【レビュー】ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI スティックダイヤル

スティックダイヤルの魅力 実際どうなの?ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI

5桁GMTマスターⅡ Ref.16710のレアモデル「スティックダイヤル」。

ほんの些細な違いなんですがマニアには嬉しいバリエーションです。

もしかしたらご自分のGMTマスターもそうかもね?

気付いていない方も多いレア文字盤。

ご覧ください。

ROLEX GMT MASTER 16710 STICK DIAL

 (93644)
前回ご紹介したGMTマスター(Ⅰ)Ref.16700に続き、今回はGMTマスターⅡ Ref.16710のちょっと珍しい文字盤「スティック・ダイヤル」です。
 (93651)
スティックダイヤルとは、何だろう?
ウォッチモンスターの読者の方ならご存知でしょうけど、一応説明しておきますね。GMT-MASTER IIの「2(ツー)」の部分が、「工工」ではなく「 I I 」になっているのです。
Dシリアル(2005年)、Zシリアル(2006年)、Mシリアル(2007-08年)の個体に見受けられるバリエーションですね。

 (94001)
これが、ノーマルの2です。
違いがわかりますか???
Ⅱの上下に横棒が付いています。
 (94004)

どうでしょう?

棒が2本立っています。
棒・・・スティック・・・と呼ばれる由来ですね。

他にもレクタンギュラーなる横棒が非常に短く「四角」っぽい「2(Ⅱ)」の個体もあります。

 (93653)
通常の2で、保証書付きの赤青ペプシベゼル16710の中古販売相場が70万円前後に対し、スティックダイヤルの同条件の個体は100万円ちかい値がつけられます!
 (93652)
こちらはD番ですね。
意外にちらほらスティックダイヤルは存在しています。
当時はそこまでレアと言うこともなかったのですが、生産終了と共に人気の出たGMTマスター2の中でも数少ないバリエーションとしてプレミアム化してきました。Dからスティック文字盤が誕生しています。
Z-Mとなってもルーレット刻印は16710にはありませんね。
Zの途中からムーブメントが変わっちゃいました(現行機116710に使用されているCal.3186)。
3186が搭載された16710は非常に珍しいのです。

この個体はまぁまぁ普通のDスティックなのでプレミアム過ぎない、でも普通より高い感じです。
惜しいヤツですね。
カフェのイケメン店員くらいの・・・芸能人クラスではないけれど「街のイケメン」みたいな。

 (93655)
冊子の日付は2006年11月。
プレミアム個体は、冊子の日付も大事。
ロレックスのプレミアムモデルは「時計」ではなく、コレクションアイテムですね。
 (93658)
16710のMシリアル スティック Cal.3186 未使用 ペプシベゼルなんて言ったらすでに相場は200万円(笑)
誰が買うのか知りませんが、そんな値が付いて売られています。
シードゥエラーのV番も同じです。どちらも現役時代は悲しい待遇でしたからね。
当時買っていて「儲かっちゃった」人がいるのではないですか?

今悲しいのはヨットマスターのプラチナ文字盤と、エクスプローラー2ですね。
いつか「儲かっちゃう」日が来るかもしれません。

 (93659)
GMTマスターⅡの人気はいつまで続くでしょう?
現行機にペプシカラーがリリースされたら、少しは落ち着くかな?
 (93660)

自分で曲げて調整した旧バックル。

20代のロレックスオーナーは知らないかもね。

 (93676)

非常に個性があって良いモデルです。

20万円台で売っていた頃が懐かしい。
誰も見向きもしなかったのに・・・

 (93671)
GMT針の「赤」が効いています。
 (93664)
「11(ジュウイチ)」にも見えることから「eleven」のニックネームも付いているそうです。
 (93665)
夜光はルミノヴァ。

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/OfozW

ロレックス 全歴代 GMTマスターI・II 歴史と愛蔵ファイル

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 トロピカルダイヤル

【レビュー】GMTマスター Ref.16758 18金無垢モデル 1980年代

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.16700

 

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)