【レビュー】ロレックス デイトナ 116515LN エバーローズゴールド×ピンクパンダ

ROLEX DAYTONA 116515LN PINK PANDA

エバーローズゴールド無垢ケースにクロコダイルストラップのデイトナは生産終了となりました。

116515LNのリファレンスはオイスターフレックスストラップに切り替わっております。

【レビュー】ロレックス 116515LN エバーローズゴールド デイトナ “chocolat”” chocolate”

さて、今回はその生産終了モデルから人気のチョコレートダイヤルではなく、ピンクカラーのダイヤルに黒のインダイヤル「ピンクパンダ」をフューチャーしてみようかと思います。

2017年の今年の新作スリーカラーデイトナは皆「パンダ」仕様を強く前面に押し出しておりますが、エバーローズゴールド無垢デイトナには以前から存在していましたね。

うむうむ、なかなか良い感じでしょ?

クロコダイルストラップにはクロコダイルストラップの良さがあります。

オイスターフレックスの方がスポーティで長持ちで水にも強いですが、スーツスタイルにはレザーの方がフィットします。

セラクロムベゼルって本当にデイトナをワンランク上げましたよね!

キズ、耐久性、コントラスト、デザイン、どれをとってもマイナス面が思いつかない。

今年の新作の金無垢ラバーのデイトナには「パンダダイヤル」を採用していますが、先に搭載したエバーローズゴールドで人気があったからかも知れません。

最近の流行りだしね。

やはりレザーストラップはシックで良い感じ。

今年からレザーストラップモデルは生産終了になってしまいましたが、しばらくしたら選択できるようにするのでしょうか。

今はオイスターフレックスの印象付け期間ですのでね仕方ありません。

オイスターフレックス版のおかげでしょうか?

200万円ちょっとだった旧116515LN(レザー)の中古相場がじんわり上がっています。

だいたい250万円くらいかな?

新品の116515LNオイスターフレックスが300万円くらいなので、まだ差はあるんですけど。

交換が頻繁なレザーよりスポーティで耐久性のあるオイスターフレックス(ラバー)の方が便利ですが、レザーにはレザーの良さがあります。

最近では内側にラバーを貼り持ちを良くしたレザーが主流になりつつありますね。

中央のポリッシュド部位は高級感が増しますが「スレ」が目立ちます。

確かにピンクゴールドは肌の色に近いですね。

金無垢やプラチナ、宝飾モデルまで網羅するデイトナのバリエーションは非常に多く、見たことない文字盤も結構あります。

皆さんは幾つ知っていますか?

値段で10倍違うチュードルのブラックベイとパシャ。

次回はこのモデルをフューチャーします。

いかがでしょうか?

ピンクパンダ仕様の116515LNデイトナ・レザーストラップ版。

メリハリのあるコントラストが非常に好印象なダイヤルです。

無駄のないバーインデックスと言い文句のつけようがありません。

スティールタイプのデイトナでは味わえないデザインと高級感。

4桁時代のトロピカルな雰囲気も醸し出しつつ、最先端の技術の結晶です。

最後のデイトナに選んでも良いくらい、素敵なモデルですね。

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)