【レビュー】セイコー プロスペックス ダイバースキューバ ヒストリカルコレクション 国産ファーストダイバーズ 復刻デザイン SBDX019

Seiko’s first ever diver’s watch is re-born in Prospex

いや~昨夜の日本代表戦(ワールドカップ初戦)はハラハラドキドキでしたね。

さて、このブログ2回目となるセイコーファーストダイバー復刻モデルSBDX019。

昨年2017年に2000本限定でリリースされ一気に人気モデルとなりました。

国内定価は350,000円+税でしたが現在は40万円以上のプレミアム価格で取引されています。

40mmのサイズ感、値ごろ感、ヴィンテージ感がうまくセイコーダイバーファンにフィットしたのでしょうね。

前回すでにレビューはしちゃったので、今回はラバーストラップに交換してみます。

ブレスレットよりラバーストラップの方がオリジナルっぽいのですが、スーツなどにも合わせるならブレスレットを選択しますね。

うん、深みのあるグレーダイヤルが格好良い。

名作ですね。

ルミブライト夜光だな。

バックル。

さて、それではブレスレットを外してみます。

バネ棒は簡単に外せます。

バネ棒はずしはダイソーでも売ってたりしますね。何でもあるな。

ラバーストラップを着けていきます。

ケース周りを傷つけないようにフチが丸くなっています。

こう言った優しさはグッドポイント。

ブレスレットの先端表面(接地面)の仕上げはあまりキレイじゃありません。

スクリュー式のケースバック。

防水は150m。

2000本限定の刻印がありますね。

イルカちゃん。

どうでしょう?

ラバーストラップの方が、しっくりくるな。

良い感じです。

でもね、ちょっと長すぎます。

尾錠はいたってシンプル。

コスト的にここが限界でしょう。

スティールブレスレットと・・・

ラバーストラップ。

見た目はスティールの方が良いかな?なんて思いますけど、セイコーダイバーだからね、やっぱりラバーかな。

フィット感も良いし、キャンプに海に活躍が約束されています。

いかがでしょうか?

ストラップ交換も含め、色々な楽しみ方ができるセイコーダイバー復刻ファーストモデルSBDX019。

プロスペックスなんで仕上げとかにはあまり期待しませんが、40万円以下のダイバーズウォッチとしては充分に格好良く、プレミアム感もヴィンテージ感もあり満足度は高いですね。

さすがにロレックスのサブマリーナーは買える価格帯ではありませんが、オメガのシーマスターあたりとはバッティングします。

ダイバーズウォッチが欲しいな~なんて思っている方の選択肢に入れてもらえるとSBDX019も喜びます。

もう新品を定価で買えるチャンスは無いかも知れませんが、アフターマーケットも見据え夏のボーナスのターゲットにしてみても良いのではないでしょうか?

オススメです。(いつかもっとプレミアム価格になっているかも知れません)

それではまた!

 

【レビュー】セイコー ファーストダイバー SBDX019 プロスペックス ダイバースキューバ

セイコー ファーストダイバーズウォッチは、プロスペックスで復刻 SBDX019 SLA017 バーゼルワールド2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)