【レビュー】ロレックス 116528 金無垢なのに爽やかなK18 イエローゴールドのデイトナ

スポンサーリンク

Rolex Daytona 18k Yellow Gold White Dial

金無垢のデイトナ 116528です。

2000年に新キャリバーと共に登場した金無垢6桁のコスモグラフ デイトナ。

2016年まで現役でしたので「ロングセラー」モデルであり、みんなの憧れなのです。

現行モデル116508ではグリーンダイアルが人気ですね、定価以上のプレミアム価格となっています。

今回は爽やかな白文字盤の初期モデルをチェックです。

初期型にはパンナコッタ(アイボリー/クリーム)文字盤が存在しますが、こちらは違いますかね。

Chrono24を覗いてみました。

ルミノバ仕様の白文字盤は安いもので200万円台後半。

現在の国内定価は3,574,800円ですので、凄い安いわけではありません。

40mmのケース径が1番です。

大き過ぎず重すぎず。

金ですので軽い訳ではありませんが、ブレスレットの長さを合わせていれば辛いことはないです。

着けてる満足感が上回ります。

しっかりと金(18K)を使っていますので高級感があります。

ブレスレットも無垢仕様。

紙ギャラ時代のYシリアル。

まだルーレット刻印もありませんね。

インダイアルのフチも針もインデックスもゴールド統一されています。

サイドビュー。

厚さは12.5mmほど、重さは約200グラムあります。

初期のバックル。

ブレスレットナンバーは78498。

こんな感じでしたね。

ホールマークなど。

スポンサーリンク

文字盤に寄っています。

高級感ありますね。

まぁ今更感がありますけど、細かいところもちゃんとできています。

コピー品との違いは「こんなところ」までキレイである。そこです。

まだセラクロムベゼルはオイスターフレックスストラップのデイトナだけですけど、こういう傷は気になるので早めに選択肢として全モデルに採用して欲しいです。

いかがでしょうか?

ベゼルの形状だけですけど1世代前にあたるデイトナ 116528。

現行モデルでない分、少し安く買えるかな?なんて思いましたが人気があるので然程安くなってませんね。

24金なんかも高騰していますので「金」と言うだけで価値があるのでしょう。

金ピカだけど嫌らしくない「白文字盤」で、オシャレに着けてみてはいかがでしょうか?

金無垢のデイトナには色んなダイアルがありますけど、私は白が好き。

次いで黒目のパンダさん。

パンナコッタダイアルを探してみても良いかも知れません。

SSほど騒がれてないでしょうからね。

それではまた!

【レビュー】ロレックス 116528 逆パンダ デイトナ とギャランティーカード

【レビュー】ロレックス 116508 “GREEN” デイトナ 18金無垢 グリーンダイアル 2016年の新文字盤

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)