンク

メカメカした近未来風なベゼル。

因みに針の動きはカチッカチッとクォーツの運針になります。

焼けて変色したインデックス。

Tマークは無し。

雰囲気ありますよ。

41mmであれば、もっと注目されたのかも知れません。

ドレスウォッチ風なものを狙っての36mmなのか、パワー不足で36mmにしたのかはわかりませんが、やや小ぶりで世界には通用しなかったのかも。

未来感は満載ですので、好きな人にはハマりそうな・・・

いかがでしょうか?

過去の遺産と言うほどでもないですが、珍しいオートクォーツのシーマスター200m オメガマチック2514-50でした。

傷が付きやすいベゼルの一部を鏡面仕上げとし、さらにそこに数字の目盛りを打つというデザイン。

面白いですよね。

もしどこかで出会いましたら、是非1度手に取って見て下さい。

興味が出るかも知れませんよ(笑)。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 2500-80 シーマスター 120m ジャックマイヨール 1997年

【レビュー】オメガ 2507-80 シーマスター120 ジャックマイヨール 4000本限定

セイコー キネティック・クロノグラフ

SUN015 SUN017 SUN025 セイコー キネティックGMT

スポンサーリンク
SNS Share

【ヴィンテージ 】オメガ 168.024 シーマスター オートマチック クロノメーター デイト 35mm キャリバー564 自動巻

スポンサーリンク

Omega Seamaster Beads Of Rice Bracelet Seamaster Chronometer 168.024

1960年代のオメガ シーマスター クロノメーター ST168.024です。

人気のヴィンテージシーマスターで、完成度の高さ、モダンさ、デザインと精度、そしてコストパフォーマンスの良さが指示されています。

シーマスターと言う名前ですが防水性のあるドレスウォッチですね。

シンプルで端正なフェイスはスーツにもフィット。

35mmのケース径。

やや小ぶりですが、細腕オジサンの私(15.5~16.0cm)には問題なく、高級感すら感じられます。

夜光はありませんが視認性の為に黒く塗られた針とインデックスが渋い。

光沢のあるシルバー文字盤に合っていますね。

デイト表示もあり便利。

同じく60年代の166.010とパシャリ。

クロノメーター表記がある方が締まって見えます。

ライス(7連ジュビリー)ブレスの着け心地も良いですね。

非常に軽い約68グラム。

最高です。

ケースバック。

バックルにはビンテージライクなオメガロゴ。

サイドビュー。

クラウントップにもΩマーク。

プラスチック製風防でこんもりしています。

意外とぽっこりしてて約12mmもの厚さがあります。

寄ってみます。

プラ風防にスレが見受けれられますね。

アプライドインデックス、Ωマークもアプライド。

デイト窓には枠もあり、丁寧な作りです。

2段引きでクイックチェンジもできます。

Seamaster SWISS MADEの文字。

リューズ。

鏡面仕上げのしなやかなライスブレス。

スポンサーリンク

裏側はこんな感じ。

バックルにはブレスレットナンバー 3010の刻印。

Ωマークも現行モデルとは違いクラシカル。

OMEGA

AUTOMATIC

CHRONOMETER

OFFICIALLY CERTIFIED

公認クロノメーターの証。

Seamaster。

日付。

いかがでしょうか?

しっかりメンテナンスした個体であれば長く使っていけると思いますので、気になる方はチェックしてみてください。

オメガのアンティークウォッチは意外と安くて渋いの沢山ありますから。

若い方だとオシャレだし、オジサンにはバッチリと似合います。

古いものなのでたまに着けるのにオススメです。

なんかビンテージって格好良いもんね。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ アンティーク シーマスター 1950年代 キャリバー501 自動巻

【レビュー】オメガ 168.017 コンステレーションC ヴィンテージ 1960年代のCライン

オメガ新作 511.12.38.20.02.001 / 511.13.38.20.02.001 シ⁠ーマスタ⁠ー 1948 マスタ⁠ー クロノメ⁠ータ⁠ー #バーゼルワールド2018

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】オメガ 2230-50 シーマスター プロフェッショナル 300m ホワイトゴールドベゼル?

スポンサーリンク

Omega Seamaster Professional 300M Automatico Watch 2230.50.00

2000年代のオメガ シーマスタープロフェッショナル 2230-50です。

ちょっと変わってまして、ベゼルディスクがホワイトゴールド製(ベゼル自体はスティールね)。

国内未発売だったとか。

普通の41mmケースのようですが、オメガ公式には39.3 mm。

搭載しているムーブメントは自動巻きクロノメーターキャリバー 1120(ETA2892-A2)。

300m防水のプロフェッショナルダイバーウォッチです。

どうですか?

ヨットマスターロレジウムのような見た目で、大人ラグジュアリー感のあるシーマスター300mです。

優雅なヨットのデッキで寝そべりながらキンキンに冷えた炭酸水でも飲むダンディなオジサンに似合いそうです(ナンダロウ ソノイメージ)。

こちらはビッグトライアングル 2254-50。

ベゼル以外は同じですかね。

ミリタリー調の雰囲気でひそかな人気モデル。

私はこちらの方が好きなんですけど。

ほらほらスティールの光とは異なるホワイトゴールドベゼルが大人じゃな~い。

格好良い。

Chrono24を覗いてみました。

あまり投稿されていませんね・・・

 

楽天市場の方が数が多いかも。

相場は20万円前後ってところでしょう。

20万円なら安いですね。

スペックも充分、コスパに優れています。

ホワイトゴールド製のベゼルディスクのマットな白光がダンディーですな。

もちろんプロスペックのダイバーズウォッチなのでタフさと視認性もバッチリ。

シーマスター全般なんですけど、とにかく無駄に重いのが残念。

サイドビュー。

こちらからは高級感は感じません。

スポンサーリンク

厚みは約13mmと厚過ぎずくらい。

スクリュー式のケースバック。

滑り止めにもなるウェーブデザイン。

シーホースが中央に鎮座します。

10時位置のケースサイドにあるヘリウムガスエスケープバルブ。

シーマスタープロフェッショナルの刻印のあるダイバーズバックル。

ダブルプッシュ式脱着です。

ウェットスーツを着込んでいても着けられるエクステンション付き。

文字盤に寄ってみます。

ひし形の大きな針、太めのインデックス、波型の文字盤デザイン。

シーマスタープロフェッショナル・クロノメーター 300m/1000ft。

ベゼルにはザラついた加工のホワイトゴールド製ディスクがセットされています。

他のシーマスターと一線を画します(それほどでもない)

こちらはロレックスのヨットマスターロレジウム 16622のプラチナ製ベゼル。

明らかにシーマスターは「寄せ」ました(笑)

ビッグトライアングル。

格好良い。

アプライドのΩマーク。

現行のシーマスターはレーザーでウェーブデザインを描いてるようですが、この頃は型押しかな?

クラウントップにもΩマーク。

バックルのナンバー1610/930。

いかがでしょうか?

2000年代のオメガのラグジュアリースポーツ・・・なのかな。

ヨットマスターロレジウムを意識して作られたと思うオメガ 2230-50 シーマスター プロフェッショナル 300m。

でもね20万円で買えるならアリですよ。

セカンドウォッチにいかがですか。

是非どこかで出会えたら手に取って見て下さい。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 2254-50 シーマスター300m 41mm クロノメーター “ビッグトライアングル”じんわり高騰中

【レビュー】オメガ シーマスター プロフェッショナル クロノメーター 300m 2532.80.00 鏡面ベゼル

【青い波】オメガ 2531-80 シーマスター300M 41mm 自動巻 プロフェッショナルダイバーズウォッチがお買い得!

スポンサーリンク
SNS Share

【青い波】オメガ 2531-80 シーマスター300M 41mm 自動巻 プロフェッショナルダイバーズウォッチがお買い得!

スポンサーリンク

Omega Seamaster Diver James Bond 300m Blue Waved Dial 2531.80.00

1993年にリリースされたオメガの「ボンドウォッチ」シーマスター プロフェッショナル 300M Ref.2351-80です。

皆さん知ってる「ザ・シーマスター」と言えばコレですよね?

ブルーカラーが印象的なオメガのダイバーウォッチで、波模様の文字盤、スケルトンハンドでお馴染みです。

11時位置にはヘリウムガスのエスケープバルブも装備し、ダイバースーツ着用時にも対応するエクステンションもある本格派。

90年代のモデルを探せばキツネ色のトリチウム仕様なんかも昨今セミビンテージブームにフィットします。

それがアンダー20万円なんかで見つかるんだから、オメガ凄いぞ!

41mmのサイズ感。

細い腕の私でも問題ありません。

1993年から2007年くらいまで(後継モデル2220-80登場時)作られたロングセラーですから、多くの中古品が出回っていますね。

Chrono24を覗いてみました。

じんわりと中古相場が上がっているそうですよ。

再評価されたのか?

世間も2531-80が、安くて格好良くてスペックも良いグッドダイバーズウォッチって事に気付いちゃったのかも知れません。

因みに2008年くらいでは、こんな価格で売られていました。(イルソーレさんの画像)

定価の半値以下・・・グッドコンディションなのに。

SEAMASTER 300 (JAMES BOND) 2531.80.00
1993
インターナショナル コレクション 1993
ケースの素材 Stainless steel / Screw-in
ブレスレット Stainless steel (attached)
MOVEMENTS ムーブメント
Automatic (mechanical) キャリバーナンバー 1109/1120
防水 300meters

『Tomorrow Never Dies(1997)』(邦題:007 トゥモロー・ネバー・ダイ)でピアース・ブロスナンが着用した2531.80.00。

コレでボンドウォッチと呼ばれることになります。

因みに、1995年に公開された『GoldenEye』(邦題:007 ゴールデンアイ)で、クォーツの2541.80.00が先に着用されていました。

スーパールミノバ夜光で、視認性もバッチリ。

作り込み過ぎたのか、ブレスレットがアレだからか、非常に重たいのがネックです。

約167グラム。

コレはなかなか厳しい数字です。

ダブルプッシュ式脱着バックル。

ダイバーズエクステンションパーツでグイ~ンと伸びます。

スポンサーリンク

ケースバックの波形はグリップにもなり滑りません。

お馴染みのシーホース。

SEAMASTER。

細かいディテールのシーホース君。

この細かさはコピーガードの役割もあります。

ドッチインデックスとスケルトンハンド。

ウェーブダイヤル素敵ですね。

アルミのベゼルは色抜けします。

90年代のモノは購入時にチェックですね。

劣化が好きな方には良いかも知れません。

秒針先端の赤いペイントがアクセント。

暗いと赤は見えなくなっちゃうけど。

クラウンガードとΩマーク刻印のリューズ。

こちらはヘリウムガス排出バルブ。

使ったことありません。

こちらはトリチウム。

キツネ色がナイスです。

いかがでしょうか?

10万円台で見つかるマジスペック・有名ブランド・ダイバーズウォッチ オメガ シーマスター プロフェッショナル 300m 2531-80。

007好きにも、ブルー好きにも、ダイバーズウォッチを探していた方にも、オススメの1本。

ネックは重さ。

華奢な方にも似合いますが、重さが気になるかも知れません。

そんな時はストラップ交換などで楽しんでください。

因みに後継モデルの2220.80はコーアクシャルムーブメントを搭載しつつ20万円台で見つかりますので、比べてみても良いかもね。

最新のシーマスターにもウェーブダイアルが採用されていて、やはりシーマスターと言えばブルーとウェーブです。

間違いない。

それでは!

 

【レビュー】オメガ 2531-80 と ロレックス 16610 300m防水トリチウムダイバーウォッチ シーマスター vs サブマリーナー

【レビュー】オメガ 2本買ってもエクスプローラーⅠより安いよ!トリチウムなスピードマスター 3590-50 シーマスター 2531-80

【レビュー】オメガ シーマスター プロダイバー300 クォーツ 2541.80.00 “BOND” 蒼い波

スポンサーリンク
SNS Share

オメガ 522.12.41.21.03.001 スペシャリティ オリンピックコレクション 東京2020 シーマスター アクアテラ 41mm ブルー

スポンサーリンク

Omega SPECIALITIES OLYMPIC GAMES COLLECTION Seamaster Aqua Terra Tokyo 2020 522.12.41.21.03.001

バーゼルワールド2020の延期が発表されましたね。

当然と言えばその通りなんですが、まさか2021年の1月まで延期というね、もうそれバーゼルワールド2021なんじゃないかな?みたいな。

各社 新作発表はホームページなりSNSなりで4月には行われると思います。

さて、今日は4年に1度の2/29ということで、オリンピックモデルです。

東京オリンピック開会式まで5か月を切りました。

いよいよですね~ってことで、五輪関連のモデルとなれば公式タイムキーパーのオメガ。

2019年 オメガ「オリンピックゲームズコレクション」第2弾はシーマスターから2モデル がラインナップされました。

今回はその1つ、東京2020 シーマスター アクアテラ 41mm 522.12.41.21.03.001をチェック。

因みにもう1つはレディースのプラネットオーシャンです。

こちらは2018年の「オリンピックゲームズコレクション」第1弾のスピードマスタープロフェッショナル5種(五輪カラー)発売時のイベント。

日本の正規ブティックのみで販売でした。

※シーマスター2種は通常の代理店も販売されました。各2020本限定。

まずまず格好良い、そして質感が良いです。

41mmのラージケース、私個人的にはアクアテラは38-39mm位が調度良いんじゃないかと常日頃思っています・・・。

ブルーの特徴ある文字盤にはレーザーエングレービング刻印の東京 2020 エンブレム。

画像はラバーストラップですがスティール製のブレスレットも付属します。

Chrono24を覗いてみました。

国内定価は737,000円ですので、中古マーケットも並行新品も定価以下です。

限定モデルですが、アクアテラなのでこんな感じですかね。

なかなか高級感はあるのです。

最近のアクアテラは良くできてます。

登場時の15年前は華奢なペラペラ時計でしたが、現在のアクアテラは相場も2倍以上になりましたがしっかりとしていて50年は使えそう。

ラバーストラップにDバックル、別にスティールブレスレットも付いてきて、もちろんオメガは工具までサービス。

優しいね。

でもどっちか片方で良いから定価をもっと下げてほしいよ。

2,020本限定の41mmのステンレススティール製モデルは、オメガが東京 2020 オリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めることを記念したモデルです。ポリッシュ仕上げのブルーセラミック製ダイアルは、レーザーエングレービングで刻印された東京 2020のエンブレムや、6時位置の日付窓、ホワイトのスーパールミノヴァが塗布されたロジウム仕上げの針とインデックスなどが特徴です。サファイアクリスタル製のケークバックには東京 2020のエンブレムがブルーで転写されており、ガラス越しにオメガ マスター クロノメーター キャリバー8900を見ることもできます。<OMEGA HPより>

150m防水、耐磁性、デイト表示と日常生活・スーツ・デニムにもフィットするオールマイティなデザイン/スペック。

サイドビュー。

艶消しのケース仕上げ。

クラウントップにはΩマーク。

スクリューバックはシースルー。

サファイアガラスには

コーアクシャル ムーブメントのマスター クロノメーターキャリバー8900が覗けます。

東京 2020のエンブレムが転写されています。

コレは良いですね。特別感がありますし、いつか子供たちに「コレ東京オリンピックの時のだよ」って見せてあげられます。

スポンサーリンク

ブルーセラミック製ダイアル。

記念になります。

ZrO2の文字。

コーアクシャル ムーブメントのマスター クロノメーター。

なんだか凄そう。

ホワイトのスーパールミノヴァが塗布されたロジウム仕上げの針とインデックス。

コーアクシャル ムーブメント マスター クロノメーターキャリバー8900と、東京 2020のエンブレム。

世界限定2020本、のうちの何番目か刻印されています。

バネ棒外しでスティールブレスレットに交換も容易ですね。

いかがでしょうか?

たぶん人生で1回っきりの「東京オリンピック パラリンピック」だと思います。

記念品を買っても良いと思います。

私的にはこのパンダフェイスのスピードマスターが良いけれど、すでにブティックでは完売のよう。

シーマスターアクアテラは使いやすいし、セカンドウォッチをさがされてた方にはオススメしたいな。

東京五輪と言うストーリーが付加価値としてついてきますので、買いやすくなるでしょ?(笑)

思い出と一緒にどうでしょう?

因みに、こちらがもう1つのオリンピックモデルのシーマスター プラネットオーシャン 522.33.40.20.04.001。

国内定価は880,000円、こちらも2020本限定です。

レディースですけど39mmありますので華奢な手首の男性にもフィットするサイズ感ですね。

それではまた!

 

オメガ 東京 2020 リミテッドエディションズ シーマスターが追加ラインナップ オリンピックゲームズコレクション

【レビュー】オメガ 522.30.42.30.04.001 “パンダ” 東京 2020 リミテ⁠ッド エデ⁠ィシ⁠ョン¥680,400- 日本限定2020本

【レビュー】オメガ 220.13.38.20.03.001 シーマスター アクアテラ 38mm マスター クロノメーター キャリバー8800

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】オメガ アンティーク シーマスター 1950年代 キャリバー501 自動巻

スポンサーリンク

Omega 1950 Vintage Seamaster Stainless Steel Automatic

1948年にコレクション化したオメガ シーマスター。

防水性を持った腕時計として現代にも続く人気シリーズとなっています。

今回見ていくモデルはリダンかな?なんて思いますが、ビンテージオメガあるあるで、ガッチャ化しているものも流通していますね。

このあたりになると格好良ければ(ちゃんと動けば)それで良いような気もします。

自動巻きキャリバー501かな。

ジャン。

サイズは小径な33~34mmほど。

当時はメンズ仕様ですが今だとミッドサイズに該当します。

女性でも着けられますね。

こちらは限定復刻モデルの511.13.38.20.02.001 ⁠シ⁠ーマスタ⁠ー 1948コレクシ⁠ョン。

70周年の2018年に発表されました。

オメガのヴィンテージ広告。

3.6.9.12にド⁠ーフ⁠ィン針、センターセコンドの自動巻き。

オメガのホームページにも似た感じのモデルが散見されます。

パイパン文字盤じゃないから別モデルでしょう・・・

針も短いな。

 

Chrono24で古いモデルをチェック。

こちらもキャリバー501を搭載しているようですがラグが違うな。

こちらはかなり似ていますが、やはりラグがちょっと違います。

それにしても格好良いのに「安い」ですね。

プラ風防でキズが少々目立ちますが、サンエーパールか何かで磨けば綺麗になりそうです。

文字盤の雰囲気はなかなかグッド、イケメンと言えるでしょう。

サイズを計測。

33~34mm。

ブラックライトを当てます。

夜光はありません(最初からセットされていません)。

ケースバックはスナップバックですね。

今でも生活防水くらいは確保できるのかな?

非常に軽い約68グラム。

純正だか判断つかないバックル。

雰囲気はあります。

スポンサーリンク

No.12/1036 7連巻き込みライスジュビリーブレスレット。

寄ってみます。

焼けのないキレイなシルバーです。

アプライドのインデックス。

カットされて多面タイプですね。

イケてます。

クラウントップにもΩマーク。

バックルにもね。

いかがでしょうか?

Cラインのコンステレーションや、5・60年代のシーマスターはまだまだ安く売られてます。

しっかりメンテナンスした個体であれば長く使っていけると思いますので、気になる方はチェックしてみてください。

意外と渋いの沢山ありますから。

たまに着けるのにオススメです。

なんかビンテージって格好良いもんね。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 168.017 コンステレーションC ヴィンテージ 1960年代のCライン

オメガ新作 511.12.38.20.02.001 / 511.13.38.20.02.001 シ⁠ーマスタ⁠ー 1948 マスタ⁠ー クロノメ⁠ータ⁠ー #バーゼルワールド2018

【レビュー】ビンテージ オメガ コンステレーションC パイパンダイヤル オクタゴン シーマスターコズミック

スポンサーリンク
SNS Share

【2020年新作】オメガ 007 エディション 210.92.42.20.01.001 / 210.90.42.20.01.001 シーマスターダイバー300m コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm

スポンサーリンク

Omega Seamaster Diver 300M Co‑Axial Master Chronometer 42 mm. 007 Edition 210.92.42.20.01.001. Titanium

2020年4月公開の007新作『NO TIME TO DIE』の限定モデルが登場です。

シーマスターダイバー300m コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm 007 エディションは2タイプ。

NATOストラップ仕様のチタンケースと、チタンのメッシュブレスレット仕様から選べます。

NATOストラップ仕様の210.92.42.20.01.001の国内定価は957,000円

チタンのメッシュブレスレット仕様の210.90.42.20.01.001の国内定価は1,089,000円です。

ブティックでの販売開始は2020年2月とのこと。

NATOストラップも渋いですね。

劇中では、どちらの仕様も着用してるんでしょうか。

トレーラーではメッシュブレスっぽいのが確認できます。

ラフ画。

メッシュブレスレットのバックルは、けっこうしっかりしてますね。

着けやすそう。

Seamaster DIVER 300M オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター 42MM 007 エディション 210.92.42.20.01.001
チタン & NATOストラップ

210.92.42.20.01.001

¥957,000

気になる限定本数の表記はありません。

劇中で初めて着用した「限定モデル」スペクターはHPにも限定モデルと記載がありました。

一時期は7,007本もあったのにプレミアム価格となっていましたね。

seamaster DIVER 300M オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター 42MM 007 エディション 210.90.42.20.01.001
チタン & チタン

210.90.42.20.01.001

¥1,089,000

「007エディション」なので、限定モデルじゃないけど何年も何年もは製造しなさそうなイメージではあります。

それでも総数は7000本以上にはなりそう。

そしてちょっと高いよね。

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場する007のウォッチと全く同じ、この直径42 mmの「シーマスター」は堅牢でありながら軽量なグレード2チタン製で、スポーティーでトロピカルなブラウンのアルミを使用したベゼルリングとダイアルが特徴です。

本物の軍用時計の形式を正確に踏襲し、ケースバックにはシリアルナンバーがエングレービングされているほか、ジェームズ・ボンド シリーズの映画の第一作『007 ドクター・ノオ』が公開された年にちなんだ62もあしらわれています。

ドーム型のサファイアクリスタルガラスにより、標準的な「ダイバー300M」よりもわずかにスリムなこのモデルには、革新的で調節可能なバックルが付いたグレード2チタン製のメッシュブレスレットが採用されています。

 

007エディションの「ダイバー」は、業界最高水準を誇る精度と計時の性能、耐磁性を備えたオメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8806搭載。

スポンサーリンク

シーマスターは170グラムとかあるのが少々ネックだっただけに、チタンで薄く軽いのは大歓迎。

チタンメッシュ仕様で総重量はどのくらいなのかな?

ベゼルはアルミ製でブラウンと表記がありますね。

こげ茶色。

太陽に灼かれた黒いベゼルが変色した感じを表現しています。

インデックスや針も同様にトリチウムが変色したイメージでしょう。

長針のみグリーンに光ります。

ドーム型強化サファイアガラス。

アンティーク感が強めですがスペックは現代仕様、300m防水に15,000ガウス以上の耐磁性能。

文字盤には「007」のマークがありません。

裏蓋にはいつものロゴが控えめにあります。

ナイアードロックなのでこの表示のまま6時側に007。

そして気になるのは文字盤にも裏蓋にもある「Broad Arrow(ブロードアロー )」ですね。

なんとなくですが、ロレックスやオメガなど過去には戦争に使われる腕時計を卸していたメーカーは、その過去を隠すかのような気質があるのだと思っていました。

大戦モデルとかベトナム戦争モデルとか、ミリタリー物好きの方々には喜ばれる仕様でも、環境なり人権なりチャリティーなりブランド価値を高めるためにそのあたりの歴史はあまりメーカーホームページにも記載がありません。

もちろん軍事機密相当で気軽に書くことではないのだとも思いますが、・・・そんなこんなで今回の文字盤のブロードアローには少々驚きました。

英国軍の官有物として腕時計以外にも印があったと思いますけど、コレがあるだけで一気に「戦争感」が漂います。

もちろんジェームズ・ボンド氏は英国海軍中佐でもありますので官有品の時計を着けていても何ら不思議ではありません。

1940年代ですかね、大戦中の指定ダイアルはドットインデックスではありません。

the dirty dozen watchesと呼ばれ、英国軍が指定したスペックデザインで作られています。

格好良い。

1970年代。

回転ベゼル付きのシーマスター300。

もうブロードアローは文字盤にはありませんが裏蓋にはあります。

このデザインで作ったらもっと人気が出ただろうにね。

でもチタンケースの重さは気になるし、メッシュブレスレットが腕の毛を噛まないかも気になる(笑)

いかがでしょうか?


2020.04.30

2月販売予定だったみたいですが、後ろに押した感じですね。

007の新作も公開延期かな?

Chrono24を覗いてみました。

国内定価以下かな。

 

 

『007』NO TIME TO DIE 今度のオメガ シーマスターはどんなモデル?

スポンサーリンク
SNS Share