【まだまだ高騰中】ロレックス デイトナ 116500LN 黒文字盤 キャリバー4130はいつまで?

スポンサーリンク

Rolex Daytona Ceramic bezel black dial 116500LN

令和最初のゴールデンウィークにもピックアップした現行デイトナ 116500LNの黒文字盤。

私個人的に欲しい腕時計ナンバー1なのでしつこいくらい登場します。

が、とくに話題になるような変化も発見も噂も無いので、今回も眺めてウットリして終わりです。

う~ん、格好良い。

さて、価格コムです。

並行新品価格は黒文字盤で約285万円(白文字盤は298万円)ほどになっています。

1カ月前は約275万円でしたので、また10万円も上がっています。

中古マーケットでは、未使用品と呼ばれる国内正規店で買ったばかりの状態はそこから10万円ほど下がりますかね?

Chrono24を覗いてみました。

中古で保証書付きのモノで約250万円から(国内に持ち込むには税金がかかりますけど)。

250万円か~。

クソ格好良いけど、高過ぎて残念すぎる・・・。

どうしても欲しいけど、定価で買いたい!そんな願いは・・・本気でそろそろ諦めるべきかなと思いました。

キャリバー4130もそろそろ20年経ちます。

1つのムーブメントの製造期間が20年と言うのが、長いのか短いのかなんとも言えませんが区切りは良い感じ。

耐磁性、耐衝撃性、パワーリザーブなどは、まだまだ現行スペックとして問題ありませんので、莫大な開発費がかかるクロノグラフムーブメントを急いで更新させる必要もないのかも知れません。

それでもロレックスのことですから、すでに開発には着手しているとは思います。

スポンサーリンク

5年の歳月をかけた~とか、そんな触れ込みで登場するはずです。

そのうちね。

どこかのメーカー、ブライトリングとか、どこだかわかりませんけれど、ベースを譲ってもらって作るかもしれませんし、キャリバー4130をベースにバージョンアップするのかも知れません。

キャリバー4230。

そんなかな?

いかがでしょうか?

キャリバー4230が登場したら、それはもうモデルチェンジです。

116520から116500LNが世代交代と言うのかどうなのかアレですけど、モデルチェンジしたのは確かです。

そして116500LNからキャリバー4230(仮)の登場で、また「モデルチェンジ」が起きるでしょう。

わくわくするワードですよね。

最近の流れではあまり大きなデザイン変更は無く、ブラッシュアップされるイメージ。

126500LNとか、まぁそんな感じです。

何の話か?と言いますと、私はこのまま次世代機まで「値」が下がらないと思っています。

もうデイトナは200万円以上するものであって、国内定価なんて「無い」のです。

当然次世代機もそうでしょう。

なので、狙い目は16523や116523ですかね?

コンビネーションモデルならまだチャンスはあるかも。

それか、思い切って買っちゃって「大きな損」無く、使ったり売ったり買い替えたりするか、そんな楽しみ方もあります。

2021年とかで切り替えになったら、116500LNの製造期間はわずか5年・・・

またプレミアムだな。

やっぱり買えないや(笑)

ではまた!

どうしてデイトナ 116500LN は相場が落ちてこないのか? 買い時がわからないロレックス

ロレックス 116500LN デイトナ 黒文字盤 が凄い欲しい「令和 最初のこどもの日に願いを」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)