【レビュー】ロレックス デイトナ 116506 プラチナ アイスブルー デイトナ生誕50周年モデル

Rolex Daytona 116506 Platinum 50th Anniversary Brown Ceramic Ice Blue Dial

ノー宝飾のレギュラーデイトナの中では最上級のモデル プラチナ製アイスブルーダイヤル 116506。

チェスナッツカラーのセラクロムベゼルとの相性も素晴らしいですね。

2013年にデイトナ誕生50周年記念モデルとしてデビューしました。

まさかプラチナでデイトナを作るとは・・・当時は誰もが驚きました。

値段が値段なのに、けっこう売れているようです・・・。

現在、国内定価は7,344,000円。新品出回り相場は620万円、中古美品で570万円前後でしょうか。

最高であるがゆえに、プライスが高額であるがゆえに、「欲しい人」が多いと言うね。

凄いことです。

それにしても・・・重い。

ズシッときます。

280グラムくらいあります。

280グラムですよ?

近年じゃ、100グラム切るような薄いモデルが流行っている時代です。

3倍・・・

スティールのデイトナと比べても2倍も重いのです。

プラチナの詰まったブレスレットリンク。

重すぎるので、ラバーBとかに交換して使いたい。

セラクロムベゼルのおかげで表はスリキズが目立ちませんが、肌に接触する部分はキズが目立ちます。

とくに裏蓋。

プラチナは柔らかい金属ですね。

格好よいですね!

存在感、重量感が半端ない。

私は細くて貧弱な手首ですので、筋トレのような感じになってしまいます。

そもそも似合わない(笑)

アイスブルーは光の加減で、見た目がけっこう変わります。

角度を変えたら「濃く」見えますね。

薄く見えますよね?

それにしてもアイスブルーはキレイです。

涼しい感じが「爽やか」ですね。

そのうち違う文字盤、違うベゼルカラーも出ますかね???

アイスブルー=プラチナですので、違う文字盤カラーは出ないかな。

これ以上の組み合わせはありませんからね。

さて、この最高峰のプラチナム・デイトナを着けている著名人は・・・

木村拓哉さんや

三代目JSBのELLYさん

Hikakinさん。

などなど。

では!
#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)