【レビュー】チューダー 79180 クロノタイム スティールベゼル+カマボコケース

スポンサーリンク

Tudor Rolex Oysterdate Big Block Chrono Ref. 79180

個人的に復刻待望論を掲げ続ける「ビッグブロック」縦目オイスタークロノグラフ「クロノタイム」。

1980年代後半から1990年代半ばに製造されており、時代的にはチューダーじゃなくて、チュードルです。

無骨なアプライドインデックス、マットブラックにレコード溝のあるシルバーインダイアル、道具感の強い鋼鉄のベゼル、分厚いオイスターケース。

ロレックス王冠のまぶしいリュウズ、3連オイスターブレスレット。

もう「渋すぎる」。渋い時期のロレックスの良い部分を引き継いでいます。

昨年12月にも同モデルをピックアップしましたが、格好良いので構わず続けていきます(笑)。

インスタグラムで「#79180」を検索すれば、オーナーたちが嬉々として投稿しているのがわかります。

見ているこっちも嬉しくなりますね、チューダー(チュードル)愛。

手巻きのデイトナと並べちゃう画像も人気があります。

似ている、たしかに似ている。

横にしたら手巻きデイトナ!

な・・・気もしないでもないです(笑)

Choro24を覗いてみましょう。

個人の方は安いけど、だいたい保証書無くても65万円以上しますね。

コレが安いのか高いのかは、数年後にわかるでしょう。

う~ん、格好良い。

昔は安かったから更に良かった。

最近はビンテージブームで、おまけにロレックスのスポーツモデルの高騰に併せて、グイグイきているクロノタイム。

ビッグブロック(カマボコ)ケースを更に大きく見せるこんもりプラ風防。

まつ毛つきのボンバーマン。

オイスターデイト。

このなんともツール的な雰囲気が素敵!

クロノグラフ針もシンプル。

小さい三角が最高・・・

トリチウムのTマーク。

アプライドの台形インデックス。

王冠トリプロックリューズ。

ケースバックにも王冠マーク。

フラッシュフィットナンバーは589。

ブレスレットは3連オイスターの78360、盾マークのシングルバックル。

バルジュー7750の安心感。

ゴツさもあり長く使えるセミビンテージとして良い選択です。

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

人気はプラベゼルの79160の方が上かも知れませんが、個人的にはスティールベゼルが大好きです。

傷やインク抜けなどの問題がありますけどね。

プラ風防、ロレックスパーツ、トリチウムを楽しめるセミビンテージ・クロノタイム。

60万円台なら、今なら即ゲットですね。

保証書付きなら70万円以上でしょう。

2年も前なら30万円くらいだったのにね。

チューダーウィークも今日でおしまい。

それではまた!

バーゼルワールド2019のチューダー新作はコレだ!第2弾(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2019

【レビュー】チューダー 94300 クロノタイム 初代ビッグブロック オイスターデイト クロノグラフ

【レビュー】チュードル 79180 クロノタイム カマボコケース シルバーパンダダイヤル

【レビュー】チュードル 79160 クロノタイム シルバー×ブラック”パンダ”ダイヤル

【レビュー】チュードル 人気ナンバー1 クロノタイム Ref.79160 黒文字盤 カマボコケース

【レビュー】チュードル 79170 チューダークロノグラフ クロノタイム 回転ベゼル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)