【2021年新作】オメガ “ブロンズゴールド” シーマスター300 マスタークロノメーター41mm 234.92.41.21.10.001

OMEGA
スポンサーリンク

THE SEAMASTER 300 BRONZE GOLD CO-AXIAL MASTER CHRONOMETER 41mm 234.92.41.21.10.001

2021年 オメガから新作が発表されました。

オメガの開発した新素材「ブロンズゴールド」製のシーマスター300 コーアクシャルマスタークロノメーター 234.92.41.21.10.001。

ブロンズゴールド、気になりますねlぇ。

国内定価は1,364,000円、2021年6月発売予定です。

ブロンズにパンチング文字盤と、かなりパネライ寄り・・・ですが、格好良いのでOK。

ブロンズゴールド

ブロンズゴールドは、美しい外観と色合いを生み出すために特別に開発されました。その特殊な配合から、肌に直接着けることのできるブロンズ合金となっています。この唯一無二の合金はゴールド(37.5%)などの貴金属を含み、9Kのホールマークが刻印されています。18Kムーンシャイン™ ゴールドと18Kセドナ™ ゴールドのちょうど中間にあたる独特の色合いを出すために、パラジウムとシルバーも混合されます。柔らかなピンク色を湛えるこの合金は、非常に優れた耐食性を持ち、酸化による緑青が生じません。そのため長い時間を経てゆっくりと色合いが深まり、美しい天然のつやが生まれます。ブロンズ製ウォッチと革新的な素材がお好きな方には、嬉しいニュースではないでしょうか。<OMEGA HPより>

ブロンズ特有の「着けると手首が黒くなる」とか「青錆び(緑青)が発生しない」けど、ゆっくりエイジングすると言う特徴があります。

ブロンズの雰囲気は好きだけど、極端なエイジングが嫌だった方には朗報です。

PAM00382

逆に、こう言う雰囲気が好きだった方には、ブロンズゴールドは向いていません。

 (81201)

私はどちらかと言うと行き過ぎたエイジングを好みますので、オメガのブロンズゴールドは気になるものの、どこか寂しいなと感じます。

まぁ、そんな人間は全体の一部でしょう。

値段も程良く、人気は出ると思います。

シーマスター 300 ブロンズゴールド

ブロンズ製ウォッチをお好みの方に嬉しいニュースです!オメガ独自の「ブロンズゴールド」を用いたスペシャルモデルが、「シーマスター 300」コレクションに登場しました。美しい外観をもつこのウォッチは、オメガが特許申請中の「ブロンズゴールド」を素材とする初めてのモデルです。

独自のスタイルをもつ時計

41mmサイズのケースとバックルに使用されたブロンズゴールドは、美しい色合いを追求するため、そして、独自の配合により肌に直接着けられるブロンズ合金を生み出すために開発されました。

美しさを長く持続

ブロンズゴールドには、純度検証極印を得た上品な9Kゴールドを37.5%使用。パラジウム、シルバーも配合した独自の合金です。柔らかなピンク色のこの素材は、比類のない耐腐食性をもち、酸化して緑青を発することがありません。経年変化はゆっくりと進み、使い込むことで生まれる自然な美しさを長期間、楽しむことができます。

キャリバー  8912

ムーブメント
キャリバー オメガ 8912
サファイアクリスタルガラスのケースバックを通して、オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8912を眺めることができます。ムーブメント、そして時計全体がマスター クロノメーターとしてMETASの認定を得、15,000ガウスの耐磁性能を備えます。フリースプラングテンプにシリコン製ヒゲゼンマイ、並列に配された2つの香箱を備えた、両方向回転による自動巻きキャリバーです。
60時間 パワーリザーブ
自動巻き

スポンサーリンク

オメガが、水中で作業するダイバーや専門家のために特別にデザインした「シーマスター 300」を初めて発表したのは、1957年のこと。それから60年以上を経て、コレクションは全面的にアップグレードされ、この特別なモデルは、オメガ独自のブロンズ合金製になりました。

41 mmのケースとベゼルは9Kブロンズゴールド製で、ブラウンセラミック製ベゼルリングにはスーパールミノヴァが施されたダイビングスケールが配されています。ブロンズの文字盤は、スーパールミノヴァが施された凹型アワーマーカーとオープンワークの数字、PVDブロンズゴールドカラーの針が配されたデザイン。

9Kブロンズゴールド製バックルが付いたブラウンのレザーストラップが合わせられたタイムピースの裏面には、サファイアクリスタルガラスのケースバックを備え、オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8912を眺めることができます。

機能
ねじ込み式リュウズ
クロノメーター
シースルーケースバック
マスター クロノメーター認定
自動巻きウォッチ
超高耐磁性能ムーブメント
逆回転防止ベゼル

技術仕様
ラグの間のサイズ: 21 mm
ブレスレット: レザーストラップ
ケース: Bronze Gold
ケース直径: 41 mm
ダイアルの色: ブラウン
クリスタル風防: 内側に無反射処理を施した、ドーム型強化サファイアガラス
防水: 30 気圧 (300 メートル / 1000 フィート)

 

まとめ

スティールとは違いロリポップ秒針ではありませんね。

9金とブロンズにパラジウム・シルバーなどの新合金「ブロンズゴールド」。

今後別のモデルにも採用されるのかも知れません。

個人的には39mmで定価も100万円以下だったらな~なんて思いますけど、価格に関してはオメガも高級機になってきていますので無理な話なのでしょう。

いかがでしょうか?

234.92.41.21.10.001 実機レビュー

ブロンズゴールドケースですよ。

シーマスター300 コーアクシャルマスタークロノメーター 234.92.41.21.10.001。

質感はブロンズそのものですが、金属臭くないですかね。

汗で腕が汚れる感じもありません。

「この合金は、非常に優れた耐食性を持ち、酸化による緑青が生じません」なのでYシャツでも安心ですね。

ビンテージ風のレザーストラップに合うブロンズゴールド尾錠。

ベゼルの数字まで青く光ります。

長針はグリーン。

シースルーバックでキャリバー オメガ 8912がむき出し。

エイジングしたような雰囲気の文字盤。

パンチングがいかしています。

リューズは守られてませんが、デザイン的にはスッキリしていて好き。

AU375は9K(9金)

格好良いぞ。

 

【2021年新作】オメガ シーマスター300 マスタークロノメーター41mm 234.30.41.21.01.001 / 234.30.41.21.03.001
OMEGA SEAMASTER 300 MASTER CHRONOMETER 2021 2021年 オメガから新作が発表されました。 リーク通りでしたが、シーマスター300がリニューアル。 41mm、キャリバー オメガ 8...
青銅製腕時計まとめ エイジングを楽しむブロンズ時計
青サビ?【エイジングを楽しもう】ブロンズ時計の魅力 近年トレンドのマテリアルと言えばブロンズ(青銅)ですね。 パネライのサブマーシブル「PAM00382」は定価以上のプレミアム価格で取引されるほどの大人気モデルです。 独特の変...

#ZENMAIのココ東京

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました