【レビュー】チューダー / チュードル クロノタイム 79160 黒文字盤が1番人気

スポンサーリンク

TUDOR Oysterdate Big Block Chrono Time

久しぶりにチュードル(現チューダー)のオイスターデイト クロノグラフ「クロノタイム」Ref.79160です。

791*0の中で1番人気のプラタキベゼルに、1番人気の黒文字盤、つまりクロノタイムで1番人気がこの79160の黒文字盤と言うことになります。

シルバーダイアルも渋いですし、スティールベゼルも格好良いけど、やっぱりこの組み合わせなんですよね。

手巻きデイトナ6263にも似た雰囲気がロレックスファン・チュードルファンの心を鷲掴みにしています。

数年前に一気に高騰して、現在はやや落ち着いた感じでしょうか。

分厚いオイスターケースにプラ風防、トリチウムにマットブラックダイアル・・・う~ん格好良い。

1989~1995年までの僅かな製造期間で、今後はもっと希少性は上がると思います。

中身はETAですが、人気のバルジュー7750ですし、デザインも配置も格好良いので文句はありません。

Chrono24を覗いてみます。

文句はありませんと言ったんですが、この相場はさすがに高い・・・

以前は30万円くらいでしたし(90年代は10万円台の中古もありました)チュードルなのにね。

ずいぶん出世したな。

この渋さはいくらヘリテージ企画が上手なチュードルでも復刻は難しいでしょう。

オーラがあるんですよ。

今仮に復刻を作るとインデックスや針が太くなり、リューズのデザインが変わりガッカリしてしまいますね。

79160はトリチウム仕様なのでもう光りません。

夜光が少量なので経年変化はあまり楽しめませんが。

BIG BLOCK。

この鏡面仕上げのケースサイドから見る厚みが猛々しい。

シングルバックル3連オイスターブレスレット 78360。

ケースバックにはROLEXのケース使ってますよ~の刻印。

フラッシュフィットは589。

ブ厚めなケースにはブ厚めなプラ風防。

王冠がまぶしいリューズトップ。

流行りの逆パンダ。

視認性が良いですね。

クロノグラフを作動。

スポンサーリンク

寄ってみます。

インダイアルにはレコード溝。

この頃のオリジナルの針は大抵錆びています。

湿気に弱いんだな。

トリチウムを表すT。

スリードットの王冠リューズ。

ケースバックの王冠。

90年代だからね、まだ状態が良いものもあると思います。

ただね、やはりロレックスよりは耐久性に劣る感じがします。

仕上げなどの違いからなのかな?

もし今から探すなら「パキ」っとした個体はきっと高いけど、満足度は確実に上。

いかがでしょうか?

40mmのオイスターケース、無骨で格好良いクロノタイム。

VRに興味がある方は入門機として購入されても良いと思います。

やっぱりね、プラ風防は一味違います。

ロレックスなら5513あたりなんでしょうけど、入門機が高すぎる(笑)

まだ探せばアンダー100万円もギャランティーありで見つかるかも知れません。

良いチュードルライフを。

それではまた!

 

【レビュー】チュードル 人気ナンバー1 クロノタイム Ref.79160 黒文字盤 カマボコケース

【レビュー】チュードル 79160 クロノタイム シルバー×ブラック”パンダ”ダイヤル

【レビュー】チュードル クロノタイム Ref.79160 カマボコ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)