【エピソード10】初めての高級クォーツ時計はオーデマピゲ ロイヤルオーク 33mm

Audemars Piguet
スポンサーリンク

AUDEMARS PIGUET RoyalOak 33mm 56175ST.O.0789ST

クォーツの何が嫌だと言うと秒針の動きだ。カチッカチッと規則正しく動く秒針は、高級時計にそぐわないと思っていたからだ。知識の上っ面だけをかじったバカな勘違いではあるものの、機械式だからこその小さな世界での精密な動きや美しさを楽しむのが時計趣味だと思っていたのだ。趣味は腕時計だという方にも同じように考える人はいると思う。今でこそクォーツ時計を毛嫌いはしていないが、しばらく私はクォーツに高いお金を払う必要はないと感じていたし、クォーツならG-SHOCKこそが至高だと思っていた。

2006年、ヤフーオークションでの落札は3度目になる。いや、グリモデルディを含めると4度目だろうか。出品者は女性の方でブランド物のバッグや小物などを出品されていて、私の目に留まったのはその中の不用品の一つだった。箱も保証書もしっかりと残っており、説明書きにはあまり使ってないとのことだった。私が落札したのは初めての高級クォーツウォッチであるオーデマピゲのロイヤルオーク ミディアムサイズ 56175ST.O.0789ST である。ロイヤルオークは八角形の独特なベゼルの形状が特徴で、スポーツウォッチだったが当時はあまり人気は無かった。既にパテックフィリップ、ヴァシュロンコンスタンタンとチープモデルではあったが買っていたので、何となくオーデマピゲも買い揃えてみたくなったのだ。およそ20万円くらいで落札したクォーツ 33mmのミディアムサイズのロイヤルオークはなかなかの格好良さで、青みを感じるグレーのタペストリー文字盤は繊細で美しく、着けてみるとマズマズの大きさなのだが非常に軽く薄く満足いくものだった。何より「秒針」が無いのが素晴らしい。2針の時計ならクォーツで問題無い。しかしこの時計はあまり着けなくなった。微妙なブレスレットの長さが気に入らなかったのだ。1コマ足すと大きくて気になるし、1コマ抜くときつかった。ロレックスは0.5mmほどの微調整ができるので、そんな気持ち悪さは無かったがミディアムサイズのロイヤルオークでは、ジャストフィットが叶わなかった。

スポンサーリンク

友人の36mmを試させてもらった時はフィット感が良かったので、ブレスレットの件はケースサイズの問題だったのかも知れない。と、言う事で初めてのクォーツウォッチはたいして着けずに私の元を旅立った。昔の写真を漁ったがほとんど残ってなかったのも、滞在期間が短かったからだろう。ケースの仕上がりや薄さ、そして軽さは特別なものだったので、腕が細めの方にはオススメできると思う。ただ試着はした方が良い、私の様に僅かなフィット感でがっかりするのを避けるためだ。

35mm前後の時計は、現在のトレンドからすると非常に小さく人気はあまりない。それはセカンドマーケットの価格面にも顕著に表れているが、当時はそこまで否定的でもなかったと思う。2006年は既にデカ厚ブームの真っただ中だが、まだミディアムサイズをメーカーがリリースしていた。トレンドが大きく変わるのはリーマンショック明けくらいからだろうか。私の心も大きな時計へと吸い寄せられ始めていたので、ミディアムサイズの時計を追うのはここで終了となる。

 

【エピソード1】23歳で買った初めてのロレックスについて思い出しながら書く
以前も1度書いたマイファーストウォッチ、今回はサラ・ミラー氏をリスペクトし少し深めに書いてみようと思う。 1998年 ROLEX Air-King 14000 U 1997年に放送され常に30%以上の視聴率を叩きだしたあのドラマ...
【エピソード2】2本目のロレックスは中古で買ったエクスプローラーII 16570の白文字盤
ROLEX EXPLORER II 16570 K 初めての高級時計を購入してからと言うもの、どこか自分に自信が付いたような錯覚にとらわれる毎日を過ごしていた。同僚と飲むお酒の味も学生の時に無理やり飲み干してたものとはまるで違っていて...
【エピソード3】初めて下取りを利用しジャガー・ルクルト Q1708470 を購入した
JAEGAR-LECOULTRE MASTER COMPRESSOR MEMOBOX 170.84.70(Q1708470) 機械式腕時計の定期点検を兼ねた分解洗浄(オーバーホール)は3年に1度、少なくとも5年に1度は行っておきたいと...
【エピソード4】初めてヤフオクを利用し 初めてビンテージを購入した チュードル サブマリーナー 7021/0
1969年 チューダー プリンス オイスターデイト サブマリーナー 7021 チューダー プリンス オイスターデイト サブマリーナー Ref.7021は7016と同時に登場したが、3時位置にカレンダー機能が追...
【エピソード5】父親に買った オメガ 2503.52.00 アクアテラ レイルマスター
OMEGA “Rail-master” Seamaster Aqua Terra rail master 2503-52 co-axial chronometer とくに高い腕時計が欲しいとは思ってなかったし、自分で使う腕時計は既にあ...
【エピソード6】時計の師匠に勧められて買った初めての "BIG 3" パテックフィリップ アクアノート
Patek Philippe Aquanaut Automatic 34mm 5066A-001 所謂「おじさん」の趣味だった腕時計、当時はビンテージのライターとかライカなどのカメラもそうだろう。お金が掛かるという、それでいて女性には...
【エピソード8】3本目のアンティークウォッチはブライトリング ナビタイマー 806
BREITLING 806 NAVITIMER 3rd Venus178 深く考えると一歩踏み出すことができなくなることもある。年を重ねてから思い返せば若いころの判断は恐ろしい。 2006年、再びヤフーオークションで魅力的な時計...
【エピソード7】2本目のビンテージウォッチはオメガ スピードマスター ST105.003
OMEGA SPEEDMASTER  ST105.003 ED WHITE お金持ちじゃなくとも思わず勢いで買ってしまうなんてことは誰でも経験があると思う。上野と御徒町の間の地域はアメ横と呼ばれていて多くの商店が並んでいる。古くからの...
【エピソード9】2本目の “BIG 3”は バシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ ミディアム
VACHERON & CONSTANTIN OVERSEAS MIDIUM ST42050/423A 35mm 2006年、人生二度目の転勤で私は宮城県仙台市で過ごしていた。東北の冬は寒い、本当だった(2年過ごしたが大雪などに...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました