【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ フォージトカーボン 26400AU.OO.A002CA.01

Audemars Piguet Royal Oak Offshore Chronograph Forged Carbon 26400AU.OO. A002CA.01

「フォージドカーボン」あまり聞き慣れない素材名かと思われますが、F1好きスーパーカー好きの方には馴染みがあるのかも知れません。

特殊技術により複雑な形状精製を可能にし、耐久性と軽量性を兼ね備えたミラクルな素材がフォージドカーボンです。

スーパーカーや航空機などに用いられる素材で、軽く丈夫で高価なものとなっています。

おいそれとは使用できない素材ですが、オーデマピゲくらいになると問題ありませんね。

「GINZA7」「グランプリ」などでも使用されています。

44mm/厚み14mmもある、かなりビッグでラージなモデル26400AU.OO.A002CA.01ですが、重さはわずか120グラム。

現行のデイトナより軽いのです。

そしてこの色合いが素晴らしい。

唯一無二の存在感がありますね。

2011年に誕生していますが、出回りは決して多くはありません・・・

ベゼルがブラックセラミックですが、見てくださいこの独特な表情を見せるケースの柄、色味。

国内定価は3,942,000円。

金でもないのに、この価格・・・

メガ・タペストリーブラックダイヤル。

格好良いな~。

クロノグラフプッシャー。

クラウンにはAPマーク。

すごく軽く感じます。

キャリバー3126/3840。

22金製のローターと記されていますが、いぶし銀のようなシルバーカラーです・・・ホワイトゴールド製なのかな?

グレーコーティングって何ぞや?

見て下さい。

フォージドカーボンの柄。

マットな仕上げのチタン尾錠。

ストップウォッチでも動かしてみるかな?

バツン!っとね。

かれこれ6年間作られていますが、人気は衰えませんね。

高いのに・・・。

やはりカーレースファンに突き刺さるのかな?

どうですか?

格好良いですね。

でも、なかなか出会うこともありません。

定価約400万円・・・中古でも300万円もするのです。

「大きい時計買うのはな~」なんてネガティブに思っている方にオススメしたい。

大きいけど邪魔になりません、軽いからね。

軽いけど高級感も失われていません。

やっぱりオーデマピゲは凄いな。

成型が非常に難しいでしょう。たくさんは作れませんかね?

で、1つ疑問が・・・

フォージド「鍛造」カーボン・・・コレ、欠けたらどうするんですかね?

いくら固くて丈夫であっても、欠けちゃったらどうするんだろう?

磨くとかできないでしょうし

気になるな・・・

#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)