【ルミノバな6桁スポーツ】ロレックス GMTマスターII 116710LN 初期仕様

スポンサーリンク

Rolex GMT-Master II Ref. 116710LN luminova

※「N夜光」「ルミノーバ」は根本特殊化学株式会社の登録商標です。

今回は生産終了となったGMTマスターII 116710LNです。

初期の頃に製造された夜光塗料がルミノバタイプ。

ディスコン初期タイプってことでMやらVシリアルは今後レア扱いされませんかね?

されないでしょうね(笑)

Cal.3185なんかが間違って入っていたら驚きですけど、後入れも出来そうだし意味無いな。

いまいちな人気だっけ?いや人気あるよね。

ふつうに格好良いと思う。

グリーンカラーの差し色かな、決め手は。

Chrono24を覗いてみました。

初期仕様の2007~2008年頃を指定すると、中古マーケットでは100万円台からスタート。

同じ2007~2008年を「GMT MASTER II」に絞り込むと、キャリバー3186を積んだ旧モデル 16710に値段で負けてしまいます。

どっちが欲しいですか?

初期の116710LNには「I I」スティック文字盤なんかも稀にありますけど、本当にレアなので探すのは無理。

ルミノヴァ夜光はグリーンカラーに光ります。

サイドビュー。

寄ってみます。

GMT MASTER IIは、6桁スポーツで早々にセラミック製のセラクロムベゼルを搭載しました。

針もインデックスも大きく太くなり格好良くなりました。

グリーンカラーのGMT針、そしてGMT MASTER IIの文字。

コーポレートカラーという事もあって、デビュー当時は大人気モデルでした。

バットマンの登場でやや下火になり、

2019年に生産終了し突然相場が高騰した116710LN。

すぐに鎮静化したけどね。

最終的な生産終了時の国内定価は864,000円でした。

スポンサーリンク

初期タイプはもちろん梨地仕上げのバックルプレート。

でも6桁で登場したこの強靭で便利なバックルは本当によく出来てますね。

昔みたいに指で曲がらなくなりました。


116710LN のスペック

製造期間

2007年~2019年

ムーブメント

キャリバー3186

パワーリザーブ48時間

100m防水

ステンレススティール

40mm

両回転ベゼル(セラクロム)

いかがでしょうか?

今更初期モデルを探してみたり、もしかしたらスティック文字盤が見逃されて売られていたり(ナイナイ)。

太めのラグ足が苦手な方もいるでしょう。

現行のジュビリーブレスレットも賛否ありますので、そのうち126710系でもオイスターブレスレットが出ると良いですね。

初期仕様の116710LNがもし100万円前後で販売されていたら、是非1度手に取って見て下さい。

意外に惹かれちゃったりして。

それではまた!

 

ロレックス ディスコン(生産終了)した GMTマスターII 116710LN どこまで上がる?

ロレックス GMTマスターII Ref.116710LN 記事まとめ ZENMAI TOKYO

【レビュー】ロレックス 116710LN GMTマスターII 生産終了モデル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)