【エピソード13】販売価格で衝動買いした腕時計 タグホイヤー カレラ クロノグラフ

CARRERA
スポンサーリンク

TAG HEUER CARRERA AUTOMATIC CALIBRE 16 CHRONO CV2013.BA0794

値段を見て腕時計を買うのはオススメしない。欲しいなと心のどこかで思っていたのであれば百歩譲って良しとしても、候補リストにも載って無いようなモデルにたまたま出会って購入した理由が値段だとしたら、それは正解ではないと思う。

2007年、手元の腕時計が増えてきたことや、パネライ購入でミディアムサイズの時計たちへの興味が薄れてしまい不要に感じてきたことで、腕時計の整理を始めることにした。そのほとんどを中野のジャックロードで買い取ってもらい、買取金額に対して更にフジヤグループのポイントも貰えて、帰りにフジヤカメラで新作のサイバーショットに交換してもらった。しかしまぁ、この時に戻れるならサイバーショットを諦め、売却を止めておけば良かったと思う。さらに言えばパネライに手を出さなければ違った現在があっただろう。パネライを買った現在と買わなかったらの「もしもの現在」、私にとってどちらが良かったのだろうか。

ルーティン化していた時計ショップ巡りの中でソレに出会った。新宿の中古ブランドショップ バースデー(現在はもう無い?)で128,000円で販売されていたと思う。手元に腕時計が無くなったこと、軍資金にゆとりが出来たことで、「価格」だけ見て買ってしまったソレはタグホイヤー カレラ・クロノグラフという新作で、当時ブラッドピットが広告に起用されていて若い社会人にじわりヒットしていた。仙台時代に地下鉄で背の高いサラリーマンが着けていたのを見掛けたが格好良かったな。ただしブラッドピットと同カラーのブラックだったが、私が購入したのはブラウンカラーで時計に使うカラーとしては珍しい方だと思う。

スポンサーリンク

時計には着けてわかることがある。むしろ買う前より買った後に分かることの方が多いだろう(当たり前だ)。このカレラクロノグラフはブ厚く着けづらかった。ブレスレットは薄くケースは重くアンバランスだと感じたし時計が手首で動くのは気になる。良いポイントは41mmのマズマズなサイズ感と、顔のバランスはバルジュー7750のままなのでイケメンな事だ。年下の同僚はブルーを買っていたし、値段と見た目の良さは20代30代に大きく訴求した。このカレラクロノグラフはタグホイヤーに活気をもたらしたと思う。

1999年にLVMHグループ傘下になるが、90年代のタグホイヤーと、

2000年代のタグホイヤーではデザインや雰囲気がガラっと変わった。どちらが好みかは人それぞれで構わないが、確かに2000年代のデザインの方が若者には受けるだろう。因みにブラウンカラーのカレラクロノグラフは2ヶ月で私の元を去っていった。と言うより購入したバースデーへ戻って行った。115,000円で引き取ってくれたので13,000円で2ヶ月レンタルしたようなものだ。使ってみるまでわからないことがある。私には合わなかったのだが、ストラップ交換が今の様に一般的だったらもしかしたら楽しみ方を変えて半年ほどは着けていたかも知れない。それとブラックだったらまだ持っていたのかも知れない。ともかく、時計は値段だけで買うのはオススメしないという事だ。

 

【エピソード1】23歳で買った初めてのロレックスについて思い出しながら書く
以前も1度書いたマイファーストウォッチ、今回はサラ・ミラー氏をリスペクトし少し深めに書いてみようと思う。 1998年 ROLEX Air-King 14000 U 1997年に放送され常に30%以上の視聴率を叩きだしたあのドラマ...
【エピソード2】2本目のロレックスは中古で買ったエクスプローラーII 16570の白文字盤
ROLEX EXPLORER II 16570 K 初めての高級時計を購入してからと言うもの、どこか自分に自信が付いたような錯覚にとらわれる毎日を過ごしていた。同僚と飲むお酒の味も学生の時に無理やり飲み干してたものとはまるで違っていて...
【エピソード3】初めて下取りを利用しジャガー・ルクルト Q1708470 を購入した
JAEGAR-LECOULTRE MASTER COMPRESSOR MEMOBOX 170.84.70(Q1708470) 機械式腕時計の定期点検を兼ねた分解洗浄(オーバーホール)は3年に1度、少なくとも5年に1度は行っておきたいと...
【エピソード4】初めてヤフオクを利用し 初めてビンテージを購入した チュードル サブマリーナー 7021/0
1969年 チューダー プリンス オイスターデイト サブマリーナー 7021 チューダー プリンス オイスターデイト サブマリーナー Ref.7021は7016と同時に登場したが、3時位置にカレンダー機能が追...
【エピソード5】父親に買った オメガ 2503.52.00 アクアテラ レイルマスター
OMEGA “Rail-master” Seamaster Aqua Terra rail master 2503-52 co-axial chronometer とくに高い腕時計が欲しいとは思ってなかったし、自分で使う腕時計は既にあ...
【エピソード6】時計の師匠に勧められて買った初めての "BIG 3" パテックフィリップ アクアノート
Patek Philippe Aquanaut Automatic 34mm 5066A-001 所謂「おじさん」の趣味だった腕時計、当時はビンテージのライターとかライカなどのカメラもそうだろう。お金が掛かるという、それでいて女性には...
【エピソード7】2本目のビンテージウォッチはオメガ スピードマスター ST105.003
OMEGA SPEEDMASTER  ST105.003 ED WHITE お金持ちじゃなくとも思わず勢いで買ってしまうなんてことは誰でも経験があると思う。上野と御徒町の間の地域はアメ横と呼ばれていて多くの商店が並んでいる。古くからの...
【エピソード8】3本目のアンティークウォッチはブライトリング ナビタイマー 806
BREITLING 806 NAVITIMER 3rd Venus178 深く考えると一歩踏み出すことができなくなることもある。年を重ねてから思い返せば若いころの判断は恐ろしい。 2006年、再びヤフーオークションで魅力的な時計...
【エピソード9】2本目の “BIG 3”は バシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ ミディアム
VACHERON & CONSTANTIN OVERSEAS MIDIUM ST42050/423A 35mm 2006年、人生二度目の転勤で私は宮城県仙台市で過ごしていた。東北の冬は寒い、本当だった(2年過ごしたが大雪などに...
【エピソード10】初めての高級クォーツ時計はオーデマピゲ ロイヤルオーク 33mm
AUDEMARS PIGUET RoyalOak 33mm 56175ST.O.0789ST クォーツの何が嫌だと言うと秒針の動きだ。カチッカチッと規則正しく動く秒針は、高級時計にそぐわないと思っていたからだ。知識の上っ面だけをかじっ...
【エピソード11】3本目のロレックスはサブマリーナーデイト 1984年印の16800
2007年、私の時計人生の転機の年だ。この時の「気持ち」が無ければ、このブログももっとオシャレだったのかも知れない。それについては次回に書こうと思う。 私は転勤生活から東京に戻ってきていた。そろそろ結婚かな?などと考える時期だ...
【エピソード12】「デカ厚」に憑りつかれて購入したパネライ PAM00024
PANERAI LUMINOR SUBMERSIBLE PAM00024 2007年、この年は私の時計人生の中で大きな転機を迎える。 当時、時計趣味の世界ではややロレックスの人気が落ち着いていた。腕時計がファッションの一つとして...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました