【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク ジャンボ 15202ST.OO.0944ST.03(エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01との違い)

Audemars Piguet
スポンサーリンク

Audemars Piguet Royal Oak “Jumbo” 15202ST.OO.0944ST.03

オーデマピゲのラグジュアリースポーツモデル「ロイヤルオーク」。

初代を意識した2針モデルであり、1972年誕生の初代と同じキャリバー2121を搭載している15202st”ジャンボ”こと15202ST.OO.0944ST.03をレビューしていきます。

エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01との違い

ROYAL OAK EXTRA-THIN 15202ST.OO.1240ST.01

「15202ST」シリーズのロイヤルオークは、ケース径39mm、厚さ8.1mm、キャリバー2121、防水50mとなっています。

現在は”ジャンボ”から、2012年にリリースされたロイヤルオーク生誕40周年記念の”エクストラシン”に置き換わっております。

デザインが「ファースト・ロイヤルオーク Ref.5402ST(1972)」を忠実に再現し非常に人気のプレミアムウォッチになりました。

このエクストラシンはブティック限定モデルに今年から変更されていますね。

国内定価は2.430,000円(税込)。

限定になることで更に入手困難になってしまった印象です。

15202ST.OO.0944ST.03はグラン・タペストリー文字盤が採用されており、小さい■が最大20個ほど並びます。

エクストラシンは更に小さく最大26個■が並び、プチ・タペストリー文字盤と呼ばれます(初代モデルと同じ)。

2011年に生産終了になった”ジャンボ”。

12位時位置に「AP」マークがありますので、知らない方が見れば同じケース径の15300STと見違う可能性がありますね。

“エクストラシン”となり初代と同様に6時位置に「AP」マークを移すことで特別感が更に強まったとも言えます。

15202ST.OO.0944ST.03の国内定価は1,953,000円でしたので、定価越えのプレミアムモデルにはなれませんでしたが

・・・・凄く素敵なモデルですよ。

8.1mmと言うスポーツモデルとしては極端に「薄い」ケース厚に、キャリバー2121が搭載されています。

耐久力もあり、美しさもあり、アイコンの八角形も健在で、防水性は50mと必要充分ですね。

シースルバックから覗くCal.2121。

元はジャガールクルト社のCal.920がベースとなっております。

キャリバー920と言えば初代ロイヤルオーク、初代ノーチラス、バシュロンの222や昨年の新作オーバーシーズ・エクストラフラットにも使われています。

2針の極薄自動巻きムーブメント。

“ジャンボ”の飾り振り子。

「15202」の画像検索結果

こちらは現行機”エクストラシン”の振り子。

「AP」のデザインが大幅に変わりました。

スポンサーリンク

どっちのローターの方が重いのか・・・同じなのか。

21金なんで重い方が良いですよね(笑)

8.1mm。

自動巻きでこの薄さ。

薄いだけじゃない、しっかりした耐久性と防水性。

針とインデックスはホワイトゴールド製で、夜光が乗っています。

やっぱりスポーツモデルには夜光が必要ですね。

夜光が無いスポーツモデルってありますかね???

文字盤の美しさ。ため息が出ますね。

ベゼルサイド、ケースサイドの鏡面仕上げ、

決して隣を干渉しないコマをつなぐリンクピースの仕上げの美しさ。

もう一回、ため息を出しましょうか?(笑)

以前は7万円ほどで文字盤交換ができたそうです(交換した文字盤は回収されてしまうそうですが)。

エクストラシンが出てからは、文字盤交換を聞かなくなったので廃止されたサービスかも知れません。

旧タイプのAP型バックル。

初めて見た時はちょっと「ふふふ」ってなりましたね。

「15202st audemars piguet」の画像検索結果

エクストラシンのバックルの方が脱着が楽で便利だし、耐久性もありしっかりしています。

確実な「進化」ですね。

「RoyalOak 56175ST」の画像検索結果

私が以前使用していたクォーツのボーイズロイヤルオーク56175STは、肉抜きされたバックルでした。

さらに古いモデルはプレート式でしたね。

やはりWプッシュ式の現行機が1番優れています。

いかがでしょうか?

ロイヤルオークの魅力を存分に味わえ、力強く美しいデザイン、サイズも丁度良い「ジャンボ」。

現在は中古品しかありませんが定価以下で購入できます。

現行機のエクストラシンは定価以上のプレミアムウォッチなので、同じシリーズなのに50万円以上差が付くのです。

なんかお得な感じしませんか???

ではまた!

【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02
故ジェラルド・ジェンタの意匠・永久不滅のオクタケース 世界で最初で最高のラグジュアリースポーツ「ロイヤルオーク」。 素晴らしい美しさとスポーティな外観。 いやぁ、いつ見ても惚れ惚れします。 ケース径が年々大きくなていき不安...
Audemars Piguet QEII Cup 2017 ロイヤルオーク 15403IP.OO.1220IP.01 ,15453IP.ZZ.1256IP.01 香港クイーンエリザベスII世カップ限定200本
Titanium case 950 platinum bezel ROYAL OAK 15403IP.OO.1220IP.01  / 15453IP.ZZ.1256IP.01 “QE II CUP 2017 LIMITED EDITION”...
限定50本 オーデマピゲ ロイヤルオーク エクストラシン THE HOUR GLASS 15205BA.OO.1240BA.01
ROYAL OAK EXTRA-THIN THE HOUR GLASS 15205BA.OO.1240BA.01 Limited edition of 50 2017年に新しくイエローゴールドを採用したロイヤルオーク・エクストラシン。 ...

https://zenmai-tokyo.com/2017/02/08/royaloak/
#ZENMAIのココ東京


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました