【レビュー】ロレックス コスモグラフ デイトナ 16520 U番 白文字盤

ROLEX COSMOGRAPH DAYTONA Ref.16520

ゼニス社のエル・プリメロベースのCal.4030を搭載したデイトナ Ref.16520は2000年に生産終了となり、P番シリアル(中でもP3番)が最終としてとても人気が高くなっています。

その前のシリアルはA番、フラッシュフィットパーツがブレスレットと一体化したNo.78390Aとトリチウム夜光からルミノヴァ夜光に切り替わるタイミングです。

そして今回レビューするのは、その1つ前「U番」のデイトナ 16520です。

トリチウム夜光で高年式を探すなら「U番」一択でしょう。

ロレックス デイトナ16520が時計ショップから姿を消した!2016.06

こちらの記事は2016年の6月ですが、最近の16520の値上がり方は異常です。

U番の保証書ありは白文字盤で138~148万円くらいでしたが、2017年の5月現在178万円程度になっています。

光りませんし焼けは見られないトリチウムダイヤル。

19年前に販売された個体です。

引き締まったフェイス、武骨なインデックス。格好良い。

こちらはP番。

P1番なのでP番の中では価値は低めですが、ベゼルの済抜けの無い黒文字盤で保証書ありは今後価値が上がっていくでしょうね。

2017年現在の販売相場は・・・まぁあってないようなものですが300万円程度まで上がっています。

P番と言われなければ、まぁ普通の16520ですけど。

 (26354)

こちらはA番。A7番

 (96260)

で、A9番。

昨年6月には168万円だったA番黒文字盤保証書ありも、昨年末には189万円の値が付きました。

【レビュー】ロレックス デイトナ 16520 ブラウンアイ”パトリッツィ”

16520のレア個体の保証書アリは、どんどこ相場上げを続けることでしょう。

W番 パトリッツィ 正6

W番のパトリッツィ。

 (93685)

X番の逆さ6で、やや茶色く変色した個体。

出回る個体が減っているので、良い個体も必然的に出会いことが難しくなってきています。

U番あたりなら、まだ見つかるかも知れませんよ。

では、ずいぶん前置きが長くなりましたが今回のレビューは16520の白文字盤です。

16520は黒7:白3くらいの人気でしょうか。

圧倒的に「黒」が欲しい方が多かった印象です。

116500LNでは逆転しますが、やはり黒文字盤人気は116520でも続いていました。

19年前の製造ですがケース痩せの無い非常に良い状態。

画像じゃ見づらいですが、フラッシュフィットパーツが分離しています。

そしてケースとの隙間が・・・

ベゼルの10時方向。

やや墨抜けが起きていますね。

クラスプコードはZ。

1997年ころの製造かと思われます。

[DATABASE] ロレックス シリアル番号とクラスプコード

白も良いですねぇ。

はっきりとした表情。

視認性も良く、116500LN人気に便乗して白文字盤人気になることもあるかもしれません。

黒文字盤より比較的安く購入できる白文字盤のエルプリメロ・デイトナ。

探してみては、いかがでしょうか???

デイトナ定価推移 1996~2016年 20年間デイトナを買い続けて売ったら投資になるかな?

いつか400万円になる16520と116520の旧デイトナ

ロレックス 全歴代 コスモグラフ デイトナ 歴史と愛蔵ファイル

ポーセリンかパトリッツィダイヤルの16520を買った方が良い「ロレックス投資」


#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)