【さがりR】今買いたい オメガ 3590-50 ムーンウォッチ スピードマスター プロフェッショナル トリチウム

スポンサーリンク

Omega Speedmaster Professional Chronograph 3590.50 “Moonwatch”

90年頃まで作られていた「さがりR」文字盤のスピードマスタープロフェッショナルです。

このブログ何度目の登場でしょうか?

しつこいんですけど、本当に格好良いから皆さん買ってください(笑)

超絶オススメなセミビンテージウォッチとしてガチでリアルな値段も魅力の1つ。

トリチウム夜光にプラ風防、さがりRに華奢なブレスレット。

今でも十分使えるスペックながら、見た目はビンテージそのものと言う最高な塩梅が(私の中で)人気です。

まだ30万円ちょいで見つかりますから、是非1度手に取って頂きたい!

と、言いつつ私も買ってません・・・

今回は90年に販売されているケースバックにシリアル番号が無いタイプです。

同じ3590-50(ST145-022)でもバリエーション違いがありますね。

ロレックスほど拘られる人も居ないのでスルーされがちですけど。

Chrono24を覗いてみました。

日本からの掲載が多いな。

30万円台ですね~買いやすい。

1989年にリファレンス変更があり3590.50.00(3590-50)となったST145-022。

ST145-022で検索すると更に古いモデルが。

雰囲気満点!

寄ってみましょう。

下がりRです。

ダランと下にさがっていく「r」の文字。

上がさがりRで、下が普通のR。

90年代の最初の方で変わっていったようです。

さがりR=トリチウムだしセミビンテージって雰囲気も出ますからオススメしたいですね。

42mmもあるのに大きく感じません(私の中では)。

とにかくイケメン。

アメカジにも似合うし、ジャケットにもフィットします。

近頃オメガはスピマスにはNATOストラップみたいな宣伝していますね。

サイドビュー。

こちらもバランスが良い。

3950-50にはキャリバー861が搭載されており、月に行ったムーブメントと同じものです。

ストーリーもありますね。

ケースバック。

スポンサーリンク

90年代前半のカマボコ形状のブレスレット。

爪を持っていかれる固いバックルにはエンボス形状のオメガマーク。

ブレスレットナンバーは1479番。

心地良い重さです。

約119グラム。

SとRの形状が特徴的。

プラスチック風防なのでキズが付きやすいですね。

マットブラック文字盤に白い文字がシンプルで武骨。

TはトリチウムのT。

インダイヤルにはレコード溝。

シーホース。

うん、最高です。

今度こそ買うぞ買うぞと思っているんですが、どうも財布のヒモがほどけません(笑)

でも欲しい。

数がそこそこあるから「いつか」で良いやみたいな気持ちになりやすいんだろうね。

いかがでしょうか?

本当にオススメ。

本当に格好良いんです。

でも高級感は無いけどね、セミビンテージウォッチに高級感は要らないでしょ?

トリチウム、プラ風防、さがりRです。

10年、20年後には手に入らないかも知れません。

条件の良い個体に出会ったら悩まずゲットしてから・・・悩みましょう(笑)

愛着沸くはずです。

それではまた!

 

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウム もうすぐ40万円!

【レビュー】オメガ 3590-50 スピードマスタープロフェッショナル トリチウム

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)