オメガ グローブマスター パイパン・ダイヤル 39mm 130.30.39.21.03.001

コンステレーションの新作 オメガ グローブマスター パイパン・ダイヤル

1952年に誕生したコンステレーション・ライン。

1950年代当時は各メゾンが「高精度」を証明すべく、しのぎを削っていました。

ジュネーブにある天文台で行われる天文台コンクールが戦いの場です。

時代は「クロノメーター認定」を受けるべく6振動から8振動へとハイビートの流れに変わっていきます。

コンステレーションは天文台コンクールにて素晴らしい成果を証明し、その地位を築いたのでした。

そんな60年以上続くラインからマスタークロノメーターを認定された新しいモデルが2015年登場しました。

GLOBEMASTER OMEGA CO-AXIAL MASTER CHRONOMETER 39 MM

Omega Globemaster

Omega Globemaster

昨年 2015年のバーゼルワールドで発表されたオメガ コンステレーション・ラインの新作グローブマスター。

1952年誕生の初代コンステレーションをモチーフに最新鋭のスペックで誕生しました。
39mmのケースサイズは我々日本人の手首に馴染み、フルーテッドベゼルが高級感を醸し出し
コーアクシャル マスタークロノメーター キャリバー8900は超高精度な自動巻きムーブメントです。
このムーブメントの特徴は、現代社会においての腕時計の敵「磁気」に強いと言う点です。
ロレックスのミルガウスや、IWCのインヂュニアなどは磁気シールド(軟鉄製)でムーブメントを保護しますが、このCal.8900はそのままで15,000ガウス以上の耐磁性能を誇ります。
※因みにミルガウスもインヂュニアも1000ガウスとされています。

パイパン・ダイヤル

Omega Introduces the Globemaster | HYPEBEAST (50563)
この特徴的な文字盤は1950年代のコンステレーションに見られるものを復刻させました。
12角の形状はまるで「亀の甲羅」の様なモチーフで、海外ではパイ皿に似ていることからパイパン・ダイヤルと呼ばれています。
Constellation Pie Pan Dial

Constellation Pie Pan Dial

1950年代のコンステレーションです。

文字盤のアプライドされた「Ω」マークは、昔の方が力強いですね。

1952 Omega Constellation Mo...

1952 Omega Constellation Model 2699

楔型のインデックスに8角クラウン。18金の美しい時計ですねぇ。

「☆」マークが誇らしい!

6 Vintage 1950's Wear Ever ...

6 Vintage 1950’s Wear Ever Aluminum Fluted Pie Pans Plates

これが、1950年代の「パイパン」ですね。

ここに生地を敷いて、パイを焼いたのかな?

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/AU6xi

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)