【レビュー】ゼニス 51.2160.4047/01.C713 エルプリメロ クロノマスターオープン ムーン&サンフェイズ

Zenith EL PRIMERO CHRONOMASTER GRANDE DATE Moon Sunphase Ref. 51.2160.4047/01.C713.

LVMHグループのハイエンドタイムピース部門にラインナップされるゼニス。

以前のZENITHは機械屋さんのイメージで武骨なクロノグラフを作るメーカーでしたが、1999年にはLVMH傘下となり「エルプリメロ」のブランド力引き上げに成功。

ラグジュアリーウォッチの仲間入りです。

2-30万円で買えていたエルプリメロ搭載のクロノグラフも、今は昔。

今回ピックアップする51.2160.4047/01.C713の国内定価は1,674,000円。

幾らゴールドとのコンビネーションモデルでも超高級品・・・

でも確かに格好良さも高級感もありますね。

ローズゴールドが程よく上品さを醸し出しています。

あぁ、サンレイシルバーダイヤルもね。

 

こちら今年の新作。

ついにフルオープンになっちゃった(笑)

文字盤は透明なサファイアクリスタル。

CHRONOMASTER:EL PRIMERO GRANDE DATE FULL OPEN – 45mm

51.2530.4047/78.C810

伝説のエル・プリメロムーブメントの心臓部が見えるオープンデザイン
シリコン製のアンクルとガンギ車
ビッグデイト表示付き自動巻エル・プリメロコラムホイールクロノグラフ
¥1,404,000(税込)

クロノマスターオープンは2003年に誕生。

当時のCEOだったティエリー・ナタフ氏の奇作。

なんと言ってもこのクロノマスターオープンの特徴は「ムーン&サンフェイズ」です。

あまり聞き馴染みのない機能ですが、「天空の動きは、59日(2回の月齢サイクル)で1回転するムーンディスクと、24時間で1回転するデイ/ナイトディスクの2つの重なったディスクで表示されます。」と、この画像だとわかりにくいですけど「ムーンディスク(この画像だとほとんど月の形が無くなっています)」と「デイ&ナイトディスク」が重なっているんですね。

オープン部分からはハイビートムーブメント「エル・プリメロ 4047」が覗けます。

動画もあまり「ムーン&サンフェイズ」について触れていませんね。

クラウンとプッシャーはローズゴールド製。

クラウントップにはスターマーク。

クラウンガードの無いクラシカルなスタイル。

ケース径45mm/厚み15.60mm

シースルーバックからもエルプリメロ4047が。

このスターマークの振り子が格好良いですね。

ネジ留め式のケースバックで50m防水のドレス仕様ですね。

ラバープロテクトされたアリゲーターストラップ。

防汗対策。良いですね。

トリプル・フォールディング・バックルです。

ムーンディスク調整プッシュピン。

マニュファクチュール・ゼニスの文字。

ゼニスは2年保証ですが、最近はサイトにシリアルを登録すると1年延長するようです。

長期保証を謳うメーカーが増えてきましたね。

その分定価も上がりますので何だかなぁ・・・

いかがでしょう?

生産終了モデルなんですが、とてもキレイでしょ?

今年の新作はなんか凄いことになっちゃっていますので、こちらの方が紳士的。

45mmとちょっと大きいのがね、アレなんですけど素敵です。

コレ良いなぁ~。

【レビュー】ゼニス エル・プリメロ クロノマスターオープン パワーリザーブ 51.2080.4021/01.C494

【レビュー】ゼニス クロノマスタ-T トリプルカレンダームーンフェイズ 01.0240.410

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)