ブライトリング 全歴代 ナビタイマー 歴史と愛蔵ファイル

ブライトリング 腕に巻く「計器」ナビタイマーの歴史 【完全網羅】

ブライトリングのアイコンであり、クロノグラフの代名詞ともいえるナビタイマー。

1952年 航法用回転計算尺を装備した腕時計が誕生しました。

「回転計算尺」ってなんだろう?

ブライトリングの魅力と共にナビタイマーを掘り下げてみたいと思います。

航法用回転計算尺

ブライトリングの回転計算尺は、腕時計のベゼル部分と文字盤に数字を記載したものになります。
アメリカ海軍ウィームス大佐考案の航法用計算尺をもとに、クロノグラフとベゼルを操作することで、
「燃料計算」「上昇・下降時間」の計算ができるようになります。
※乗除・速度・距離・所要時間・燃料計算ができます。

そもそもの始まりは1942年 初代クロノマットに遡ります。

初代クロノマットはベゼルを回転させることにより、
掛け算・割り算・速度計算が可能な「対数計算尺」を搭載していました。

この機能がパイロットを含めたプロフェッショナルな人々に人気を得ます。

Brietling Chronomat poster

Brietling Chronomat poster

この回転計算尺を搭載したナビタイマーはプロフェッショナルに認められ 腕に着ける計器 として、
国際パイロット協会の公認クロノグラフとして採用されたのでした。

1952年 ナビタイマー ファーストモデル Ref.806

Breitling Navitimer from 19...

Breitling Navitimer from 1955 Ref 806

1952年 登場の初代 ナビタイマー Ref806。

12時直下には「AOPA(国際パイロット協会)」のウィングマークが誇らしげに掲げられています。
AOPAは「Aircraft Owners and Pilots Association」の略ですね。

ダイヤルバリエーションには「Breitling」や「GENEVE」が記載されたモデルもあります。

AOPA Logo

AOPA Logo

初代ナビタイマーのリファレンスは806。

回転計算尺ベゼル、オール・ブラックダイヤル、3レジスターのヴィーナス178を搭載し、
ケース径は40mmと大型のモデルです。

ファーストモデルの時点で完成されていた回転計算尺はプロフェッショナル(主にパイロット)用の腕時計として人気を博します。

また1952年は民間用ジェット機が誕生した年でもありますね。

venus 178 inside

venus 178 inside

文献によりますと、初代ナビタイマーが一般販売されたのは1954年となっているようです。

1955年前後には一部のモデルにバルジュー72が搭載されているモデルをあります。

バルジュー72と言えばロレックスが改良し初代デイトナに使用している事でも有名な傑作クロノグラフですね。

海外ではこのバルジュー72が搭載されているモデルを第2世代(Generation II)と呼ぶようです。

Ref 806\Valjoux 72

Ref 806\Valjoux 72

1959年 ナビタイマー セカンドモデル Ref.806

Breitling Navitimer from 19...

Breitling Navitimer from 1959 Aopa logo \ Venus 178 movement

セカンドモデルも同じリファレンスナンバー 806です。
※Ref.806を1つのモデルとするとマーク4まであることになりますね。AOPAロゴはそのままに、インダイヤルが白抜きになりベゼルラインが丸状の突起からギザギザに変更されています。インダイヤルのカラーリングを替えることで視認性が向上しました。
現行のナビタイマーのデザインがほぼ この2ndモデルで決定した感じですね。

ムーブメントもヴィーナス178を搭載しています。

誕生を1959年としていますが、1960年製造のモデルにも1stタイプの文字盤があり並行して作られていたと考えられます。

1962年 ナビタイマー コスモノート Ref.809

Breitling Navitimer Cosmon...

Breitling Navitimer Cosmonaute from 1962 Aopa logo

1962年 初代ナビタイマーが誕生してから10年。
ナビタイマーシリーズに また傑作が生まれます。文字盤の表記がなんと24時間になっている コスモノート の登場です。
※ムーブメントはヴィーナス178を使用しています。

どうして24時間表記なのか?と言いますと、日の出日の入りの無い場所「宇宙」で使う腕時計だからなのです。

実際、宇宙飛行士のスコット・カーペンター氏も着用し宇宙へ飛び立ちました。
マーキュリー7と呼ばれる宇宙史の英雄ですね。

NAVITIMER COSMONAUTE - YouTube (9590)

コスモノート誕生の動画をチェックしてみてください!

NAVITIMER COSMONAUTE – YouTube

please visit: http://www.breitling-museum.com/ BREITLING CELEBRATES THE 50TH ANNIVERSARY OF THE FIRST SPACEGOING WRIST CHRONOGRAPH. On May 24th 1962, a Breit…

1960年代前半 ナビタイマー サードモデル Ref.806

Breitling Navitimer gold fr...

Breitling Navitimer gold from 1966 Double plane logo

ナビタイマーのサードモデルも同じRef.806です。

文字盤のロゴが「AOPA」から2つの飛行機(2羽の鳥)に変更されました。

またベゼルラインのギザギザも大きく操作しやすいように改良されています。

わたくしZENMAI的には1番好きなデザインです。
以前、所有していました。

画像の3rdモデルは金メッキケースですが、もちろんスティールケースが主流です。
セカンドとサードのインダイヤルは小さく引き締まってて本当にかっこいいです!

キャリバーもヴィーナス178と
一部バルジュー7736が搭載されています。

Breitling Navitimer Cosmon...

Breitling Navitimer Cosmonaute from 1966 Double plane logo

新しいロゴのコスモノート。

このモデルもかっこいい!

1960年代中盤 ナビタイマー フォースモデル Ref.806

Breitling Navitimer, Ref. 8...

Breitling Navitimer, Ref. 806/3, 1970

1960年代(1967年頃) ナビタイマーのフォースモデル 最後のRef.806です。

2つの飛行機ロゴは3rdと同様ですが、インダイヤルがサイズアップしています。
※Generation Vと呼ばれるタイプです。

視認性は上がりましたが、サードモデルに比べると やや間が抜けて見えます。
※好きな方スミマセン。

1967年 ナビタイマー デイトモデル Ref.7806

Breitling Navitimer from 19...

Breitling Navitimer from 1967 Ref.7806 Double plane logo Valjoux 7740 movement

Breitling Navitimer Ref 78...

Breitling Navitimer Ref 7806-S from 1971 date on “6” Double plane logo Valjoux 7740 movement

1967年 デイト表示付のナビタイマーが誕生します。
リファレンスは7806。基本のデザインは806のまま、ムーブメントをバルジュー7740に替え「7」を取り7806となりました。

Generation VI(第6世代)3カウンター
Generation VII(第7世代)は2カウンター(7806-S)です。

このカレンダー窓の位置は2003年のデザインで復活します。
充分 今でも通用するデザインですね!

1968年 ナビタイマー フィフスモデル Ref.816

Breitling Navitimer Ref 81...

Breitling Navitimer Ref 816-72 date on “6” Double plane logo Ref 806\Valjoux 72

ビッグ・ナビタイマーと呼ばれるRef.816。
Generation VIII(第8世代)ムーブメントは変わりなく手巻きのヴィーナス178ですが、なんとケースサイズが50mm!
※リューズ抜きで47-48mm

どうしてこんな大きいものを作ったのかは謎ですが、クロノ針のカラーリングやベゼルデザインなどかっこいいですね。
防水性が確保され、9時位置には穴が開き詰められています。
どうしてか?
次の「クロノマチック」がキーポイントですね。

画像のビッグ・ナビタイマーはレアなバルジュー72を搭載しているモデルです。
※リファレンスのヴァルジュー72の「72」と記載があります

1969年 クロマチック キャリバー11

breitling cal11

breitling cal11

1969年3月 ブライトリングはデュボア=デプラ、ホイヤー、ハミルトンらと共に

世界初の自動巻きクロノグラフ・キャリバー11「クロノマチック」を開発します。
※同年、ゼニスはエル・プリメロ、セイコーが6139を開発しています(またクォーツ アストロンも誕生しました)

1971年にはCal12へと改良されます。

Breitling Navitimer Ref. 18...

Breitling Navitimer Ref. 1806 „Spiegelei“ from 1969

Ref.1806(Generation IX)。
クロノマチックの特徴は「自動巻き」「左リューズ」「2カウンター/デイト表示」です。なんで左側にリューズがあるのだろう?

これは薄型の自動巻きムーブメントにクロノグラフモジュールを乗せているからなんですね。

この2階建てムーブメントはかなり大きいもので、48-49mmサイズのケースに乗せることとなります。
ビッグ・ナビタイマーとケースを共有し2つのプッシュボタンの間には詰め物がされています。
※ビッグナビタイマーは逆側の9時位置に詰め物

画像では隠れて見えませんが、こんなに大きなムーブメントですが
ローター(振り子)は小さく動力確保が難しいため、クロノ以外のノーマル秒針がありません。

1973年 クロノマチック キャリバー12

Breitling Stainless Steel N...

Breitling Stainless Steel Navitimer Chronomatic Automatic Wristwatch Ref 8806

キャリバー12を搭載し、ケース径も40mmに戻った(Generation X)のRef8806。

2つの飛行機ロゴにクロノマチックの記載があります。

1806はちょっと大きくてアレでしたが、この8806は かなりイカします!

1973年 ナビタイマー・クオーツ(LED) Ref.9106

Breitling Navitimer quartz...

Breitling Navitimer quartz Ref.9106 from 1973

ヤバいデザインのナビタイマー・クオーツ(Generation XI)Ref.9106。
※Chronograph LCDレッドLEDが未来的でかっこいいですね!
ロボコップみたいです。
クォーツ・ショックの波が押し寄せてきて、モガいている状況ですね。

1974年にはRef : 9406、Ref : 9416(Generation XII XIII)と立て続けに投入。
ケースサイズと時刻表示カラー(LED→LCD)が変更されています。

しかし1979年にはナビタイマーの名での製品製造がストップしてしまいます。
クォーツショック、オイルショックとスイスの腕時計業界の冬の時代でした。

1982年 アーネスト・シュナイダー ナビタイマーの復活

Breitling Navitimer steel R...

Breitling Navitimer steel Ref.81600 \ 47mm from 1986 new logo Lemania 1872 movement

Breitling old Navitimer Re...

Breitling old Navitimer Ref.81610 \ date on “3” from 1987 new logo Valjoux 7750 movement

1979年 クォーツショックにより萎んでしまったブライトリングを再生すべく
経営を任されたのがアーネスト・シュナイダー氏です。
1982年 ブライトリング・ジュネーブを設立し、機械式クロノグラフの復活に着手します。1984年にクロノマットの新作を完成させると、
1985年にはナビタイマーを復活させ「オールド・ナビタイマー」と名づけました。
ナビタイマーの歴史が再び始まります。
※公式には1986年の自動巻きモデルがオールド・ナビタイマーから言うようです。

レマニアの手巻きクロノグラフCal1872を搭載したRef.81600(Generation XIV)

自動巻きクロノグラフ(縦目デイト表示)名作バルジュー7750を乗せたRef.81610(Generation XV)

この辺りからは皆さんご存知のオールド・ナビタイマーの時代になります。
まだBマーク針がありませんね。
ロゴは現行の物になりました。

Breitling Navitimer in stai...

Breitling Navitimer in stainless steel and yellow gold Circa 2000

ブライトリングは1991年 バルジュー7750をベースにCal.13(Type13)を開発し
オールドナビタイマーに搭載させます。(Ref.A13020 )

モデルリファレンスの管理方法を新しくし、クロノ針も「B」マークが採用されました。
サファイアクリスタルの風防、防水30メートルと性能・デザインともにリファインしてします。
ケース径は41mm。針もやや太く視認性が向上しました。

バルジュー7750を使った良いデザインですね。
チュードルのクロノタイムや、オメガのスピードマスターデイト、タグホイヤーのカレラクロノグラフなど傑作モデルもみなバルジュー7750ベースのムーブメントを使用してます。

2003年 ニュー・ナビタイマー

Navitimer 2003 A23322

Navitimer 2003 A23322

2003年 バルジュー7750の配給がストップしたため新たに開発されたCal.23は
従来の横目3レジスタークロノグラフで自動巻きデイト付きのデザインとなります。

Ref.A23322のデザインは1960年代と大きく変わりませんね。

まとめ

ナビタイマー 01

ナビタイマー 01

2009年 完全自社製クロノグラフ・キャリバー01を開発し、
2011年にはナビタイマーに投入、ナビタイマー01が誕生しました。

いかがでしたでしょうか?
開発から60年以上たつシリーズですが、開発当初からデザインは完成されていて素晴らしいですね。
横目のナビタイマーが良いと以前は感じていましたが、
オールドナビタイマーのデザインもなかなか捨てたもんじゃないですね。

ロレックスのデイトナ、オメガのスピードマスター、ホイヤーのカレラに並ぶ
クロノグラフの代名詞「ナビタイマー」の魅力が伝われば幸いです。

※今後もナビタイマー92やモンブリラン、アヴィなどもっと細かく載せていきますね!

<元記事>

http://watch-monster.com/articles/Rr6Mo

(Ref.806 Ref.809 Ref.7806 Ref.816 Ref.1806 Ref8806 Ref.9106 Ref.9406 Ref.9416 Ref.81600 Ref.81610 A13020 A23322 ナビタイマー01)

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)