【レビュー】オメガ 3570.50.00 スピードマスタープロフェッショナル 定番モデルが1番長持ち 3570-50

スポンサーリンク

Classic is the best

2014年に311.30.42.30.01.005(現行機)へとモデルチェンジ(品番チェンジ)したスピードマスタープロフェッショナル3570-50。

1957年に誕生したスピードマスターですが、60年ほとんど見た目が変わらない武骨でシンプルなデザインです。

名機Cal.321を搭載した1st(ブロードアロー)、アルファハンド仕様の2ndからペンシルハンドの3rdモデル、ケースが左右非対称となった4th、Cal.861を搭載した5thモデル、そして今回見ていく3570-50はCal.861のメッキ処理にロジウムを使用したCal.1861(現行ムーブメント)を搭載した6thモデルです。

手巻き、ノーデイト、プラ風防と、現代の「クロノグラフ」としてはかなり削ぎ落されたスピードマスタープロフェッショナル。

変わらないことでファンを裏切らず、少しづつ変わることでその時代のファンを満足させています。

こちらは現行機311.30.42.30.01.005。

改良点は主にブレスレットと付属品でしょうか。ケース本体だけなら3570-50後期との違いがよくわかりません。

ジャーン。

やっぱり安くても良いものは良い。

中古なら20万円台でまだ探せますね。非常に良いです。

最後の国内定価は453,600円でした。

数は多く出回っていますので、良い個体を探しましょう。

まだデッドストックがあるようですね。

とは言え、311.30.42.30.01.005の方と値段が変わらないので新品が欲しい方は新型の方が付属品も豪華なのでオススメです。

変わらない魅力。このプラスチック風防もその一つ。

風防中央のオメガマークも嬉しいポイント。

ロレックス程堅牢ではないものの、それでも50年は問題なく使えるしっかりした作り。

3570-50はまだピンを叩いて調整するブレスレットリンク。

いつものケースバック。

使いやすいダブルプッシュ式脱着バックル。

キャリバー1861ももう20年以上変わらず使われています。

もう買える必要が無いんでしょうね。

本当はオメガも自動巻きのマスターコーアクシャルクロノグラフを売りたいんだと思いますが、まだまだプロフェッショナル人気が根強いだけに舵取りが難しいでしょうね。

これ以上の改良、改善があるのか無いのか。

サファイアクリスタル風防タイプはあまり流行りませんでした。

自動巻きのスピードマスターも高額なモデルは微妙です。

5気圧防水ですかね~あとは。

いかがでしょう?

1本持っていても、絶対後悔しない武骨で味のあるスピードマスタープロフェッショナル。

私はトリチウム仕様の3590-50もオススメしたいけど、タフさなどを考慮するなら新型かこの3570-50でしょう。

もし30万円くらいの予算で悩んだらスピードマスタープロフェッショナルを選んでみてください。

絶対後悔しませんから。

安いのに、自慢できるクロノグラフ。

それがスピードマスタープロフェッショナルです。

ストーリーとヒストリーを学んだら更に好きになるかも!

では!

【レビュー】オメガの傑作 3570.50.00と3590.50.00 スピードマスター・プロフェッショナル 今買うならどっち?

【レビュー】画像大量 オメガ スピードマスター プロフェッショナル ~3rdモデルから6thモデルまで~

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】画像大量 オメガ スピードマスター プロフェッショナル ~3rdモデルから6thモデルまで~

スポンサーリンク

OMEGA SPEEDMASTER PRE-MOON &  SPEEDMASTER PROFESSIONAL Moonwatch

スピードマスター人気が凄いことになっています。

以前からのファンたちから見れば「やっと時代が追い付いてきたか」と思うのでしょうけど、なんとなくスピードマスターは格好良いけど安い時計だななんて下に見ていたロレックスファンはビックリしているのではないでしょうか?

今回はスピードマスタープロフェッショナルの格好良さを、じっくり見ていきたいと思います!

左からサード/エドホワイト、つづいて5世代、5世代後期、最後に6世代です。

見てわかる通り、スピードマスタープロフェッショナルの凄いところは「変わらない」こと。

他にも変わらないデザインと言われるモデルがありますが、スピードマスターほどではありません。

ごちゃごちゃに混ぜると、もうどれがどれだかわからないでしょ?

エイジングの差はあるけれど、インダイヤルの配置など含めほとんど同じ。

サードモデルだけが他と違うアプライドロゴ。

Cal.321と証です。

それでは、1本ずつ見ていきましょう。


OMEGA SPEEDMASTER  ST105.003 ED WHITE

1959年に誕生した第3世代のスピードマスター”エドホワイト”ST 105.003。

Pre-Moonと呼ばれ、まだ月に行く前のモデルです。

よって、文字盤にはプロフェッショナルの文字がありません。

残念ながら、この個体はオリジナルのキャタピラーブレスが欠損していますね。

ですがケースはまだしっかりしていています。

クロノグラフ針を動かしますと、アプライドのオメガマークが見えますね。

手の込んだアプライドはキャリバー321が搭載されている証です。

40mmのケース径。

左右対称のケースは第3世代で終了します。

クラウンガードが無いのでスッキリ。

このシルエットが素晴らしい。

惚れぼれしますね。

比較的状態の良いサードは100万円オーバーです。

キャリバー321モデルでアンダー100万でもし手に入るならゲットしておきましょう。

そして持っているのなら手放すのは止めましょう。

プロフェッショナルの文字が無いのと、併せてケースバックもこんな感じでシンプル。

シーホースとスピードマスターの文字。

これは私の持っていたサードのケースを開けたところ。

右下にΩ321の刻印が見えますか?

元々シーマスタークロノグラフのムーブメントをファーストモデルから採用しています。

アップで見てみましょう。

Ωマークはアプライド。

OMEGAの文字も幅広です。

SPEEDMASTERのRが下がっている、

ペンシルハンドの夜光はすでに死んでいますが、白い塗装はキレイですね。

トリチウム表記

タキメーター

クロノグラフ針は後年に交換されたものでしょう。

ポリッシングがアレで、ケースが丸くなっていますが、それでも年式から見ればマズマズの個体。

プラ風防の中央にΩマーク。

クラウンのΩマークの形が旧型。

ケースバックには薄めのシーホース刻印。

ハイ、1本目は3rdモデルでした。

オメガ スピードマスター 3rd ムーンウォッチ「Ed White」ST105.003

私は7万円で購入しましたが、アンティークブームで価値が上がってきましたね。


ST 145.022

第4世代がムーンウォッチなのですが、今回はすっ飛びまして第5世代です。

ムーブメントはキャリバー861へ変わりました。

ダイヤルにはPROFESSIONALの文字が刻まれました。

NASAに認められたムーンウォッチだぞ!とアピールしていますね。

因みにご存知かと思われますが、NASAのテストはNASA職員が最初に何本もの市販のクロノグラフを購入してきて勝手にテストを開始します。

基準に達したのはオメガのスピードマスターやロレックスのコスモデグラフでしたが、最終的に合格したのはスピードマスターのみ。

オメガ自体が知らないところでNASAが使用するクロノグラフが決まっていたんですね。

市販モデルで充分な性能。

そこが凄い。

宇宙の環境は大気圏とは全然違います。

極端な寒暖差にも負けず、宇宙線にも負けず、衝撃や重力の問題もクリアする、まさにプロフェショナル。

製造番号から1969年頃。

デイトナだったらセカンドモデルくらいでしょうか。

プッシャー側にはクラウンガードの役割を果たすようにやや張り出した左右非対称のケース形状は現在まで続くデザインですね。

4thで完成しています。

この頃か過渡期でサード、フォース、フィフスまでの期間がギュッと短いです。

手前がサードで左右対称ケース、奥がフィフスで左右非対称ケース・・・わかりますか?

こちらは当時のキャタピラーブレスが装着されています。

20mm幅の1039番。

クラシカルなバックル。

横から見るとこんな感じ。

サイドビュー。

プロフェショナルになりΩマークがプリントになりました。

トリチウム。

タキメーター。

プラ風防の中央にΩマーク。

シーホースとSPEEDMASTER。

スポンサーリンク

プッシャー周りがやや錆びています。

キャタピラーブレス内側。

巻きブレスと同様の構造ですね。

ブレスレットナンバーは1039。

なかなかきれいな状態で残っていることが珍しいキャタピラーブレスの5thモデルでした。

 


3592.50.00

3本目はST145-022(3590-50)のシースルーバージョン、3592-50です。

第5世代は90年代まで続くロングセラーモデルでした。

途中皆さんもご存知の型番表記3590-50に変わっていますが同じものです。

ギャランティーカードでもわかるように1992年に販売されたものです。

この頃には製造番号がケースラグ裏に刻印されていますね。

1991-92年製のもので正解です。

かなり見慣れたデザイン。

とは、言え2本目(1969年製)とデザインは変わりません。

キャリバー861がケースバックから覗けます。

銅色から金色メッキに変わったのも80年代末頃ですね。

キャリバー1861は更にロジウムメッキに変わります。

サイドビュー。

90年代初期はまだ下がりR。

トリチウムがきれいにクリーム色になっていますね。

ベゼルもまだキレイ。

プラ風防の中央にΩマーク・・・が映ってない(笑)

ゴールドメッキ。

ここに製造番号が彫られるようになりました。

クラウンのΩマーク。

こちら1本目のサード。

Ωマークの違いがわかりますか?

ハネが無い。

ケースの形状もね。

ブレスレットナンバーは1479。

この辺りのセミビンテージはこれから高騰していくでしょう。

状態が良さそうなものは3590.50と共に要チェックです!


3570.50.00

4本目は3570.50.00。

1998年以降のモデルです。

ダイヤルの夜光もトリチウムからルミノヴァに変更され、ムーブメントもキャリバー1861になっています。

キャリバー1861は今でも使用しているムーブメントです。

うん、お馴染み。

格好良いし、安心感があるな。

サイドビュー。

もうほぼほぼ同じ。

サイドビュー問題が出ても正解できるか不安です。

バックルもダブルプッシュ式で超~便利に。

いけてますね。

今多く出回っているのは、このモデルでしょう。

    

もうトリチウム仕様ではないので焼けることが無くなったダイヤルと針。

タキメーターのフォントが弱弱しい(笑)

繊細と言うべきですかね。

  

ケースバックのシーホース刻印など立派になっています。

2000年以降、スピードマスターの製造番号は77**から始まるようになっています。

あれ?

なんだコイツは(笑)

ジャーン。

ベゼルを取っちゃうとこんな感じ。

昔はパルスメーターベゼルやテレメーターなんかもありましたし選べましたね。

カスタムする方々は針交換やダイヤル交換とベゼルまでも交換しちゃうのです。


さぁ、いかがでしたでしょうか?

大急ぎでここまで来ちゃいましたね。

ほとんど画像のみ(笑)

スピードマスターの書籍(ムック本)も出ていますし、オメガのスピードマスター60周年の歩みがわかる特設サイトもありますからね。

勉強したい方は「WELCOME To スピードマスター!?」さんのサイトを、じっくり見てください!(私が勉強させてもらったサイトです、私のサードも掲載して頂いてます)

【スピマスファン歓喜】スピードマスター ストーリーアイコンの60周年を祝して 歴代モデルを一挙公開

では!

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share

【レビュー】オメガの傑作 3570.50.00と3590.50.00 スピードマスター・プロフェッショナル 今買うならどっち?

スポンサーリンク

The Speedmaster Professional Moonwatch

オメガのフラッグシップモデルであり世界中に多くのファンを持つ、ロレックス・デイトナに次ぐ人気クロノグラフ「スピードマスター」。

1957年にファーストモデルがリリースされてから、現在は第8世代の311.30.42.30.01.005が現行機としてラインナップされています。

プロフェッショナルは初代から徹底して「手巻き」クロノグラフであり、ケース・文字盤のデザインも第4世代からは大きくは変わらず今に至ります。

NASAに採用されプロフェッショナルの文字が入り、第4世代が月に降り立ったことでムーンウォッチと呼ばれるようになりました。


半世紀という長い年月の間、1969年7月の人類初の月面着陸の瞬間や1965年3月以降のNASAによるすべての有人宇宙ミッションなど、身体の耐久力そして人間の勇気の限界を試す、多くの重要な瞬間にはいつも「スピードマスター」がありました。

オメガHPより


311.30.42.30.01.005の国内定価は572,400円と、ロレックス・デイトナの現行機116500LNの半値程度と非常にリーズナブル。

それでいて一目で「オメガだ!」とわかるステータス性を持ち、シンプルで視認性にも長け、武骨で男らしいクロノグラフが、このスピマス・プロなのです。

私も1964年製の第3世代のスピードマスターを愛用していました。

オメガ スピードマスター 3rd ムーンウォッチ「Ed White」ST105.003

本当に格好良いのです。

と、言うことで・・・

今回は第6世代3590.50と第7世代の3570.50を「今買うならどっちが良いかな?」と言う視点で見ていきたいと思います。

1本目は、ロングセラーモデル3590.50.00。

90年代半ばのオールトリチウムの一品です。

ST145.0022としてリリースされ、1989年に3590-50の型番がふられました。

ケースバックの内側には145.0022(345.0022)の刻印が残っています。

プラスチック製のドーム風防の中央にはΩマーク。

いやぁ~格好良い。

最高ですね。

すでにブレスレットがありませんので、NATOストラップで使用します。

細いトリチウムのインデックスはもう光りません。

夜光塗料の塗布も適当なので劣化が著しいですね。

針も黒ずんでいます。

セミビンテージとして見るとエイジングしているので良いのですが、製品としてはどうなんでしょうね。

90年代半ばのロレックスはこんな風になりません。

白いクロノグラフ針。

モノクロの文字盤とベゼル。

物凄くシンプルなのに、このイケメン度は他のオメガ・クロノグラフを寄せ付けません。

38mmのオートマチック3510.50は、このデザインを踏襲しますが格好良さまでは引き継げませんでした。

これ以上のバランスは無いのです。

現在はムーーンウォッチとして2カウンターのスピードマスターが出ていますが、やはりこの手巻きには勝てませんね。

オメガファンはあの存在を認めていないと思います。

1957年から試行錯誤し1960年代にはデザインが完成してしまいました。

ロレックスのデイトナ、ブラトリングのナビタイマーも、ホイヤーのカレラ、オータヴィアも同じですね。

70年になる前に名機と呼ばれるクロノグラフのデザインは完成していたのがわかります。

80年代以降のクロノグラフのデザインで「これは名作だ」と言えるのはバルジュー7750を使用したモデルだけだと思います。

あっパシャクロノは格好良いな。オーバーシーズクロノも悪くないですが、個人的にはデュアルタイムの方が好きだな。

オフショアクロノにビッグバン・・・う~ん、やっぱり昔のモデル達の方が格好良いですね。

ケースバックの刻印には墨が入っていましたが、もうスッカラカン。

「FLIGHT-QUALIFIED BY NASA FOR ALL MANNED SPACE MISSIONS – THE FIRST WATCH WORN ON THE MOON」

NASAの全ての有人宇宙飛行のミッション資格を受け、月に最初に行った時計です。

3590.50.00の良い点は「3570.50に比べやや安い点」「トリチウムを使用している点」でしょう。

ブレスレットの画像はありませんが、明らかに3570.50の方が優れていますので、使用感を考えると負けてしまうのですが、それ以上に魅力的なのが「トリチウム文字盤」ではないでしょうか?

1997年にリリースされる3570.50.00はルミノヴァ夜光に変わってしまいますからね。

ビンテージ感を楽しむならトリチウム一択でしょう。

やや厚みのあるケースサイズ。

ケースは薄いけど裏ブタと風防が厚いんだな。

42mmのケース径、14.5mmのケース厚。

120グラム弱(ブレスレット含む)の重量。

手巻きクロノグラフムーブメントはレマニア製Cal.861。

3590.50.00のオススメポイント。

1.少し安い

2.トリチウム仕様

と、思ってたら今は3590.50.00の方が3570より高いんですね!!

びっくりした。

やっぱりセミビンテージブームが起きています。

各メーカーのヘリテージラッシュで、少しだけ古い(中古市場で人気が無くなっていた様な)モデルが見直されているのです。

2本目は、スピードマスター誕生40周年の1997年にリリースされた3570.50.00(製作は1996年

第7世代のスピードマスタープロフェッショナルで、もう皆の知っているモデルですね。

3590からリニューアルされムーブメントは現在でも使用されているCal.1861になりました。

夜光もルミノヴァになり焼けることがないため、針もインデックスもずっと白いままキレイですね。

スピードマスタープロフェッショナルは長くNASAの基準を上回る製品として製造されていますが、それは正確性、耐久性だけではないのです。

ケースバックの内側にはインナーカバーがありムーブメントを磁気からも守っています。

磁気が帯びやすいコックピットでの使用に耐えうる仕様ですね。

第4世代から続く左右非対称のケースデザインも、クラウンガードの役目を負っています。

見やすさ、頑丈さに優れ、磁気に強いのがスピマスプロなのです。

3570.50あたりからはブレスレットもしっかりしたものに変更されています。

3590.50のブレスは爪がはがれそうなくらい固いのがありますからね(笑)

コイツは一生ものと言えるだけの耐久性を持っていますね。

2000年台に入るとサファイアガラスを搭載した3573.50.00もリリースされます。

耐久性は勝りますが見た目が変わってしまうこと、値段が上がってしまうことなど、やはりプラ風防の3570.50.00の方が人気がありました。

ケースバックのデザインはお馴染みの。

バックルも何度か変わりました。

このダブルプッシュ式は便利で良いですね。

結構しっかりした厚みのあるバーパーツ。

ブレスレットリンクは叩き出し式のピンです。

スポンサーリンク

相変わらず、ケースは薄いが風防とケースバックが盛り上がっており「厚み」のある作り。

プラ風防はキズだらけになりますが磨けば良いし交換も安い。

書体が違う

Ω

OMEGA

Speedmaster

PRIFESSIONAL

の文字

飾り気のない文字盤デザインが好きです。

普段使用しないタキメーター。

大きめのクラウンにはΩマーク。

バックルの刻印。

ケースバックのシーホース。

ルミノヴァ夜光でクロノグラフ針の先が光ります。

インデックスのグリーンに光ります。

こっちから叩いて抜いてね!と言う「↓」マーク。

バックルのフック。

コピー品などはこういう部分の作りがなかり雑です。

ダブルプッシュ式バックルのプッシュボタン。

厚みのあるドーム状プラスチック風防。

どうですか?

スピードマスター・プロフェッショナル。

手巻きの良さ、デザインの良さ、歴史がありストーリーがあり、2017年の今年は60周年記念です。

現実的に使用目的なら3570.50.00を20万円台で、ビンテージ感を味わいたいなら3590.50.00を出来たら20万円後半で探してはいかがでしょう。

オススメいたします。

【レビュー】オメガ スピードマスター プロフェッショナル 3569.31 アポロ11号 月面着陸35周年モデル

やっぱりオメガは良いよね!ZENMAIが気になったオメガの時計についてブツブツ言う

【スピマスファン歓喜】スピードマスター ストーリーアイコンの60周年を祝して 歴代モデルを一挙公開

オメガ スピードマスター ファーストレプリカ 311.10.39.30.01.001 マスターコーアクシャル 60周年トリロジー

【レビュー】オメガ スピードマスター 銀河鉄道999 限定1999本

#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク
SNS Share