【うっとり】A.ランゲ&ゾーネ ダトグラフ 403.035 PT950 39mm フライバック・ビッグデイト・クロノグラフ

スポンサーリンク

A. Lange & Sohne Datograph Black Dial Platinum 39mm Ref.403.035

生産終了時には「え?」となったランゲのダトグラフ、2012年にはダトグラフ アップダウン 405.035へと引き継がれました。

2000年代では最高のクロノグラフとされるダトグラフ 403.035ですが、私には「凄い」と感じるだけで詳しい薀蓄もありませんし今回もただ見ていくだけの記事になります(毎度のことですけど)。

39mmのプラチナケースに、400パーツもある手巻き式 キャリバーL951.1 が搭載。

シースルーバックから覗けるムーブメントには「凄い」とか「キレイ」とか、私からはそんなワードしか出てきません(笑)

特に目新しい情報などはありませんので、いつも通りに着画から。

プラチナの輝きはうまく表現されていませんが、着けているとズッシリきます。

文字盤側で目立つのはビッグデイトと3時-9時の横のラインより1段下にあるインダイアル。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは下は400万円台で見つかるかも知れません。

国内定価は消費税が8%に変わるタイミングで最終的に7,161,000円でした。

今ではスポーツモデルもあるランゲ&ゾーネですが、クラシカルなモデルでも視認性/利便性の為に夜光をちゃんと使っています。

ジャーン。

この造形。

パーツ1つ1つが綺麗に仕上げられてるとか、そんなことは当たり前なんですけど、なんて言うんですかね?

圧巻。

フライバック式のクロノグラフ。

デイト調整(早送り)。

アウトサイズデイトは、ダト(デイト)(クロノ)グラフって名前なんで、メインどころの1つです。

厚みはけっこうありますね。

約13mm。

ヘッド部位がとにかく重く、レザーストラップですが約169グラム。

プラチナを充分に味わえます。

バックルもプラチナ製。

LANGEの文字。

スポンサーリンク

質実剛健なドイツ的なバックル。

格好良い。

クラウントップにはA. Lange & Sohne。

DATOGRAPH FLYBACKの文字。

デイト表示窓、大きいですね。

インダイアルとの2トーンが視認性よくシンプルで格好良いです。

BASE 1000 METER、400までの目盛りなので400Km/hまでかな。

スモールセコンド。

グラスヒュッテ、ドイツ製。

フォントも可愛いし高級感もあります。

アプライドインデックスもローマ数字が混ざり凝っています。

クイックチェンジボタン。

何がどの機能なのかまったくわかりません(笑)

コラムホイールはわかるな・・・

パーツの形も美しい。

面取りされて仕上げされて、完成までにどれだけの時間が掛かるのでしょう。

バックルのPT950刻印とホールマーク。

コレも逆パンダとか言うのかな?

武骨ですが美しい表側に、ため息が出るほどの裏側。

機能もさることながら目で楽しむ最高の造形です。

後継のアップダウン(パワーリザーブインジケーター)より、さらにシンプルな403.035。

いかがでしょうか?

素敵です。

お金持ちだけの腕時計。

なかなか中古マーケットでも見る機会が無くなってきています。

約10年ほどの短い製造期間の中で、現在どれだけ状態の良いものが残っているのか?

そもそも、今ランゲってどうなんでしょうね。

日本人にも人気がまだあるのかな?

リーマンショック後は急にラグスポフィーバーとなりましたので、ドレッシーでクラシカルなモデルはどこまで評価されるのか。

機械オタク以外にもね。

気になります。

それではまた!

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ランゲ&ゾーネ 191.039 ランゲ1 ホワイトゴールド 38.5mm L.121.1

スポンサーリンク

A.LANGE&SOHNE LANGE 1 38.5mm White gold with dial in argenté Ref.191.039

新型・現行モデルのランゲ1 191.039です。

2016年の新作で、ランゲ1のリニューアルは2015年に行われました。

新旧モデルでどこが変わったかわかりますか?

表側からは、パッとの見の違いはありません(私にはわかりません)。

1番わかりやすいポイントは裏側で、ムーブメントがL901.0からL.121.1に変わっています。

※裏から見ると旧モデルと新モデルのムーブメントデザインの差がハッキリわかります。

ケースサイズは38.5mm。

ホワイトゴールド無垢ケース。

文字盤が美しいですね。

どんな時も針が重ならない(時分針は重なるけど)バランスに大きなデイト窓。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは安いものも見つかるようですが、国内定価は3,982,000円(ホームページ見たら32,300 € ドイツ国内の希望小売価格ですって)。

11時位置にはアウトサイズデイト調整ボタン(クイックチェンジ)。

格好良い。

ランゲ1が似合うようなダンディーなオジサンになりたい。

ドレスモデルですが視認性を良くするため夜光が塗布されています。

スイス時計ではない実用性を感じます。

3時位置がパワーリザーブインジケーター。

AUFが満タン(72時間)なので、今はまったくゼンマイが巻かれてない状態です。

4-5時位置はスモールセコンド(秒針)、9時位置が時分針です。

ヘッドは無垢なのでズッシリ。

約99グラム。

L.121.1

L901.0

3/4プレートの位置関係が新旧で異なります。

リューズ側が開けているのが新型です(画像:上)。

LANGEの文字が刻印されたホワイトゴールド製尾錠。

テンプ。

パーツパーツが面取りされています。

手作業。

逆角度から。

ホールマーク。

スポンサーリンク

クラウン。

アウトサイズデイト。

パワーリザーブインジケーター。

時分針。

針もインデックスもゴールド製。

DOPPELFEDERHAUS(二つの香箱)

夜光。

サイドビュー。

クイックチェンジ。

カチカチ・・・

グラスヒュッテオリジナル。

パノリザーブ(スティール)とパシャリ。

いかがでしょうか?

私の夢!では、ありませんが、いつかお金持ちになったらこんな3本で時計ライフを送りたいなんて。

ランゲ1は素敵なモデルです。

現行機はデザインはほぼそのままにスペックを向上させ、よりユーザーが快適に使えるよう改善しています。

2019年は復興25周年にあたり、多くの限定25th記念モデルを発表しました。

それでも私は1番プレーンな、ノーマルランゲ1が好みです。

PGもYGも素敵ですね。

40代以上の素敵なオジサンにオススメ。

ちょっと手間ですが手巻きのランゲ1。

それではまた!

腕時計は3本あれば充分だ「3針/ダイバーズウォッチ/クロノグラフ」「SS/金無垢/G-SHOCK」「PP/AP/RX」

【レビュー】ランゲ&ゾーネ ランゲ1 101.021 イエローゴールド シルバーダイアル

スポンサーリンク
SNS Share

【2019年新作】A.ランゲ&ゾーネ 363.179 ”The ODYSSEUS” 初のスティールラグジュアリースポーツモデル 120m防水 #perfectioninmovement 

スポンサーリンク

The ODYSSEUS

A.ランゲ&ゾーネ復興25周年「オデュッセウス」

A. Lange & Söhne sports watch may be born

あの貴金属でしか時計を製造しないことで有名なドイツの高級時計メーカー「A.ランゲ&ゾーネ」から、スティール製のラグジュアリースポーツが登場する「かも」的な投稿が公式インスタグラムから出たのは2日前。

最初の投稿は、サークルロゴが印象的なスティール製の強靭なバックルだと思われる画像。

スティールブレスまたはラバーストラップにフィットしそうなデザインですね。

チタンかも知れませんし、まだホワイトゴールドかも知れないですけど、おそらくスティールなのでしょう。

次の投稿はレコード溝とザラついた加工がされた「ブルー」の文字盤。

カレンダー窓なのか?「TH」の記載。

きっと「木曜日」に発表しますよ、と言うことだと思います。

場所的に9時位置にくるのかな・・・

過去の投稿を見てもゴールドやプラチナのモデルしかありません。

スティールやチタンと言った金属であれば、かなり画期的なできごと。

ドレッシーで美しいモデルが強みだったA.ランゲ&ゾーネから「ラグスポ」が飛び出すなんて思ってもいませんでした。

こちらが最初の、おそらくバックルだと思われる投稿。

で、次に投稿された「木曜日」だと思われる画像。

そして1番新しい投稿には「120m防水」の文字。

「T-1 #alangesoehne #perfectioninmovement」

サファイアクリスタルをはめ込みシースルーバックになると思われる画像です。

どんな感じになるんだろうな~?

ってことで雑なコラですけど(笑)

文字盤「顔」の雰囲気が非常に気になります。

ベゼルに「ビス」は止めてほしい・・・ケースとラグが一体化になっちゃうのか心配。

PPやAPの様な「ジェンタデザイン」寄りになるのか、A.ランゲ&ゾーネ独自のデザインになるのか・・・

今年も「似たような」ラグジュアリースポーツがリリースされていますが、A.ランゲ&ゾーネは違って欲しい。

ドイツの無骨な感じがね・・・うまく表現できると良いのですが。

ポルシェデザインのオーシャン2000くらい渋くても良いです。

 (1220)

インヂュニアみたいな?

格好良いと思う。


A.ランゲ&ゾーネのスティールモデルと言えば2018年5月「フィリップスオークション」で落札された衝撃の1本。

ウォルター・ランゲへのオマージュウォッチとして世界限定1本がスティールで製作され競売に。

落札金額はCHF852,500(約9300万円)。

ひゃ~ですね。


そんなA.ランゲ&ゾーネのスティールモデルの発表は10/24(本日)。

詳細が出ましたら追記していきます!

楽しみです。


2019.10.24 21:00

ODYSSEUS Ref.363.179

A new chapter in the history of A. Lange & Söhne: The ODYSSEUS.

It is our first sporty-elegant timepiece and it comes in stainless steel. Living by our motto to Never Stand Still, we have developed many unprecedented designs and useful innovations. However, developing a watch that is waterproof up to 12 bar was a new endeavour. We find no rest until we have the best solution for each model. This philosophy led us to develop the manufacture calibre L.155.1 DATOMATIC. On 24 October 1994, we presented our first collection after the re-establishment of A. Lange & Söhne. A quarter of a century later to the day, we introduce the ODYSSEUS.

A.ランゲ&ゾーネの歴史の新しい章:オデュッセウス。

スポンサーリンク

スポーティでエレガントな最初の時計で、ステンレススチール製です。 「Never Stand Still」をモットーに、私たちはこれまでにないデザインと便利な革新を数多く開発してきました。しかし、最大12 bar防水の時計を開発することは、新しい試みでした。各モデルに最適なソリューションが見つかるまで、休息はありません。この哲学により、製造口径L.155.1 DATOMATICを開発することになりました。 1994年10月24日、A。ランゲ&ゾーネの再建後の最初のコレクションを発表しました。その日の四半世紀後、オデュッセウスを紹介します。

A new timepiece by A. Lange & Söhne: The ODYSSEUS.

For the first time in the history of A. Lange & Söhne, we present a sporty-elegant timepiece, the perfect companion for an active lifestyle. The ODYSSEUS comes in a stainless-steel case and is water-resistant up to 12-bar. Its tailor-made self-winding L155.1 DATOMATIC movement ticks at a frequency of four hertz and features the typical Lange quality hallmarks and surface finish.For more information: www.alange-soehne.com/en/odysseus

A. Lange & Söhneさんの投稿 2019年10月24日木曜日

A.ランゲ&ゾーネ復興25周年の今年、スティール製のラグジュアリースポーツモデル「オデュッセウス」を発表しました。

トロイの木馬のオデュッセウスさんから取ったのかな?

何かに似てるとかじゃなくて良かった。

さすがにランゲですね。

独特な2つの窓(デイデイト機能)、スモールセコンド、クラウンガードはなく左右非対称のケース形状。

ケース径40.5 mm 厚み11.1 mm。

特別感があって良い感じ。

嫌いじゃないです。

サイズも悪くないし、厚さも薄くないけどまぁまぁです。

ブレスレットは脱着できるタイプなのでストラップ交換なんかも楽しめそう。

なんとなくスカルプチャーやネプチューンみたいな・・・違うか。

オデュッセウス
ステンレススチールに映えるダークブルーのダイヤル
Ref.: 363.179

スリーパーツ構成のステンレススチール製ケースは、オデュッセウスのデザインに独特の個性を醸し出します。特に特徴的なのは、横から見るとわずかに高くなっている中央部です。そのサテン加工で仕上げたケース表面に、面取りした稜が鮮やかに浮かび上がっています。ブレスレットもステンレススチール製で、そのラグとコマの一つひとつにブラシをかけてツヤを消し、角に面取りを施して全体の調和を図っています。ダークブルーのダイヤルには、ホワイトゴールド製の針とアプライドインデックスをあしらっています。時針と分針、そして時インデックスはすべて夜光性です。
価格: 28,000 €

仕様

ファミリーODYSSEUS
モデルオデュッセウス
Ref.363.179
キャリバーL155.1
ケーススチール
ダイヤルダークブルー
針white gold
ケース寸法直径:40.5 mm、高さ:11.1 mm

キャリバー L155.1 DATOMATIC

ムーブメント部品数: 312

石数: 46

ビス留め式ゴールドシャトン 1

完全巻上げ時のパワーリザーブ 50 時

調速機

テンプ振動数:毎時28800 振動数/時

調整用ビス4個および耐震機構付きテンプ

ムーブメント寸法 直径:32.9 mm、高さ:6.2 mm

スポンサーリンク
SNS Share

SIHH2019新作 A.ランゲ&ゾーネ LANGE 1 25周年記念モデル Ref.191.066

スポンサーリンク

A. Lange&Söhne LANGE 1 “25th Anniversary” Reference: 191.066

ドイツの高級腕時計メーカー A.ランゲ&ゾーネ。

1994年のランゲ復興第1弾モデルであり、メーカーの顔的なモデルとして常に人気があり続ける「ランゲ1」。

2019年の新作にして、ランゲ1誕生25周年を記念したスペシャルなモデルがリリースされました。

「ホワイトゴールドにダイヤルのアルジェンテ / LANGE 1 “25th Anniversary” 191.066 – 43.700€」。

ケースバックはハンター式で25周年の刻印と、1873年頃のランゲ工房に創業者ウォルターランゲとギュンター・ブルームラインの名が刻印されています。

開くと手巻きキャリバーL121.1が覗け、美しい3/4プレート(1864年に開発)にため息が出るでしょう。

それではGoogle先生、翻訳お願いいたします!(笑)

だいたい伝わればOKですね。

250本限定なので、実物を見るチャンスは限りなく0に近いでしょう・・・


LANGE 1“ 25th Anniversary”の高級時計製造業のサマリー

ベルリンの壁が崩壊した後、創業者のFerdinand Adolph Langeの孫であったWalter Langeは、彼の夢をかなえる機会を見ました。起業家のGünterBlümleinと共に、彼は彼の祖父が1845年に始まったという冒険に新しい命を吹き込みたいと思いました。Glashütteでは、計画は再びA. Lange&Söhneブランドの下で世界クラスの時計を作り上げることでした。

今、Walter Langeと彼のパートナーであるGünterBlümleinのビジョンが現実のものとなってから4分の1世紀が経過しました。1994年10月24日、ドレスデンの住宅宮殿で、A。ランゲ&ゾーネは新時代の最初の4つの腕時計を発表しました – それらの中でランゲ1。

25年前に数え切れないほどの賞を受賞した時計が最初に発表されたとき、デザイナーは当時の変わったスタイル定義のコンセプトがどのように愛好家に受け入れられるのか疑問に思いました。最初から、その技術的な品質は熱心な評価を得ました、しかしその正統でないオフセンターダイヤルレイアウトのようなLANGE 1の先駆的なデザイン革新は多くの議論を引き起こしました。それは多くの注目を集めました、名前A.ランゲ&ゾーネは再び事実上一晩で再び有名になりました。

最終的には、勇気、完璧さの探求、そして伝統と革新とのバランスとの親和性が実を結びました。ランゲ1は古典的になり、ランゲ時計製造芸術と今でも同義語であり、そして機械的創意工夫、デザイン、そして職人技の完璧な融合に関して同社の非常に高い野心を表現しています。会社設立後のA. Lange&Söhneの精密時計製造の頂点への急上昇は、間違いなくLANGE 1に関連しています。

スポンサーリンク

2019年の記念日に、製造所はホワイトゴールドの「25th Anniversary」エディションでこの特別な時計に敬意を表します – 250の腕時計に限定されます。今年中に連続して発売される10の異なるモデルのコレクションは、LANGE 1時計ファミリーの重要なマイルストーンに捧げられています。このエディションのすべてのモデルが共有する特徴は、濃い青の数字と時間のマーカー、青い日付の数字、グレーの縫い目のあるカラーコーディネートされた青いアリゲーター革ストラップが施された純銀製のアルジェンテカラーの文字盤です。純白の金で彫られた蝶番を付けられたキュベットはもう一つの特徴的な特徴です。その彫刻は1873年にさかのぼるランゲ本部、ウォルターランゲとギュンター・ブルームラインの名前、そして碑文“ 25 YEARS LANGE 1”のレリーフ彫刻を描いています。

LANGE 1は、「25th Anniversary」シリーズのキックオフを象徴するものです。1994年以来、実質的に変わっていません。その動きは、その技術的進化を反映したものです。2015年に発売された手巻きキャリバーL121.1は、正確にジャンプするアウトサイズの日付表示と、優れたレート精度を保証する大きなカム式バランスと対になって自由に振動するLangeバランススプリングを備えています。最初のランゲ1キャリバーL901.0と同じように、72時間のパワーリザーブを備えた贅沢な手作りムーブメントには、未処理の3/4プレートのようなランゲスタイルの品質の特徴が込められています。ドイツの銀、8本のねじ込み金の鉢、そして手動で刻まれたバランスコック。それは非常に特別な彫刻を展示します:25周年を象徴する「25」の特大日。

ANGE 1 “25th Anniversary”ホワイトゴールドにダイヤルのアルジェンテ

リファレンス:191.066

ランゲ1「25周年記念」はランゲ1の25周年記念の機会に特別版の序章です。その文字盤はくぼみ、深青色の数字、マーカーと日付数字を特徴とします。手は青みを帯びたスチールで作られています。その他の特徴としては、ホワイトゴールドの蝶番付きキュベットとバランスコックがあります。特大の日付と青い線が手で刻まれています。

価格: 43.700€

【レビュー】ランゲ&ゾーネ ランゲ1 101.021 イエローゴールド シルバーダイアル

スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】ランゲ&ゾーネ ランゲ1 101.021 イエローゴールド シルバーダイアル

スポンサーリンク

A. Lange & Sohne Lange 1 101.021

ドイツの高級腕時計メーカー A.ランゲ&ゾーネ。

今回見ていくのはCal.L901.0を搭載した、初期タイプ(旧タイプ)のランゲ1になります。

ランゲ復興第1弾モデルであり、メーカーの顔的なランゲ1、いつ見ても素敵すぎます。

文字盤には多くの情報があるものの、ゴチャゴチャせずスッキリと視認性を確保している点は天才的なバランスとしか言いようがありませんね。

針が重ならないように設計されており、美しく品のあるドレスウォッチです。

A.ランゲ&ゾーネ復興後、1994年に初めて発表された第1号コレクションの4つのモデルのひとつ。各表示が重なり合うことなく配置されたオフセンター・デザインと、個性的なアウトサイズデイトを特徴とする。 <A.ランゲ&ゾーネ HPより>

背面はシースルーバックとなっており美しく仕上げされた3/4プレートと、1/4だけ覗けるムーブメントの一部(テンプやひげゼンマイ)を楽しめます。

Cal.L901.0ですが、2015年にはL121.1へと変更になりました。

実に21年ものロングセラームーブメントだったんですが、デイト表示などが改善されています。

さて、20年も前であれば100万円ちょいで売っていたような感じでしたよね。

定価も300万円以下だったかな。

ピンクゴールドですが、191.032は現在の定価が3,834,000円です。

イエローゴールドはHPに無いですが、まだ作っていますよね?

アレ・・・?

アウトサイズデイト調整ボタン。

尾錠。

ホールディングバックルの方が革に優しいですね。

スポンサーリンク

3時位置がパワーリザーブインジケーター。

AUFが満タン(72時間)なので、今はまったくゼンマイが巻かれてない状態です。

4-5時位置はスモールセコンド(秒針)、9時位置が時分針です。

本当に絶妙なバランスですね。

1994年の復興から、あっと言う間に三大ブランドに並ぶ高級メゾンになりました。

良いものは良い、唯一無二。

確かな技術と、安売りしない姿勢が高級時計ブームにビシっと乗りましたね。

伝統を重んじ1つ1つ丁寧に管理し、この結果を生み出しました。

いかがでしょうか?

サクソニア、1815などクラシックなシンプルなモデルも良いですが、やはりA.ランゲ&ゾーネと言えばランゲ1ですね。

文字盤のバランス、サイズ感、重さ、どれをとっても完璧です。

一度は着けてみたいモデルで間違いありません。

ドレスウォッチが似合う格好良いオジサンになれたら是非欲しい!

いや、お金のある方は先に買って、似合う格好良いオジサンになるのも良いでしょう。

金とプラチナのモデルしかありませんが、私はイエローゴールドが1番好きかな?

それではまた!

【レビュー】ランゲ&ゾーネ サクソニア フラッハ 211.032と ヴァシュロンコンスタンタン パトリモニー トラディショナル 82172/000G-9383

スポンサーリンク
SNS Share