グランドセイコーのブランド戦略(高級化路線 海外販売路線)バーゼルワールド2017

なぜグランドセイコーはさらなる高みをめざして独立したブランドに?

セイコーブランドの高級ラインとしてクレドールと並びセイコーを代表する「グランドセイコー」が、バーゼルワールドのタイミングに合わせ独立したブランドになりました。無印良品(良品計画)が西友から独立した感じでしょうかね?時計ファンを震撼させた驚きのニュース「セイコー 利益9割減」。ピンチを覆す切り札となるのでしょうか?

The next step forward

SBGW253

初代グランドセイコー リミテッドコレクション2017「復刻デザイン」

グランドセイコーがセイコーウォッチから独立し、単独のブランドとして生まれ変わりました。

と、言っても「同じじゃないの?」となりますね。
何が変わったのでしょうか?

セイコーは、服部金太郎氏が服部時計店を1881年に創業したのが始まりです。

現在は主にグループ傘下のセイコーインスツル株式会社が製造し、セイコーウオッチ株式会社が販売しております。
セイコーインスツルにはグランドセイコー クレドール プレザージュ プロスペックス ルキアなどのブランドがあり、それぞれターゲットを変え企画製造しています。

時計ファンを震撼させた驚きのニュース「セイコー 利益9割減」。
90%も減っちゃうくらい売れてないの???と素人な私は思うのです。インバウンドの利益が減り、半導体も北米で振るわなかったのが原因のようですね。そして2017年4月1日付で社長も交代し、服部真二社長は会長へ。
新しい社長は創業一家ではなく高橋修司取締役専務執行役員が就任するそうです。「生まれ変わる」時が来ました。

グランドセイコーは独立したブランドへ

1番最初の切り札は「グランドセイコー」の独立でした。
世界一の時計見本市であるバーゼルワールドでのタイミングで発表し、世界に向けて「グランドセイコー」のブランド知名度を上げようとしています。
ホームページも併せて
https://www.seiko-watch.co.jp/gs/
から
http://www.grand-seiko.jp/
へと変更しました。
SBGH257

SBGH257

<グランドセイコー> メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ600m

で、何が変わったのか?

文字盤から「SEIKO」の文字が消えました。
※今までは「SEIKO」「GS」「GRAND SEIKO」の文字がダイヤルに並んでいました。

セイコーとの決別ですね。

グランドセイコー SBGX053 9F62-0AA1

グランドセイコー SBGX053 9F62-0AA1

149,040 円
セイコー スピリット SPIRIT SBPX007

セイコー スピリット SPIRIT SBPX007

12,000 円

いっそのこと・・・GRANDSEIKOも「GS」と言うブランドにした方が良いのではないですかね?

セイコーと見間違えられたくない、海外に高級時計として売っていくと決めたのなら。
一般の方には「何が」変わったかわからないよ・・・

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/nPkHF

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)