2021年1月 ロレックス 人気モデルの相場をチェック!デイトナ エルプリメロ 16520

スポンサーリンク

Follow Rolex 16520 Rolesor Daytona’s price.

人気モデルの相場を追うシリーズから、今回は2000年に生産終了したデイトナ 16520です。

生産終了から20年が経ちましたが、キャリバー4030(エルプリメロベース)搭載の伝説のデイトナとして現在相場がうなぎ登り。

条件の良い個体はなかなかマーケットにも出てこなくなっています。

ちょっと前に一旦相場の動きが止まったように思いましたが、現行機などの価格上昇に引っ張られて、保証書付きの個体なら300万円以上は当たり前になっています。

 (21861)

16520は生産数が少なく1990年代でも定価以上のプレミアムモデルとして人気がありました。

現在よりデイトナは希少性は高く、雑誌の広告などでも「デイトナ入荷」の文字が躍っていましたね。

他のスポーツモデルが定価以下で販売されていた時代ですよ。

16520は白文字盤より黒文字盤の方が人気がありましたね。

また、およそ12年の製造期間に様々なバリエーションがありファンを楽しませています。

そのバリエーションによって相場も異なり、特に人気なのが「パトリッツィ」文字盤。

もう「汚い」っていうくらい変色しちゃっている方が良い評価で、本当におかしな世界。

こちらは一般的な「逆さ6」。

そして高額評価は、いわゆる「P番 / Pシリアル」。

P0、P1、P2、P3*****となり、P3以降の数字も多い方が価値が高いそうです。

P1とP3では50万円100万円と変わるのですから、凄い話・・・

ここまでくると白文字盤と黒文字盤での価格差は小さくなります。

2年前(2019.01)のChrono24を覗いてみます。

400万円台で売られていたのは「P1」まで。

P2、P3はさすがに出てきませんね。

 


16520のスペック

製造期間

1988年~2000年

ムーブメント

キャリバー4030

自動巻きクロノメーター

パワーリザーブ52時間

100m防水

ステンレススティール

40mm


それでは現在の中古マーケットから相場をチェック。

Chrono24を見てみます(Chrono24は税抜き)。

年式条件にもよるのですが、保証書付きだと黒文字盤の最安値で300万円以上。

年式が新しければ「Pシリアル」「Aシリアル」、Uシリアルあたりは「トリチノバ」や「トリチウム」、Tシリアル・Wシリアルには「パトリッツィ」、そして「逆さ6」、さらに古くなるにつれ「4ライン」「段落ち」「タキ200」「タキ225」「ポーセリン」など多種多様のニックネームの猛者たちがゴロゴロしています。

こちらはかなり古いLシリアルの「パトリッツィ」だそうです。

Wあたりに多い印象ですが、黒文字盤のトリチウムなら変色のチャンスがあるのかもね。

スポンサーリンク

12時位置の記載が4段の「4ライン」。

「タキ225」はベゼルに225の数字が刻まれた変化球。

 

 (21861)

こちらは「タキ200」と「段落ち」

白文字盤の最初期に見られる「ポーセリン」ダイヤル。

陶器の様にツヤツヤしています。

Aシリアルの「アイボリー」ダイヤルだそうです。

白文字盤の変色も人気があります。

 


まとめ

いかがでしょうか?

もうため息がでる価格ばかり。

SNSを見ていても、普段から着けている方も少なくなってきた感じですね。

いつまで正規保証が受けられるかわかりませんし、外装はなるべくキレイなまま保管したいです。

ベゼルのキズも気になりますし、墨抜けも嫌ですね。

そして今から買っておこう!と思う方。

状態、付属品をしっかり見て買いましょう。

Uシリアルのトリチウムじゃないのが1番安いかも知れませんが、長い目で見るならニックネームが付く個体をゲットしたいところ。

現行機の116500LN白文字盤も300万円以上なので、着けたいなら現行機の方をオススメしますが、「何か」に期待できるのはエルプリメロ搭載デイトナでしょうか。

それではまた。

 

2021年1月 ロレックス 人気モデルの相場をチェック!デイトナ イエローロレゾール 16523

2021年1月 ロレックス 人気モデルの相場をチェック!デイトナ 116520

ロレックス コスモグラフ・デイトナ Ref.16520 記事まとめ ZENMAI TOKYO

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)