【GMTクロノ】ブライトリング クロノライナー Y241B10OCA キャリバーB24 46mm Y2431012/BE10/152A

スポンサーリンク

Breitling “AVI” Chronoliner Automatic Black Dial Y2431012/BE10

2015年の新作 ブライトリング クロノライナー Y241B10OCA(Y2431012/BE10/152A)です。

このブログ2回目の登場。

46mmのビッグケースにブライトリング初のブラックセラミックベゼルを搭載したGMT機能を有するクロノグラフですね。

タフでマッチョな男腕には似合いそうですけど、私の様な華奢なオジサンには大きくて重くて長時間着けているのは厳しい・・・

両回転の24時間ベゼルと組み合わせて第3時間帯も表示可能です(GMTマスターIIにクロノグラフが足された感じ)。

46mmは迫力満点。

CHRONOLINER 

国内定価 973,600

1950~60年代のブライトリング・モデルからインスピレーションを得たクロノライナーは、キャプテンのための真のクロノグラフです。
その最大のデザイン的特徴は、独自性あふれる星型の刻みが入った、硬く傷のつきにくいハイテク・セラミックによる幅の広い両方向回転ベゼルでしょう。
第2タイムゾーンは、先端がレッドの副時針により文字盤に24時間表示され、さらに回転ベゼルにより第3タイムゾーンを表示することができます。
ハイパフォーマンスな自動巻クロノグラフ・ムーブメントを搭載し、文字盤は航空機のインスツルメント・パネルと同じく完璧な視認性を誇ります。

Chrono24を覗いてみました。

中古マーケットでは50万円台、レザーやラバーストラップなら40万円台で見つかります。

計算尺のない”AVI”をルーツとした エビエーション・クロノグラフ。

アヴィエーションじゃなくてエビエーション・・・

ちょっと大きすぎますけどね、コレがトレンドなんでしょう。

同じくトレンドの逆パンダ文字盤で格好良い。

長めの針とインデックスで視認性はバッチリ。

本当に大きさと重さだけがね・・・日本人向きじゃないのです。

コマ調整後も約191グラムもあります。

46mmもあるケース。

スポンサーリンク

厚みは公式で15.95 mm。

ねじ込み式じゃないプッシャーですが100m防水。

ブラックセラミックベゼル。

メッシュブレスレットはしっかり作り込まれてて、強靭だけど重さもあります。

キャリバー ブライトリング24はバルジュー7754をベースにしています。

パワーリザーブは42時間と少し短め。

クロノメーター認定ですが、ETAベースで自社製と言い切れるのかな。

12時位置のインダイアルの模様が可愛い。

30分積算計です。

マットブラックにシルバーのアクセント。

クロノグラフ針のお尻にはBマークがありませんね。

ブライトリングのウィングロゴと、デイト表示。

光沢のあるブラックセラミック。

クラウントップにはBマーク。

メッシュブレスレットにも1つ1つ調整できるコマがあります。

つなぎ目はわかりますか?

1960年代には大型旅客機もあったので「captain’s watch」とは飛行機のパイロット(戦闘機乗りじゃない)向けのデザインなのかしら?

いかがでしょうか?

タフな男性向けのGMT機能付きクロノグラフ ブライトリング クロノライナー Y241B10OCA(Y2431012/BE10/152A)でした。

46mmのビッグボディは私には大き過ぎましたが、デザインはとても格好良いですね。

ナビタイマーやクロノマットとは一味違いますよ。

最近のブライトリングは復刻デザインがとても良く感じます。

新作はあまり響きませんが、リ・エディションは毎年楽しみ。

もう少し買いやすい値段付なら歓迎なんですけど・・・

それではまた!

 

【レビュー】ブライトリング クロノライナー Y241B10OCA 46mm

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)