【レビュー】ロレックス 116610LV ただいま高騰中のグリーンサブマリーナー

THE ARCHETYPE OF THE DIVER’S WATCH  THE SUBMARINER

レビュー2回目の登場「グリーンサブ」こと現行機116610LV。

何故かこのところ物凄い値動きをしているのです。

今回は116610LVの相場と、新しいタイプのギャランティカードを見ていきましょう。

【レビュー】ロレックス グリーン サブマリーナー 116610LV 翠玉色の潜水士

※↑前回のレビューも併せてご覧ください。

ROLEX 116610LV

はい、2010年にリリースされたグリーンサブ116610LV。

国内定価928,800円です。

夏前にレビューした時には100万円ちょいアップのプチ・プレミアムモデルだったのです。

それが、ドン!

この右肩上がりのグラフ。

上がり過ぎでしょ?

何なんだ?

昨年の8月頃と比べてら40万円くらい上がっています。

40万円ですよ?オメガ1本買えちゃう、中古のエクスプローラー1買えちゃう・・・

昨年の夏に新品で買っていた方、今中古で売っても儲かっちゃう・・・なんだこれ?

凄いな。

着けて楽しんだのに、10万円くらい儲かっちゃう。

お金貰って時計着けてたみたいな。

2017.10.21の並行新品最安値は、かめ吉で138万円をちょっと切る感じです。

また次回116610LVが出てくるころにはまた相場を比べてみましょう。

#ボンバーマンの日

だそうです(笑)

2015年後半にはこの梨地プレートが、鏡面仕上げに変わります。

グライドロック(Glidelock)システムブレスレット。

これ本当に便利ですね。

こんな感じで持ち上げてググググ~と動かして、カシャ!です。

サイズ変更の微調整用ですね。

本来ウェットスーツやダイビングスーツ着用時のシステムなんですが、こんな高額な時計でバチャバチャ水に入るわけありませんので、ちょっと太ったな、ちょっと痩せたかな?みたいな時に工具無しで調整するのが1番多いシーンでしょう。

いいですねぇ。

海外では”ハルク”と呼ばれる、深いグリーンカラー。

スマホのライトを充てて~

暗いとこ・・・暗くないな(笑)

ぼんやりブルーに輝くクロマライト夜光。

GREEN DIAL

インデックスのフチは18Kホワイトゴールド製。

贅沢。

近づくとグリーンカラーに見えません。

いや~格好良いな。

次は新しいタイプの保証書/ギャランティカードを見てみましょう。

ゴールド/グリーン/ホワイトの3カラー構成。

どんな意味があるのかな?

ゴールドがゴージャスさ、グリーンはコーポレートカラー、ホワイトは誠実さとかですかね?

裏面。

クレジットカード大のサイズですが、磁気テープではなくゴールドカラーは偽造防止かな。

410は日本の割り当て。

正規販売元はレキシア。

日本で買うと個人名が入りますね。

渡辺謙とか木村拓哉とかハガキに記載しても大丈夫なのかな?

最後は購入日です。

海外は手書きとかあって怪しいですが日本はしっかり印字タイプ。

   

緑の線に見えるのですが、よ~く見るとROLEX INTERNATIONALと書かれています。

保証書にもコピーがあるんでしょうね。かなり細かい仕上がり。

細かいところまで印字がしっかりしていますね。

ロレックスほどコピーされるメーカーもありません。

常に戦って上に行かないといけません。

いかがでしょう?

グリーンカラーのサブマリーナー。

もう流石にコレ以上は上がらないと思いますが、長い目で見ればいつか無くなり稀少性が増すかもしれません。

新キャリバーも徐々に広がるはずですので、製造は後何年かな?

それでは!

ロレックス サブマリーナー 16610LV M番 2008(息子のバースイヤーウォッチ)

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)