ロレックス 新作発表前?に現行機を記録しておくページ(2020.08.31)

スポンサーリンク

Don’t forget me, even with new Rolex products.

いよいよ、明日9/1には新作情報が発表されます(おそらく夕方)。

場合によってはホームページの情報が書き換えられ、旧モデルのページが閲覧できない状態になる可能性がありますね。

と、言うことでZENMAI的な予想の元、データが見られなくなっちゃいそうなモデルを先にアーカイブ的に残しておこうと言う記事です。

2020年8月現在では、皆さんご存知のことばかりですが、5年10年経った頃に見たら「懐かしい」とか「そうだったね」みたいなページになるはずです。

そして9/1にはまったく違うものが消えちゃっているかも知れませんが、それは残念!と言うことで(笑)

全データを拾う技術がないのでスミマセン。

昨年の記事は無くなってしまったGMTマスターIIとヨットマスターの画像とスペックを確保!

いつかのためにね。


サブマリーナー デイト

 

仕様
リファレンス 116610LN

ケース オイスター、40 mm、オイスタースチール
構造 モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 40 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル 60 分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはプラチナコーティング
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性能 300m/1,000フィート防水

ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー 3135、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。瞬時に変わる日付表示、日付の早送り機能付き。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
自動巻 パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間

ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット 素材 オイスタースチール
クラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、 ロレックスグライドロック エクステンション システム

ダイアル ブラック
その他
クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、 ケーシング後にロレックス認定)

リファレンス116610LV

同上。

116610LN 定価 943,800円(税込)
116610LV 定価 987,800円(税込)

 

 

リファレンス 116613LN

ケース オイスター、40 mm、オイスタースチール&イエローゴールド
構造 モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 40 mm
素材 イエローロレゾール – オイスタースチール&18 ct イエローゴールド
ベゼル 60分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはゴールドコーティング
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性能 300m/1,000フィート防水

ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー 3135、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。瞬時に変わる日付表示、日付の早送り機能付き。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
自動巻 パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間

ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット 素材 イエロー ロレゾール – オイスタースチール&18 ct イエローゴールド
クラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、 ロレックスグライドロック エクステンション システム

ダイアル ブラック
その他
クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、 ケーシング後にロレックス認定)

リファレンス 116613LB

同上。

116613LN 定価 1,487,200円(税込)
116613LB 定価 1,487,200円(税込)

 

リファレンス 116618LN

ケース オイスター、40 mm、イエローゴールド
構造 モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 40 mm
素材 18 ct イエローゴールド
ベゼル 60分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはゴールドコーティング
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性能 300m/1,000フィート防水

ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー 3135、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。瞬時に変わる日付表示、日付の早送り機能付き。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
自動巻 パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間

ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット 素材 18 ct イエローゴールド
クラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、 ロレックスグライドロック エクステンション システム

ダイアル ブラック
その他 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、 ケーシング後にロレックス認定)

 

リファレンス 116618LB

同上。

116618LN 定価 3,774,100円(税込)
116618LB 定価 3,774,100円(税込)

 

リファレンス 116619LB

ケース オイスター、40 mm、ホワイトゴールド
構造 モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 40 mm
素材 18 ct ホワイトゴールド
ベゼル 60 分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはプラチナコーティング
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性能 300m/1,000フィート防水

ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー 3135、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。瞬時に変わる日付表示、日付の早送り機能付き。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
自動巻 パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット 素材 18 ct ホワイトゴールド
クラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、 ロレックスグライドロック エクステンション システム

ダイアル ブルー
その他 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、 ケーシング後にロレックス認定)

116619LB 定価 4,062,300円(税込)

 

王冠なしのサブマリーナーデイトはコレで見納めかも知れません。

RPRのリークによると41mmにサイズアップし、黒文字盤のグリーンサブが出るとのこと。

グリーンカラーの文字盤が好みの方は116610LVを重宝するでしょう。

41mmか~。

 


サブマリーナー

リファレンス 114060

モデルケース オイスター、40 mm、オイスタースチール
モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 40 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル 60 分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはプラチナコーティング
リューズ スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア
耐水性 300m/1,000フィート防水
ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー 3130、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
巻上げ パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材 オイスタースチール
オイスターロッククラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、 ロレックスグライドロック エクステンション システム

ダイアル ブラック
詳細 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

114060 国内定価832,700円

 

ここへきて、ノーデイトも新作候補に躍り出ています。

OUT OF THE BLUEは「突然」の意。

本当に突然店頭に並ぶかも知れません(7/1のように)

 


エクスプローラーI

リファレンス 214270

モデルケース オイスター、39 mm、オイスタースチール
モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 39 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル スムース
リューズ スクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア
耐水性 100 m/330 フィート防水

ムーブメント
パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー3132、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
巻上げ パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材 オイスタースチール
オイスターロッククラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、イージーリンク(約 5 mmのエクステンションリンク)

ダイアル ブラック
詳細 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

214270 国内定価 687,500円

 

私的にはこちらも新作候補の一角と踏んでいます。

スポンサーリンク

 


エクスプローラーII

リファレンス 216570
モデルケース オイスター、42 mm、オイスタースチール
モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 42 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル 固定式、24時間目盛り入り
リューズ スクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
耐水性 100 m/330 フィート防水

ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー3187、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 時針、分針、秒針。24時間表示。第2タイムゾーン表示、独立した時針で迅速に設定。瞬時に変わる日付表示。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
巻上げ パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材 オイスタースチール
オイスターロッククラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、イージーリンク(約 5 mmのエクステンションリンク)

ダイアル ブラック/ホワイト
詳細 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

216570 国内定価875,600円

 

エクスプローラーIIは2021年が50周年なので今年じゃないと思います。

 


ミルガウス

リファレンス 116400GV
モデルケース オイスター、40 mm、オイスタースチール
モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 40 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル スムース
リューズ スクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)
クリスタル グリーンサファイア、傷防止
耐水性 100 m/330 フィート防水
ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻、ムーブメントを保護する磁気シールド
キャリバー 3131、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
巻上げ パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材 オイスタースチール
オイスターロッククラスプ オイスタークラスプ、 イージーリンク(約5 mmのエクステンションリンク)

ダイアル Z ブルー/ブラック
詳細 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

116400GV 国内定価876,700円

 


エアキング

仕様
リファレンス 116900

モデルケース オイスター、40 mm、オイスタースチール
モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 40 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル スムース
リューズ スクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア
耐水性 100 m/330 フィート防水
ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻、ムーブメントを保護する磁気シールド
キャリバー 3131、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
巻上げ パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材 オイスタースチール
オイスターロッククラスプ オイスタークラスプ、 イージーリンク(約5 mmのエクステンションリンク)
ダイアル ブラック
詳細 クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

116900 国内定価676,500円

 

ミルガウスとエアキングはエクスプローラーIより後だと見ています。

 


オイスター パーペチュアル 34

 

リファレンス 114200

モデルケース
オイスター、34 mm、オイスタースチール
モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ
直径 34 mm
素材 オイスタースチール
ベゼル ドーム
リューズ スクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)
クリスタル 傷防止サファイア
耐水性 100 m/330 フィート防水
ムーブメント パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー 3130、ロレックスによる完全自社製造
精度 日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)
機能 中央に時針、分針、秒針。秒針停止機能による正確な時刻設定
振動子 耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
巻上げ パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ 約 48 時間
ブレスレット オイスター(3 列リンク)
ブレスレット素材 オイスタースチール
オイスターロッククラスプ オイスタークラスプ
認定 高精度クロノメーター (COSC、ケーシング後にロレックス認定)

114200 国内定価532,400円

 


8/30中野ブロードウェイ かめ吉 並行新品相場

 

8/30中野ブロードウェイ ジャックロード 並行新品相場

ジャックロードさんは、ほとんど新品の在庫がありませんでした。

 

いよいよです。

最後にサブマリーナーページをスクショしておきましょう。

それではまた!

ROLEX(ロレックス)新作モデル ティザームービー開始!#ロレックス2020

ロレックス #バーゼルワールド2019 新作発表前に現行機を記録しておくページ(2019.03.19)

バーゼルワールド2020のロレックス新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2020

RPR ロレックスパッションレポートのロレックス2020年新作 大予想!の画像を見る

スポンサーリンク
SNS Share

【2020年印のサブマリーナー】最後の駆け込み!からの、時すでに遅し。9月まで在庫はストックルームへ

スポンサーリンク

Stock in stockroom

ロレックスより匂わせ投稿(ティザームービー)があったものですから、「買い急ぐ方」と「9月の発表まで寝かせたい店舗」との戦いがあったのだろうと勝手に想像しています。

勘の良い方は1週間前にティザームービーが流れるだろうと踏んで、その前にサブマリーナーに唾を付けていたんでしょう。

先に何本も買っちゃってるかも知れません。

クレジットカードで買っちゃえば、「発表後の値上がり」後に手放すことで、1円も使わずに「回す」ことも可能ですからね~。

一か八かではありますが、転売屋さんなんかは確率の高い「勘」に頼る方も多いはずです。

知らんけど。

 

ですが、まぁロレックスの販売店舗(正規店じゃない)は毎年のことなので、駆け込みで買いに来ることは重々承知。

上がりますよ~とか言いながら売りつけるのは発表1週間前よりもうちょっと前まで。

発表前になりましたら「上がるかも」知れないモデルは早々に倉庫に隠しちゃうのです。

数日後には売価が上がる「かも」知れませんからね。

下がることも0じゃありませんが、新作が出なくともほとんどその可能性は無いでしょう。

それを証明するように「値段が跳ねそう」な「2020年印(最後の年)」のサブマリーナーが姿を消しています。

2019年印の個体はチラホラ残ってますが、本命は2020年印なのです。

更には7月から保証書の形式が変わりましたので、その最新版のグリーンサブなんかあった日にゃぁ・・・取り合いでしょう。

まずは銀座ラシンさん。

比較的サブマリーナーの中古品の在庫はありました。

が、1番高い値のモノでも2019年印。

それにしても中古の116610LNが140万円台になるとは・・・おそろしや。

 

渋谷の宝石広場さん。

サブマリーナーは在庫なし・・・

徹底していますね。

 

かめ吉さん。

かめ吉さんにも幾つかサブマリーナーがありました。

新品と掲載があっても国内未使用品のことのようで、更に2019年印でした。

2020年印はなし。

 

ジャックロードさん。

サブマリーナーの在庫はほとんどなく、完全新品なのかな?凄い高いのが1つありました。

何年の印なのかは記載が無いので購入を検討されている方は事前に確認した方が良いですね。

 


2020年印のサブマリーナーの駆け込み購入するぞ!・・・からの、時すでに遅し。

9月まで2020年印の在庫はストックルームへ行ってしまいました。

残念。

プロの方々のフットワークが素晴らしいです。

年末にかけて徐々に2020年印のストック放出があるでしょうね。

 

はい。

ここからはオマケ。

相場の見直しと買値の確認です。

 

並行新品相場グラフ

既に海外買い付けの保護シール完備と言う個体は激減しており、あまりこの新品相場も物差し的にはどうなのかな~?なんて思うこの頃ですが・・・

グリーンサブはコロナ禍でガクンと一瞬落ち込みますがすぐに回復してもうすぐ200万円と言う相場になっています。

つられて数が多いと思われるノーマルのサブマリーナーデイトも140万円を上回っています。

 

ノーデイト 114060ももうすぐ130万円。

キャリバー3130ももうすぐ世代交代のはずなので、期待されていますね。

 

 

エクスプローラーIとIIも世代交代前。

エクスプローラーIIは白も黒も約120万円、エクスプローラーIも90万円です。

今年のモデルチェンジ候補にエクスプローラーIも入っているんじゃないかと睨んでいます。

 

ミルガウスとエアキングも旧ムーブメント搭載機。

ミルガウスも定価オーバーの100万円に到達・・・

エアキングも80万円以上といつの間にかプレミアムモデルへ。

 

スポンサーリンク

ジャックロードさんで、この辺りをチェック。

ほとんど在庫なしの「取り寄せ」で、更にどれも高い・・・

 

最後に恒例の買取価格表。

ジャックロードさんは切り取ると見づらいので表にまとめました。

文言も少し変更してますが、だいたいこんな感じ。

関係ないけど、今年の4月末はひどい買値でしたが、あっという間に回復しちゃったな。

グリーンサブも100万円くらいの買値でした。

今と70万円も違います(笑)

 

続いて銀座ラシンさん。

旧世代ムーブメント搭載機たち。

本当にサブマリーナーは凄いことになっていますね。

7/1から正規店購入品も保証書がすぐに手に入るので転売されやすくなっています。

 

其の他諸々。

生産終了関係なく何でも高いな・・・

現在のトレンドは「ロレックス」「ロイヤルオーク」「パテック・スポーツ」でしょう。

ちょっと前までオメガも調子良かったですがトーンダウン。

そこに続くメーカーが無いのが残念。

SNSで話題になるのはラクロアのアイコンオートマチック。

くらいかな・・・

そして本当に驚くのはアップルウォッチの多さです。

至る所で見掛けます。

女性にも浸透していますね。

G-SHOCK並みに普及してるんじゃないでしょうか。

手持ちの機械式に合体するストラップとかできたら買ってみようかな。

それではまた!


追記

ここへ来て、新作はノーデイトかも知れません。

 

 

ROLEX(ロレックス)新作モデル ティザームービー開始!#ロレックス2020

【2020年新作】ロレックスは 9月1日に 新作発表か? 新作はサブマリーナーデイト?

バーゼルワールド2020のロレックス新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2020

RPR ロレックスパッションレポートのロレックス2020年新作 大予想!の画像を見る

スポンサーリンク
SNS Share

2020年8月 新作発表直前? ロレックス人気モデルの相場を追う!エクスプローラーI 214270

スポンサーリンク

Follow Rolex 214270 Explorer’s price.

嘘か誠かロレックスが新作を発表する9月初旬のミーティングが開催間近になったと言うことで、いよいよ今年もこの記事を書くことにします。

(※ミーティング開催は事実の様ですが、新作発表が行われるかは不明です。)

本当であれば!と言うことで、今年も人気ブランドのロレックスからアッと驚くような新作コレクションがお披露目になるはず。

我々の想像を超えてくるのがロレックスの良いところです。

今回は2010年にリリース、2016年にリニューアルしたエクスプローラーIです。

とにかくシンプルで、年齢問わず人気のあるエクスプローラー。

木村拓哉さんが90年代にドラマで着け一気にスポロレブームとなりました。

未だに藤原ヒロシさんと共にカリスマですね~!

その後、別のドラマやプライベート、SMAP×SMAPなどでも多く着けられている姿を目撃されています。

最近は39mmの新型214270を着けてらっしゃいますよ。

ラブジェネレーション(1997)では14270を、HEROでも14270を着けていたようです。

114270は買わなかったのかな?

国内定価は687,500円。

2018年は国内定価以下の相場で推移していましたが、ここ2年はおおよそ80万円を超えてくる相場に。

そして現在は90万円オーバーを目指しズンズン上がってきています。

ケース径39mmも、慣れてしまうと普通に見えるのか、リリースされたばかりの頃の賛否あった意見は今では聞きません。

キャリバー3132も、いずれ新世代ムーブメントへと世代交代するはずです。

エクスプローラーIを進化させるのは、既にアイコン化したデザイン故に「外観」ではなく、内側メインになるかと想像できます。

私の陳腐なコラージュではあれですが、ブラックボディ(セラミック製)の新型なんかはきっと出ないでしょう。

耐衝撃性/耐磁性をさらに上げ、ロングパワーリザーブになったキャリバー3231または3232を搭載するRef.224270ですかね?

もうミルガウスと同じムーブメントで良い気もします。


214270 黒文字盤

2020.08 / 87.5万円(1日ベース)

2020.07 / 86.5

2020.06 / 84.5

2020.05 / 79.5

2020.04 / 80

2020.03 / 83.5

2020.02 / 83.5

2020.01 / 84

2019.12 / 84

2019.11 / 84

2019.10 / 77.5

2019.09 /76

スポンサーリンク

2019.08 / 77.5

2019.07 / 81.5

2019.06 / 82.5

2019.05 / 82

2019.04 / 82

2019.03 / 82万円(1日ベース)

2019.02 / 82

2019.01 / 80

2018.12 / 79

2018.11 / 74

2018.10 / 72

2018.09 / 72

2018.08 / 72

2018.07 / 71

2018.06 / 71

2018.05 / 67

2018.04 / 67

2018.03 / 70

2018.02 / 72

2018.01 / 70

買取に強いRASINさんの買取相場表をお借りしました。

8/3の時点で80万円の買取(並行新品)、国内正規未使用が75万円となっています。

こちらは中野ブロードウェイのジャックロードさん。

国内未使用78万円!。

高い。

 


いかがでしょうか?

2020年のミーティングで新モデルの誕生はあるのか?

無いのか?

(たぶん無い)

明日はエクスプローラーIIをチェックしていこうと思います。

ではまた!

 

 

2019年3月 バーゼルワールド直前 ロレックス人気モデルの相場を追う!エクスプローラーI 214270

どちらが好きですか?ロレックス エクスプローラーI と エアキング 214270 VS 116900

【39mm】ロレックス エクスプローラーI 214270 新文字盤 Cal.3132 やっぱり格好いい

今、買っておきたいロレックス!その2 エクスプローラーI 214270 キャリバー3132

スポンサーリンク
SNS Share

【V字回復】ロレックス 買取戦線異状あり Vol.2

スポンサーリンク

Rolex purchase price change Part 2

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う緊急事態宣言が一部解除され、なんとなくですが皆さん気分的に明るくなっているのではないでしょうか?

残りの8つの都道府県については、緩み過ぎた手綱を引き締める意味でも21日の解除はやや早いようにも感じます。

いつまでも暗い気持じゃダメですけど、一気にヒャッホ~イってはしゃいじゃったら自粛の意味が無くなりますよ。

そして楽観的な向きもあり、NYダウ平均も日経平均も徐々に右肩上がり。

実体経済とは離れている株式市場とはいえ何が原因で調子が良いのか・・・

国内でも緊急事態宣言が解除されたとして元通りの生活には戻らないんですけどね。

さて、コロナショックの影響を受けたロレックスの買取相場を追ってきていましたが、こちらも緊急事態宣言の一部解除に伴い?相場を確実に戻しつつあります。

デイトナ116500LNの買取査定額が160万円!なんて衝撃からまだ2ヵ月も経っていませんが、既に200万円を軽く突破してきていますので見ていきましょう。

今回も銀座ラシンさん(コロナ禍でも高額買取していました)と中野ジャックロードさん。

まずは銀座ラシンさん。

5/19 新しい買取価格表です。

未使用品買取価格(正規ロレックス購入品です)を見ると、デイトナもだいぶ回復しています。

こちらは同じラシンさんの3月末の表。

白文字盤の未使用で(252万円-190万円=)60万円もの買取値の差があります・・・。

2か月足らずですが凄い勢いで上がっていますね。

こちらは同じく4月末の表。

116500LN 黒文字盤も 172万円→210万円→231万円と上がってきました。

4月末の時点では、単にお店の在庫がなくなっただけだと思ったんですが・・・

トケマーでは216万円で保証書付きが販売されていましたが、ここら辺が底値だったのかな・・・?

どこのサイトを覗いても、もうこの値段では売っていません(当たり前なんですが買取値の方が高くなっているからです)。

 

その他のモデルの3月末の買値が気になった方は「こちら」からチェックしてみてください!

 

ジャックロードさんも116500LN デイトナが200万円を超えました。

こちらは4月末。

中古の黒文字盤のデイトナは150万円の買取値だったことを考えますと、急激な伸び率ですよね。

さすがに春節時までは戻りませんが、だいぶ通常価格に近づいたんじゃないでしょうか?

ドンと下がった販売相場(価格コムから新品並行相場グラフ)ですが、また盛り上がっているのがわかります。。

スポンサーリンク

こちらは白文字盤の116500LNのグラフですが、買取価格同様に急騰していますね。

このまま販売相場も買取価格も上がっていくと、私のデイトナ購入はまた遥か彼方の夢に終わるでしょう・・・残念。

 

未だに信じられませんが、この上げ相場は本物なのでしょうか?

まだヒトもモノもカネも動いてないと思うんですが違うのかな。

そんなに相場が変わるほど、オンラインでモノとカネが動いたかしら?

大きな金額を動かすチャイナマネーも欧米のバイヤーも国内に来てるとは思えませんし、何がなんだかわからないうちに相場は元通りなんてことになっちゃうのか・・・

皆さんはどう思われますか???

それではまた!

 

【コロナショック vol.5】ロレックス 買取戦線異状あり

【コロナショック vol.4】リーマンショック後相場から見るコロナショックの人気ロレックス相場(最大30~40%の下落予想)

【コロナショック vol.3】ロレックス デイトナ 116500LN 買取金額 160万円!(実質買取不可?)

【コロナショック vol.2】東京オリンピック延期によるロレックス相場の変化はあるのか?

【コロナショック vol.1】ロレックス急落 春節のタイミングで仕入れた商品が大損?

【コロナショック vol.0】急な円高だけどロレックスは今後安くなるのかな? 瞬間的にコロナウィルスの影響で下がると思う。

スポンサーリンク
SNS Share

【39mm】ロレックス エクスプローラーI 214270 新文字盤 Cal.3132 やっぱり格好いい

スポンサーリンク

Rolex Explorer I 39mm Ref.214270 NEW DIAL

大人気モデルのロレックス エクスプローラーI 214270の新型文字盤です。

2016年にブラッシュアップした新文字盤が発表されました。

3.6.9のアラビア数字インデックスにも夜光が入り、針が長く太く変更、コレにより視認性が格段に上がったことと共に格好良さも増しましたね。

格好良さに関しては人それぞれなんですけど、私的には2割増しになった印象です。

現在の国内定価は687,500円。

36mmから39mmにサイズアップした際には私は否定的でした。

ずっと36mmだったエクスプローラーIでしたので、トレンドに流されないで欲しかった・・・そんな思いだったんですが、新型文字盤になてから「アレ?39mmも悪くないかも」と思うように。

旧214270に比べフェイスバランスがグッと良くなりました(個人的な感想ですけど)

Chrono24を覗いてみました。

60万円台もあるものの、全体的には定価以上70万円前半くらいの中古相場となっています。

トケマーには2019年の保証書付きで598000円なんて特価商品も掲載されていました(すでに完売しています)。

高年式の人気モデルが中古とは言え、国内定価以下で買えるなんて・・・

上から214270(新文字盤)214270(旧文字盤)114270(ルミノバ)14270(トリチウム)1016です。

皆さんのお好みはどれでしょう。

私はクロマライト夜光が大好き。

214270の後継モデルにも3.6.9の光るインデックスを望みます。

スペックは今更ですがキャリバー3132を積んでいるスムースベゼルの39mmオイスターケース。

100m防水、クロノメーターで、デイト表示はありません。

シンプルでスッキリしたオイスターブレスレット+オイスタークラスプ。

サイドビュー。

エクスプローラーIの人気のポイントはこのスッキリしたシルエット。

さっぱりしたデザインで、オンにもオフにも使えるのが長く愛される理由なんです。

次に光るのは文字盤の王冠かも知れません。

3.6.9が光るだけでこんなに格好良くなるなんて・・・

スポンサーリンク

因みにデイトナも116520から116500LNへと変更した際はセラクロムベゼルだけの違いだったのですが(文字盤も違いますけど)それだけで格好良さが5割増しになったと感じました。

本当に僅かな差で気持ちが変わるんですからね。

不思議なモノです。

マイナーチェンジやモデルチェンジでファンの心を鷲掴みにするロレックス。

さすがとしか言いようがありません。

コレね、うまくいってるのは限られたメーカーだけなんですよ。

正直オメガもスピードマスタープロフェッショナルが1番格好良くて限定モノも他のラインのスピードマスターもデザイン的に「超える」ことはあり得ません。

セイコーやブライトリング、IWCもうまくいってませんね。

パテックフィリップやオーデマピゲくらいかな。

いかがでしょうか?

頑丈で使いやすい、毎日着けてても飽きることの無いオールマイティな腕時計 エクスプローラーI。

その新型文字盤は正に史上最強のエクスプローラーIでしょう。

デイトが無いのでセカンドウォッチとしても活躍しますし、買っておいて損は無いでしょう。

新型コロナウィルスの影響で値が落ちるのであれば、是非ゲットしておいてください。

そろそろ後継モデルへ切り替え時期です。

次またちょっとダサいデザインでスタートかも知れません。

相場が元に戻る前にね。

それではまた!

 

今、買っておきたいロレックス!その2 エクスプローラーI 214270 キャリバー3132

【ブラックアウト】ロレックス 214270 BO エクスプローラー 旧文字盤 39mm

ロレックス エクスプローラー Ref.214270 記事まとめ ZENMAI TOKYO

【やっぱりエクスプローラーI】ロレックス 214270 39mm Cal.3132

スポンサーリンク
SNS Share

【コロナショック vol.5】ロレックス 買取戦線異状あり

スポンサーリンク

Change in the purchase price of Rolex

新型コロナウィルスの影響で実体経済が停滞し、遂にNY原油先物市場では史上初めてマイナス価格で取引を終了する事態に。

売り手がお金を払って買い手に引き取ってもらうなんて逆転現象が起こりました。

まぁ腕時計業界にはそんなことは起きないでしょうけど、仕入れ値より売却値の方が低いなんて逆転現象は既に各ショップで起こっているんじゃないかと思います。

現時点では日経平均も19000円台をキープしておりますが、5月6月とどんな未来が待っているのか・・・頑張れニッポン!

 

先行き不安な現状を他所に、銀座ラシンさんは主要モデルの買取価格を上げています。

上のキャプチャ画像は3月末のものです。

黒文字盤の116500LNの中古は160万円となっています。

こちらは4/21更新の価格です。

見て下さい!

200万円になっていますよ。

商品在庫が少なくなっちゃったんでしょうけど、通信販売などでたくさん売れているんですかね。

こんな状況だからこそ、お金を回そうと言うお金持ちの方々が頑張っているのかな?

今、買値を上げるなんて凄い判断・・・

薄利で回していく方向に舵を切ったのか?

トケマーでは216万円で保証書付きが販売されています。

買値を考えると・・・安いですよね。

その他のモデルも全体的に5~10%ほど上げています。

凄いな。

 


続いて新宿のGMTさん。

ワンプライス買取で有名でしたが・・・

126710BLNRのワンプライス「95万円!」ド~ンって、あまり凄さを感じません・・・

残念。

因みに黒文字盤の116500LNは162万円のワンプライス買取です。

 


中野ジャックロードさん。

中野のブロードウェイは営業しているみたいですね。

買取価格は更に下がりました。

中古だと116500LNの黒文字盤は149万円ですって・・・

また10万円も価格を下げていますね。

同じものでも銀座ラシンさんと中野ジャックロードさんでは50万円を買取価格が異なります・・・

 


最後に渋谷の宝石広場さん。

スポンサーリンク

結構前から買取業務停止しています。

今は通販で売るだけなんですね。

 


まとめ

瞬間的に買取価格を上げたりするのは在庫調整なんだと思います。

ショップによって全然違う状況となっていますのでアンテナを張ってないと大変。

私は今が底値ではないはず、まだ落ちていくはず、そんな気がしています。

各買取ショップは毎日毎日相場と在庫をにらめっこして買値を決めているのでしょう。

話は逸れますが、金は相変わらず高い値をつけており、金の在庫が無くなってしまうほど。

安定資産はロレックスより金だったか・・・

人が動き、経済活動が再開されるまで、いや新型コロナウィルスが収束した後でも、景気が良くなるとは限りませんので、もしロレックスを手放すのであれば色々な方法を検討してみてください。

1番良いのは売らずに手元に残して楽しむこと。

手放さなければ買ったときの価値のままです。

それでも、手放さざるを得ない場合は「1番良いところ」で納得して手放しましょう。

人によって「1番良い」は異なりますから、接客だったり、価格だったり色々ですが後悔の無いように。

 

それではまた!

 

【コロナショック vol.4】リーマンショック後相場から見るコロナショックの人気ロレックス相場(最大30~40%の下落予想)

【コロナショック vol.3】ロレックス デイトナ 116500LN 買取金額 160万円!(実質買取不可?)

【コロナショック vol.2】東京オリンピック延期によるロレックス相場の変化はあるのか?

【コロナショック vol.1】ロレックス急落 春節のタイミングで仕入れた商品が大損?

【コロナショック vol.0】急な円高だけどロレックスは今後安くなるのかな? 瞬間的にコロナウィルスの影響で下がると思う。

スポンサーリンク
SNS Share

今、買っておきたいロレックス!その2 エクスプローラーI 214270 キャリバー3132

スポンサーリンク

The Explorer answers the call of adventure.

「2020年4月までに買っておきたいロレックス!ディスコンまでにゲットだぜ」と言う記事を今年の1/10に書きましたが、あれから3ヶ月経ち世界が全くと言っていいほど変わってしまいました。

1月上旬だと記事もだいぶ軽い調子でしたが、こんな状況になっているだなんてつゆ程にも思いませんでした。

新型コロナウィルスの影響でバーゼルワールドの延期、新作発表時期不明と、現状「コレ買っておいた方が良いよ」なんてモデルは本当は無いのかも知れませんが、取り敢えず4月までに買っておきたいモデル、言い換えれば生産終了するかも知れないモデルをもう1度見直してみようかと思います。

2モデル目となる今回は、90年代から圧倒的な人気を誇るシリーズで 3.6.9 が特徴のエクスプローラーI 現行機 214270です。

現在の国内定価は687,500円。

2010年に214270へとモデルチェンジした際に36mmから39mmにサイズアップしました。

2016年には3.6.9のインデックスにも夜光塗料が入り、針も長く太くなっています。

搭載するキャリバー3132も旧世代ムーブメントとなりますので、世代交代の時期が迫っていますね。

1月の時点から見ますと並行新品相場はググっと落ちてきています。

当然、国内正規未使用品や中古相場も落ちています。

定価を超えるプレミアム相場が続いていたので、中古の高年式で条件が良く 売価が70万円ちかくまで落ちてきているものでしたら、ゲットしておいても良いんじゃないか?と思います。

2019年印保証書付き、極美品。

売り切れちゃっていますけど、ここまで新しくて安かったら即買いって感じでしょう。

Chrono24を覗いてみました。

まだ海外のディーラーは、そこまで安くはしていない感じですかね?

やはり個人出品の方だけちょっと安いくらいで、まだ時計ショップはそこまで下げる気は無さそうです。

銀座ラシンさんの買取表。

正規品の未使用買取価格が60万円ですので、70万円程度の売価を見越していると思います。

そこまで下がるかも知れないと言うことです。

買い時は70万円以下!

スポンサーリンク

次のエクスプローラーに臨むのは、圧倒的な存在感。

シンプルで無骨で使いやすいアイコン的な存在のエクスプローラーIですので、本来なら大きなデザイン変更は無いモデルです。

が、素材変更のオールセラミックで登場したら面白くないですか?

シャネルJ12が20年も前からやってますし、ロイヤルオークやスピードマスターもセラミックボディは当たり前。

ベゼルだけセラミック製のロレックスも増えてきていますが、ケースもブレスレットもセラミックになったら話題騒然でしょう。

無さそうですが1%くらい期待しています。

個人的には新文字盤(画像左)の方が好み。

ブラックアウト(画像右)も人気があります。

そして14270から214270まで着けこなす木村拓哉氏もきっと、次世代機のエクスプローラーIを着ける姿を拝める日が来ると思います。

と、言う事で「今、買っておきたいロレックス!」の2モデル目は エクスプローラーI 214270でした。

定価以下でも好条件が見つかるタイミングになっています。

また世代交代すれば相場が上がるでしょうし、新型コロナウィルスの終息後も同様に相場が上がるでしょう。

最安値など待っていないで、タイミングを合わせてゲットしてください!

買い時は70万円以下!

それではまた!

 

ロレックス エクスプローラー Ref.214270 記事まとめ ZENMAI TOKYO

【やっぱりエクスプローラーI】ロレックス 214270 39mm Cal.3132

2019年3月 バーゼルワールド直前 ロレックス人気モデルの相場を追う!エクスプローラーI 214270

スポンサーリンク
SNS Share

【ブラックアウト】ロレックス 214270 BO エクスプローラー 旧文字盤 39mm

スポンサーリンク

ROLEX Oyster Perpetual Explorer 39 Ref. 214270

エクスプローラー 214270です。

現行リファレンスですがマスナーチェンジ前の旧モデルとなります。

夜光3.6.9ではないので「ブラックアウト」と呼ばれ区別されており、現行機の新モデルより相場は安くなっているでしょうか。

他にも針の長さや太さも旧モデルと新モデルでは違いがあります。

このあたりは好みですので、どちらが良いとは決められません。

私的には、新モデルの方が好き。

39mmのエクスプローラーは2010年からスタートしていますので、今年で214270は10周年。

キャリバー3132も、そろそろ後継ムーブメントへと切り替わり間近だと思われます。

Chrno24を覗いてみました。

2010~2016年の間に製造された旧モデル。

中古マーケットでは60万円台で見つかりそうです。

顔以外は大体同じなので、安い方が良いと思うのであれば旧モデルがオススメです。

現在の国内定価は687,500円です。

並行新品の相場は80万円を超えており、人気モデルと言えますね。

ブラックライトを照射。

旧モデルは3.6.9が暗くなっています。

こちらが新モデル。

けっこう違って見えますよね。

サイドビュー。

エクスプローラーはスポーツモデルの中で唯一クラウンガードがありませんので、スッキリとした印象でスーツにもフィットするシンプルモデル。

使いやすさから人気がずっと続いています。

寄ってみます。

3はメタルインデックス。

針も少し細く短い。

コレって114270の使いまわしとか言われてました。

こちらは114270、36mmでしたのでコレはこの太さ長さで合っています。

114270と214270の新旧で比べてみると、わかるのかも知れません。

こうして新モデルと比べると針の太さと長さの違いがわかるかな?

キャリバー3132はクロノメータームーブメント。

スポンサーリンク

私個人的な意見ですけどスッキリしているので、パネライ以外はクラウンガードが無い方が好き。

暗闇の中で時間を確認する際は、3.6.9が光らないので予め知っているから誤認はありません。

更に14270も114270も3.6.9は白いペイントはされていましたが光りません。

エクスプローラーが長く愛される理由は、先ほども書きましたが使いやすいところ。

軽さもその1つ。

堅牢さを得るために約129グラムとなっていますが、それでもまだ軽い方です。

オイスターブレスレットも強く、長い期間安心して着けていられます。

まず千切れることは無いでしょう。

いかがでしょうか?

シンプルでタフ、飽きのこないグッドモデルです。

39mmが大きいとか、ブラックアウトは嫌だとか、そんな文句があるかも知れませんが、逆に言えば人気があると言うことです。

好みのエクスプローラーを見つけてください。

それが、次世代機になるかも知れません。

今年なのか来年なのか、まだ先なのかはわかりませんが、キャリバー3132の進化はスグそこまで来ていると思います。

2020年4月までに買っておきたいロレックス!ディスコンまでにゲットだぜ

そろそろだとは思います。

それではまた!

ロレックス エクスプローラー Ref.214270 記事まとめ ZENMAI TOKYO

【やっぱりエクスプローラーI】ロレックス 214270 39mm Cal.3132

スポンサーリンク
SNS Share

2020年4月までに買っておきたいロレックス!ディスコンまでにゲットだぜ

スポンサーリンク

Buy this Rolex! Only a few moments before model change.

毎年この時期になると、「次のモデルチェンジはアレだよね」と言ったロレックスファンたちの中でお約束の「妄想タイム」が発動し盛り上がります。

ここ数年は「ムーブメントの世代交代」がハッキリとしていて、予想が難しくなくなっていますので、毎年私でも何となくカスっています(笑)。

現在のロレックスは耐磁・耐衝撃性の強化・ロングパワーリザーブ化が主流となっています。

ユーザーにとっては嬉しい進化ですよね~もうロレックスは100年時計の耐久性となっています。

さて、私には「完全な新作」は予想できませんので、今回の記事は「モデルチェンジ前に買っておこうよ」と言ったシンプルなもの。

生産終了になっちゃうと欲しくなる方が増え相場が上がっちゃいますので、生産終了がハッキリしないうちの「今」にゲットすべきです。

その流れの中にいて、昨年までにまだ「モデルチェンジしていないモデル」が幾つかあるのでチェックしていきます。


キャリバー3135搭載機

私の中で大本命は「サブマリーナーデイト」116610系です。

新型に搭載される予定の新キャリバー3235は既に2015年には発表+搭載されており、スポーツモデルにも順々に乗っかってきていますので、そろそろサブマリーナーデイトにも!と言った感じです。

ダイバーウォッチの基本中の基本であるサブマリーナーデイトはロレックスだけじゃなく全てのダイバーウォッチの教科書的な存在ですので、その進化に注目が集まります。

とは言え、デザイン面では大きな変化は無いと思われ、あるとすれば「グリーンカラー」の引き継ぎ・・・

グリーンカラーのサブマリーナーデイトは16610LV(2003年)からスタートし、現在で2世代目。

第3世代のグリーンサブが誕生するのか?注目されます。

万が一ですが、GMTマスターII(126710系)の様に、ブラックカラーがディスコンに・・・なんてことは100%あり得ません。

GMTマスターの場合、スタートした第1世代のカラーリングが2トーンのBLROでした。

オリジナルカラーが帰ってきたことで、モノトーンブラックカラーがお役御免となっています(もとより不人気カラーの立ち位置)。

サブマリーナーは最初からブラックモノトーン、途中でYGにブルーなどカラーバリエーションが増えましたが「基本は黒」。

と、なると「新しい試み」としてグリーンカラーが終わり違うものが生まれる可能性は捨てきれません。

青サブ(YG/SS/ブルー)からグリーンのロレゾールなんてことも「あるかも知れません」。

116610LNは2020年から国内定価が943,800円。

116610LVは2020年から国内定価が987,800円となっています。

いかがでしょうか?


キャリバー3132 / 3130搭載機

続いては、2016年にマイナーチェンジしたエクスプローラーI 214270と、

39mmのオイスターパーペチュアル 114300。

もう1点、チェリーニタイムがキャリバー3132を搭載しています。

そしてキャリバー3130を長~く使うサブマリーナーノーデイト 114060と、

オイスターパーペチュアルの36mm 116000 、34mm 114200。

この6モデルが新しいロングパワーリザーブのノーデイト・クロノメータームーブメントへと進化する可能性です。

スポンサーリンク

2000年からエクスプローラーIやサブノーデイト、エアキングなどに採用されたキャリバー3130も20年近く経ち、そろそろモデルチェンジを迎える頃だと思われます。

それが2020年のタイミングなのか、数年後なのかはハッキリとはわかりません。

デイト付ムーブメント キャリバー3235のように、既に完成していれば次はコレかな?とも言えますが、(仮に)キャリバー3230はまだ発表もされていませんので「可能性」に留まります。

因みにエクスプローラーI 214270は2020年でデビュー10年。

タイミング的にはバッチリかな?

また、廉価版では無くなったサブマリーナーノーデイトには、デイト付モデルとは違うもう少し遊び心が加わることを望みます。

いかがでしょう?


キャリバー3187搭載機

特殊なキャリバー3187はエクスプローラーII専用ムーブメントです。

とは言えGMTマスターII専用ムーブメント キャリバー3186も、一緒に使っていたキャリバー3185からの派生形。

と、なると既にモデルチェンジを終えたキャリバー3285を、新型のエクスプローラーIIに搭載しても問題ないのではないでしょうか?

と、言うことで2020年には新型が登場しても順番的にはおかしくありませんね。

2012年にデビューしたエクスプローラーII 216570ですので「キリ」は良くありません。

前回もGMTマスターIIやエクスプローラーIの「後に」モデルチェンジしていますので、2022年とかも「II」だけにあり得そう(笑)

そろそろ・・・で、あることは間違いないのですが。

2020年より国内定価は875,600円となっています。

いかがでしょうか?


キャリバー3131搭載機

最後はキャリバー3131です。

ミルガウス 116400系の誕生と共にデビューしたキャリバー3131は耐磁性に特化しております(軟鉄磁気シールドや耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング)。

現代社会では普通の人々の周りでも「磁気帯び」しやすい環境となっており、2007年満を持して再デビューしたのももう13年前・・・。

2016年にはエアキング 116900がキャリバー3131を搭載し登場しています。

が、こちらも同じようにベースはキャリバー3130。

キャリバー3132 や3130搭載機 と共に「そろそろ」新モデルが生まれる予感がしますね!

キャリバー3231ではエアキングの文字盤デザインを変えてほしいな~と思います。

インデックスに夜光欲しいよね。

2020年から116400GV の屋内定価は876,700円に、 116900の国内定価は676,500円となっています。

20万円も差があるんですね・・・


まとめ

2020年には「何かしら」のモデルチェンジが行われます。

サブマリーナーデイト 116610LN 116610LV 116613LN 116613LB 116618LN 116618LB そしてオイスターデイト34mmがキャリバー3135。

エクスプローラーII 216570 がキャリバー3187。

サブマリーナーノーデイト 114060 と116000、114200がキャリバー3130。

エクスプローラーI 214270と 114300がキャリバー3132。

ミルガウス 116400GVとエアキング 116900がキャリバー3131。

コレらが候補としてあげられます。

「今のうち」。

是非チェックしてみてください。

 

バーゼルワールド2020のロレックス新作はコレだ!(ZENMAIの大予想)#BASELWORLD2020

スポンサーリンク
SNS Share

ロレックス エクスプローラー Ref.214270 記事まとめ ZENMAI TOKYO

スポンサーリンク

Rolex Oyster Perpetual Explorer Ref.214270

ZENMAIのココ東京で書いた記事まとめです。

今回は現行モデルのエクスプローラーI リファレンス 214270の今まで書いた記事をまとめてみました。

2010年に発表された際に、皆驚いたのは39mmの「ケースサイズ」でした。

遂にエクスプローラーIまでも「サイズアップ」の波に飲み込まれてしまうとは・・・と、36mmファンの方々の落胆の声が相次ぎましたね。

現在は発売から9年も経ち、39mmもだいぶ見慣れてきていますが、やはり36mmの方が好きと言う声がまだ聞こえます。

90年代に木村拓哉さんがドラマで着用され一気に人気モデルとなったエクスプローラーですが、回転ベゼルやデイトの無い無骨でシンプルな見た目と強靭さが老若男女問わず支持されています。

スーツにもビシっと合いますね。

木村拓哉さんの影響で、当時はプレミアムモデルになっていました。

国内定価以上のスポーツモデルと言えば、スティールのデイトナとエクスプローラーIだけでしたから、その人気具合が伝わるでしょうか?

サブマリーナーデイトやGMTマスターIIより高かったんですよ。

芸能人も含めて、こぞって着けていましたねぇ・・・懐かしい。

そして2019年の「さんタク」では、木村拓哉さんも39mmを装着。

時代の流れを感じますね(笑)

ムーブメントは3130から3132(パラクロム・ヘアスプリングと高性能のパラフレックス ショック・アブソーバが搭載され、衝撃と磁力に対して極めて高い耐性をもちます)へ変更されましたが、それもそろそろ次世代ロングパワーリザーブムーブメントへ切り替わるかと思われます。

現在の国内定価は687,500円。

並行新品相場は15~20万円ほど高くなっています。

シンプルで着けやすいから、みんな大好きですね。

214270 エクスプローラーIも「購入制限モデル」となっています。

2016年には文字盤と針がマイナーチェンジしました。

3.6.9のインデックスにクロマライト夜光が塗布され、時分針も太く長くなっています。

より視認性が良くなり、パッと見のデザイン性も上がったと感じますが、どちらが好きかは個人次第。

私は断然「新文字盤」ですね。

 

それでは記事まとめです。


214270のスペック

製造期間

2010年~

ムーブメント

キャリバー3132

自動巻きクロノメーター

パワーリザーブ48時間

100m防水

ステンレススティール

39mm


2016~2019の214270記事まとめ

【やっぱりエクスプローラーI】ロレックス 214270 39mm Cal.3132

2019年3月 バーゼルワールド直前 ロレックス人気モデルの相場を追う!エクスプローラーI 214270

Ref.214270 現行エクスプローラーⅠ 狭間の隠れ人気モデル!”ツルピカブラックアウト” マニアックロレックス

【レビュー】ロレックス 人気スムースベゼルな3兄弟 214270 / 116900 / 116400GV

【レビュー】ロレックス 新型エクスプローラーⅠ 214270 クロマライト3.6.9 夜光がやっぱり格好良い!

ロレックス 脱ブラックアウトの新しいエクスプローラーⅠ 214270が欲しい!

 

 

ロレックス エクスプローラー Ref.114270 記事まとめ ZENMAI TOKYO

スポンサーリンク

【やっぱりエクスプローラーI】ロレックス 214270 39mm Cal.3132

2019年3月 バーゼルワールド直前 ロレックス人気モデルの相場を追う!エクスプローラーI 214270

Ref.214270 現行エクスプローラーⅠ 狭間の隠れ人気モデル!”ツルピカブラックアウト” マニアックロレックス

【レビュー】ロレックス 人気スムースベゼルな3兄弟 214270 / 116900 / 116400GV

【レビュー】ロレックス 新型エクスプローラーⅠ 214270 クロマライト3.6.9 夜光がやっぱり格好良い!

ロレックス 脱ブラックアウトの新しいエクスプローラーⅠ 214270が欲しい!

スポンサーリンク
SNS Share

【やっぱりエクスプローラーI】ロレックス 214270 39mm Cal.3132

スポンサーリンク

ROLEX Explorer I 39mm 214270 (Jumbo)

2010年に誕生し2016年にリニューアルしたロレックス エクスプローラーI Ref.214270。

以前はキムタクブームもありエクスプローラーIと言えばロレックスの中でも1.2位を争う人気モデルでした。

やや飽きられてきたことや、大型化したことなどもあり、現在は昔ほど騒がれるモデルではなくなっています。

搭載ムーブメントはキャリバー3132、パワーリザーブは約48時間。

現在ロレックスではロングパワーリザーブのキャリバー32**へ移行時期となっており、近い将来エクスプローラーIも後継モデルへと切り替わるタイミングが来ようとしています。

39mmと言うエクスプローラーI史上最大のケース径で、現在のトレンドなのですが36mm愛好家には不評の様です。

しかしながら今後も39mm以下になるようなことは無さそうなので、今からエクスプローラーIを買われる方々には基本となる大きさになります。

Chrono24を覗いてみました。

2010年から続くモデルなので球数はそこそこあります。

旧文字盤(3.6.9に夜光なし/針が短く細い)で保証書が無いと50万円くらいから見つかるでしょう。

旧文字盤はブラックアウトと呼ばれていますが、特に人気があるわけでもありません。

2016年に新文字盤に切り替わります。

値段がググっと上がりますね。

価格コムの並行新品価格相場。

国内定価は669,600円。

ここ1年は定価以上の推移となり、現在は80万円を超えています。

逆に言うと、ここ1年より以前は定価以下でした。

そんなに人気がないと言うわけでもありませんが、正規店巡りの「エクスプローラーIマラソン」なんて聞いたことないですよね。

入門期にもあり、スーツにも合わせられ、タフで格好良いエクスプローラーI。

39mmになっても格好良さは健在です。誰にでも似合うと思います。

デイト表示が無く、ツルっとしたベゼルで、他のスポーツモデルには無いシンプルさが受けていましたが・・・

最近ではグリーンサブマリーナーやGMTマスターIIの様な「派手」なモデルも市民権を得て、シンプルさが逆につまらなく感じるのかも知れません。

3.6.9に夜光が入ったことはとてもプラス材料で、この変更から人気が戻ってきたようにも感じます。

そして個人的にですが「クロマライト夜光」のブルーライトが大好物。

惚れ惚れします。

ルミノヴァとは違うキレ~イなブルー。

素敵です。

私は14270や114270の方が好きなんですけど、夜光だけは214270(新)に軍配が上がります。

スポンサーリンク

114270と比べると30グラム近く重いです。

文字盤に寄ってみます。

3.6.9に入った夜光。

旧文字盤(左)には入っていません。

因みに旧モデルのエクスプローラーI 114270、14270の3.6.9は白いですがペイントで光りません。

プロフェッショナルモデルなのでセーフティキャッチ付オイスターロックブレスレット。

全体的にサテン仕上げ。

2015年後半からバックルプレートの内側のパーツがポリッシュ(鏡面)仕様になっています。

ので、新文字盤は全てポリッシュ。

旧文字盤の最後期がポリッシュ、それ以前は梨地仕上げです。

数が少ない旧文字盤のポリッシュはマニアックな方々の間では人気があります。

いかがでしょうか?

やっぱりね、シンプルにエクスプローラーIは格好良いと思うんです。

セカンドウォッチにも良いですし、メイン機でも良いです。

20代でも40代でもフィットすると思います。

デイトナやGMTマスターIIは正規店で出会わないかも知れませんが、エクスプローラーIならもしかしたら出会えるかも?

タフで無骨なエクスプローラーI。

もう1度、スポットがあたるかな~?なんて思っています。

それではまた!

【レビュー】ロレックス 新型エクスプローラーⅠ 214270 クロマライト3.6.9 夜光がやっぱり格好良い!

【レビュー】ロレックス 114270 エクスプローラーI EX1は36mmでしょ?

Ref.214270 現行エクスプローラーⅠ 狭間の隠れ人気モデル!”ツルピカブラックアウト” マニアックロレックス

スポンサーリンク
SNS Share

2019年3月 バーゼルワールド直前 ロレックス人気モデルの相場を追う!エクスプローラーI 214270

スポンサーリンク

Follow Rolex 214270 Explorer’s price.

3/21から開催される腕時計の見本市「バーゼルワールド2019」。

いよいよ2週間を切りました。

昨日は生産終了(モデルチェンジ)が噂される 116400GV(黒/Zブルー)の相場をチェックしました。

今回は2010年にリリース、2016年にリニューアルしたエクスプローラーIです。

とにかくシンプルで、年齢問わず人気のあるエクスプローラー。

木村拓哉さんが90年代にドラマで着け一気にスポロレブームとなりました。

未だに藤原ヒロシさんと共にカリスマですね~!

その後、別のドラマやプライベート、SMAP×SMAPなどでも多く着けられている姿を目撃されています。

最近は39mmの新型214270を着けてらっしゃいますよ。

ラブジェネレーション(1997)では14270を、HEROでも14270を着けていたようです。

114270は買わなかったのかな?

国内定価は669,600円。

しばらくは国内定価以下の相場で推移していましたが、昨年2018年5月以降は70万円を下回ることがありません。

そして年末には、遂に80万円を超えてくることに。

エクスプローラーも80万円オーバーか~、高いな~。

ケース径39mmも、慣れてしまうと普通に見えるのか、リリースされたばかりの頃の賛否あった意見は今では聞きません。

キャリバー3132も、いずれ新世代ムーブメントへと世代交代するはずです。

エクスプローラーIを進化させるのは、既にアイコン化したデザイン故に「外観」ではなく、内側メインになるかと想像できます。

私の陳腐なコラージュではあれですが、ブラックボディ(セラミック製)の新型なんかはきっと出ないでしょう。

耐衝撃性/耐磁性をさらに上げ、ロングパワーリザーブになったキャリバー3231または3232を搭載するRef.224270ですかね?

スポンサーリンク

もうミルガウスと同じムーブメントで良い気もします。


214270 黒文字盤

2019.03 / 82万円(1日ベース)

2019.02 / 82

2019.01 / 80

2018.12 / 79

2018.11 / 74

2018.10 / 72

2018.09 / 72

2018.08 / 72

2018.07 / 71

2018.06 / 71

2018.05 / 67

2018.04 / 67

2018.03 / 70

2018.02 / 72

2018.01 / 70

買取に強いRASINさんの買取相場表をお借りしました。

3/5の時点で75万円の買取(並行新品)、国内正規未使用が65万円となっています。


いかがでしょうか?

2019年のバーゼルワールドで新モデルの誕生はあるのか?無いのか?(たぶん無い)

明日はエクスプローラーIIをチェックしていこうと思います。

ではまた!

 

Ref.214270 現行エクスプローラーⅠ 狭間の隠れ人気モデル!”ツルピカブラックアウト” マニアックロレックス

【レビュー】ロレックス 人気スムースベゼルな3兄弟 214270 / 116900 / 116400GV

【レビュー】ロレックス 新型エクスプローラーⅠ 214270 クロマライト3.6.9 夜光がやっぱり格好良い!

スポンサーリンク
SNS Share

明石家さんま×木村拓哉 フジテレビ『さんタク 2019 元旦』の腕時計

スポンサーリンク

今年もいつも通りお正月に放送された「さんタク」も今年で17回目。

明石家さんま氏63歳、木村拓哉氏46歳

だいぶ年を取ってきましたね。

カフェのマスターも17年連続お茶出しをしているそうですが顔のしわが目立つようになりました。

良い年の取り方をすれば格好良いのです。

と、いう事で2019年の「さんタク」でお2人はどんな腕時計をしていたかチェックしていきましょう。

とは言え、木村さんの格好は若いですね~。

あれ?今回はエクスプローラーIか。

と、思ったのですが・・・

ん?

ロレックス エクスプローラーI 214270

なんと新型のエクスプローラーIです。

39mmケースのエクスプローラーIに買い替えたのでしょうか。

以前は114270を着用されていたのでスペックアップしたのか・・・新しい役で着用品を買い取ったのかな?

そう言えば元TOKIOの山口さんがTOKIO時代にキングアンドプリンス平野紫耀さんにプレゼントしていたのもエクスプローラーI。

ジャニーズタレント代々着け続けるモデルなのでしょう。

物凄くお金持ちの木村さんでも、ロレックススポーツモデルの中では安くてシンプルなモデル。

なんか良いですね。

そして明石家さんまさん。

黒い大きなケースに赤いプッシャーが見えます。

ウブロのスピリットオブビッグバンかな?

超お金持ちだからリシャール・ミルでしょうか?

どうも違うようですね。

出た出た!

ケースサイドが赤いんですね。

クストス チャレンジクロノグランプリ CVT-CHR-GP-R BST

クストスの限定品だそうです。(画像のモデルとちょっと違います)

ケースサイズは53mm×41mmと、もの凄いインパクトがある時計ですね。

国内定価は2,106,000円と高額。

クストスなんて渋いチョイスです。

売れてる!とか皆が格好良い!とするモデルじゃなく大きくてインパクトのあるモデルばかり明石家さんまさんは選びますね。

イタリア人みたい。

ウブロ コマンドバン デザート 301.CI.8710.NR

国内定価1,738,800円のビッグバン限定モデル。

結構前から着用されていますね。

セラミックケースにデザートカモが渋い・・・。

スポンサーリンク

木村さんが用意したヘルメットは「SUPREME x SIMPSON STREET BANDIT HELMET 」。

ハーレーダビッドソンに2人乗りして港まで。

クルーザーをお借りしる会社の方。

ナビタイマーみたいなクロノグラフ的な感じですね。

ヨットマスターとかじゃないんだな(笑)

ブライトリングならスーパーオーシャンとかでも良さそうですけど。

こちらの方はアップルウォッチ。

便利だからね。

ロレックス GMTマスターI 1675/3 or 16753

木村船長はお馴染みのロレゾールGMTマスター。

ビンテージモデルですね。

格好良い。

八景島シーパラダイスのスタッフさんは水に強いG-SHOCK 。

女性に人気な白いG-SHOCK はお揃いでしょうか?

釣りです。

ブリを釣るんだとか・・・

この企画はつまらなかったな。

ようやく終わりです。

いつもの弾き語りで終了です。

今年は木村拓哉さんがエクスプローラーIとGMTマスターのコンビ(ロレゾール)。

明石家さんまさんがクストスのチャレンジクロノグランプリとウブロのビッグバンでした。

それではまた来年!

明石家さんま×木村拓哉 フジテレビ『さんタク 2018 元旦』の腕時計

明石家さんま×木村拓哉 フジテレビ『さんタク 2017 春』の腕時計

木村拓哉 GYAO『木村さ~~ん!』と映画『検察側の罪人』で着用しているGMTマスター 1675/3(16753?)はジャックロードさんがご用意

スポンサーリンク
SNS Share

ロレックスの3大アイコンモデルとオメガ トリロジー あなたはどっちが好きですか?

スポンサーリンク

Rolex’s 3 major models & Omega Trilogy,Which do you like?

ロレックスの人気モデルと言えばスポーツモデル全般ですし、ザ・ロレックスと言えば三大発明を網羅するデイトジャストでしょう。

そんな万人受けするロレックスでも、古くからファンを獲得し特別な存在となっている3つのモデルがあります。

キング オブ クロノグラフと呼ばれる「コスモグラフ デイトナ」、会社員が憧れるダイバーズウォッチ「サブマリーナーデイト」、多くの著名人が愛用した「エクスプローラー(I)」の3機種です。

この3モデルはシンプルで機能的で長く飽きずに使うことができます。

ロレックスを代表するアイコンモデルは50年、60年と大きくデザインは変えず、多くのファンに支えられ資産価値もあるので、皆安心して購入でき使っていけるのです。

ただ最近これらのモデルは店頭に並ばず、普通に購入することはできません・・・(デイトナは以前から買えませんが)

 

そして昨年2017年に、60周年記念としてリリースされたオメガ マスターシリーズの3モデル。

奇しくもロレックスを代表する3モデルと機能が近いオメガのプロフェッショナルウォッチで、トリロジーとして1957年当時のデザインで復刻されました。

現在まで受け継がれるスピードマスター、回転ベゼルを搭載したシーマスター300、鉄道員向けの耐磁モデル レイルマスターの3機種で、ブロードアローハンドが印象的ですね。

限定本数は各3557本と、発表当時は少ないかな?と思いましたがシーマスター300とレイルマスターはまだブティックで売れ残っています。

ロレックスでは絶対にやらない「オリジナルデザイン」を忠実に復刻しており、オメガファンはかなり興奮したと思います。

どれも非常に格好良くビンテージライクの文字盤も好印象、ただオメガの時計相場を考えますとやや高額な定価設定でした。

 

1.クロノグラフ

コスモグラフデイトナ 116500LN(40mm)とスピードマスター’57 311.10.39.30.01.001(38.6mm)。

116500LNの国内定価は1,274,400円(税込)

311.10.39.30.01.001の国内定価は831,600円(税込)

ムーブメントは自動巻きクロノグラフのデイトナに対し、スピードマスターはもちろん手巻きクロノグラフです。

どちらもデイト表示が無く、至極シンプル。

最先端の技術の結晶である116500LNに対し、ビンテージを意識した311.10.39.30.01.001ですので価格差は仕方ないところ。

ただ「顔」だけ見れば、どちらも非常に格好良いのは間違いありません。

因みに新品未使用の相場はデイトナが250万円に対し、スピードマスターは定価程度です。

どちらがオススメかと言えば、お金があるならステイタス性も耐久性も上のデイトナを勧めます。

ですが80万円は決して安くないですが、スピードマスターの秘める稀少価値は未知数。

今後10年、20年と経った時、ファーストスピードマスターをここまで忠実に再現したモデルが2度と出なければ非常に価値のあるモデルとなるはずです。

私の好みの話になりますが、ファーストモデルのスピードマスターをまだ新品未使用があるうちにゲットしておきたいので、311.10.39.30.01.001をオススメしてみたいと思います。

 

2.ダイバーズウォッチ

サブマリーナーデイト 116610LN(40mm)とシーマスター300 234.10.39.20.01.001(39mm)。

116610LNの国内定価は874,800円(税込)

234.10.39.20.01.001の国内定価は810,000円(税込)

長くサブマリーナーノーデイトはデイト付きモデルの下位機種であったため不人気でしたが、2007年にクロノメーター認定となり現行機114060ではほぼデイト以外のスペックが並んだため、ここには原点にちかいノーデイトを出した方が良かったかも知れませんが、アイコンモデルとして人気なのはサブマリーナーデイトなので、このまま行きます。

定価はあまり変わりません。

ムーブメントの良さは私にはわかりませんが、新世代ムーブメントがロレックスから出ていますのでオメガのシーマスター300のキャリバー8806の方が良いモノかも知れません。耐磁性では確実にオメガが上回っています。

防水性も同じですし、後は「顔」でしょうか?

因みに新品未使用の相場はサブマリーナーデイトが120万円、シーマスター300は60万円と倍ほどの違いがあります。

更には116610LNは先ほどの新世代ムーブメントの関係で生産終了が近付いており、そうなると高騰するのが約束事となっています。

234.10.39.20.01.001が116610LNの相場に追いつくことは、これからもきっと無いでしょう。

私個人的にはシーマスター300が非常に好みですが、定価では欲しくありません。

中古でも美品であれば45万円ほどになった時が買い時だと睨んでおります。

願望です(笑)

 

3.三針ウォッチ

エクスプローラーI 214270(38mm)とレイルマスター 220.10.38.20.01.002(38mm)。

214270の国内定価は669,600円(税込)

220.10.38.20.01.002の国内定価は788,400円(税込)

「顔」のイケメンさだけで言えば、これは圧倒的にレイルマスターに軍配が上がるでしょう。

街行く女性100人にアンケートを取っても、きっとレイルマスターになると思います。

スポンサーリンク

もちろんロレックス/オメガやモデル名は伏せてですけど。

定価が高い分、レイルマスターの完成度が高いことは仕方ありません。

が、どちらが欲しいかと聞かれたらロレックス エクスプローラーに軍配が上がってしまいますね。

因みに新品未使用の相場はエクスプローラーIが74万円、レイルマスターが60万円と逆転します。

とは言え、そこまで大きな違いが無いので、好みで選んで良いと思います。

レイルマスター格好良いですよ。

私なら40万円前後まで下がるのを待ちたいですけどね(笑)

 

まとめ

オメガのトリロジーシリーズは本当に格好良く、定価以下で購入できるのであればオススメしたいです。

出て間もないので、そこまで汚い中古も無いでしょう。

それで定価の6割くらいまで落ちていたら拾いものです。

スピードマスターは1番人気があり、そんなに安くはならないでしょうけど

スピードマスター60万円、シーマスター300 50万円、レイルマスター40万円くらいで買いたいですね。

3本買っても150万円、因みにロレックスで中古3本買ったら400万円くらいです(笑)

ロレックス凄いな・・・

更にはグリーンサブとかデイトナ白文字盤とかもっと高い相場が控えてたりね。

ロレックスでトリロジーとして 6263、5512、1016が復刻リリースされたらセットで1000万円くらいになりそうですね。

妄想、妄想。

ではまた!

 

スポンサーリンク
SNS Share

Ref.214270 現行エクスプローラーⅠ 狭間の隠れ人気モデル!”ツルピカブラックアウト” マニアックロレックス

スポンサーリンク

With blackout dial, Explorer Ⅰ of polished plate is popular

2016年に顔(文字盤)を整形(リニューアル)したエクスプローラーⅠ Ref.214270。

針と3.6.9の夜光が変わりました。

だいぶイケメンになりました。

こうしてブラックライトを当てますと、その違いがハッキリわかりますね。

皆さん意外と勘違いしていますが、114270も14270も3.6.9は光りませんので1016ぶりの輝きです。

まぁ1016は、もう光りませんけどね。

 

今人気の「狭間のレアモデル」

さて、今日の本題です。

当然と言えば当然なんですが、3.6.9が光る2016年以降の新型フェイスの方が人気です。

光らないブラックアウトとは中古相場で10万円くらい違ってしまいます。

2010年のバーゼルワールドで発表になったモデルですので、製造された期間も旧フェイスの方が長く玉数も多いですしね。

ですが、3.6.9に夜光の無い旧フェイスのブラックアウト 214270にも、一部だけ新型フェイスを凌ぐ人気の「レア要素」があります。

それはちょうど新型フェイスに切り替わる直前の・・・

バックルが鏡面仕上げの旧型モデルなんです。

え?

何それ・・・。

それだけ?

 

えぇ、それだけです(笑)

 

旧型「ブラックアウト」ダイアルで、バックルのプレートが鏡面仕上げの「狭間」のモデルだけは新型モデルと値が変わりません。

今後はもしかしたら超えていくかも知れませんね。

2015年の後半から、2016年の中盤までしか作られてないはずですので、そこまで多くは無いでしょう。

たまたま、その頃に買ったな~と思われる方はご自身の214270を見てみてください。

ブラックアウトなのに、鏡面仕上げかも知れませんよ。

ただ、普通に214270を着けたい方は新型フェイスの方を選ばれたほうが良いと思います。

格好良いですからね、新しい方が。

わざわざ探して買うほどのモデルでも無かったかな?

いやいや、夢は大きくね・・・(謎)

 

ちょっと記事が短くなってしまったので別の話題。

スポンサーリンク

ブラックアウトダイアルは現在エアキング 116900が使用しています。

最初は在庫処分で使っているのかと思ったのですが、コレだけ長くこのダイアルで生産していることを思えば、3.6.9に夜光は入れない方針なんでしょうね。

まったく光らない。

せめて5.10.20.25などはクロマライト夜光を塗布しても良かったのに、ただのホワイトペイントなんですよね。

パイロットウォッチとしてデビューした割に視認性が悪いように思えるのは素人の浅はかな考えでしょうか?

なんだか似た様なモデルが多くなったロレックス。

プロフェッショナルモデルと言っても良い3モデルなので、この際ですよ、この際「新エクスプローラーⅠ」に全て統合したらどうでしょう?

Ref.124270か、Ref.224270かは、わかりませんが、近い将来「新世代ムーブメント」に切り替わると思うんです。

そのタイミングでミルガウスとエアキングの持つ「超耐磁性能」をエクスプローラーⅠに受け継がせちゃう。

タフで視認性が良く、クールで格好良い、超耐磁性の新エクスプローラーⅠ。

どうですか?

悪くないでしょ?

そうしたら僅か数年の製造!とかでエアキングは爆上げ、ミルガウスもサヨナラ「稲妻」針!とかで高騰間違いありません。

みんな嬉しい(笑)

ならないかな?

ではまた!

 

【レビュー】ロレックス 人気スムースベゼルな3兄弟 214270 / 116900 / 116400GV

【レビュー】ロレックス 新型エクスプローラーⅠ 214270 クロマライト3.6.9 夜光がやっぱり格好良い!

 

スポンサーリンク
SNS Share