【レビュー】パテックフィリップ ローズゴールド 5711/1R-001 ノーチラス 40mm Cal.324SC もうすぐ900万円?

スポンサーリンク

PATEK PHILIPPE Nautilus Rose Gold 5711/1R-001

三大ブランド パテックフィリップからラグジュアリースポーツ「ノーチラス」のローズゴールド無垢モデル 5711/1R-001です。

2015年の新作で、出だしは店頭に並んでいた印象ですが・・・

最近の相場を見て腰を抜かしそうになりました(笑)

まず昨年同時期1月の相場を見てください。

※銀座のRASINさん(昨年2018年1月のキャプチャ)

高級時計専門店のラシンで新品が618万円でした。

国内定価は6,004,800円ですので、ほぼ定価くらいですね。

私の頭の中ではそんなイメージ。

チュド~~~ン!

何だこれ?(笑)何があったの?

バロンドールか?

腕時計界のバロンドール2018か?

Chrono24を覗いてみます。

やはり中古でも800万円台と恐ろしいプライスに・・・

そんなウルトラウォッチな5711/1Rを見ていきたいと思います。

公式40mmのケースサイズですが、その数字には「耳」が入っていません(4時と10時を結んだ直線)。

実際はリューズを抜いて3時から9時で見ると43mmほどあり、かなり大きな印象です。

厚さはゴールドであっても薄く8.3mm。

「金」の重量感を楽しみながらのフィット感は抜群です。

ローズゴールドケースのノーチラスにセットされるのはブラウンブラックグラデーション文字盤となっています。

中央から外側へ次第に暗くなっていく高級感あるブラウンカラーは、さすがに真似できない素晴らしいダイアル!

スポーツモデルなので夜光が輝きます。

暗所でも視認性は良いですね。

スクリューロック式のシースルーバックからはキャリバー324SCが尊拝できます。

ありがたや。

21金ローターにPPシール(日差−3〜+2秒)。

スポンサーリンク

薄い。

ブレスレットとさほど変わらない厚みでスッキリしたサイドビュー。

重さはしっかりあります。

約175グラム。

バックルにはカラトラバ十字。

少し華奢なバックルプレート。

全てが18金ローズゴールド製。

水平エンボス文字盤。

近づくとグラデーションっぽくないのが不思議です。

丸みを帯びた夜光ハンドとストレートバーのインデックス。

3.6.9.12時のインデックス以外は8角形の角にセットされています。

デイト表示。

個人的な好みですが、ノーチラスにデイト表示要らなかったかなと。

ベゼルは八角形なんですが直線はなく緩やかな丸みがあります。

こういうところですね、高級感をさりげなく感じるのは(日本語おかしい)。

いかがでしょうか?

もしかしたら来年の今頃は1000万円に近付いているかも知れません!

定価で買えるチャンスがある方!いっちゃいますか?(^_^)/

自動車が買える値段ですが、資産価値の点からはローズゴールドのノーチラスの方が良い案件かと思います。

それにしても凄い、凄いしか言えない(笑)雲上ですよ本当に。

1年間で200万円ちかく相場が上がるなんて・・・また来年もチェックしなければ。

本当に枯渇しているんだな~と実感しました。

ではまた!

2018年3月1日 スティール製 ノーチラス 5711/1A 5712/1A 価格改定 約14%上昇 ここ2年の相場を追う

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)