【時計怪獣】もう1つの時間帯とか調べるのに便利な腕時計!2018年の新作

話題のGMT機能(セカンドタイムゾーン表示)モデルをチェックする!2018年新作

2018年はデュアルタイム表記のモデルがインパクト大で登場したような気がします。えぇ、そんな気がしますので今年の新作GMTモデルをチェックしてトレンドに触れてみようかな?って記事です。GMT、UTC、デュアルタイム、セカンドタイムゾーン、トラベルタイムなどなど呼び名が色々ありますが複数の時刻表示を表現するのに各社さまざまなデザイン・操作で勝負しています!

gettyimages (193532)

第2時間帯(セカンドタイム)表示時計を、実際に使いこなす日本人は然程多くは無いと思われます。

ロレックスのGMTマスターも、「あぁ、ベゼルって両方向に回るんだな~」くらいにしか思ってない方も多数いらっしゃるはず(笑)

GMTハンドも「なんか格好良い」とか、そんな感じですよね?

海外行くにしたって、ちょっと良いG-SHOCKを着けていれば電波拾って現地の正確な時刻を表示してくれますし、時差を確認するのに腕時計使うって方がどれほどいるんだろう?

それでも、新作はどんどん出てきますし、実際に人気があります。

機能よりデザイン・見た目でしょうけど、各メーカーは気合を入れて作りますので「オーバースペック」と言うことになるでしょうか・・・。

オーバースペック=男のロマンだ!と、いうことで2018年もセカンドタイムゾーン表示モデルが発表されましたので、今年のトレンドとしてチェックしていこうと思います。

TUDOR BLACK BAY GMT

79830

79830

1本目。

日本には正規店がございませんが、最近では認知度も充分なロレックスの弟分「チュードル」。

クラシックダイバーからスタートしたヘリテージブラックベイシリーズの最新作「ブラックベイ GMT」です!

2トーンカラーの回転ベゼルは正に「GMT」、お兄さんブランド「ロレックス GMTマスター」を彷彿とさせるデザインは完全に今年の新作への嫌がらせ(笑)

型番は79830、自社製クロノメータームーブメントCal.MT5652、防水も200mあります。

流通相場は40万円~と、ロレックスの半値ほどと思われますので意外に売れちゃいそうですね。

 (193521)

ホラ、意外に格好良いでしょ?

うまい具合にヴィンテージ感も出ていますし、スクエアハンドが個性も出ています。

ロレックス GMTマスターⅡ 126710BLRO

126710BLRO

126710BLRO

via www.rolex.com

126711CHNR

126711CHNR

続いて2本目。

GMTと言えばロレックスのGMTマスターで、間違いありません。

2トーンの回転ベゼルはアイコンと化し、誰が見てもわかるモデルとなっています。

今年の新作のGMTマスター2、全3機種。

スティール製の126710BLROは久しぶりに帰ってきたSS「PEPSI」。

エバーローズゴールドとのロレゾール126711CHNRにはブラウンカラーとブラックの2トーンセラクロムベゼルがセットされています。
こちらは早いもので4月下旬に国内にも入荷していますね。

そしてエバーローズゴールド無垢の126715CHNR。

新作のロングパワーリザーブ+耐衝撃+耐磁気帯に優れたGMT機能ムーブメントCal.3285を搭載。

今年はドレッシーにジュビリーブレスレットをスティールモデルに装着してみました。
ラグジュアリースポーツ!
若い方にも受け入れられるかな?

今年度の話題はコレに尽きますね。

スタート価格と、時期、年末の相場、旧モデルの生産終了時期などが注目です。

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/IzJTP

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



2 Comments

    • こんにちわ。Chrono24では40万円台で出始めたのでそろそろですかね~。格好良いしコスパ良いですよね?実物早く見たいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)