【レビュー】ロレックス 116710LN GMTマスターII 生産終了モデル

スポンサーリンク

Rolex GMT-Master II Ref. 116710LN black

さて今年は山あり谷ありなGMTマスターII 116710LNです。

生産終了となり急騰し、その後急降下しました・・・。

生産期間がそこそこあったのと、バットマンやペプシほどの人気がそもそも無かったので、現在の価格くらいが相場なのかも知れません。

5年もあればじんわり上がっていると思います。

今回は最終モデルではなく、そのちょっと前のランダムシリアルだけどバックルは梨地の個体です。

シンプルなブラックはなかなかグッドです。

それこそバットマンやペプシより仕事向き。

価格ドットコムの並行新品相場。

生産終了が決まった途端に高騰している様が見られます。

現在は約130万円ほど。

Chrono24を覗いてみました。

今回チェックする個体と似た年式のモデルで絞り込んでいます。

中古マーケットでは110万円台で見つかるかも知れません。

セラクロムベゼルの光沢や、ブレスレットの中央パーツもポリッシュ仕上げで高級感があります。

GMTハンドのグリーン、文字盤のGMT MASTER IIの文字のグリーンが密かな差し色でスパイスが効いています。

正直、着けているとまったく気にならないけれど。

クロマライト夜光が素敵。

サイドもポリッシュ仕上げ。

ピカピカ。

無垢ブレスにしっかりしたケースで重さは約145グラム。

重すぎませんが、しっかりと着けてる感があります。

文字盤に寄ってみました。

インデックスも大きく視認性が良いですね。

スパイスのグリーン。

スポンサーリンク

デイト表示もあり便利。

 

バックルの梨地仕上げとポリッシュ鏡面仕上げ。

それだけで結構値が変わります。

だいたい2015年の後半から切り替わりました。

梨地は凸であり、サンドブラスト仕上げは凹 だそうです。

いかがでしょうか?

5年後10年後が少し楽しみなGMTマスターII 116710LN。

お安く見つかったなら、それでいてデザインが嫌いじゃなかったら、狙ってみても良いかも知れません。

仕事で使えるしカジュアルでも問題ありません。

スペックは現行126710の方が良いかも知れませんけど、3連オイスターの方が好きな方にもオススメです。

大化けは無いと思いますけど、ね?

それではまた!

【レビュー】ロレックス 116710LN スティックダイヤル ちょっとレアなGMTマスター2

ロレックス ディスコン(生産終了)した GMTマスターII 116710LN どこまで上がる?

【レビュー】ロレックス モノトーン・GMTマスターⅡ 116710LN グリーンカラーの24時間針

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)