【レビュー】ハミルトン パンユーロ クロノ オート H35756735 ブラックダイアル 45mm

Hamilton Pan Europ Auto Chrono H35756735 Black 45mm CAL. H-31

1971年に誕生したハミルトン初の自動巻きクロノグラフ「パンユーロ」。

現代風にアレンジした「ヘリテージ」モデルがこの「AMERICAN CLASSIC PAN EUROP」です。

45mmの巨大なケースはポッテリとしたデザインで、2トーンのダイヤルはメリハリがあり目立ちますね。

今回ピックアップするH35756735

国内定価は199,800円と結構お安い。

Hamilton Pan Europ 1971(Chrono-matic or Caliber 11)

こちらがオリジナルのパンユーロ。

かなり似ていますね~。

でもリューズの位置が逆ですね。

これはクロノマチックだから。

1969年に誕生した世界初の自動巻きクロノグラフが、このクロノマチックだったり、ゼニスのエルプリメロだったり、セイコーキャリバー6139だったりします。

ややこしいですが全て同い年なのでね、もうどれが世界初でも何でも良いです。

で、クロノマチックは画像の通り、ブライトリング、ホイヤー=レオニダス、ビューレン=ハミルトン、デュボア=デプラの共同開発ムーブメントなので皆同じデザインなんですね。

そんな歴史的なモデルを復刻(ヘリテージ)したのが、このアメリカンクラシックシリーズのパンユーロなのです。

分厚いね。

15mmくらいあります。

ちょっとね着け心地に問題ありそう。

けどレザーストラップなので重さは130グラムありません。

ETAと共同開発のキャリバーH-31。

パワーリザーブは60時間もあるのです。

ケースに対してムーブメントの大きさがね(笑)

逆2トーンや、ブルーなんかもあります。

デザインは良いんですよ。

大きさがね~。

オリジナルも43mmほどあったので仕方ありませんが、せめて42mm程度に抑えられなかったかな?

同じAMERICAN CLASSICでもこっちの方が好きだな。

とは言え、お値段的には非常に魅力的なクラシッククロノグラフ。

中古なら10万円以下で購入可能です。

今どきのヴィンテージ加工レザーや、NATOストラップなんかにして使っても良いかもね!

オリスのダイバーズ65や、ハミルトンのアメリカンクラシックはなかなか格好良いのです。

時計を好きになった20代の若者にもオススメしたい。

それではまた!

 

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)