【時計怪獣】2018年は25周年 1993年誕生のロイヤルオークオフショア 26237ST.OO.1000ST.01

オフショアってたくさんあるのね 1993年誕生のラージロイヤルオーク/2018年は25周年

オーデマ・ピゲのアインコンモデル「ロイヤルオーク」の中でも一際存在感のある「オフショア」シリーズ。パネライよりも先に市場に「ビッグサイズ」を提案したモデルとして今でもラージロイヤルオークとして人気があります。

1993年、ロイヤル オーク コレクションは既存概念を 打ち破りました。それ以来ロイヤル オークの伝説的な デザインコードをよりスポーティで男性的、パワフルな 表現で展開しています。
ケース. 1993年の最初のロイヤル オーク オフショアは42ミリで、ラージサイ ズウォッチのパイオニアの一つです。以降ラージサイズというトレンドを 一つのリファレンスとして確立しました。 文字盤. 「タペストリー」のモチーフのついたダイヤルは、ロイヤル オークとロイヤル オーク オフショアのコレクションの大きなシグネチャーです。プッシュボタン 4個のネジで固定した大き なリューズガードがパワフルな、技術的でにも機能的にも優れた クロノグラフです。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショア

 (175844)

「オフショア」は「offshore」で、「offのshore」で「離れた-岸」=「沖合」となるのでしょうか。

船窓から着想された八角形のアイコンは、海へとめざしサイズアップと防水性を手に入れいました。

私自身、ロイヤルオークのオフショアを購入したことがありませんので今回は何か貴重な情報をお伝えすることなどできませんので、トケマーで売られている(いた)オフショアシリーズを一緒に見ていきませんか?

と、言った内容になります。
スミマセン。

 (175848)
 (175850)
オーデマ・ピゲのHPを覗いてみますと、37mmのレディース、42mmのダイバー、クロノグラフ、44mmのクロノグラフ、その他複雑系、45mmのトゥールビヨンがランナップされています。

この他にも、今までの限定モデルや、生産終了になったものまで入れれば百種類以上にもおよぶラインナップですので、覚えるのはもう無理だな(笑)


26237ST.OO.1000ST.01

26237ST.OO.1000ST.01
はい・・・来年2018年はオフショア誕生(ファーストモデルは25721ST)25周年なので、復刻モデルがレギュラーラインでリリースされるようです。
ありがちな原点回帰モデルですね。
デザインは当時を、スペックは現代で・・・みたいなね。
人気が出ると良いのですが。
<スペック>

ケース:ステンレススティールケース、反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防と中央に「ロイヤル オーク オフショア」のロゴと 「AUTOMATIC」が刻印されたケースバック、ブルーラバーで覆われたプッシュボタンとネジ込み式リューズ。

ケース幅:42mm
ケースの厚さ:14.4mm
防水性:100m

文字盤

「プチ・タペストリー」模様のブルーダイヤル、ブルーのカウンター、蓄光処理を施したホワイトゴールド製のアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針、ブルーのインナーベゼル。

ブレスレット

ステンレススティールブレスレット、APフォールディングバックル。

自社製キャリバー3126/3840

25,000スイスフラン


トケマーでロイヤルオークオフショアを見る

26400SO.OO.A002CA.01

26400SO.OO.A002CA.01

2,580,000 円(税込)
出品者: 大黒屋 ブランド館 心斎橋店

オフショアと言えば、オフショアクロノグラフ、でこの縦目のデザインの印象が強めです。

国内定価は3,618,000円ですって!

44mmのラージサイズに、プライスまでハイ!

セラミックベゼルにスティールケース、ラバーストラップの組み合わせ。

異素材の採用、ラージケースとデカ厚時計の元祖ですね。

火付け役はパネライですが、明らかに市場へのコンタクトはオーデマ・ピゲの方が早いですね。

NY57TH STREETモデル 世界250本限定 2...

NY57TH STREETモデル 世界250本限定 26298SK.OOD101CR.01

2,680,000 円(税込)
出品者: 大黒屋 ブランド館 池袋店

こちらは限定品の様ですね。

2009年にオープンしたニューヨーク店を記念したモデルだそうです。

42mm。

ベゼルは硬質なラバー

250本限定です。

インデックスはローズゴールド18金。

時計業界も苦しい時期でしたね~

26405CE.OO.A002CA.01

26405CE.OO.A002CA.01

3,480,000 円(税込)
出品者: 大黒屋 ブランド館 上野アメ横店

チタン/セラミック/ラバーの組み合わせ。

かなりのボリューム感。

44mmとラージサイズですがチタンのおかげで重さは150グラム弱。

26401RO.OO.A002CA.01

26401RO.OO.A002CA.01

4,280,000 円(税込)
出品者: 大黒屋 時計館 中野店

ローズゴールドケースと言うド迫力。

ザ・お金持ち!スタイル。

格好良い!

44mmですが上のチタンとは違い重い「18金」なので、総重量240グラム弱。

コレを普通に着けれるのはシュワルツェネッガー氏くらいなものでしょう。

26400AU.OO.A002CA.01

26400AU.OO.A002CA.01

2,880,000 円(税込)
出品者: 大黒屋 ブランド館 上野アメ横店

フォージドカーボンですね。

「Forged Carbon」F1カーや航空機、ゴルフのクラブなどに採用されているチタンより軽くて硬い素材です。

コレを時計のケースに成型する技術もアレですけど、柄の雰囲気が凄く良いですね。

続きはこちらから
http://watch-monster.com/articles/PlZkI

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)