【エピソード9】2本目の “BIG 3”は バシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ ミディアム

Vacheron Constantin
スポンサーリンク

VACHERON & CONSTANTIN OVERSEAS MIDIUM ST42050/423A 35mm

2006年、人生二度目の転勤で私は宮城県仙台市で過ごしていた。東北の冬は寒い、本当だった(2年過ごしたが大雪などには見舞われなかったけれど)。時計には関係ない話だが、独り身だと転勤は悪くないと思う。東京生まれヒップホップ育ちのモヤシっ子だった私は、転勤で訪れるその地の文化や食に触れることが楽しみであり、その生活が新鮮であった。もし転勤で悩んでいる方が居れば、独身なら行ってみると良いと思う。ただ残念なのは自動車に乗らなかったことだ(ペーパーでゴールドになっていて身分証明書としての役割しかない)。私がもっとアクティブなら転勤生活もより良いものになったであろう。

既に時計人生も8年となり手元にも時計が増えてきた。ビンテージ3本に3大ブランドのパテックフィリップ アクアノートという布陣だ。どれもそれなりに愛でていたが、ビンテージは気を使わなくてはならず、代わりとなる現行機が欲しいと思っていた。腕時計を複数持つことのデメリットは、次々に新しい時計を着けたくなる「気持ち」だ。どこまでも際限なく、何を着けても満足するのは一瞬なのだろう。もちろん時計の数だけハッピーになれることもある。

仙台には東京ほど多くの時計ショップは無いが、それでも百貨店やリサイクル店はあった。仙台に友人がいるわけではなかったので、休みの日は時計ショップをよく巡っていた。ある日、都内ならそこそこ出会うチャンスがあると思うが、その地そのタイミングでは珍しいモデルとの出会いがあった。3大ブランドの一角ヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズだ。

スポンサーリンク

448,000円で購入したオーヴァーシーズ ST42050/423A はケースとブレスレットの一体型のスポーティなモデルだ。サイズはアクアノートと同じような35mmだが独特な形状なので小さくは感じなかったのと、当時はミディアムサイズが私の好みだった。ヴァシュロンコンスタンタンの名は時計の師匠に教わっており知っていたが代表的なモデル名(ロイヤルイーグルやマルタラージカレンダーなど)くらいしか知識がなく、オーヴァーシーズを選んだのもたまたまの出会いがあったからだ。狙って探していたわけではない。当時、バースイヤーのシードウェラー(Ref.1665)を探していたのだが、もし先に出会っていたらオーヴァーシーズは買わなかっただろう。因みに探すのを止めたのだが、それ以降私のバースイヤーのシードゥエラーにはまだ出会っていない(今出会っても、もう買えない金額だろう)。

アクアノートと比べるとオーヴァーシーズは重くズッシリしていた。それと気になったのはブレスレットの形状だ。コマを食い込む形でガクガクするブレスレットは改良の余地があったと思う。バックルのロックも独特で着け外しが少し手間だった。着け心地で言えばラバーストラップのアクアノートの方がオススメだ。文字盤は1番最初に買ったロレックス エアキングと似ていて馴染みのある感じは良かった。トータルでみて70点くらいの時計だったと思う。着けやすさだけならエアキングの方が気軽だし安いので良いと思うが、あまり着けている人が居ないと言う点では面白いモデルだった。

まだラグジュアリースポーツなどと言う呼ばれ方は無かったと思うが、私の好みはロレックスより師匠に勧められたこちらの方だった。しかしアクアノートを買ってすぐに「アイツ」に触れてしまったのだ。心がどんどん吸い寄せられてくる、そんな魅力をもったアイツの存在が全てを狂わせたたと思う。・・・アイツの話はもう少し先になる。

このモデルだけでヴァシュロンコンスタンタンの事がわかったわけではない。むしろまだその片鱗に触れたかどうかもわからない。いや、何もわかってない。ただ、見た目が格好良いなぁ、それだけだ。

 

【エピソード7】2本目のビンテージウォッチはオメガ スピードマスター ST105.003
OMEGA SPEEDMASTER  ST105.003 ED WHITE お金持ちじゃなくとも思わず勢いで買ってしまうなんてことは誰でも経験があると思う。上野と御徒町の間の地域はアメ横と呼ばれていて多くの商店が並んでいる。古くからの...
【エピソード1】23歳で買った初めてのロレックスについて思い出しながら書く
以前も1度書いたマイファーストウォッチ、今回はサラ・ミラー氏をリスペクトし少し深めに書いてみようと思う。 1998年 ROLEX Air-King 14000 U 1997年に放送され常に30%以上の視聴率を叩きだしたあのドラマ...
【エピソード2】2本目のロレックスは中古で買ったエクスプローラーII 16570の白文字盤
ROLEX EXPLORER II 16570 K 初めての高級時計を購入してからと言うもの、どこか自分に自信が付いたような錯覚にとらわれる毎日を過ごしていた。同僚と飲むお酒の味も学生の時に無理やり飲み干してたものとはまるで違っていて...
【エピソード3】初めて下取りを利用しジャガー・ルクルト Q1708470 を購入した
JAEGAR-LECOULTRE MASTER COMPRESSOR MEMOBOX 170.84.70(Q1708470) 機械式腕時計の定期点検を兼ねた分解洗浄(オーバーホール)は3年に1度、少なくとも5年に1度は行っておきたいと...
【エピソード4】初めてヤフオクを利用し 初めてビンテージを購入した チュードル サブマリーナー 7021/0
1969年 チューダー プリンス オイスターデイト サブマリーナー 7021 チューダー プリンス オイスターデイト サブマリーナー Ref.7021は7016と同時に登場したが、3時位置にカレンダー機能が追...
【エピソード6】時計の師匠に勧められて買った初めての "BIG 3" パテックフィリップ アクアノート
Patek Philippe Aquanaut Automatic 34mm 5066A-001 所謂「おじさん」の趣味だった腕時計、当時はビンテージのライターとかライカなどのカメラもそうだろう。お金が掛かるという、それでいて女性には...
【エピソード8】3本目のアンティークウォッチはブライトリング ナビタイマー 806
BREITLING 806 NAVITIMER 3rd Venus178 深く考えると一歩踏み出すことができなくなることもある。年を重ねてから思い返せば若いころの判断は恐ろしい。 2006年、再びヤフーオークションで魅力的な時計...
【エピソード5】父親に買った オメガ 2503.52.00 アクアテラ レイルマスター
OMEGA “Rail-master” Seamaster Aqua Terra rail master 2503-52 co-axial chronometer とくに高い腕時計が欲しいとは思ってなかったし、自分で使う腕時計は既にあ...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました