【レビュー】ロレックス 116622 ヨットマスター ロレジウム 青文字盤

ROLEX YACHT MASTER BLUE DIAL Roresium Ref.116622

1番人気….ではない、ヨットマスターロレジウ厶116622のブルーダイヤル。

誕生したのは2012年で新型機へのモデルチャンジの際にラインナップに追加され、スポーツモデルの新カラーとしてもちろん当時は大人気になりました。

しかし、2016年にラインナップに加わったダークロジウムダイヤルが大人格好良い!と持て囃され一気に人気モデルとなり、更には同系色のプラチナダイヤルの生産終了で高騰し、2016年後半はブルーダイヤルがかなり引き離された感があります。

エグザイルのタカヒロみたいな存在ですね。

格好良いんだけど、昔人気あったよね〜?って感じです(笑)

わかりますか?

全然わかりません(ナンナンダ)

国内定価は1,188,000円。

昨年の同じころ、並行新品価格は定価以下のアンダー100万円でした。

他のスポーツモデル同様に、昨年の10~11月頃にグンっと上がっていますね~、こりゃビックリ。

現在は120万円ほどまで上がったところで推移しています。

Chrono24を覗きますと中古価格はアンダー100万円から。

因みにダークロジウムダイヤルは110万円くらいと少し差があります。

さて、それではブルーダイヤルのヨットマスター116622を見てみましょう。

10,750ユーロのプライスタグ。

放射状に広がる光。

ブルーサンレイダイヤル。

青い海の色でしょうか。

プラチナダイヤルと共通の赤い秒針とYACHT-MASTERの文字。

セーフティキャッチ付オイスターロックバックル。

3連オイスターブレスレットの中央リンク同様に鏡面仕上げ。

鏡面仕上げのプレート。

画像が汚くて「サンレイ」感が伝わりません。

ホームページから画像をお借りしますが、サンレイ感はこんなです。

やはり「赤」が効きます。

サブマリーナーのラグジュアリー上位機種として誕生したヨットマスター。

100m防水ですが、トリプロックリューズを装備しています。

いかがでしょう?

プラチナとスティールのコンビネーション「ロレジウム」のブルーダイヤル。

凄く格好良いんです。

ダークロジウムさえ出てこなければ、断トツ人気だったかも知れません。

ダークロジウムが「文字盤交換可」となったことでダークロジウム人気は落ち着き、ブルーダイヤルとの差が無くなってきています。

昨年のスポーツモデル高騰もキッカケになっているかも知れません。

プラチナ文字盤は生産終了となり、良い条件のモノはどんどん価格が上がってきています。

ヨットマスターロレジウムのターンが始まりました!

新型ムーブメント3235が搭載されるヨットマスターが誕生し、116622がめちゃくちゃ高騰する前に1本どうでしょう?

では。

 

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)