【レビュー】ゼニス 51.2161.4047/75.C713 エル・プリメロ クロノマスター グランドデイト オープン 45mm

スポンサーリンク

ZENITH 51.2161.4047/75.C713 Chronomaster Grande Date Open Moon & Sunphases

2014年の新作としてゼニスからリリースされたエル・プリメロ クロノマスター グランドデイト オープンのコンビネーションモデル 51.2161.4047/75.C713。

45mmのラージケースに2枚のカレンダーディスクを使用したビッグデイト、機械部分を表からも覗きこめる10時位置のオープンワーク、サン&ムーン表示と多彩の機能を盛り込んだハイビートクロノグラフムーブメント エルプリメロ Cal.4047を搭載しています。

ケース素材はステンレススティールに、ローズゴールド製のリューズ・プッシュボタンを採用したちょこっとコンビネーション。

ブラウンカラーの文字盤とピンクゴールド製の針とインデックスも相まって、非常に上品で格好良い大人な1本となっていますね。

45mmは大きいけど、バランスよく配置されていてオシャレ。

こちらは51.2160.4047/01.C713。もっとゴールドを使用している豪華版。

同期には更にゴージャスなモデルや、スティールオンリーもラインナップされていました。

現在は生産終了。

Chrono24を覗いてみました。

最終の国内定価は1,485,000円でしたので、半額とまでは行きませんが結構お安いものも見つかりそう。

とにかくLVMHになってから定価が高いからね。

あまりクロノグラフは使わないと思いますが、デイト表示は便利なのでサラっとスーツに合わせましょう。

サンアンドムーンは「サン」と「ムーン」で別な動きをします。

午前午後の表示は明るさ暗さでわかりやすく、月の月例表示は2つの月で動きます。

※説明がヘタでスミマセン

まぁ、とにかく格好良いってことで(笑)

サイドビュー。

ちょっと厚めのケースに、大人な桃金プッシャーとリューズがセット。

厚み15.60mm。

こんもりとしたサファイアクリスタル風防も高級感があります。

ムーンディスク調整プッシュボタン。

シースルーバックからもエルプリメロ4047が覗けます。

表も裏もスケスケ。

このスターマークの振り子が格好良いですね。

ネジ留め式のケースバックで50m防水のドレス仕様ですね。

ダブルプッシュ式の脱着バックル。

クラウンと同じスターマークがバックルにも。

こんな感じで開きます。

寄ってみます。

スポンサーリンク

デイト表示が2枚のディスクなのがわかりますね。

心臓部が覗けるオープンワーク。

見てて飽きません。

月のディスクと後ろの昼夜表示ディスクは別物。

ただの24時間表記用だと思ってたら間違いです。

振り子のスターマーク。

エルプリメロ キャリバー4047。

ゼニスと言えば「★」です。

いかがでしょう?

うまい具合にピンクゴールドを使っているな~と言った印象です。

非常に格好良く素敵です。

これで40mmから42mm程度に抑えてあるともっと良かったのですが、大きいケースはトレンドですし、この機能を表現するには45mmがベストだったのでしょう。

多機能ゆえにメンテナンス費用も大変ですが、その分に見合った満足感もあると思います。

オススメ。

見て、好き!ってなった方には本当にオススメ。

間違いない。

それではまた!

【レビュー】ゼニス 03.2040.4061/69.C496 クロノマスター 1969 オープン エル・プリメロ 4061

【レビュー】ゼニス 51.2160.4047/01.C713 エルプリメロ クロノマスターオープン ムーン&サンフェイズ

【レビュー】ゼニス エル・プリメロ クロノマスターオープン パワーリザーブ 51.2080.4021/01.C494

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)