【初代GS】グランドセイコー ファースト Cal.3180 J14070GS 1960年代 オリジナルモデル

スポンサーリンク

THE FIRST GRANDSEIKO Cal.3180 14KGF J14070GS

このブログ2回目の登場。

今回は私がずっと欲しい腕時計です。

1960年誕生の初代グランドセイコー J14070。

1964年にはセカンドモデルが誕生しますので生産期間は短いですね。

ハック付きの高級手巻きムーブメント Cal.3180搭載で、最高級モデルの立ち位置。

60年前の腕時計とは思えないこの存在感。

素敵すぎる。

初代グランドセイコー

1960年にリリースされた金張り(14K)ファーストGSは25,000円、1960年の大学卒初任給は13,100円だったようです。

因みに、少量生産されたPtは140,000円。

ケース径は35mm、プラ風防。

ベゼルが薄いので小さく見えません。

軽いし心地よい。

セカンドモデルからデイト付きで文字盤のバランスが変わるので、シンメトリー好きはファースト一択。

セカンドも格好良いですけどね。

やっぱりファースト最高です。

こちらはSBGW004。

イエローゴールド製の復刻モデル。

セイコー創業120周年記念でした。

大事なタイミングの復刻はやはりファーストグランドセイコーですね。

いくつかファーストは復刻されてますが、このSBGW004が1番素敵。

オリジナルも復刻モデルもそうですが、夜光はありません。

なんと40グラム無い。

着けてるの忘れちゃいますよ。

サイズは35mm。

スナップバックケースにはライオン(GS獅子)。

クラウンにはシンプルにSマーク。

金張りなのでハゲてる箇所がところどころ。

メダリオンが外れちゃってる個体もありますので、付いてるだけラッキー。

なんせ60年前。

スポンサーリンク

プラ風防にはキズ、針にはサビが見受けられます。

GrandSeikoのロゴは彫タイプ、プリントタイプとありますが、こちらは後期のエンボスタイプ。

針もサイドがカットされたものですが、初期は中央からカットしているものもあります。

数年の製造でマイナーチェンジされていたんですね。

星が重なった「SD(スペシャルダイヤル)文字板」。

JAPANの文字。

スイスのクロノメーター認定とは違うのです。

セカンドモデルからクロノメーターの文字が消えます。

和製カラトラバ。

当時は精度もクロノメーター級。

スイス時計に負けない上位機種。

凄い良い。

凄い好き。

いかがでしょうか?

中古マーケットやアンティークマーケットにも条件が良いものはあまり見かけません。

見掛けたとしても非常に高価。

あと40年使えるならな~考えるんですけど、どうなんでしょう?

セイコーもOHしてくれなさそうだし。

でも欲しい。

でも欲しい。

うん、欲しい。

いつか。

それではまた!

 

【レビュー】グランドセイコー ファースト Cal.3180 J14070GS 1960年代オリジナル

【5722B】グランドセイコー セカンドモデル 57GS カレンダー 5722-9990 1966年 36mm 後期型

初代グランドセイコー リミテッドコレクション GS新作 バーゼルワールド2017 SBGW251,SBGW252,SBGW253

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)