【レビュー】パテックフィリップ 5065J-001 イエローゴールド×トロピカルバンド 38mm

スポンサーリンク

Patek Philippe Aquanaut 5065J-001 K18 38mm

先月頭に黄金聖衣(ゴールドクロス)だなんだと記事にした5065/1J-001の、トロピカルバンド版5065J-001です。

初代アクアノート 38mm”ジャンボ” 5065から黄金色のJですよ。

マジ格好良い、マジイケメン。

現行モデルにはイエローゴールドがありませんから希少性が高いし、やっぱりフェイスデザインは初代が好き。

サイズ感もバランスも最高です。

ゴールドの心地よい重さと存在感ヤバイですね。

Chrono24を覗いてみました。

掲載数が少ないですね・・・

持ってる方も手放さないのでしょう。

彫りの深いワッフルダイアル。

手榴弾などと呼ばれる俵型。

 (20071)

こちらは現行モデルの5167A。

スッキリとしててオシャレ。

皆さんはどちらが好みでしょうか?

 

98年からの製造ですが初期モデルにはトリチウム夜光もあります。

120m防水、キャリバー 315 SCは48時間パワーリザーブ。

18金ですがラバーストラップ(トロピカルバンド)なので100グラム以下。

軽い、着けやすい!最高。

厚さなんと8mmほど。

薄っ。

スクリューバックからムーブメントが覗けます。

まだジュネーブシールの頃。

18Kのバックルにはカラトラバ十字。

スポンサーリンク

寄ってみます。

1つ1つ形の違うワッフル。

18金の針、インデックス。

夜光もキツネ色でややヴィンテージ。

クラウンガードが付いています。

カジュアルなノーチラスって感じですね。

21Kの振り子にもカラトラバ十字。

ジュネーブシールです。

ちゃんとトロピカルバンドにもカラトラバ十字。

いかがでしょうか?

なかなか中古マーケットでも見なくなってきたパテックフィリップの初代アクアート 5065J-001。

ゴールドの希少性も相まって相場は鰻登りですね。

安いころに買っておけば良かったな(笑)

以前は120~150万円くらいで買えたんですよ(タイムマシーンに乗りたい)。

独特なケース形状、無骨なフェイス、やっぱりアクアノートは「初代」推し。

状態の良い個体に出会えたら、是非手に取って見てください。

それではまた!

【レビュー】パテックフィリップ 黄金聖衣 5065/1J-001 “ジャンボ” アクアノート イエローゴールド

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)