100万円で買える腕時計 ZENMAIのオススメ8選

スポンサーリンク

Find a watch that can buy for \1,000,000

100万円で買える腕時計はたくさんあります。

が、数が多すぎて何を選んで良いかわからない!そんな方へ私の個人的趣味でオススメする記事のスタートです。

前回10万円で選んでみました。なかなかグッドな8本をご紹介できたかな?なんて思いますがいかがでしたでしょうか?

記事の最後にリンクを貼っておきますので気になった方はチェックしてみてください。

さて、今回は100万円で買える腕時計です。

かなり幅がありますね(笑)

10年も前であれば50万円で区切ればロレックスのスポーツモデルが入ったのですが、現在は100万円以内だとこのあたりは入らなくなってしまいました。

国内定価で普通に買えれば良いのですが、現実問題「買えません」

前回同様に並行の新品相場でチェックしていこうと思います(ジャックロードさんで販売されている100万円以下からピックアップ)。

それでは見ていきましょう。


1.ジラール・ペルゴ ロレアート 38mm セラミック 81005-32-631-32A

1本目はジラール・ペルゴ ロレアート 38mm ブラックセラミック GIRARD PERREGAUX Laureto 38mm Ceramic 81005-32-631-32A です。

価格の高い順にご紹介です。

国内定価は1,836,000円ですので、半額に近い値引き価格で販売されていますね。

ロレアートは何度も復刻されていますが、現代解釈の今回のシリーズはかなり好評です。

ブラックセラミックケースですよ!見た目も格好良いしキズにも強い。

シースルーバックから覗く自社製自動巻きムーブメントGP03300-0139。

38mmと言うサイズ感も良いですね。

こちらの画像は素材違いですが、38mmの大きさはこんな感じ。

スーツにもフィットしますし、漆黒のケースはカジュアルにも映えます。

格好良いですね。


2.ロレックス エクスプローラー 214270

2本目はロレックス エクスプローラー ROLEX Explorer 214270。

出ました「スポロレ」。

100万円以下で買えるスポーツロレックスはだいぶ絞られちゃいますけど、その中でもスポロレ3大モデルの一角「エクスプローラーI」は「買える」モデルですのでオススメします。

シンプルで飽きない、壊れない、格好良い、間違いありません。

国内定価は669,600円ですので10万円ほどのプレミアム価格。

定価で買いたいところですけど、なかなかね・・・

50年以上使えますのでプレ値でも欲しかったら行っちゃいましょう。


3.オメガ 1957 トリロジー スピードマスター 311.10.39.30.01.001

3本目は、オメガ 1957 トリロジー スピードマスター OMEGA1957 Trilogy Speedmaster 60th Anniversary Limited Edition 311.10.39.30.01.001。

2017年の限定モデルで3557本、38.6mmのグッドサイズなスピードマスターです。

1957年のオリジナルに忠実なデザインで、スペックは現代と2度おいしい仕様です。

国内定価は831,600円。

見た目はマジで最高。

いくら限定でも3500本は多すぎだようで定価以下の相場となっています。


4.オメガ シーマスター プロフェッショナル300 コーアクシャル マスター クロノメーター 210.92.44.20.01.001

4本目は、オメガ シーマスター プロフェッショナル300 コーアクシャル マスター クロノメーター OMEGA Seamaster Professional 300 Co-Axial Master Chronometer 210.92.44.20.01.001。

今年の新作で先日40代にオススメしたいダイバーズウォッチでも取りあげました。

ブラックセラミックケースのシーマスター300mですよ~。

格好良いですね、視認性も良くスペックも最高。

ベゼルもセラミックとチタン、文字盤もセラミックにウェーブマークとセラミックづくし。

ケースサイズは43.5mmとトレンドなんですが大きいのがネックかも。

国内定価は939,600円と非常に高額ですが、実勢価格はけっこう安くなっていますので。


5.オメガ 1957 トリロジー シーマスター300 234.10.39.20.01.001

オメガ 1957 トリロジー シーマスター300 OMEGA 1957 Trilogy Seamaster 300 60th Anniversary Limited Edition 234.10.39.20.01.001。

スポンサーリンク

5本目も1957年の復刻モデルです。

同じように3557本もあるシーマスター300ですが、この格好良さは手に取って欲しい。

凄いイケてるんです。

めっちゃ欲しい!けど定価は810,000円とシーマスターにしては激高!

でも相場が落ち着いてきていますので、このくらいの値段なら!ってオススメできます。

この1957トリロジーはレイルマスター含めて非常に拘って作られています。

買って後悔無し!

まだ正規店にも置いてあるかも知れません。


6.ゼニス クロノマスター オープン 1969 03.2040.4061/69.C496

6本目は、ゼニス クロノマスター オープン 1969 ZENITH Chronomaster Open 1969 03.2040.4061/69.C496。

今年50周年のエルプリメロですけど、当時の復刻デザインモデルです。

まぁ当時は文字盤透けてないですけどね(笑)

このスケルトン感がゼニスの醍醐味。

最近は流行ってますけど、2005年のデファイの時はビックリしました。

42mmとやや大きいですがクラシカルなケース形状でスッキリしています。

デザインが好まれたらオススメですね。

国内定価は999,000円と非常に高額なクロノグラフですが、実勢価格は60万円程度と抑えられています。

歴史を感じるグッドモデル。

いかがでしょうか?


7.ゼニス デファイ クラシック 95.9000.670/78.M9000

7本目は、ゼニス デファイ クラシック ZENITH Defy Classic 95.9000.670/78.M9000。

またまたゼニス。

アンダー100万円だとオメガとゼニスが強いですね。

こちらは2018年の新作でスケルトン文字盤がインパクト大なデファイクラシックと言うシリーズ。

同じLVMHグループのウブロ クラシックフュージョンみたいな形状で、スーツスタイルにもフィットするラグジュアリースポーツモデル。

よく見ればデイト表示があったり、後ろもスケルトンなんですけど星型のローターだったりと、拘った1本。

41mmのケース径ですがチタン製なので重くはありません。

国内定価は864,000円ですが、実勢価格は60万円くらい。

ロイヤルオークのスケルトンなんか何百万円ですしね。


8.ゼニス ヘリテージ パイロット リバイバル クロノメトロ TIPO CP-2 03.2240.4069/21.C774

ラスト8本目も、ゼニス ヘリテージ パイロット リバイバル クロノメトロ TIPO CP-2 ZENITH Heritaget Pilot Cronometro Tipo CP-2 03.2240.4069/21.C774。

最後もゼニスでした。

IWCから1本選ぼうかな?と思ったんですが次回に分けてご紹介しようと思います。

で、このTIPO CP-2ですよ。

イタリア空軍へ納品された伝説の銘機「CRONOMETRO TIPO CP-2 A.CAIRELLI ROMA」の現代解釈版ですね。

ミリタリークロノグラフのデザイン好きには刺さると思います。

元祖は手巻きクロノグラフでしたが、ヘリテージモデルは自動巻きのエルプリメロが搭載されています。

国内定価は982,800円ですが、あまり人気が無いのかセール対象でほぼほぼ半額・・・

格好良いと思うんですけどね。

現代解釈版とあって43mmの大型ケースがややネック。

イケてる鍛えたボディの男性にオススメしたい。


まとめ

いかがでしょうか?

かなり偏ったブランドになってしまいました。

アンダー100万円にはジャガールクルトやパネライ、フランクミュラーなども多くラインナップしているのですが、オススメしたいモデルが無かったのでこんな感じになっています。

それでも絞り切れなかったので次回あたりにアンダー50万円でもう1度書こうかと思います。

100万円で買える腕時計、今回のオススメはどれも長く使える良いモデルです。

IWCやタグホイヤー、オメガにチューダーなども次回出てくると思います。

それではまた!

 

100,000円で買える腕時計 ZENMAIのオススメ8選

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)