【レビュー】オメガ 3653.80.33 スピードマスター ブロードアロー レッドゴールド

Omega Speedmaster Broad Arrow Red Gold Blue Dial 3653.80.33

2002年に誕生したレッドゴールドケースのスピードマスターオートマチック”ブロードアロー”3563-80-33です。

2013年に「セドナゴールド」を発表するまで、オメガのピンクゴールドを引っ張ってきたレッドゴールド。

魅力的な濃い深みがありますね。

そしてセットされている深い深い紺色のダイヤルに、レッドゴールド製のインデックスとブロードアローが何とも言えない高級感と渋さを兼ね揃えているモデルです。

フレデリックピゲ べースのキャリバーOMEGA3303を搭載した自動巻きのスピードマスターで、デザインは1957を踏襲しています。

技術仕様
ブレスレット: レザーストラップ
ラグの間のサイズ: 20 mm
ケース: レッドゴールド
ケース直径: 42 mm
ダイアルの色: ブルー
クリスタル風防: 内側に無反射処理を施した、強化サファイアガラス
防水: 10 気圧 (100 メートル / 330 フィート)
ムーブメント
キャリバー: オメガ 3303
コラムホイール機構搭載の自動巻きクロノグラフ。公式認定クロノメーター。ロジウムめっき仕上げ。ジュネーブ・ウェーブ。
パワーリザーブ: 55時間
種類: 自動巻き

最終国内定価1,418,000円

裏蓋もシースルーバックではなく、びっしり「金」でできていますので重量感はありますが、レザーストラップなので着用してて重すぎると言う感じはありません。

サイドビュー。

ぷっくりしたサファイアクリスタル風防です。

逆サイド。

バックルももちろん18金レッドゴールド製。

鏡面仕上げのバックルプレートですので、キズがついちゃいそう。

これ、あまり出回りはありませんが非常に格好良い。

フレデリックピゲ製のムーブメントですので安心感がある反面、メンテナンス費用は高額。

40歳も越えたら、コレくらいのモデルをサッと着けこなしたいな~。

いかがでしょうか?

ゴールドにレザーストラップを合わせたクロノグラフ。

スピードマスターならデザインも素晴らしいし、デイト付き自動巻きなら便利でしょう?

仕事に着けれるか?と言われるとね・・・なかなか厳しいかも知れませんけど・・・

デイトナのレザーストラップ使用の半額くらいで買えると思えば、なんとなくお買い得に感じませんか?

是非、出会っちゃったらゲットしてみてください。

手に取ったらわかる「格好良いヤツ」なんで。

ではまた!

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)