【レビュー】フランク・ミュラー 8880SC GOLD CRO トノウ カーベックス ゴールドクロコ

スポンサーリンク

FRANCK MULLER 8880SC GOLD CRO Tonneau Curvex Gold Croco

インパクトのあるデザインのフランクミュラー トノウカーヴェックス「ゴールド・クロコ」。

フランクミュラーらしい大胆で奇抜なトノーケース(樽型)です。

これは目立つこと間違いなし。

8880(8000番)ケースでボリュームも申し分ないパーティウォッチですね。

紳士淑女のパーティーではなくパリピな方々向けですけど。

ケースサイズは55.50 x 39.50 mm。

国内定価は3,294,000円。

サイズも価格も凄いでしょ?

ピンクゴールドのボディはまさに金塊。

ケースも文字盤もつながるように出来上がったクロコダイルの竹班模様。

角度を変えると、手首からはみ出しています。

巨大。

横から見るとアルマジロみたい。

ケースバックはいつも通りの刻印。

18金を使っていますのでホールマークや、シリアルナンバー、モデル番号などが刻印されています。

サイドビュー。

なかなかの厚みですね。

約15mmの厚さ。

寄ってみます。

独特な形状のフランク式アラビア数字インデックスは貼り付けではなく文字盤に直接彫られていますね。

竹班やロゴ含めて手作業で作られているのでしょう。

スポンサーリンク

GOLD CROCOの文字。

このクロコシリーズには18金PGのゴールドクロコの他、スティールのアイアンクロコ、ブラックPVDのブラッククロゴがあります。

ブラッククロコも格好良いですね。

ケースとガラスの形状に合わせ、針の先が曲がっています。

ホールマークたち。

Dバックルではなく軽い尾錠タイプですが、ズシっと重さ110グラムくらいあります。

かなりね凄いんですよ。

重さではなく存在感が。

Chrono24を覗いてみました。

あまり出回りがないのかな?掲載数が少ない。

いかがでしょうか?

最近元気の無いフランクミュラー。

10~20年前は大人気過ぎてヤバかったのに・・・。

今見ても、普通に格好良いと思うんです。

クラシカルなモデルはスーツにも合いますし、こういったビッグケースはSNS映えもするデザインだとも思います。

が・・・私のフォローしているアカウントではほとんどフランクミュラーを見ることがありません。

同時期に流行っていたパネライも人気に陰りはありますが、SNSでは現在も根強く支持されていると思うんです。

何が違うんですかね?

時計好きに好かれたかどうかかな?

10年後のウブロだったりが、まったく見られなくなる予感がするのと同じなのかも知れません。

それではまた!

WPHH2019新作 フランクミュラー 「トノウ カーベックス リメンバー」 逆回転する時間(反時計回りの腕時計)

スポンサーリンク
SNS Share

WPHH2019新作 フランクミュラー 「トノウ カーベックス リメンバー」 逆回転する時間(反時計回りの腕時計)

スポンサーリンク

WPHH 2019 (World Presentation of Haute Horlogerie)

1/14から開催しているWPHHからフランクミュラーの新作です。

最近の傾向でヴァンガード推しなのでスルーしようと思ったら「え???」っとなる1本がありました。

「ザ・リメンバー」

とにかく、針の動きに注目です!

クレイジーアワー以来の衝撃です・・・。

Once again, Franck Muller takes an uncommon approach to the very notion of time. The Remember, showing the time counter-clockwise, is an invitation to cultivate the fabulous and precious power of remembrance.

もう一度、フランクミュラーはまさに時間の概念に珍しいアプローチを取ります。 Rememberは、時間を反時計回りに見せて、素晴らしく貴重な記憶力を養うための招待状です。

◾️トノウ カーベックス リメンバー
過去の時を振り返るエモーショナルな新作ウォッチ。リメンバーを見ていると、まるで時間が遡るような錯覚さえ感じます。また反時計回りである逆転の動きは、シンプルながらも強烈なインパクトがあります。

トノウ カーベックス リメンバー。

なんでしょう?

時間を戻す、過去を振り返る、私は覚えています、そんなイメージでしょうか?

コレは見にくい(笑)

ですが、非常に魅力を感じますね。

もしかしたら、どこのメーカーも1度は企画案があったかも知れませんが、実現しなかったのは「何のために?」と言った疑問符が会議室の皆の頭に浮かんだからでしょう。

やはりこういった奇抜なモデルはフランク・ミュラーが良く似合います。


1/14から1/18まで開催されるWorld Presentation of Haute Horlogerie(WPHH)。

ピエールクンツやクストスなんかも新作発表しています。

The Vanguard line is enriched with a new feminine skeleton interpretation, featuring elegant characteristics, through its refined and pure skeleton body. The perfect curves of the Vanguard Lady™ Skeleton is emphasized by a glamorous design and a breathtaking Haute Horlogerie movement.

スポンサーリンク

The Vanguard Yachting Anchor Skeleton develops a creative vision of time with affirmed nautical details. The collection combines modernity and history thanks to its emblematic logo adorning the dial.

Featuring all the seafaring details from the deep blue colors to the wind rose adorning the dial, the Vanguard Yachting Anchor Skeleton showcases a brand new power reserve indicator located at 12 o’clock.

The Skafander, now available in a chronograph version, travels through the marine depths in order to offer excellence and performance. The technical features of this timepiece provide its owner with the most precise tools to monitor diving and decompression stages.

Sailing in a sporty direction with its automobile-inspired lines, the Vanguard Racing collection calls in for pure and stylish engine-turned aesthetics.

With the Vanguard Crazy Hours, the material is into the spotlight, with the brushed stainless steel case and dial, and colorful numbers. An aesthetic that lives up to the eccentricity of the Crazy Hours complication..

Among this year’s new models presented at the 29th WPHH exhibition is the Vanguard collection, to which Franck Muller adds a legendary and no less complex complication, the Crazy Hours, while dedicating this year to women’s wrists.


いかがでしょうか?

ヴァンガード推し過ぎて食傷気味になりますね。

お腹いっぱい。

ヴァンガードにもクレイジーアワーズがリリースされたので、リメンバーも数年後にはヴァンガードで出てくるかな?

その前にロングアイランドかも知れません。

気になるモデルはあったでしょうか?

 

スポンサーリンク
SNS Share