【エピソード15】息子のバースイヤーに買ったロレックス サブマリーナー 16610LV

ROLEX
スポンサーリンク

リーフグリーンに包まれて

16610LV I bought in my son’s birth year.

2008年に子供が生まれた。以前から自分用のバースイヤーの時計を探していたことから、男の子ならその子のバースイヤーウォッチも買っておこうと思っていた。何が良いかな?と奥様と一緒に悩んでいたが、やはり丈夫で長持ちのロレックスが良いんじゃないかと言うことになった。年式がシリアルナンバーでわかることなんかもポイントだ。そんなタイミングでリーマンショックが起こる。嗜好品である腕時計など買っている場合ではなくなったのだ。腕時計を10年間見続けてきたが初めての事態で、あらゆる人気モデルの値が毎日の様に下がっていく。有名な時計店が買取をストップするほどだった。

そんな中でも「バースイヤーウォッチ」を買うと決めたので私は時計を物色していた。

 (20125)

10月くらいだったと思うが上野の大黒屋で新古品398,000円で販売されているグリーンカラーのサブマリーナーを見つけた。Mシリアルはロレックスの年式で見ると2007年から2008年にあたるが、Mの次の番号が8から始まるので2008年だと思い、奥様とこれに決めた(因みに比較したのはブレゲのアエロナバルだ)。

16610LVの国内定価は630,000円だったが、当時(リーマンショック前)比較的グリーンサブは人気があり定価近い相場をキープしていた。ロレックスと言えども定価以下は当たり前だったし、正規店でもこっそり割引があるほどだったので、ノーマル16610の新古品が30万円台で売っていたことを考えれば、そのグリーンカラーの人気が伝わるだろうか。ただ、サブマリーナー50周年記念モデルとして華々しくデビューしたが着けている人は少なく、日常で使うには微妙な色合いが躊躇の対象だったと思う。相場が高いのは中国の支持があったからだろう。

 (20140)

息子のためにグリーンサブマリーナーを選んだのは、将来的に少し変わったモデルの方が思い出に残るのではないかな?と思ったからで、私自身16610LVは好きな時計ではなかった。また価値が上がるなんてことはスティールのデイトナ以外では予想が出来なかったし、今の様になんでもかんでもプレミアム価格になるなんて思いもよらなかった。手元にロレックスが無かったので息子用ではあるものの、彼が20歳になるまでは私が着ける予定だったが、あまり好んで着ける事もせず放置気味になる。当時パネライブームだった私には大した問題ではない。

スポンサーリンク

私の4本目のロレックスであり、2本目のサブマリーナーで、現在は唯一のロレックスになり、あと数年で私の元を離れる。代わりと言っては何だが数年前からデイトナが欲しいのだが正規店で買えることは無さそうだ。2008年、新しい家族が増え時計も増えた。彼の生まれ年の腕時計は私の後には50年100年と彼の人生と共に過ごし、運が良ければ次の世代にも繋がるだろう。壊れず廃れず飽きず動き続ける我が家の腕時計として16610LVには頑張ってもらいたい。

15本目の腕時計となった16610LVを迎えて、当時の私の手元には4本のラインナップが揃った。途中掴んでしまったチュードル(リダンのレンジャー)やグリモルディのボルゴノーヴォ、そして画像にあるRXWなどはカウントしていない。この布陣でしばらく戦うのだが次の時計で一旦私の時計趣味が終わりを告げる。理由は簡単で明白、つまりはお小遣い制となり時計を買おうなんて思わなくなったからだ。以前にも記事にしたが時計は若いうちに無理してでも買っておいた方が良いと思う。家族を持つと買うタイミングが無くなるのだ。他に要り様ができ腕時計にはまわらなくなる。よほどの稼ぎがあるのであれば問題ないが、そのような人はごく一部だろう。SNSの世界にはたくさんいるけれど。

リーマンショックまでは様々な時計ブランドがテレビや雑誌などで取り上げられ相場が上がっていったが、リーマンショック後から2010年くらいまでは本当になんでも安くなった。あのデイトナが70万円台で売っていたし、正規店に白文字盤が置いてあることもあった。リーマンショックを境に値を戻せた人気ブランドと、急ブレーキを踏まれ人気に陰りをみせるブランド、ショック後にトレンドとなったブランドなど大きく明暗を分けた。

 

【エピソード1】23歳で買った初めてのロレックスについて思い出しながら書く
以前も1度書いたマイファーストウォッチ、今回はサラ・ミラー氏をリスペクトし少し深めに書いてみようと思う。 1998年 ROLEX Air-King 14000 U 1997年に放送され常に30%以上の視聴率を叩きだしたあのドラマ...
【エピソード2】2本目のロレックスは中古で買ったエクスプローラーII 16570の白文字盤
ROLEX EXPLORER II 16570 K 初めての高級時計を購入してからと言うもの、どこか自分に自信が付いたような錯覚にとらわれる毎日を過ごしていた。同僚と飲むお酒の味も学生の時に無理やり飲み干してたものとはまるで違っていて...
【エピソード3】初めて下取りを利用しジャガー・ルクルト Q1708470 を購入した
JAEGAR-LECOULTRE MASTER COMPRESSOR MEMOBOX 170.84.70(Q1708470) 機械式腕時計の定期点検を兼ねた分解洗浄(オーバーホール)は3年に1度、少なくとも5年に1度は行っておきたいと...
【エピソード4】初めてヤフオクを利用し 初めてビンテージを購入した チュードル サブマリーナー 7021/0
1969年 チューダー プリンス オイスターデイト サブマリーナー 7021 チューダー プリンス オイスターデイト サブマリーナー Ref.7021は7016と同時に登場したが、3時位置にカレンダー機能が追...
【エピソード5】父親に買った オメガ 2503.52.00 アクアテラ レイルマスター
OMEGA “Rail-master” Seamaster Aqua Terra rail master 2503-52 co-axial chronometer とくに高い腕時計が欲しいとは思ってなかったし、自分で使う腕時計は既にあ...
【エピソード6】時計の師匠に勧められて買った初めての "BIG 3" パテックフィリップ アクアノート
Patek Philippe Aquanaut Automatic 34mm 5066A-001 所謂「おじさん」の趣味だった腕時計、当時はビンテージのライターとかライカなどのカメラもそうだろう。お金が掛かるという、それでいて女性には...
【エピソード7】2本目のビンテージウォッチはオメガ スピードマスター ST105.003
OMEGA SPEEDMASTER  ST105.003 ED WHITE お金持ちじゃなくとも思わず勢いで買ってしまうなんてことは誰でも経験があると思う。上野と御徒町の間の地域はアメ横と呼ばれていて多くの商店が並んでいる。古くからの...
【エピソード8】3本目のアンティークウォッチはブライトリング ナビタイマー 806
BREITLING 806 NAVITIMER 3rd Venus178 深く考えると一歩踏み出すことができなくなることもある。年を重ねてから思い返せば若いころの判断は恐ろしい。 2006年、再びヤフーオークションで魅力的な時計...
【エピソード9】2本目の “BIG 3”は バシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ ミディアム
VACHERON & CONSTANTIN OVERSEAS MIDIUM ST42050/423A 35mm 2006年、人生二度目の転勤で私は宮城県仙台市で過ごしていた。東北の冬は寒い、本当だった(2年過ごしたが大雪などに...
【エピソード10】初めての高級クォーツ時計はオーデマピゲ ロイヤルオーク 33mm
AUDEMARS PIGUET RoyalOak 33mm 56175ST.O.0789ST クォーツの何が嫌だと言うと秒針の動きだ。カチッカチッと規則正しく動く秒針は、高級時計にそぐわないと思っていたからだ。知識の上っ面だけをかじっ...
【エピソード11】3本目のロレックスはサブマリーナーデイト 1984年印の16800
2007年、私の時計人生の転機の年だ。この時の「気持ち」が無ければ、このブログももっとオシャレだったのかも知れない。それについては次回に書こうと思う。 私は転勤生活から東京に戻ってきていた。そろそろ結婚かな?などと考える時期だ...
【エピソード12】「デカ厚」に憑りつかれて購入したパネライ PAM00024
PANERAI LUMINOR SUBMERSIBLE PAM00024 2007年、この年は私の時計人生の中で大きな転機を迎える。 当時、時計趣味の世界ではややロレックスの人気が落ち着いていた。腕時計がファッションの一つとして...
【エピソード13】販売価格で衝動買いした腕時計 タグホイヤー カレラ クロノグラフ
TAG HEUER CARRERA AUTOMATIC CALIBRE 16 CHRONO CV2013.BA0794 値段を見て腕時計を買うのはオススメしない。欲しいなと心のどこかで思っていたのであれば百歩譲って良しとしても、候補リ...
【エピソード14】「デカ厚」に憑りつかれて購入した2本目のパネライ PAM00090
Panerai Luminor Power Reserve PAM00090 熱は冷めない。心は「デカ厚」で満たされており、40mmのパネライでさえ小さく感じるほどに感覚が麻痺されていた。デカ厚は麻薬だった。手元の腕時計をほとんど手放...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました