【レビュー】ロレックス 116503 デイトナ イエローロレゾール 余ったベゼルを使わされてる新作モデル

ROLEX 116503 Cosmograph Daytona watch in Yellow Rolesor

2016年にベゼルデザインが変更になったイエロー(YG)ロレゾール・デイトナ116503。

国内定価1,749,600円は変わりませんでした。

バーゼルワールド2016では、新型セラクロムベゼルのデイトナ116500LNが誕生し話題を集めます。

また会場では金無垢YGの116508、WGの116509がリニューアル(ベゼルデザイン変更)し発表がありました。

しかしバーゼルの会場では116503の発表は無かった・・・

116508のインパクトが無くなっちゃうからだと思ってました。

が、2017年のバーゼルでセラクロム・オイスターフレックスの金無垢デイトナが発表され気付きました。

あ・・・これ116518のベゼルの使い回しだったんだ・・・

116518LNが目立つために突然に116518(レザーとゴールドベゼル・ケース)が生産終了になりました。

そうなると製造してしまった116518のベゼルが余っちゃいますね。

えぇ、そういうことです。

ロレックスとしても、デイトナファンにとっても、まぁいいか・・・くらいの微妙なマイナーチェンジ。

正直ね、どっちでも良かったです。

定価が上がらなかったから、誰も文句言いません。

シルエットも116523と同じです。

イエローゴールド無垢のトリプロックリューズ。

最近はイエローロレゾールのスポーツモデルも良いなぁなんて思うのです。

前は中途半端なモデルだと思っていましたが、40代になると悪くないなぁ~なんて。

ロレックスはケースバックが本当にシンプル。

シードゥエラーやミルガウスくらいですかね、何か書いてあるのは。

微調整可能なイージーリンクとエクステンションパーツ。

こちらは旧型の116523です。

ベゼルデザイン以外は変わりませんね。

ダイヤルバリエーションはそのまま引き継がれています。

白文字盤にゴールドアイ。

爽やか。

ベゼルデザインもフォントが太くなり▲が目立つしね、ちょっとアピール強くなっています。

116500LNや116520が高すぎるので定価が高い116503の方がお得です。

いつか出るのか?わかりませんがロレゾールにセラクロムベゼルがセットされたら無くなっちゃうかもね。

無くならないでしょうけど(ドッチだよ)

では!

【レビュー】ロレックス “パンダ” デイトナ 116523 ロレゾール

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)