【レビュー】ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI スティックダイヤル

GMT MASTER
スポンサーリンク

スティックダイヤルの魅力 実際どうなの?ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI

5桁GMTマスターⅡ Ref.16710のレアモデル「スティックダイヤル」。

ほんの些細な違いなんですがマニアには嬉しいバリエーションです。

もしかしたらご自分のGMTマスターもそうかもね?

気付いていない方も多いレア文字盤。

ご覧ください。

ROLEX GMT MASTER 16710 STICK DIAL

 (93644)
前回ご紹介したGMTマスター(Ⅰ)Ref.16700に続き、今回はGMTマスターⅡ Ref.16710のちょっと珍しい文字盤「スティック・ダイヤル」です。
 (93651)
スティックダイヤルとは、何だろう?
ウォッチモンスターの読者の方ならご存知でしょうけど、一応説明しておきますね。GMT-MASTER IIの「2(ツー)」の部分が、「工工」ではなく「 I I 」になっているのです。
Dシリアル(2005年)、Zシリアル(2006年)、Mシリアル(2007-08年)の個体に見受けられるバリエーションですね。
 (94001)
これが、ノーマルの2です。
違いがわかりますか???
Ⅱの上下に横棒が付いています。
 (94004)

どうでしょう?

棒が2本立っています。
棒・・・スティック・・・と呼ばれる由来ですね。

他にもレクタンギュラーなる横棒が非常に短く「四角」っぽい「2(Ⅱ)」の個体もあります。

スポンサーリンク
 (93653)
通常の2で、保証書付きの赤青ペプシベゼル16710の中古販売相場が70万円前後に対し、スティックダイヤルの同条件の個体は100万円ちかい値がつけられます!
 (93652)
こちらはD番ですね。
意外にちらほらスティックダイヤルは存在しています。
当時はそこまでレアと言うこともなかったのですが、生産終了と共に人気の出たGMTマスター2の中でも数少ないバリエーションとしてプレミアム化してきました。Dからスティック文字盤が誕生しています。
Z-Mとなってもルーレット刻印は16710にはありませんね。
Zの途中からムーブメントが変わっちゃいました(現行機116710に使用されているCal.3186)。
3186が搭載された16710は非常に珍しいのです。この個体はまぁまぁ普通のDスティックなのでプレミアム過ぎない、でも普通より高い感じです。
惜しいヤツですね。
カフェのイケメン店員くらいの・・・芸能人クラスではないけれど「街のイケメン」みたいな。
 (93655)
冊子の日付は2006年11月。
プレミアム個体は、冊子の日付も大事。
ロレックスのプレミアムモデルは「時計」ではなく、コレクションアイテムですね。
 (93658)
16710のMシリアル スティック Cal.3186 未使用 ペプシベゼルなんて言ったらすでに相場は200万円(笑)
誰が買うのか知りませんが、そんな値が付いて売られています。
シードゥエラーのV番も同じです。どちらも現役時代は悲しい待遇でしたからね。
当時買っていて「儲かっちゃった」人がいるのではないですか?今悲しいのはヨットマスターのプラチナ文字盤と、エクスプローラー2ですね。
いつか「儲かっちゃう」日が来るかもしれません。
 (93659)
GMTマスターⅡの人気はいつまで続くでしょう?
現行機にペプシカラーがリリースされたら、少しは落ち着くかな?
 (93660)

自分で曲げて調整した旧バックル。

20代のロレックスオーナーは知らないかもね。

 (93676)

非常に個性があって良いモデルです。

20万円台で売っていた頃が懐かしい。
誰も見向きもしなかったのに・・・

 (93671)
GMT針の「赤」が効いています。
 (93664)
「11(ジュウイチ)」にも見えることから「eleven」のニックネームも付いているそうです。
 (93665)
夜光はルミノヴァ。

続きはこちらから

https://watch-monster.com/articles/OfozW

ロレックス 全歴代 GMTマスターI・II 歴史と愛蔵ファイル
ロレックス「全歴代GMTマスターI・II愛蔵ファイル」Ref.6542からRef.116710BLNR まで【完全網羅】 2000年頃までは日本ではあまり人気のなかったGMTマスター。 パイロットのための機能と、ひと目でロレックスと...
【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 トロピカルダイヤル
ROLEX GMT MASTER 1675 今回はロレックスの人気モデル GMTマスター 第2世代 Ref.1675をレビューしていきます。 40mm 50m防水 デイト付きムーブメントCal.1570 プラスチック風防、ベゼ...
【レビュー】GMTマスター Ref.16758 18金無垢モデル 1980年代
1984年製造のGMTマスター Ref.16758 18金無垢の魅力~Vintage Gold~ 今回は金無垢のロレックスを見ていこうと思います。 80年代のセミ・ビンテージGMTマスター 型番は16758。 第3世代のモデル...
【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.16700
実際どうなの?ロレックス レビュー Ref.16700 GMTマスターの魅力を再考する シリーズ自体が生産終了になったGMTマスターの「1」。 新世紀には「2」のみのラインアップに変わってしまいましたが、「1」の方が使いやすかったよ...

#ZENMAIのココ東京

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

  1. ROLEXの記事を興味深く拝見させて頂きました。
    2000年頃にGMTⅡを購入する時、Explorer1か悩んだのですが、
    結局どちらが良かったのか不明です。
    普段は当たり障りのない、16234を使っています。

    • ZENMAI より:

      薄い~内容で申し訳ございません。2000年頃にGMTマスターⅡを選ばれたのはナイスセンスですね。当時人気無かったので私には無理でした・・・。今思うと何でも安かったですね当時は。

タイトルとURLをコピーしました