【転載】2022年 “ウォッチ・オブ・ザ・イヤー” はどの腕時計になるのか?

A. Lange&Söhne
スポンサーリンク

2022“年度表王”,会是哪只表?

中国の時計フォーラムサイトから、「2022“年度表王”,会是哪只表?」と言う記事がありましたので転載いたします。

「2022年”ウォッチ・オブ・ザ・イヤー”はどの腕時計になるのか?」的なタイトルです。

私の好みの問題でこのブログにはあまり出てこない複雑機構のモデルをメインに、2022年の新作から時計界を盛り上げた傑作が選出されています。

本物の王はどのモデルでしょうか?

皆さんも再確認してみてください。

 

今回もGoogle先生とDeepL先生にお願いして転載翻訳しております。

2022“年度表王”,会是哪只表?

元の記事はこちらから

2022年は多くの有力時計ブランドが「ヘビー級」の時計を発表した年でした。 これらの「ヘビー級」モデルは、いずれも時計界を揺るがすほどのパワーを秘めているのです。 そこで今日は、これらの重要なモデルを一挙に紹介し、どれがあなたにとっての「ウォッチ・オブ・ザ・イヤー」になるかを見ていきたいと思います。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 16202

今年、オーデマ・ピゲは旧モデルの 15202 に代わる新世代のロイヤル オーク 16202 を発表しました。2本針のロイヤル オーク 16202 は、オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ファミリーの中で最も明確な歴史と最も純粋な血統を持つモデルです。新世代の 16202 は、1972年にオリジナルのロイヤル オーク 5402 の登場を継続し、オーデマ ピゲの新世代の 7121 自動巻きムーブメントを搭載し、50 年間使用されてきた 2121 自動巻きムーブメントに取って代わりました。新世代のロイヤル オーク 16202 は、新しいムーブメントを搭載し、超薄型でトップレベルのムーブメントの装飾を維持し続けることに基づいて、振動数が毎時28,800回に増加し、パワーリザーブが55時間に伸びました。 そして初のクイックカレンダーチェンジ機能を搭載し、パフォーマンスの向上は明らかです。

今年は時計市場が大きく変動し、「ロイヤルオーク」にも影響が出ましたが、16202が高級スポーツ ウォッチの中で「キング オブ スティール」であり、その地位が揺るぎないことは否定できません。

パテック フィリップ ノーチラス 5811

今年、パテック フィリップは新しい世代の Nautilus であるホワイトゴールド・ケースの 5811G を発表し、古いスチール ケース 5711A を完全に置き換えました。これはまた、スチール製ケースの 3 針ノーチラスの完全な終了を意味し、将来的には 3 針ノーチラスはすべてゴールドの時計になります (レディース・モデルを除く)。

新世代のノーチラス5811Gは、先代の5711Aの40mmから41mmとサイズが少し大きくなっていますが、全体的な見た目に大きな変化はありません。5811Gは、2ピースケース(底蓋とケースが一体化)の採用、ブレスレットの微調整機能を追加するなど、細部に渡って調整が行われています。元々、ノーチラスは高級スポーツウォッチの王様でしたが、今回は5811Gがホワイトゴールドケースから始まり、スチールウォッチの輪から完全に脱却し、ノーチラスを最高峰に送り込み、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ランゲ&ゾーネと距離を置きました。 パテック フィリップ 5811Gがホワイトゴールドから始まった理由も、ノーチラスの価値をさらに高めるため(そしてノーチラスがもたらす利益を増やすため)であり、5811Gの王者の地位は確立されたといえるでしょう。

ロレックス RLXチタン ディープシーチャレンジ 126067

チタン製ディープシーチャレンジ 126067 は、今年のロレックスで最も「ヘビー級」であり、議論を呼んだ時計の一つです。11,000メートルの防水性を持つチタン製ディープシーチャレンジは、防水記録を破り、高級時計の世界で最も高い防水性を誇るダイバーズウォッチになりました。防水深度に関しては、11,000メートルの深さは充分です。ただし、チタン製ディープシーチャレンジのサイズは50mmに達し、厚さは23mmに達するため、軽量化のためにチタンシェルを使用していますが、巨大なサイズと厚さは基本的には日常的に身につけることはできなくなりました。

ロレックスは常にダイバーズウォッチの「極限性能」を追求しており、オメガ シーマスター ウルトラ ディープが6,000メートル防水の世界記録を破った後、わずか8か月後にディープシーチャレンジを発売し、オメガを倒して王権を取り戻しました。 同時に、チタン製のケースを採用し、通常のロレックスのスポーツウォッチとは一線を画しています。 しかし、ロレックスは常に着用に適したものを目指してきましたが、ディープシーチャレンジは性能のために快適さを犠牲にしており、一部のプレイヤーの間で論争が起きています。 ディープシーチャレンジがロレックスの中でも「最も特別な」存在になる運命にあることは間違いありません。

オメガ ミニッツリピーター&スプリットセコンドクロノグラフ

ミニッツリピーター&スプリットセコンドクロノグラフはオメガの歴史の中で最も複雑な時計です。その複雑さは、 パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲのグランド・コンプリケーションに匹敵する、オメガ史上最も複雑な時計であり、さらに重要なのは、パテック・フィリップでさえ作ったことがない経過時間を知らせるミニッツリピーター&スプリットセコンドクロノグラフがオメガによって作られた点です。

スポンサーリンク

単独では複雑機構の頂点に位置するスプリットセコンド・クロノグラフとミニッツリピーターが、オメガによって統合されています。 まずスプリットセコンド・クロノグラフが作動し、クロノグラフが停止してチャイムボタンを押すと、ミニッツリピーターでクロノグラフの累積時間をチャイムで知らせ、ゼンマイを打ち鳴らすのです。 ゼンマイの打ち込みが時を告げるという、前代未聞の試みです。 スプリットセコンドチャイムについては、オメガは、スピードマスターのスプリットセコンドチャイムとオリンピック1932のスプリットセコンドチャイムという、モダンな外観とレトロな外観の2つのそっくりさんを用意し、どちらのバージョンも、スプリットセコンドチャイムがグランドコンプリケーションであることに則って、エナメルディスクとギョーシェ彫りで装飾しています。 スプリットセコンドチャイムの登場は、スウォッチ グループ、そして時計製造全般におけるオメガの中心的な地位をより強固なものにしています。

A.ランゲ&ゾーネ 1815 ラトラパント

A.ランゲ&ゾーネには、より複雑な時計がありますが、今年発表した 1815 スプリットセコンド クロノグラフは非常に重要です。というのも、時計の世界では、単一のスプリットセコンド クロノグラフは大型で複雑な時計よりも希少だからです。現在販売されている最高級シングルスプリットセコンドクロノグラフは、A.ランゲ&ゾーネ 1815 ラトラパントとパテック フィリップ 5370 だけです。これら 2つの時計の中で、A.ランゲ&ゾーネ 1815 ラトラパントは素晴らしい「誠実さ」を示しています。A.ランゲ&ゾーネ 1815 ラトラパントの価格は 112万元、パテック フィリップ 5370 の価格は 217万元で、これはランゲより 100 万元も高い価格設定になっています。

時計製造における複雑機構の最高峰のひとつであるスプリットセコンド・クロノグラフは、最も複雑で精巧なムーブメント構造を誇っています。 スプリットセコンド・クロノグラフ「ランゲ1815」は、スプリットセコンド・パーペチュアルカレンダー「ランゲ・グランド・コンプリケーション」から発展した手巻きスプリットセコンド・クロノグラフ・ムーブメント「L101.2」を搭載しています。 ムーブメントの美しさをアピールしながらも、厚さはパテックフィリップ5370よりも薄い12.6mmに抑えています。 ランゲ1815スプリットセコンドは、最高級のスプリットセコンド・クロノグラフを体験したい経験豊富なプレーヤーにとって最初の選択肢となるでしょう。

ユリス・ナルダン フリーク S

FREAK Sは、ユリス・ナルダンFREAKコレクションの中で最もパワフルであるだけでなく、ユリス・ナルダンのカルーセル機構を極限まで高めたユリス・ナルダンのコンプリケーションウォッチの頂点に立つモデルです。 時計の文字盤上には、分針として使用される巨大なカルーセル機構が宇宙船のような形状で配置されています。

ユリス・ナルダン カルーセルの基本構造を踏襲しつつ、FREAK Sの最大の特徴は、傾斜型ダブルテンプを採用したことです。 左右のシリコン天秤は20度ずつ傾いており、2つのシリコン天秤はデフ(カルーセルの端、2つの天秤の中間にある)でつながっています。 左右のテンプは、それぞれディファレンシャルを介してムーブメントを駆動することができます。 差分は左右の天秤の誤差を平均化することができるので、例えば片方の天秤に誤差があり、もう片方にはない場合、平均化すると全体の誤差が小さくなる。 カルーセルであれディファレンシャルであれ、技術は一方にあり、これらの技術的な構成によって、ユリス・ナルダン FREAK Sは、他の時計ブランドにはないユニークでクールな外観を持つ時計として誕生しました。

Richard Mille RM UP-01 フェラーリ スリムウォッチ

Richard Mille RM UP-01 フェラーリは時計の厚さを1.75mmに抑えて世界記録を更新した時計界で最も薄い時計です。 超薄型時計の分野では、ピアジェやブルガリが世界記録を更新し、リシャール・ミルはさまざまな独自技術を駆使して世界最薄を実現しています。

リシャール ミル RM UP-01 の場合、ムーブメントの厚さは 1.18 mm で、ケースを取り付けた後の時計全体の厚さは 1.75 mm です。ムーブメントの輪列はすべて広げられ、同じレベルに配置されています。ムーブメントは、アンクルのリミットピンを取り除き、テン輪のダブルディスクを取り除き、脱進機機構の厚みを減らし、それによってムーブメント全体の厚みを減らしました。時計はリューズをなくし、文字盤のみ「鍵穴」を残しています。「五角キー」を差し込んで時計を巻き上げ時刻合わせを行います(10時位置の鍵穴は巻き上げと時刻合わせ、8時位置の鍵穴は巻き上げと時刻合わせです)。このように少しずつ厚みを薄くしていき、世界一が誕生しました。

グランドセイコー Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン

Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨンは、日本の時計メーカーが初めて手がけたコンプリケーションモデルです。 グランドセイコーがコンスタントフォース(定力装置)付きトゥールビヨンの分野でスイス時計を超えた最初の複雑機構と言われるのは、スイス時計でも希少なコンスタントフォース付きトゥールビヨンの搭載があったからです。

最大のブレークスルーは、コンスタントフォース機構を外側に、トゥールビヨンを内側に配置する独自の構造を採用し、コンスタントフォース機構とトゥールビヨンの一体化を可能にしたことです。 これにより、トゥールビヨンはユニークな方法で作動するようになりました。 外側のコンスタントフォース(定力装置)が1秒間に1回振動し、内側のトゥールビヨンが通常回転する仕組みで、コンスタントフォース(定力装置)の最高峰である。 グランドセイコー KODO コンスタントフォース トゥールビヨンは、ムーブメントの構造上の革新性とともに、時計の装飾に日本の伝統的な要素を多く取り込んでいます。 グランドセイコーを大きく、そして実質的に後押ししてくれる時計です。

写真/テキスト 延丹平

まとめ

いかがでしょうか?

「【転載】2022年”ウォッチ・オブ・ザ・イヤー”はどの腕時計になるのか?」でした。

気になっていたモデルはありましたか。

皆さんの推し時計は何ですかね。

技術的な凄さは「へ~」や「おぉ」みたいな反応しか私からは出てきませんが、この辺が好みな方には刺さるチョイスだったのではないでしょうか?

小さい空間に複雑な機構を詰め込む正に腕元の宇宙、見てるだけでも楽しいです。

2023年も面白い時計がたくさんリリースされると良いですね。

それではまた!

 

【転載】2023年 ブランパンの「ヘビー級」新作時計、オメガ、ロレックス、オーデマ・ピゲも「大技」を繰り出す?
2023宝珀第一只“重量级”新表问世,欧米茄、劳力士、爱彼也要放“大招”? 中国の時計フォーラムサイトから、「2023宝珀第一只“重量级”新表问世,欧米茄、劳力士、爱彼也要放“大招”?」と言う記事がありましたので転載いたします。 ...
【転載】カタール ワールドカップに見る スターたちの腕時計
世界杯上的劳力士、宇舶、万国…… 中国の時計フォーラムサイトから、「世界杯上的劳力士、宇舶、万国……」と言う記事がありましたので転載いたします。 「ワールドカップでのロレックス、ウブロ、IWC…」的なタイトルです。 いや~...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました