【レビュー】オーデマピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01

Audemars Piguet
スポンサーリンク

ROYAL OAK EXTRA-THIN 15202ST.OO.1240ST.01

2012年にリリースされたロイヤルオーク生誕40周年記念の”エクストラシン”

15202STをベースにファーストモデルRef.5402STを復刻させた6時位置の「AP」マークと、文字盤のプチ・タペストリーが特徴です。

「15202ST」シリーズのロイヤルオークは、ケース径39mm、厚さ8.1mm、キャリバー2121、防水50mが共通スペックとなっています。

とにかく薄く、それでいて力強いデザインは本当に素晴らしいですね。

【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク ジャンボ 15202ST.OO.0944ST.03(エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01との違い)
Audemars Piguet Royal Oak "Jumbo" 15202ST.OO.0944ST.03 オーデマピゲのラグジュアリースポーツモデル「ロイヤルオーク」。 初代を意識した2針モデルであり、1972年誕生の初代と同じ...

前回は15202ST.OO.0944ST.03 ジャンボを見てみました。

違いは文字盤のデザインとバックルくらいでしたかね?あと定価。

こちらは先日のフィリップスオークションで落札された初代ロイヤルオーク。

A Seriesは70年代の貴重なAシリアルのことですね。

最初の最初。

Cal.2121も初代とエクストラシンは同じです。

で、こちらがエクストラシン。

ほぼ同じ。

カレンダーディスクの下地の色が違うくらいでしょうか。

カレンダーだけはジャンボの方が似ていました。

薄いですが、このカクっとした直線と、きれいに細かく面取りされた仕上げが「存在感」を「オーラ」を醸し出しています。

素人でも「これ高いやつですよね?」と言ってしまうでしょう。

ジャンボもそうでしたが、このサテンと鏡面仕上げをうまくMIXしたブレスレットは本当にキレイですね。

プチタペストリーの配列も規則正しく美しい。

本当に何でもない、至極シンプルな「2針」バー文字盤なんですが見ている人を飽きさせない魅力があります。

キャリバー2121。

ジャガールクルトのキャリバー920をベースにしています。

このCal.920は初代ノーチラス3700、初代ロイヤルオーク5402ST、ヴァシュロン222に搭載されていますね。

ジャンボの時よりかなり使いやすくなったバックル。

スポンサーリンク

厚みは変わらず8.1mm。

薄い。

後姿も格好良い。

ブレスレットの内側も抜かりありません。

物凄いフィット感。

文字盤もキレイだなぁ。

この深い深いブルーはオーデマのブティックでしか会えません。

国内の定価は2,624,400円。

中古でも220万円以上しますし、場合によっては新品は定価超えのプレミアム価格になることも。

やや癖のあるムーブメントですが、大切に使っていれば簡単には壊れませんから、ご安心を。

思い切って買っても「後悔しない」モデルなのは間違えありません。

ただ、前回レビューしたジャンボなら中古ですが200万円以下で美品が買えます。

文字盤とバックルだけの違いです。

まぁ、エクストラシンを選ぶ方は「そこが大きな違いなんだよ」って言うでしょうね。

いかがでしょう?

三大ブランドのラグジュアリースポーツモデル。

巨匠ジェラルドジェンタ氏のデザインが現代に蘇った「薄くて」「美しくて」「格好良い」三拍子揃ったオーデマピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01。

お勧めです!

では。
#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました