【レビュー】IWC パイロットウォッチ マーク16 IW325501 39mm

スポンサーリンク

IWC Pilots Watch IW3255-01 Mark XVI

2006年に大人気だったマーク15から世代交代したパイロットウォッチ「スピットファイア」マーク16。

マーク16ってもう10年以上前のモデルなんですね・・・あんまり気にしてなかったけど現在はマーク18になっていますので、2世代前のパイロットウォッチになります。

今回はレザーストラップモデルのIW325501をチェックしていきますよ。

※ブレスレットモデルのIW325504はこちら

39mmのケース径に、42時間パワーリザーブの自動巻きムーブメント Cal.30110 を搭載(ETAベース)。

最近のムーブメントはETAからセリタへと変更しています。

パイロットウォッチ・シリーズはシンプルで視認性が良く格好良いですね。

39mmなので大き過ぎず、レザーストラップでフィット感も良いです。

針の形状に好みが分かれそう。

国内定価は409,500円でした。

Chrono24を覗いてみます。

中古で選ばなければ20万円台から。

国内の中古マーケットも30万円くらいでしょうか。

アラビア数字のインデックスがね~最高なんです。

シンプルにプリントされた無骨な文字盤が、ミリタリーファンにも受けています。

デイト表示があるからビジネスシーンにも合わないこともない。

オンオフ着けられるから、これ1本でキャンプにもスーツにもいけます。

もちろん過酷な状況のコックピット内でも時間が視認できるよう夜光もバッチリ。

厚みも無く、スッキリしています。

クラウンガードが無いのもデザイン的にはグッド。

帯磁性軟鉄製インナーケースが入っているのに11mm程度の「薄さ」とオススメポイント。

邪魔になりません。

シンプルな尾錠タイプ。

IWCの刻印です。

寄ってみます。

無駄のないデザインバランスで精錬されており、足してもダメ引いてもダメ(マーク17はカレンダーが「無駄」なデザインに感じました)。

ベゼルもスッキリ。

同トーンのカレンダーディスク。

MARK XVI。

マットブラック最高!(笑)

1.2.4.5.7.8.10.11のアラビア数字は光りません。

因みにブレスレットだと、こんな感じです。

レザーストラップの劣化交換が不要なのはプラスポイント。

代わりに少し重くなります(約118グラム)

いかがでしょうか?

私IWCのパイロットウォッチ好きなんですよ。

特にマーク15の初期文字盤。

90年代のIWCはどれも好き。

パイロットウォッチだけは、あまり華美に振れないで進化していますので応援したいですね。

現行のマーク18も素敵です。

マーク16の日本限定モデルが最高ですけどね。

それではまた!

 

【レビュー】IWC IW325504 マーク16 “Spitfire” パイロットウォッチ 39mm

スポンサーリンク

【レビュー】IWC マーク16 IW325517 日本限定 350本 39mm スペードハンド

【レビュー】IWC マーク17 IW326501 パイロットウォッチマークXVII 41mm

【レビュー】IWC マーク15 パイロットウォッチ 3253-001 (IW325301 Mark XV)

【レビュー】IWC パイロットウォッチ・​マーク ​XVIII IW327002 シルバーメッキダイヤル (シンプル3針モデルと見比べる)

【レビュー】IWC パイロットウォッチ マーク12 ルクルトムーブメント 3241-002(IW324102)

【レビュー】IWC パイロットウォッチ・​マーク ​XVIII IW327002 シルバーメッキダイヤル (シンプル3針モデルと見比べる)

【レビュー】IWC IW327015 マーク18 パイロット・ウォッチ・マーク XVIII セリタムーブメントになりました

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)